ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

政策1. 循環型社会形成推進・廃棄物管理に関する調査・研究
政策1.(1) 循環型社会への転換策の支援のための評価手法開発と基盤システム整備に関する研究(平成 13年度)
1. Studies on material cycles and waste management
(1) Development of assessment tools and information basis for supporting the transformation to a sustainable material cycling society

研究課題コード
0105PR011
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
資源循環, マテリアルフロー分析, 投入産出表, ライフサイクルアセスメント, 情報システム, 安全性評価
キーワード(英語)
MATERIAL CYCLES, MATERIAL FLOW ANALYSIS, INPUT OUTPUT TABLES, LIFE CYCLE ASSESSMENT, INFORMATION SYSTEM, SAFETY ASSESSMENT

研究概要

大量生産・大量消費・大量廃棄型といわれる現在の経済・社会から,循環型の経済・社会へ向けて舵が切られはじめたが,目指すべき到達点やそこにいたるまでの具体的な方策の検討はまだ緒についたばかりである。こうしたなか,循環型社会のあり方を長期的な視点から見定めていくことの必要性及び当面の政策への対応という観点から,資源の循環利用に係るさまざまな技術や社会システムの得失を総合的に評価し,導入を図るべき手段を見極め,施策に反映させていくとともに,こうした評価の基礎となる情報基盤を整備し,資源循環の現状と問題点の的確な理解を支援することを目的とする。

課題代表者

酒井 伸一