ユーザー別ナビ |

  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

組織紹介-環境計測研究センター

  • センター長あいさつ
  • 研究概要
  • 研究室・研究者紹介
  • 報道発表等
  • 研究成果
  • 刊行物
  • データベース/ツール
  • 関連ページ

センター長あいさつ

環境計測研究センター長 今村 隆史

環境計測研究センター長 今村 隆史

 私達の研究センターで扱う「計測する」ことには、環境の状態やその変化の把握や追跡だけでなく、環境負荷・ストレスの質や量や強度の評価や制御に係わる計測、環境負荷・ストレスに対する生体・生態系の応答の計測も視野に入れたいと考えています。また環境の計測では、計測データの質の保証や管理あるいはデータ質の評価も大切です。これは自分達の計測データ質の管理に留まらず、例えば国内の各機関で計測されるデータの質を相互評価するための基盤的な活動においても必要となります。一方で、次世代の計測手法を目指した先端的な計測手法の開発にも積極的に取り組みたいと思っています。もちろん、私共の研究センターのみで全ての取り組みが進むとは考えられません。所内の他の研究センターとの連携はもちろん、所外の各研究機関などとの連携も欠くことの出来ないものです。ご支援、ご協力をお願い致します。

研究概要

環境計測技術等の革新的進展、計測データの信頼性の保証や管理の充実に貢献

 環境の状態や変化を把握・監視するための手法や環境ストレスに対する生体影響を評価するための手法、新たな環境悪化の懸念要因の発見に資するための計測技術などの開発・高度化に関する調査・研究を推進しています。さらに、計測データの信頼性の保証や管理の充実、環境試料の保存・活用のための技術開発に関する研究を推進しています。

写真:レーザーで大気を計測する、脳の内部を計測する

  • 実環境中の試料を用いた環境標準物質の作製と頒布
  • POPs などの有機化合物の一斉・網羅分析法の開発
  • 14Cや水銀を始めとする無機元素同位体の計測技術開発
  • 海洋循環や大気微量ガスの動態把握のためのトレーサー開発
  • 環境ストレスに対する脳神経系の応答計測
  • 衛星ならびに地上ネットワークを利用したエアロゾル計測
  • 画像計測技術を活用した生態系監視の手法開発

研究室・研究者紹介

研究室

  • 応用計測化学研究室
    有機化合物の網羅的一斉分析や地球上の炭素循環を解明するための研究など、先進的で先導的な化学物質の分析法の開発とそれを応用した研究を行っています。
  • 基盤計測化学研究室
    環境中の元素や化学物質をより正確に、常に精度よく分析するための精度管理手法や分析手法の研究、正確な分析の基準となる環境標準物質の作製と頒布、将来の利用に備えて環境試料の長期的な保存を行っています。
  • 動態化学研究室
    環境中の化学物質の動態や生物地球化学的循環を様々な時空間スケールで把握するための計測技術の開発とその応用に関する研究を行っています。
  • 遠隔計測研究室
    環境監視に活用できる、能動型および受動型遠隔計測手法の開発とその高度化、そして能動型・受動型遠隔計測の複合利用に関する研究を行っています。
  • 反応化学計測研究室
    環境中での反応性化学物質(汚染物質)の時空間分布変動や化学変質機構の解明のための、前駆体物質や変質の指標計測、物質のリアルタイム追跡、変質が特異的に進行する場の選択的計測に係る手法の開発・高度化とその活用に関する研究を実施しています。
  • 画像・スペクトル計測研究室
    自然環境、生態系、ヒトに対して、それぞれに適した画像・スペクトル計測、解析法を開発し、得られた情報の活用を目指す研究を行っています。この例として、化学物質のヒト脳への影響をMRIで得られる画像・スペクトルを用いて追求する研究や、自動撮影カメラの画像で得られる動植物の動態観測を通じて多面的な側面からの自然生態系の把握を目指した研究を行っています。

研究者

報道発表等

報道発表

研究成果

最新の研究成果(誌上)

最新の研究成果(口頭)

過去の研究成果

刊行物

国立環境研究所研究プロジェクト報告(旧特別研究報告)

データベース/ツール