ユーザー別ナビ |

  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

誌上・口頭発表・その他

  • 平成28年
  • 平成27年
  • 平成26年
  • 平成25年
  • 平成24年
  • 平成23年
  • 平成22年
  • 平成21年

受賞

  • 長谷川 知子(2016)「気候変化による低栄養に起因する健康影響の経済評価」,環境システム論文奨励賞
    賞の名称:環境システム論文奨励賞
    授賞機関:土木学会環境システム委員会
    受賞者:長谷川 知子
    受賞年月日:2016年10月23日
    受賞対象:気候変化による低栄養に起因する健康影響の経済評価
  • 一ノ瀬 俊明(2016)「都市における熱環境の解析と改善策に関する研究」,環境科学会学術賞
    賞の名称:環境科学会学術賞
    授賞機関:環境科学会
    受賞者:一ノ瀬 俊明
    受賞年月日:2016年09月08日
    受賞対象:都市における熱環境の解析と改善策に関する研究
  • 青柳 みどり(2016)「環境に関する認知,態度変容,行動に関する研究」,環境科学会学術賞
    賞の名称:環境科学会学術賞
    授賞機関:環境科学会
    受賞者:青柳 みどり
    受賞年月日:2016年09月08日
    受賞対象:環境に関する認知,態度変容,行動に関する研究
  • 田中朱美(2016)「低温起因によるイネの不稔に対する気温上昇の影響解析」および「温暖化政策支援のための作物収量影響関数の開発」
    賞の名称:奨励賞
    授賞機関:日本農業気象学会
    受賞者:田中 朱美
    受賞年月日:2016年3月16日
    受賞対象:「低温起因によるイネの不稔に対する気温上昇の影響解析」および「温暖化政策支援のための作物収量影響関数の開発」

誌上発表(査読付き)

