ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

流域水環境管理モデルに関する研究 (平成 13年度)
Study on mathematical model of environmental management of river catchment

予算区分
AE 経常
研究課題コード
9605AE211
開始/終了年度
1996~2005年
キーワード(日本語)
流域, 水環境, 降雨流出, 土砂動態, 地理情報システム(GIS)
キーワード(英語)
RIVER CATCHMENT, WATER ENVIRONMENTS, RAINFALL RUNOFF PROCESS, SEDIMENT RUNOFF PROCESS, GEOGRAPHICAL INFORMATION SYSTEM (GIS)

研究概要

河川流域の持続的発展のためには治水・利水に加えて生態系を含む水環境の管理・保全が必須条件となる。このトレードオフの関係にある水環境の機能を独立して評価する数理モデルの開発を進め,このモデルに,ある制約条件下での各機能間の相互関係を仮定し,ある目的関数を最大化する解を求めることで,水・物質・エネルギーの効率的な配分と生態系機能の適切な管理を可能にする流域環境手法を提案することを目的としている。

全体計画

平成13年度:凍結融雪を考慮した流域内土砂動態モデルの構築.
平成14年度:GISによる崩壊地探索機能を有する土砂生産量推定モデルの開発.
平成15年度:洪水の力学波モデルによる汚濁負荷の河道網輸送モデルの構築.
平成16年度:土壌・植物を考慮した物質輸送モデルの開発.
平成17年度:表層土壌水分変化に伴う土層内の水分応答特性変化モデルの構築.

今年度の研究概要

本年度は,土地被覆特性による土砂生産・輸送の差異を明確にするとの観点から,流域全体の土砂動態モデル構築する。特に,冬期の積雪・凍結が融雪時の土砂輸送に大きな影響を与えることから,こうした効果を負荷することで,寒冷地における年間を通じての土砂輸送の状況を数値模擬する。対象地域は,局所的には保全されつつも流域を通じた形で人間活動の影響が現れてきている釧路湿原の上流に位置する久著呂川流域とし,流域内土砂の適切な管理についての考究を進める。

課題代表者

村上 正吾

担当者