ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

北西太平洋の海洋生物化学過程の時系列観測 (平成 13年度)
Ocean time series study of biogeochemical processes in the western North Pacific

予算区分
KB JST
研究課題コード
9702KB154
開始/終了年度
1997~2002年
キーワード(日本語)
海洋定点観測, 二酸化炭素吸収, 海水炭酸系, 栄養塩, 生物生産
キーワード(英語)
OCEAN TIME SERIES OBSERVATION, OCEANIC CARBON DIOXIDE SINK, CARBONATE SYSTEM IN SEAWATER, NUTRIENTS, BIOLOGICAL PRODUCTIVITY

研究概要

海洋は大気中に放出された人為起源二酸化炭素の吸収源として働いているが、その吸収が将来どう変動するか予測することは、二酸化炭素の排出規制を決める上できわめて重要である。そのための予測モデルを確立するためには、現在海洋の炭素循環を正確に記述するための観測・プロセス研究を行う必要がある。海洋、特に、表層海洋で季節変化を伴って起こる現象を的確に明らかにするには、外洋域に一定点を定めて行う定点時系列観測がきわめて有益な情報を与える。本課題では、我が国に近い北西太平洋亜寒帯域で定点を定め、その繰り返し観測を行い、データ解析とモデル化から、その炭素循環プロセスを明らかにすることを目的とする。

全体計画

本年度は、1998年から2000年の3年間の集中観測期で得た観測データの解析を行い、海洋生物生産と関連した炭素循環プロセスを正確に記述する。一方、今年夏に行われる観測船航海で、これまでに観測されたプロセスを確認するための観測を行う。物理・化学・生物結合モデルを北太平洋のいくつかの海域データに当てはめ、海域によって起こる炭素循環プロセスの違いを明らかにする。

今年度の研究概要

本年度は、海洋科学技術センターみらいの6−7月の航海と水産庁開洋丸の6−8月の航海で、これまでの3年間の観測時系列の補強観測を行う。本年の航海がKNOT点を含めて海域を広域に観測する航海であることを利用して、定点KNOTが北西太平洋亜寒帯域でどのような地点であるかを明らかにする。そのために、一次生産の海域分布を明らかにすることに重点をおいて観測航海に加わる。また、これまでにKNOT点でのプロセスの記述にあわせてパラメータ化を行った物理・化学・生物結合モデルを、北太平洋の他の海域に当てはめ海域による生物生産の特性をモデルで表現することが可能かどうか検討を進める。

課題代表者

野尻 幸宏

  • 地球環境研究センター
  • 連携研究グループ長
  • 理学博士
  • 化学
portrait

担当者