  • Sun L., Li H., Dong L., Fang K., Ren J., Geng Y., Fujii M., Zhang W., Zhang N., Liu Z. (2016) Eco-benefits assessment on urban industrial symbiosis based on material flows analysis and emergy evaluation approach: A case of Liuzhou city, China. Resources, Conservation and Recycling, 06(007)
  • Kato H., Ando R., Kondo Y., Suzuki T., Matsuhashi K., Kobayashi S. "The eco-driving effect of electric vehicles compared to conventional gasoline vehicles". AIMS Energy, 4(6), 804-816 (2016)
  • 石河正寛, 松橋啓介, 有賀敏典「建物ポイントデータの床面積補正を通じた民生部門エネルギー消費量の推計」土木学会論文集G, 72(6), II_87-II_94 (2016)
  • 石河正寛, 松橋啓介, 有賀敏典, 金森有子, 栗島英明「空家の地域内分布に関する現況および将来推計」都市計画論文集, 51(3), 833-838 (2016)
  • Fujimori S.,Dai H.,Masui T.,Matsuoka Y.(2016) Global energy model hindcasting, Energy
  • Kyle P.,Johnson N.,Davies E.,Bijl D. L.,Mouratiadou I.,Bevione M.,Drouet L.,Fujimori S.,Liu Y.,Hejazi M.(2016) Setting the System Boundaries of Energy for Water for Integrated Modeling, Environmental Science & Technology
  • 藤森真一郎,長谷川知子,高橋潔,増井利彦,滝見真穂(2016)パリ協定の短中期的排出目標と長期気候安定化目標における含意, 土木学会論文集G(環境)
  • Ariga T., Matsuhashi K. (2016) Urban Structure and the Number of Seniors with Poor Access to Transit: Spatial Analysis of the Greater Tokyo Region. Urban and Regional Planning Review, 3, 109-122
  • Tran T.T., Fujimori S., Masui T. (2016) Realizing the Intended Nationally Determined Contribution: The Role of Renewable Energies in Vietnam. Energies, 9 (8), 587
  • Fujimori S., Dai H., Masui T., Matsuoka Y. (2016) Global energy model hindcasting. Energy, 114 (1), 293-301
  • Goto D., Ueda K., Sheng C., Takami A., Ariga T., Matsuhashi K., Nakajima T. (2016) Estimation of excess mortality due to long-term exposure to PM2.5 in Japan using a high-resolution model for present and future scenarios, Atmospheric Environment, 140, 320-332, doi:10.1016/j.atmosenv.2016.06.015
  • Fujimori, S., T. Hasegawa, T. Masui, K. Takahashi, D. S. Herren, H. Dai, Y. Hijioka and M. Kainuma (In press). "SSP3: AIM Implementation of Shared Socioeconomic Pathways." Global Environmental Change.
  • Matsuhashi K., Ariga T. (2016), Estimation of passenger car CO2 emissions with urban population density scenarios for low carbon transportation in Japan, IATSS Research, 39(2), 117-120
  • Y. Dou, T. Togawa, L. Dong, M. Fujii, S. Ohnishi, H. Tanikawa, T. Fujita (2016) Innovative planning and evaluation system for district heating using waste heat considering spatial configuration: A case in Fukushima, Japan. Resources, Conservation and Recyclin. (in press)
  • Y. Dou, X. Luo, L. Dong, C. Wu, H. Liang, J. Ren (2016) An empirical study on transit-oriented low-carbon urban land use planning: Exploratory Spatial Data Analysis (ESDA) on Shanghai, China. Habitat International, 53, 379-389
  • H. Liang, L. Dong, X. Luo, J. Ren, N. Zhang, Z. Gao, Y. Dou (2016) Balancing regional industrial development: analysis on regional disparity of China's industrial emissions and policy implications. Journal of Cleaner Production, 126, 223-235
  • Satoshi Ohnishi, Minoru Fujii, Tsuyoshi Fujita, Toru Matsumoto, Liang Dong, Hiroyuki Akiyama, Huijuan Dong (2016) Comparative analysis of recycling industry development in Japan following the Eco-Town program for eco-industrial development. Journal of Cleaner Production, 114: 95-102. (SCI, IF=3.844)
  • Liang Dong, Tsuyoshi Fujita, Ming Dai, Yong Geng, Jingzheng Ren, Minoru Fujii, Yi Wang, Satoshi Ohnishi (2016) Towards preventative eco-industrial development: an industrial and urban symbiosis case in one typical industrial city in China. Journal of Cleaner Production, 114, 387-400
  • Liming Zhang, Yong Geng, Huijuan Dong, Zhong, Y., Tsuyoshi Fujita, Bing Xue, Hung-Suck Park (2016) Emergy-based assessment on the brownfield redevelopment of one old industrial area: a case of Tiexi in China. Journal of Cleaner Production, 114: 150-159. (IF= 3.844)
  • Zhe Liu, Yong Geng, Hung-Suck Park, Huijuan Dong, Liang Dong, Tsuyoshi Fujita (2016) An emergy-based hybrid method for assessing industrial symbiosis of an industrial park. Journal of Cleaner Production, 114: 132-140. (SCI, IF=3.844)
  • Bin Guo, Yong Geng, Huijuan Dong, Liu Yaxuan (2016) Energy-related greenhouse gas emission features in China's energy supply region: the case of Xinjiang. Renewable & Sustainable Energy Reviews, 54: 15-24. (SCI, IF=5.901)
  • Xu Tian, Yong Geng, Huijuan Dong, Liang Dong, Tsuyoshi Fujita, Yutao Wang, Hongyan Zhao, Rui Wu, Zhe Liu, Lu Sun (2016) Regional household carbon footprint in China: a case of Liaoning province. Journal of Cleaner Production, 114: 401-411. (SCI, IF=3.844)
  • Lu Sun, Huijuan Dong, Yong Geng, Zhaoling Li, Zhe Liu, Tsuyoshi Fujita, Satoshi Ohnishi, Minoru Fujii (2016) Uncovering driving forces on urban metabolism - A case of Shenyang. Journal of Cleaner Production, 114: 171-179. (SCI,IF=3.844)
  • Wanxia Ren, Bing Xue, Yong Geng, Chengpeng Lu, Yunsong Zhang, Liming Zhang, Tsuyoshi Fujita, Han Hao (2016) Inter-city passenger transport in larger urban agglomeration area: emissions and health impacts. Journal of Cleaner Production, 114, 412-41
  • Minoru Fujii, Tsuyoshi Fujita, Liang Dong, Chengpeng Lu, Yong Geng, Shishir Kumar Behera, Hung-Suck Park, Anthony Shun Fung Chiu (2016) Possibility of developing low-carbon industries through urban symbiosis in Asian cities. Journal of Cleaner Production, 114, 376-386
  • Rui Wu, Yong Geng, Huijuan Dong, Tsuyoshi Fujita, Xu Tian (2016) Changes of CO2 emissions embodied in China–Japan trade: drivers and implications. Journal of Cleaner Production, 112, 4151-4158. (SCI, IF=3.844)
  • Huijuan Dong, Tsuyoshi Fujita, Yong Geng, Liang Dong, Satoshi Ohnishi, Lu Sun, Yi Dou, Minoru Fujii (2016) A review on Eco-city evaluation methods and highlights for integration. Ecological indicators, 60: 1184-1191. (SCI, IF=3.444)
  • Ren J., Liang H., Dong L., Sun L., et al., (2016) Design for Sustainability of Industrial Symbiosis based on Emergy and Multi-objective Particle Swarm Optimization. Science of The Total Environment, 562: 789-801
  • Xu Tian, Yong Geng, Hancheng Dai, Tsuyoshi Fujita, Rui Wu, Zhe Liu, Toshihiko Masui, Xie Yang (2016) The effects of household consumption pattern on regional development: A case study of Shanghai. Energy, 103, 49-60
  • Xiaoman Yu, Yong Geng, Huijuan Dong, Tsuyoshi Fujita, Zhe Liu. (2016) Emergy-based sustainability assessment on natural resource utilization in 30 Chinese provinces. Journal of Cleaner Production, 133, 18-27. (SCI, IF=3.844)
  • Hiroto Shiraki, Shuichi Ashina, Yasuko Kameyama, Seiji Hashimoto, Tsuyoshi Fujita, (2016), Analysis of optimal locations for power stations and their impact on industrial symbiosis planning under transition toward low-carbon power sector in Japan, Journal of Cleaner Production, Volume 114, Pages 81-94
  • Y. HIRANO and Y. YOSHIDA (2016) Assessing the Effects of CO2 Reduction Strategies on Heat Islands in Urban Areas, Sustainable Cities and Society. (in press)
  • Hasegawa T., Fujimori S., Takahashi K., Yokohata T., Masui T. (2016) Economic implications of climate change impacts on human health through undernourishment. Climatic Change, 136, 189-202
  • ZHOU Q., Hanasaki N., Fujimori S., Masaki Y., Hijioka Y. (2016) Model-based analysis of impact of climate change and mitigation on hydropower. Journal of Japan Society of Civl Engineers, Ser. B1, 72 (4), 19-24
  • Dai H., Fujimori S., Silva D., Shiraki Y., Masui T., Matsuoka Yuruzu (2016) The impacts on climate mitigation costs of considering curtailment and storage of variable renewable energy in a general equilibrium model. Energy Economics, in press
  • Hasegawa T., Park C., Fujimori S., Takahashi K., Hijioka Y., Masui T. (2016) Quantifying the economic impact of changes in energy demand for space heating and cooling systems under varying climatic scenarios. palgrave communications, 2 (16013), 1-8
  • 亀山康子・田村堅太郎・高村ゆかり(2016)「パリ協定はなぜ合意に至ったか?-シナリオ分析の検証—」『環境経済・政策研究』9(1), 62-65.
  • Warathida Chaiyapa, Miguel Esteban, Yasuko Kameyama (2016) “Sectoral approaches establishment for climate change mitigation in Thailand upstream Oil and Gas industry” Energy Policy 94, 204-213. doi: 10.1016/j.enpol.2016.04.007.
  • 青柳みどり (2015)「国際シンポジウム「レギュラトリ-・サイエンスの将来展望」開催にあたって」日本リスク研究学会第28回年次大会講演論文集(Vol.28, Nov.20-22, 2015)
  • Dingyang Zhou, Midori Aoyagi , Tomoo Okayasu, Hirotaka Mastuda, Yuji Hara, Toshiya Okuro, Kazuhiko Takeuchi, (2015) The resilience of traditional rice-dominated agricultural communities to precipitation variability in the North China Plain, Climate Research, Vol. 62: 149–161
  • Tian, X., Y. Geng, H. Dai, T. Fujita, R. Wu, Z. Liu, T. Masui and X. Yang (2016) The effects of household consumption pattern on regional development: A case study of Shanghai. Energy, 103: 49-60.
  • Tian, X., H. Dai and Y. Geng, (2016) Effect of household consumption changes on regional low-carbon development: A case study of Shanghai. China Population, Resources and Environment, 26, (5): 55-63.
  • 増井利彦,藤森真一郎,高橋潔,甲斐沼美紀子,花岡達也,大城賢,日比野剛,滝見真穂, (2016), 2℃目標の実現に向けたINDCsの評価と日本の取り組み, 環境経済・政策研究, 9(1),66-70
  • Masahiro Sugiyama, Shinichiro Asayama, Takanobu Kosugi, Atsushi Ishii, Seita Emori, Jiro Adachi, Keigo Akimoto, Masatomo Fujiwara,Tomoko Hasegawa, Yasushi Hibi, Kimiko Hirata, Toru Ishii, Takeshi Kaburagi, Yuki Kita,, Shigeki Kobayashi,,Atsushi Kurosawa, Manabu Kuwata, Kooiti Masuda, Makoto Mitsui, Taku Miyata, Hiroshi Mizutani, Sumie, Nakayama, Kazuyo Oyamada, Takaaki Sashida, Miho Sekiguchi, Kiyoshi Takahashi, Yukari Takamura, Junichi Taki, Taketoshi Taniguchi, Hiroyuki Tezuka, Takahiro Ueno, Shingo Watanabe, Rie Watanabe, Naoyuki Yamagishi, Go Yoshizawa, (2016) Transdisciplinary Co-Design of Scientific Research Agendas: 40 Research Questions for Socially Relevant Climate Engineering Research, Sustainability Science, accepted
  • Xie Y.,Dai H.,Dong H.,Hanaoka T.,Masui T., (2016), Economic impacts from PM2.5 pollution-related health effects in China: A provincial-level analysis, Environ. Sci. Technol., 50 (9), pp 4836–4843
  • Luo X., Dong L., Dou Y., Zhang N., Ren J., Li Y., Sun L., Yao S. (2016) Analysis on Spatial-temporal Features of Taxis’ Emissions from Big Data Informed Travel Patterns: A Case of Shanghai, China. Journal of Cleaner Production
  • Yu X., Geng Y., Dong H., Ulgiati S., Liu Z., Liu Z., Ma Z., Tian X., Sun L. (2016) Sustainability assessment of one industrial region: a combined method of Emergy analysis and IPAT. Energy, 107, 818-830
  • Yu X., Geng Y., Dong H., Fujita T., Liu Z. (2016) Emergy-based sustainability assessment on natural resource utilization in 30 Chinese provinces. Journal of Cleaner Production, 133, 18-27
  • Prestele R., Alexander P., Rounsevell M., Arneth A., Calvin K., Doelman J., Eitelberg D., Engstrom K., Fujimori S., Hasegawa T., Havlik P., Humpenoder F., Jain A.K., Krisztin T., Kyle P., Meiyappan P., Popp A., Sands R.D., Schaldach R., Schungel J., Stehfest E., Tabeau A., Meijl H., Vliet J., Verburg P.H. (2016) Hotspots of uncertainty in land use and land cover change projections: a global scale model comparison. Global Biology Change,
  • Tian Xu, Geng Yong , Dai H., Fujita T., Wu Rui , Liu Zhe , Masui T., Xie Y. (2016) The effects of household consumption pattern on regional development: A case study of Shanghai. Energy, 103, 49-60
  • Dai H., Fujimori S., Silva D., Shiraki Y., Masui T., Matsuoka Yuruzu (2016) The impacts on climate mitigation costs of considering curtailment and storage of variable renewable energy in a general equilibrium model. Energy Economics, in press (in press)
  • ZHOU Q., Hanasaki N., Fujimori S., Masaki Y., Hijioka Y. (2016) Model-based analysis of impact of climate change and mitigation on hydropower. Journal of Japan Society of Civl Engineers, Ser. B1, 72 (4), 19-24
  • Hasegawa T., Fujimori S., Takahashi K., Yokohata T., Masui T. (2016) Economic implications of climate change impacts on human health through undernourishment. Climatic Change, 1-14
  • Hasegawa T., Fujimori S., Masui T., Matsuoka Y. (2016) Introducing detailed land-based mitigation measures into a computable general equilibrium model. Journal of Cleaner Production, 114, 233-242
  • Shiogama H., Stone D., Emori S., Takahashi K., Mori. S., Maeda A, Ishizaki Y., Allen M.R. (2016) Predicting future uncertainty constraints on global warming projections. Scientific Reports, 6
  • Mittal S., Dai H., Fujimori S., Masui T. (2016) Bridging greenhouse gas emissions and renewable energy deployment target: Comparative assessment of China and India. Applied energy,
  • Silva D. H., Dai H., Fujimori S., Masui T. (2016) Global assessment of onshore wind power resources considering the distance to urban areas. Energy policy, 91, 75-86
  • Beibei Cheng, Dai H., Peng Wang, Xie Y., Li Chen, Daiqing Zhao, Masui T. (2016) Impacts of low-carbon power policy on carbon mitigation in Guangdong Province, China. Energy Policy, 88, 515-527

誌上発表(査読無し)

  • Chandran R., Mohammad Meidiansyah. , Muhammad Syafiq, , Julian Arinaldi , Yusticia Andi Astuti , Felix Suban Hoda. , Fujii M., Jefferrey Kanemoto. (2016) Improving the effectiveness of Solid Waste Management Policy in Indonesia : Lessons Learned from Japan. Staff Enhancement Training Report
  • 藤井実 (2016) 都市廃棄物からの高効率なエネルギー回収, 日本LCA学会誌, 12(4):239-242
  • 一ノ瀬俊明 (2016) GEO-5 地球環境概観 第5次報告書 上-私達が望む未来の環境-. 地理学評論, 89, 188-189
  • 松橋啓介, 有賀敏典 (2016) 「地域別乗用車起因CO2排出量の2010年度版の推計と改良-交通システムに対する 気候変動の長期的影響評価とその対策に関する研究-」『日本交通政策研究会』日交研シリーズA‐652, 19-30
  • 亀山康子(2016)「書評:明日香壽川著『クライメート・ジャスティス—温暖化対策と国際交渉の政治・経済・哲学—』『環境経済・政策研究』9(1), 108-110.
  • 亀山康子(2016)「パリ協定—2020年以降の国際制度の概要と残された課題」『廃棄物資源循環学会誌』27(2),109-116.
  • 渡部哲史, 高橋潔, 肱岡靖明, 河宮未知生, 沖大幹, 鬼頭昭雄 (2016) IPCC地域気候予測とその影響評価・リスク解析への利用に関するワークショップ参加報告. 水文・水資源学会誌, 29 (1), 79-84
  • 増井利彦 (2016) AIMアジア太平洋統合評価モデル. エネルギー・資源, 37 (1), 33-37

書籍

  • Chandran, R. (2016) If WEMS is a solution, what is the problem? Enschede: ITC-University of Twente, ISBN 978-90-365-4198-5 ; DOI 10.3990/1.9789036541985
  • 一ノ瀬俊明 (2016) 都市の発展と地下温度上昇. 山下亜紀郎, 土地利用でみるアジアの都市化と自然環境, 筑波大学出版会, 99-109
  • Takahashi K., Masahisa Sato, Hijioka Y. (2016) Trends and Issues of Climate Change Education in Japan. In: Walter Leal Filho, Kathryn Adamson, Rachel M. Dunk, Ulisses M. Azeiteiro, Sam Illingworth, Fátima Alves , Implementing Climate Change Adaptation in Cities and Communities, Springer International Publishing, 303-320
  • Thepkhun P., Bundit L., Fujimori S., Masui T., Shrestha R. (2016) Thailand's Low-Carbon Scenario 2050: The AIM/CGE Analysises of CO2 Mitigation Measures. In: Ram M. Shrestha, Sunil Malla,Migara H. Liyanage編, Climate Policy and Energy Development in Thailand: an Assessment, Regional Energy Resourced Information Center, 175-199

口頭発表

  • 肱岡靖明 (2016) 地球温暖化による島根の影響は?, 地球温暖化防止セミナー「2050年の地球はどうなってる?」, なし
  • 肱岡靖明 (2016) SI-CATアプリの概要, 第1回『適応自治体フォーラム』, なし
  • 肱岡靖明 (2016) 気候変動による影響とその適応策. 徳島県環境審議会総会, なし
  • Chandran, R. (2016) Space Technology for Ecosystems and Biodiversity – Report on the UN/Kenya Conference Paper. The 25th UN/IAF Workshop on Space Technology for Socio-Economic Benefits “Integrated Space Technologies and Applications for a Better Society”, Guadalajara, Mexico, 2016, 23-25 September
  • Chandran, R. (2016) A comparative analysis of various enforcement information models used in wildlife enforcement. Paper presented at the United Nations/Kenya Conference on Space Technology and Applications for Wildlife Management and Protecting Biodiversity, Nairobi, 2016, 27-30 June
  • Li X., Dou Y., Wu C. (2016) Estimating the Effects of High-speed Railway(HSR) Operation on Reducing CO2 Emission from Aviation Sector in China. The 33rd International Geographical Congress, Beijing, 2016, August
  • Dou Y., Togawa T., Fujii M., Ohnishi S., Okuoka K., Tanikawa H., Fujita T (2016) Regional Planning and Evaluation System for Industrial and Urban Symbiosis considering Land Use Changes. The 12th Biennial International Conference on EcoBalance, Kyoto, Japan, 2016, 3-6 October
  • Huijuan DONG, Zuoxi LIU, Yong GENG, Tsuyoshi FUJITA, Fujii MINORU, Lu SUN (2016) Revealing the evolution characteristics and driving forces of China’s industrial parks: a case of Shenyang. The International Society for Industrial Ecology(ISIE) 12th Socio-Economic Metabolism section conference and 5th Asia-Pacific conference, Nagoya, Japan, 2016, 27-30 September
  • Lu Sun, Minoru Fujii, Satoshi Ohnishi, Huijuan Dong, Yi Dou, Zhaoling Li, Tsuyoshi Fujita (2016) Evaluation of cost-benefit and GHG emission reduction potentials of regional municipal solid waste (MSW) management system -- case of Tokyo Metropolis, Japan. The International Society for Industrial Ecology(ISIE) 12th Socio-Economic Metabolism section conference and 5th Asia-Pacific conference, Nagoya, Japan, 2016, 27-30 September
  • Dou Y., Ohnishi S., Fujii M., Dong L., Togawa T., Tanikawa H., Fujita T. (2016) Regional Planning and Assessment System for Heat Exchange Network between Incineration Facilities and Industries: Case of Tokyo Metropolis. The International Society for Industrial Ecology(ISIE) 12th Socio-Economic Metabolism section conference and 5th Asia-Pacific conference, Nagoya, Japan, 2016, 27-30 September
  • Remi Chandran, Minoru Fujii, Tsuyoshi Fujita, Shuichi Ashina, Kei Gomi, Kengo Aizawa, Kenji Uchida (2016) Application of a Multifaceted MRV System for Supporting the Development of a Low Carbon Society. The International Society for Industrial Ecology(ISIE) 12th Socio-Economic Metabolism section conference and 5th Asia-Pacific conference, Nagoya, Japan, 2016, 27-30 September
  • Minoru Fujii, Satoshi Ohnishi, Yi Dou, Lu Sun, Rokuta Inaba (2016) Sophistication of energy recovery system from municipal solid waste. The International Society for Industrial Ecology(ISIE) 12th Socio-Economic Metabolism section conference and 5th Asia-Pacific conference, Nagoya, Japan, 2016, 27-30 September
  • 前田恭伸,市川怜,淺野敏久,犬塚裕雅,根本和宜,森保文(2016) 環境ボランティア獲得におけるSNS利用に関する調査. 環境科学会2016年会, 同 要旨集, 5
  • 松橋啓介,石河正寛,有賀敏典(2016)八千代市の小地域における居住世帯と建物ストックの将来像. 環境科学会2016年会, 同 要旨集, 109
  • R.Zhang, (2016) Invited presentation in international conference: Conference name: The International Society for Industrial Ecology (ISIE) Joint 12th Socio-Economic Metabolism section conference and 5th Asia-Pacific conference, Nagoya, Japan, 27th-30th September, 2016 Presentation name: Spatial distribution and correlation of traffic-related carbon emissions and land use
  • 高橋敬子, 肱岡靖明, 高橋潔, 花崎直太 (2016) 気候変動教育実施に向けた自治体の役割とは-日本・ドイツ・オーストリアの事例分析に基づいて-. 日本環境教育学会第27回大会(東京), 同予稿集, 36
  • Zhang R. (2016) Can land use planning help mitigate transport-related carbon emissions? A case of Changzhou. International Conference on Land Use and Rural Sustainability
  • 根本和宜,森朋子(*1),田崎智宏,杉浦正吾(*2),斎藤整(*3)(*1東京大学大学院,*2杉浦環境プロジェクト株式会社,*3三井物産株式会社),企業のCSR活動としてのESDプログラム事例の評価~参加者の保護者の視点から~,日本環境教育学会第27回大会,東京,2016年8月,研究発表要旨集,p.74,
  • Ariga T. (2016) How much can compact city reduce automobile CO2 emission?. 2016 Japan-America Frontiers of Engineering Symposium,
  • 大西悟, Kim Hyeongwoo, 藤井実, 藤田壮 (2016) 産業共生によるライフサイクル効果の蒸気価格への影響分析. 第11回日本LCA学会研究発表会講演Web版要旨集, 266-267
  • 藤井実, 大西悟, 稲葉陸太, 田崎智宏, 藤田壮 (2016) 廃棄物からのエネルギー回収の高度化に関する検討. 第11回日本LCA学会研究発表会講演Web版要旨集, 142-143
  • Huijuan Dong, Minoru Fujii (2016) An innovative perspective to promote Eco-city transition: industrial and urban symbiosis. TPM workshop. June 6th -7th, 2016 in Beijin
  • 藤森真一郎 (2016) 温暖化による経済的な損失:世界のエネルギー需要変化. 二つの温暖化 -都市化と気候変動-
  • 増井利彦 (2016) パリ協定と日本の排出削減. 経営者「環境力」クラブ 2016年度第1回会合
  • Takahashi K., Emori S., Yamagata Y., Kanae S., Mori S., Fujigaki Y. (2016) Global Climate Risk Management: Introduction to ICA-RUS report 2015. Adaptation Futures 2016, Abstracts
  • Tanaka K., Yamagata Y., Yokohata T., Emori S., Hanaoka T. (2016) Can we bet on negative emissions to achieve the 2°C even under strong carbon cycle feedbacks?. Japan Geoscience Union Meeting 2016, 「Abstracts」, 6-7
  • ZHOU Q., Hanasaki N., Fujimori S., Masaki Y., Hijioka Y. (2016) Model-based analysis of impact of climate change and mitigation on hydropower. The 60th Conference on Hydraulic Engineering, Abstracts, 72(4), 19-24
  • 田中朱美, 高橋潔, 花崎直太, 眞崎良光, 伊藤昭彦, 野田響, 肱岡靖明, 塩竈秀夫, 江守正多 (2016) 全球平均気温変化に対する温暖化影響量の線形性の分析. 日本農業気象学会2016年全国大会, 同予稿集, 104
  • 秋山千亜紀, 東博紀, 越川海, 水落元之, 戴瀚程, 岡寺智大, 増井利彦 (2015) 中国における産業系排水原単位に着目した将来の水質汚濁負荷物質発生負荷量. 第24回地理情報システム学会研究発表大会, なし
  • Silva H. D., Dai H., Fujimori S., Masui T. (2016) Assessment of onshore wind power resources for Japan and Europe considering distance to urban areas. Japanese-German Workshop on Renewable Energies, -
  • Hasegawa T., Fujimori S., Shin Y., Tanaka A., Takahashi K., Masui T. (2016) Consequence of Climate Mitigation on the Risk of Hunger. CESM 2016 Winter Working Group Meetings, -
  • Tanaka K., Yamagata Y., Yokohata T., Emori S., Hanaoka T. (2016) Can we bet on negative emissions to achieve the 2°C stabilization target even under strong carbon cycle feedbacks?. Center for International Climate and Environmental Research - Oslo (CICERO), 「-」
  • Tanaka K., Yamagata Y., Yokohata T., Emori S., Hanaoka T. (2016) Can we bet on negative emissions to achieve the 2°C stabilization target even under strong carbon cycle feedbacks?. Societal Dimensions Working Group (SDWG) 2016 Winter WG Meetings, 「-」
  • 長谷川知子, 藤森真一郎, 高橋潔, 増井利彦 (2016) 気候緩和策による食料安全保障への影響分析. 第32回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス, 同予稿集, 105
  • 増井利彦 (2016) 並木小学校スタイル科 お仕事先生. 並木小学校スタイル科授業, なし

招待講演

  • Masui T. (2016) Research on GHG and SLCP emission scenario using AIM (Asia‐Pacific Integrated Model) and progress of S‐12, ERTDF of MOEJ. The Atmospheric Pollution, Climate Change Nexus in Asia: Implications for a New Development Agenda, -
  • Takahashi K. (2016) Projection of potential habitat for beech (Fagus crenata) forests in Japan considering three different dynamic downscaling scenarios. The workshop for capacity building on climate change impact assessments and adaptation planning in the Asia-Pacific region: Technical review of background assessment for climate change adaptation, -
  • Masui T. (2016) Integrated Assessment using AIM (Asia-Pacific Integrated Model) toward low carbon society. Carbon Emission Pathways for Bangladesh, -
  • 藤田壮 (2016) 社会システムを含む低炭素技術アセスメントシステムの研究. 一般公開シンポジウム「低炭素社会実現に向けた政策を探る-集住都市社会を考えるテクノロジーアセスメントの試み-」(主催:環境省)
  • Gomi K (2016) Integrated Model Application toward Low Carbon Cities Scenario Simulation. International Symposium on Eco City Bogor, Proceeding International Symposium on Eco City Bogor, 60-84
  • Yokohata T., Tanaka K., Nishina K., Takahashi K., Emori S., Kiguchi M., Honda Y., Okada M., Iseri Y., Masaki Y., Yamamoto A., Shigemitsu M., Yoshimori M., Sueyoshi T., Iwase K., Hanasaki N., Ito A., Sakurai G., Iizumi T., Nishimori M., Hoo L.W., Miyazaki C., Okamoto A., Kanae S., Oki T. (2016) Visualizing the inter-sectoral connections of climate risks. Japan Geoscience Union MEEYING 2016, 「Abstracts」

受賞

  • 金森 有子(2015)家庭からの環境負荷のモデル推計と持続可能なライフスタイルに関する研究,環境科学会奨励賞(活動業績に対する賞)
    賞の名称:環境科学会奨励賞
    授賞機関:環境科学会
    受賞者:金森 有子
    受賞対象:家庭からの環境負荷のモデル推計と持続可能なライフスタイルに関する研究
    受賞年月日:2015年09月07日
  • 眞崎良光, 花崎直太, 高橋潔, 肱岡靖明 (2014) 気候変動にともなう理論包蔵水力と流況に基づく水力発電量の将来変化. 気候変動にともなう理論包蔵水力と流況に基づく水力発電量の将来変化,Journal of Japan Society of Civil Engineers, Series G ,70 (5), I_111-I_120,2014
    賞の名称:平成27年度地球環境論文賞
    授賞機関:公益社団法人土木学会地球環境委員会
    受賞者:眞崎良光, 花崎直太, 高橋潔, 肱岡靖明
    受賞対象論文:気候変動にともなう理論包蔵水力と流況に基づく水力発電量の将来変化,Journal of Japan Society of Civil Engineers, Series G ,70 (5), I_111-I_120,2014
    受賞年月日:2015年09月04日
  • 藤森真一郎, 甲斐沼美紀子, 増井利彦, 長谷川知子, 戴瀚程 (2014) エネルギーサービス需要低減の価値: 統合評価モデルを用いた気候緩和シナリオによる定量化,Journal of Japan Society of Civil Engineers, Series G (Environmental Research) ,70 (5), I_137-I_146,2014
    賞の名称:平成27年度地球環境論文奨励賞(JSCE Award)
    授賞機関:公益社団法人土木学会地球環境委員会
    受賞者:藤森 真一郎,甲斐沼 美紀子,増井 利彦,長谷川 知子,戴 瀚程
    受賞対象論文:エネルギーサービス需要低減の価値: 統合評価モデルを用いた気候緩和シナリオによる定量化,Journal of Japan Society of Civil Engineers, Series G (Environmental Research) ,70 (5), I_137-I_146,2014
    受賞年月日:2015年09月04日
  • Ooba M., Hayashi K. (2015) Analysis of urban ecosystem services considering conservation priority. The 6th International Conference on Environmental and Rural Development, Book of Abstracts, 36-36 <論文賞awarded>
    賞の名称:論文賞
    授賞機関:International Society of Environmental and Rural Development
    受賞者:Ooba M., Hayashi K.
    受賞対象発表:Analysis of urban ecosystem services considering conservation priority,The 6th International Conference on Environmental and Rural Development, Book of Abstracts , 36-36,2015
    受賞日:2015年03月07日
  • 肱岡 靖明 (2015) 平成27年度地球環境論文賞 (公益社団法人土木学会地球環境委員会)

誌上発表(査読付き)

誌上発表(査読無し)

  • 長谷川知子 (2015) 気候変化と低栄養. 環境技術, 44 (12), 648-654
  • 本田靖, 高橋潔 (2015) IPCC第5次評価報告書を読み解く -WG2「影響・適応・脆弱性」を中心に-. 環境技術, 44 (12), 642-647
  • Ahammad, H., Heyhoe E., Nelson G., Sands R., Fujimori S., Hasegawa T., van ver Mensbrugghe D., Blanc E., Havlik P., Valin H., Kyle P., Mason d’Croz D., van Meijl H., Schmitz C., Lotze-Campen H., von Lampe M., Tabeau A. (2015) The role of international trade under a changing climate: Insights from global economic modelling. In: Elbehr A.eds., Climate change and food systems: global assessments and implications for food security and trade, Food Agriculture Organization of the United Nations (FAO), 294-309
  • 高橋潔 (2015) 気候変動影響に関する科学的知見 -IPCC評価報告書の経緯を辿る-. 港湾, 92, 8-11
  • 高橋潔 (2015) IPCC第5次評価報告書第2作業部会報告書. 日本不動産学会誌, 29 (1), 24-28
  • 松橋啓介(2015)持続可能な発展の目標と交通.国際交通安全学会誌, 39(3):225
  • 久保田泉(2015)気候変動リマ会合の成果. L&T, (67):64-65
  • 増井利彦 (2015) 日本の低炭素化政策課題と提案:ロードマップ作成から実行へ. クライメート・エッジ, 23, 3-3
  • 増井利彦, 大城賢, 甲斐沼美紀子, 日比野剛 (2015) 日本における2050年温室効果ガス排出量の80%削減に向けた道筋 -DDPP (Deep Decarbonization Pathways Project)での結果を踏まえて-. 季刊環境研究, (178), 89-95
  • 高橋潔 (2015) 特別企画セッション1「再認識、温暖化リスク!:リスク的視点から温暖化、気候変動問題を語る」. 日本リスク研究学会誌, 24 (4), 245-248
  • 藤野純一 (2015)震災後に考えること:飯舘村の現場から, THE CLIMATE EDGE, (23):7, 2015
  • 亀山康子 (2014) COP20の概要と今後の展望, 環境管理, 51(2):74-75, 2015
  • 亀山康子 (2014) 排出枠の取引:炭素市場の現状, 環境管理, 51(1):52-53, 2014
  • 藤田壮, DONG Huijuan (2015) 環境都市にむけての評価論の展開(Development of Evaluation Theory and Methodology for Eco-City Innovation). 都市計画 (City Planning Review), 64 (1), 14-17

書籍

  • Masui T., Oshiro K., Kainuma M. (2015) Eighty Percent Reduction Scenario in Japan. In: Shuzo Nishioka編, Enabling Asia to Stabilise the Climate, Springer Singapore, 55-66
  • 松橋啓介(2015)世帯エネルギー消費に関する社会的・政策的課題.市民生活行動学, 27(6):362-373
  • James Glynn, Patrícia Fortes, Anna Krook-Riekkola, Maryse Labriet, Marc Vielle, Socrates Kypreos, Antti Lehtilä, Peggy Mischke, Dai H., Maurizio Gargiulo, Per Ivar Helgesen, Tom Kober, Phil Summerton, Bruno Merven, Sandrine Selosse, Kenneth Karlsson, Neil Strachan, Brian Ó Gallachóir (2015) Economic Impacts of Future Changes in the Energy System—Global Perspectives. In: George Giannakidis, Maryse Labriet, Brian Ó Gallachóir, GianCarlo Tosato編, Informing Energy and Climate Policies Using Energy Systems Models, Springer, 333-358
  • 高橋潔, 増井利彦, 花崎直太, 藤森真一郎 (2015) 影響評価の前提となるシナリオ. 三村信男監修, 気候変動適応策のデザイン, クロスメディア・マーケティング, 54-60
  • 高橋潔 (2015) リスク・ハザード・曝露・脆弱性と将来の社会経済条件. 影響評価に必要な社会経済シナリオの変数. トップダウンアプローチとボトムアップアプローチ. 三村信男監修, 気候変動適応策のデザイン, クロスメディア・マーケティング, 14-14 59-59 60-60
  • 原澤英夫, 肱岡靖明 (2015) 7.1 影響評価の概要. 7.2 影響評価のための統合評価モデル. 7.3 分野別の影響評価手法とそのケーススタディ. 三村信男監修, 気候変動適応策のデザイン, クロスメディア・マーケティング, 78-79 80-81 82-83
  • 江守正多, 肱岡靖明, 甲斐沼美紀子 (2015) -. 江守正多,肱岡靖明,甲斐沼美紀子監修, IPCC report communicator ガイドブック~基礎知識編~ 統合報告書 基礎知識編, IPCCリポートコミュニケーター・プロジェクト, 38p
  • 肱岡靖明 (2015) -. 肱岡靖明監修, IPCC report communicator ガイドブック~基礎知識編~WG2基礎知識編, IPCCリポート コミュニケーター・プロジェクト, 122p

招待講演

  • Takahashi K. (2015) Assessment of Global Climate Risk Management Strategies. The Twelfth Tripartite Presidents Meeting among NIER, CRAES and NIES (TPM12), Abstracts
  • 高橋潔 (2015) 地球温暖化リスクに関する最新の科学的知見. 第54回日本生気象学会大会, 同予稿集
  • 高橋潔 (2015) 物理・生態・人間システムのつながりのモデル化. 日本学術会議公開シンポジウム「生命を育む地球環境の変動予測と適応」, なし
  • 増井利彦 (2015) 企業活動と暮らしの今後? ~緩和と適応~. 環境文明21シンポジウム 気候変動時代をどう乗り越えていくか, 同予稿集
  • Masui T. (2015) Contribution of AIM (Asia‐Pacific Integrated Model) to INDCs in Asia. Policy Research Workshop on How to enhance climate actions to meet a log‐term goal, -
  • Masui T. (2015) Assessment of INDCs toward 2 degree target based on AIM (Asia‐Pacific Integrated Model). Policy Research Workshop on How to enhance climate actions to meet a log‐term goal, -
  • Takahashi K. (2015) Needs for global and long-term perspective in regional climate risk management. Regional Action on Climate Change Conference, -
  • 高橋潔 (2015) 全球規模の気候変動リスク ~IPCC第5次評価報告書とその後の研究~. 化学工学会 第47回秋季大会, 同予稿集
  • Kameyama Y., (2015) Recent developments in climate change policy in Japan and a discussion of energy efficiency, A workshop Key Regional Actors and Sector Opportunities for International Climate Change Cooperation, Austin, USA, 2015
  • 増井利彦 (2015) 日本における2050年の温室効果ガス排出量を 80%削減する経路の検討 -DDPPにおける日本の分析結果から-. キャノングローバル戦略研究所 地球温暖化国内シンポジウム 日本の地球温暖化抑制の2050年ビジョンとその実現, 同予稿集
  • Takahashi K., Ito A., Fujimori S. (2015) The latest scenario sets commonly utilized in the climate change research community. UNESCO JAPAN workshop on participatory scenarios, -
  • 藤森真一郎, 長谷川知子, 高橋潔, 増井利彦 (2015) AIMにおける土地利用モデルの取り組み. AIM/CGEにおける土地利用データ活用に関する講演会での講演, なし
  • 高橋潔 (2015) 地球温暖化リスクに関する最新の科学的知見 —IPCC第5次評価報告書をふまえて—. 気候講演会『地球温暖化と雨』, なし
  • Takahashi K. (2015) Introduction to Global Climate Risk Analyses in ICA-RUS Project. Japan – Korea International Workshop for Climate Impact and Economic Assessment Consider Uncertainty, Abstracts, 30-45
  • Masui T. (2015) Research project related to short-lived climate pollutants. Bridging Atmospheric Science and Policy in Asia: Areas for Collaboration, -
  • Masui T. (2015) Development of GHG and SLCP emission scenarios using AIM (Asia-Pacific Integrated Model). Emissions scenario workshop on development of LLCPs/SLCPs emission scenarios based on future socio-economic change of East Asia, -
  • 増井利彦 (2015) 低炭素社会の実現に向けて. 龍谷大学環境サイエンスコース 地球温暖化防止講演会, なし
  • 肱岡靖明 (2015) 統合報告書 基礎知識編. IPCC report communicator ガイドブック ~基礎知識編~ 統合報告書 基礎知識編
  • 肱岡靖明 (2015) 日本における気候変動について. 平成26年度 東京都技術職員研修「技術セミナーIII」
  • 肱岡靖明 (2015) 温暖化の影響評価 ~簡易推計ツールの活用について~. 近畿地方における地球温暖化への適応策勉強会 第三回
  • 肱岡靖明 (2015) ライフ・ビジネススタイルと地球温暖化防止 ~IPCC第五次評価報告書を踏まえて~. 第7回熊本県ストップ温暖化県民総ぐるみ運動推進会議
  • 肱岡靖明 (2015) IPCCから「学び」「伝える」地球温暖化の現状とその対策 ~IPCC第五次評価報告書を踏まえて~. 第10期 宮崎県地球温暖化防止活動推進員全体研修
  • Hijioka Y. (2015) Overview of Research on Climate Change Impacts and Adaptation in Japan. Japan - Korea International Workshop for Climate Impact and Economic Assessment Consider Uncertainty
  • 肱岡靖明 (2015) 日本における気候変動影響とその対策. シンポジウム「気候変動の科学とわたしたちの未来~IPCCと岐阜県民の対話~」
  • 肱岡靖明 (2015) 気候変動の影響と適応策について. 長崎県における気候変動への適応に向けたセミナー
  • 肱岡靖明 (2015) T14 地球温暖化と生態系 ~質問~. 第62回日本生態学会大会

口頭発表

  • Yokohata T., Tanaka K., Nishina K., Takahashi K., Emori S., Kiguchi M., Iseri Y., Honda Y., Okada M., Masaki Y., Yamamoto A., Shigemitsu M., Yoshimori M., Sueyoshi T., Hanasaki N., Ito A., Sakurai G., Iizumi T., Nishimori M., Lim W.H., Miyazaki C., Kanae S., Oki T. (2015) Visualizing interconnections among climate risks. American Geophysical Union,2015 Fall Meeting, 「Abstracts」
  • Tanaka K., Yamagata Y., Yokohata T., Emori S., Hanaoka T. (2015) Can we bet on negative emissions to achieve the 2°C stabilization target even under strong carbon cycle feedbacks?. American Geophysical Union,2015 Fall Meeting, 「Abstracts」
  • ZHOU Q., Hanasaki N., Fujimori S., Masaki Y., Hijioka Y. (2015) Scenario Analysis on Global Hydropower Development Paths and Their Contribution to GHG Mitigation Utilizing a Dynamic CGE Model. 2015 AGU Fall Meeting, -
  • 岸本充生, 岡田祥宏, 高橋潔, 林岳彦, 平井祐介, 瀬尾佳美 (2015) リスク用語ハンドブック作成に向けて. 日本リスク研究学会第28回年次大会, 同講演論文集, 28
  • Masaki Y., Hanasaki N., Takahashi K., Hijioka Y. (2015) Evaluation of global hydrological model considering reservoir operation. American Geophysical Union, 2015 Fall Meeting, Abstracts
  • 時松宏治, 井元智子, 鼎信次郎, 重藤さわ子, 増井利彦 (2015) 気候変動に関するマクロとミクロをつなぐ対応策研究. 第6回横幹連合コンファレンス, 同論文集, 363-366
  • 増井利彦, 芦名秀一, 藤森真一郎, 藤野純一, 大城賢, 日比野剛 (2015) わが国における長期の温室効果ガス排出削減目標とその実現可能性. 第6回横幹連合コンファレンス, 同論文集, 367-370
  • Hasegawa T., Fujimori S., Takahashi K., Yokohata T., Masui T. (2015) Economic implications of climate change on human health through undernourishment. IAMC meeting 2015, -
  • Park C., Hasegawa T., Fujimori S., Takahashi K., Hijioka Y., Masui T. (2015) Economic consequences of climate-induced changes in the energy demand for heating and cooling. IAMC meeting 2015, -
  • Fujimori S., Dai H., Masui T., Matsuoka Y. (2015) Global Energy Model Hindcasting and Validation. IAMC meeting 2015, -
  • Fujimori S., Ron Sands, Hasegawa T. (2015) EMF33 bioenergy supply scenario CGE implementation issues: FARM and AIM approaches. EMF 33 meeting, -
  • Fujimori S., Hasegawa T., Takahashi K., Masui T. (2015) How to construct the SSPs? ‐ the AIM example. AgMIP Global Economic Modeling (GlobEcon) group, Phase 2 progress meeting, -
  • 高橋潔 (2015) INDCを延長した場合の排出・気候シナリオの下での影響リスク. 第7回温暖化リスクメディアフォーラム, なし
  • 増井利彦 (2015) 気候変動時代に向けた 企業の取組の方向と可能性. 環境文明21 経営者環境力クラブ, 同予稿集
  • Masui T., Hijioka Y., Kim S.K., Lim J.H., Gao Q. (2015) Research Collaboration for Low Carbon Development in Three Countries. The 12th Tripartite Presidents Meeting among NIES, NIER and CRAES, Absrtracts
  • Masui T. (2015) Assessment of INDCs toward 2 degree target and discussion process in Japan. Low Carbon Asia Research Network (LoCARNet) 4th Annual Meeting, -
  • 増井利彦 (2015) はじめに+約束草案+COPに向けた現状. DDPP報告シンポジウム2:低炭素社会をどう実現するか?, 同予稿集
  • 増井利彦 (2015) INDCにおける緩和策、適応策の評価に向けて. プレCOPイベント「COP21に向けて」, 同予稿集
  • 田中朱美, 高橋潔, 花崎直太, 眞崎良光, 肱岡靖明, 塩竈秀夫, 江守正多 (2015) 全球平均気温変化に対する気候変化影響量のスケーリング可能性の検討. 日本気象学会2015年度秋季大会, 同予稿集, 473
  • 松橋啓介, 石河正寛, 有賀敏典(2015)市原市での資本ストック配置の将来シナリオ.環境科学会2015年会 ,講演要旨集, 107.
  • 康井洵之介, 棟居洋介, 増井利彦 (2015) 富士山登山者数の上限の推計と入山料によるその実現可能性の評価. 第 43回環境システム 研究論文発表会, 同予稿集
  • 明日香壽川, 上園昌武, 歌川学, 甲斐沼美紀子, 田村堅太郎, 槌屋治紀, 外岡豊, 西岡秀三, 朴勝俊, Pranab Jyoti BARUAH, 平田仁子, 増井利彦, 脇山尚子 (2015) わが国における2030年を対象とした温室効果ガス排出削減目標の議論. 環境経済・政策学会2015年大会, 同予稿集
  • 棟居洋介, 増井利彦 (2015) 食品ロスの削減と肥満対策が2050年までの世界の食料需要に及ぼす影響. 環境経済・政策学会2015年大会, 同予稿集
  • 棟居洋介, 増井利彦 (2015) 総エネルギー消費量を用いた最終消費における世界の食品廃棄量の推計. 環境科学会2015年会, 同予稿集
  • 吉田綾, 田崎智宏, 青柳みどり, 金森有子 (2015) 2030年の日本のライフスタイルシナリオに関する一般市民の認識. 環境科学会2015 年会, 同予稿集, 28
  • Ooba M., Hayashi K., Machimura T., Matsui T. (2015) Landscape-level evaluation of ecosystem services:Urban, plantation, and natural forests in the central part of Japan. 9th IALE World Congress, -
  • Ooba M., Hayashi K., Ito H., Fujii M., Hasegawa Y. (2015) Assessment of ecosystem services with land use maps. Impact Assessment in the Digital era(IAIA15), -
  • 大場真, 林希一郎, 伊藤英幸 (2015) 保全優先度を用いた広域における生態系サービス評価. 環境アセスメント学会2015年度研究発表会, 同要旨集, 163
  • 大場真, 藤井実, 林希一郎 (2015) 東日本における再生可能エネルギー利用と生態系影響. 環境アセスメント学会2015年度研究発表会, 同要旨集, 219
  • Hanaoka T. (2015) Importance of Research Collaborations and GHG Emissions Inventory Development in Asia toward Achieving the Global 2℃ Temperature Change Limit Target. Japan-China Research Workshop -On the Road to Paris: Enhancing Common Understanding of Major Emitters’policies, -
  • Hanaoka T. (2015) GHG and SLCP emissions projections in Asia and Intended Nationally Determined Contributions. The International Workshop on Land Use/Cover Changes and Air Pollution in Asia, -
  • 花岡達也, 金森有子, 藤井実 (2015) アジアにおける一般廃棄物埋立由来のCH4排出量の将来推計. 第43回環境システム研究論文発表会, 第43回環境システム研究論文発表会講演集, 165-170
  • 長谷川知子, 藤森真一郎, 横畠徳太, 高橋潔, 増井利彦 (2015) 気候変化による低栄養に起因する健康影響の経済評価. 第43回環境システム研究論文発表会, 環境システム研究論文集, 43, 23-34
  • 藤森真一郎, 長谷川知子, 増井利彦, 高橋潔, シィルバエランディエゴ, 戴瀚程, 肱岡靖明, 甲斐沼美紀子 (2015) AIMによる新社会経済シナリオSSPの定量化とそのシナリオの特徴. 第43回研究論文発表会, 土木学会論文集G(環境), 71(6), II_217-II_228
  • 藤森真一郎 (2015) 国立環境研究所 気候変動緩和策研究 に関する事例. Horizon 2020 情報セミナー 2015:Horizon 2020 の2016-17 ワークプログラムと日欧連携, なし
  • ZHOU Q., Hanasaki N., Fujimori S., Masaki Y., Hijioka Y. (2015) Climate Change Impact and Mitigation Assessment on Hydropower: Model-Based Analysis. Society of Envrionmental Science, Annual Meeting 2015, To investigate the impact of climate change and mitigation policies on hydropower globally, we analyzed global hydropower potential data (2010-2099) calculated by the H08 global water resources model and hydropower generation data (2005-2100) calculated by the AIM/CGE model. The results implied that the impact of climate change on hydropower potential and generation substantially varied by region. The regions where climate change will increase the hydropower potential would have the opportunity to introduce more hydropower generation. Conversely, the regions under the opposite condition would need to seek additional alternative mitigation options., 77-77
  • Yokohata T., Nishina K., Takahashi K., Emori S., Tanaka K., Kiguchi M., Iseri Y., Honda Y., Okada M., Masaki Y., Yamamoto A., Shigemitsu M., Yoshimori M., Sueyoshi T., Iwase K., Hanasaki N., Ito A., Sakurai G., Toshichika I., Oki T. (2015) Mapping of risk interconnection under climate change. Our Common Future under Climate Change (CFCC) Conference, 「Abstracts」, 201
  • Takahashi K., Tkayabu I., Ishizaki N., Shiogama H., Matsui T., Tanaka N., Emori S. (2015) Projection of potential habitats for beech (Fagus crenata) forests in Japan considering three different dynamic downscaling scenarios. IPCC Workshop on Regional Climate Projections and their Use in Impacts and Risk Analysis Studies, Abstracts
  • 秋山千亜紀, 東博紀, 越川海, 戴瀚程, 岡寺智大, 増井利彦 (2015) 将来の中国における水質汚濁負荷物質発生量とその削減可能性. 2015年日本地理学会秋季学術大会, 日本地理学会発表要旨集, (88), 122
  • 秋山千亜紀, 戴瀚程, 東博紀, 岡寺智大, 越川海, 増井利彦 (2015) 社会経済の近未来シナリオに基づく中国の地域別・産業別COD発生負荷量の予測. 平成27年度土木学会全国大会第70回年次学術講演会, 第70回年次学術講演会講演概要集, 221-222
  • ハク マオ, 長谷川知子, 松岡 譲 (2015) An assessment of GHG emissions and mitigation potential from Agriculture, Forestry and Other Land-Use in Cambodia(カンボジアにおける農業・土地利用部門の温室効果ガス排出削減に関する検討). 土木学会第23回地球環境シンポジウム, 土木学会論文集G(環境), 71(5), 165-176
  • 今野伊吹, 森俊介, 金森有子, 増井利彦 (2015) 東京電力管内における地域特性を考慮した分散型電源の導入評価及び電源計画への影響分析. 環境科学会2015年会, 同予稿集, 46
  • Kanamori Y. (2015) Estimation of energy service demand and energy consumption in residential sector by 2050. 8th International Conference on Energy Efficiency in Domestic Appliances and Lighting, -
  • 金森有子 (2015) 家庭からの環境負荷のモデル推計と持続可能なライフスタイルに関する研究. 環境科学会2015年会, 同予稿集, 26
  • 金森有子, 有賀敏典, 松橋啓介 (2015) 高齢期の住まい方に着目した高齢世帯のエネルギー消費量推計について. 環境科学会2015年会, 同予稿集, 30
  • 藤森真一郎, 増井利彦, 松岡譲, 戴瀚程, (2015) 統合評価モデルAIM/CGEを用いた過去のエネルギー消費量の推計とモデル検証. 第23回地球環境シンポジウム, 土木学会論文集G(環境), 71(5), I_153-I_164
  • Takahashi K., Sato M., Hijioka Y.,(2015) Trends and issues of Climate Change Education in Japan,World Symposium on Climate Change Adaptation (WSCCA-2015), Manchester,UK, 2015
  • Ohnishi S., Dong H., Fujita T., Dong L., Fujii M. (2015) Evaluation methodology comparison on industrial and urban symbiosis in Kawasaki Eco Town, Japan. ISIE CONFERENCE 2015 – TAKING STOCK OF INDUSTRIAL ECOLOGY
  • 田崎智宏, 稲葉陸太, 藤井実, 山口直久 (2015) 人口減少とリサイクルの進展を見据えた一般廃棄物焼却施設の統合による環境・経済面の効果推計. 環境科学会2015年会, 同プログラム, 40
  • Masaki Y., Hanasaki N., Takahashi K., Hijioka Y. (2015) Future Changes in Theoretical Hydropower Potential and Hydropower Generation Based on River Flow under Climate Change. 12th Annual Meeting Asia Oceania Geosciences Society together with 7th Asia Pacific Association of Hydrology and Water Resources (APHW) Conference, Abstracts
  • Fujimori S. (2015) Integrated assessment model with agricultural impact. Climate Change Impacts & Integrated Assessment XXI (CCI/IA), -
  • Mori S., Washida T., Kurosawa A., Masui T. (2015) Pathways to be Opened towards Low Carbon Society - Findings on Multi-model Comparison in ICA-RUS Project. Our Common Future under Climate Change, -
  • Masui T., Kainuma M., Fujita T. (2015) Development of scientific tools and their application to Asian countries toward low carbon society. Our common future under climate change, -
  • Masaki Y., Hanasaki N., Takahashi K., Hijioka Y. (2015) Propagation of biases in humidity in the estimation of global irrigational water. 26th International Union of Geodesy and Geophysics General Assembly, Abstracts
  • Terazono A., Oguchi M., Hanaoka T., Santo A. (2015) Modeling in-use stocks of consumer durables to forecast generation of end-of-life products and fluorocarbons potential in Asian countries. 8th Biennial Conference of the International Society for Industry Ecology (ISIE Conference 2015), Book of Abstracts, 208
  • Emori S., Takahashi K., Yamagata Y., Kanae S., Mori S., Fujigaki Y. (2015) Two degrees or not Two degrees:that is the question - interim results from ICA-RUS project. Our Common Future under Climate Change, -
  • Tanaka K., Yamagata Y., Yokohata T., Emori S., Hanaoka T. (2015) Can we bet on negative emissions to achieve the 2°C stabilization target even under strong carbon cycle feedbacks?. Our Common Future Under Climate Change, -
  • 中村省吾, 根本和宜, 森保文, 犬塚裕雅(2015)関係者の多様性から見た森林バイオマス利用の特徴と課題.日本森林学会第126回大会
  • 松橋啓介, 有賀敏典, 石河正寛(2015)ストック配置に関連する地域内人口分布の動向とシナリオ.多世代参加型ストックマネジメント手法の普及を通じた地方自治体での持続可能性の確保第1回公開セミナー
  • Fujimori S., Hasegawa T., Masui T., Takahashi K. (2015) Land use representation in a global CGE model for long-term simulation: CET vs. logit functions. 18th Annual Conference on Global Economic Analysis, Abstracts
  • 増井利彦 (2015) 気候変動のリスクと機会. 第24回東芝グループ環境展, なし
  • 横畠徳太, 仁科一哉, 高橋潔, 江守正多, 田中克政, 木口雅司, 井芹慶彦, 本田 靖, 岡田将司, 眞崎良光, 山本彬友, 重光雅仁, 吉森正和, 末吉哲雄, 岩瀬健太, 花崎直太, 伊藤昭彦, 櫻井玄, 飯泉仁之直, 西森基貴, 沖大幹 (2015) 気候変動リスク連鎖の構造と全体像の可視化. 日本地球惑星科学連合2015年大会, なし
  • 横畠徳太, 仁科一哉, 高橋潔, 江守正多, 田中克政, 木口雅司, 井芹慶彦, 本田 靖, 岡田将司, 眞崎良光, 山本彬友, 重光雅仁, 吉森正和, 末吉哲雄, 岩瀬健太, 花崎直太, 伊藤昭彦, 櫻井玄, 飯泉仁之直, 西森基貴, 沖大幹 (2015) 気候変動リスク連鎖の全体像の可視化. 日本気象学会2015年度春季大会, 同予稿集, (229)
  • Oguchi M., Terazono A., Hanaoka T., Tasaki T. (2015) Modeling in-use stocks of consumer durables for estimating future generation of end-of-life products in Asian countries. The 2nd 3R International Scientific Conference on Material Cycles and Waste Management, Scientfic Program, 340-343
  • Yokohata T., Tanaka K., Nishina K., Takahashi K., Emori S., Kiguchi M., Iseri Y. , Honda Y., Okada M., Masaki Y., Yamamoto A., Shigemitsu M., Yoshimori M., Sueyoshi T., Iwase K., Hanasaki N., Ito A., Sakurai G., Iizumi T., Oki T. (2015) Mapping of interconnection of climate risks. European Geosciences Union General Assembly 2015, Abstracts, 17(EGU2015-9435)
  • Tanaka A., Takahashi K., Masutomi Y., Hanasaki N., Hijioka Y., Shiogama H., Yamanaka Y. (2015) Adaptation pathways to maintain global wheat production through the 21st century. 2nd European Climate Change Adaptation conference (ECCA), ECCA 2015 Abstract book
  • 増井利彦 (2015) AIM(アジア太平洋統合モデル)による 日本の約束草案の評価. 環境経済・政策学会 20周年記念シンポジウム 第2回:2030年のエネルギーミックスと温暖化目標, 同予稿集
  • 増井利彦, 芦名秀一, 藤森真一郎, 岡川梓, 日比野剛, 松井重和, 大城賢 (2015) AIM(アジア太平洋統合モデル)による 温室効果ガス排出量の新しい試算結果 (中間報告). シンポジウム 日本の排出削減目標議論の行方(環境研究総合推進費2-1402国民との科学・技術対話シンポジウム), なし
  • 大場真 (2015) 温暖化対策と再エネ: 森林と調和した持続可能な社会. みなかみ地域エネルギーフェスタ第1回シンポジウム『地域エネルギーと低炭素社会の創造』, なし
  • 大場真, 林希一郎, 伊東英幸, 鈴木孝拓, 長谷川泰洋 (2015) 「環境保全オフセットという文脈における生態系サービスの空間的評価」. 日本生態学会第62回全国大会, なし
  • Ooba M., Hayashi K., Suzuki T., Li R. (2015) Analysis about urban ecosystem services for ecosystem offset. The 6th International Conference on Environmental and Rural Development, Book of Abstracts, 36-36 <Awards of Excellent Paper-6th ICERD>
  • 田中朱美, 高橋潔, 増冨祐司, 花崎直太, 肱岡靖明, 塩竈秀夫, 山中康裕 (2015) 全球コムギ生産に関する適応パスの分析. 日本農業気象学会2015年全国大会, 同予稿集, 120
  • 秋山千亜紀, 戴瀚程, 東博紀, 岡寺智大, 越川海, 増井利彦 (2015) 経済推計に基づく 中国の地域別・産業別取水量の将来予測. 土木学会関東支部第42回技術研究発表会, 同講演概要集(CD-ROM)
  • 増井利彦 (2015) 日本における緩和策の経緯と2℃目標に向けて. 気候ネットワーク・連続セミナー 温室効果ガス削減の可能性をさぐる ~新たな目標設定と政策の実施に向けて~, なし
  • Fujimori S., Hasegawa T., Takahashi K., Masui T. (2015) How to construct the SSPs? - the AIM example. 5th AgMIP Global Workshop, -
  • 増井利彦 (2015) 地球温暖化の現状 ~その影響と対策について~. 沖縄バイオ燃料国際セミナー, 同予稿集
  • 増井利彦 (2015) 日本における気候変動対策. 気候変動の科学とわたしたちの未来~IPCCと福島県民の対話~, 同予稿集
  • Fujino J., (2015) Why we need LCS scenarios? -Lessons in Japan and Asia-, The advancement and enhancement on Low Carbon Development Researches and Policies among Cambodia, Lao PDR, and Myanmar, Phnom Penh, Cambodia, 2015
  • Fujino J., (2015) Situation of Japanese INDC and our contributions to Asian countries, Second Regional Technical Dialogue on Intended Nationally Determined Contributions (INDCs) - Asia-Pacific & Eastern Europe -, Bangkok, Thai, 2015
  • Silva D.,Ashina S.,Fujino J., (2015) Disaggregation of electricity demand using downscaling methodology at global scale, 31st Conference on Energy, Economy, and Environment, Tokyo, Japan, 2015
  • Gomi K., (2015) Introduction of Waste Model and its application, The advancement and enhancement on Low Carbon Development Researches and Policies among Cambodia, Lao PDR, and Myanmar, Phnom Penh, Cambodia, 2015
  • Gomi K., (2015) Targeting Mitigation Efforts: Lessons from low carbon scenarios for South East Asia, Regional Expert Meeting on Green Industry Policy for Low Carbon Growth in South East Asia, Phnom Penh, Cambodia, 2015
  • 増井利彦 (2015) 低炭素社会の作り方. SATテクノロジー・ショーケース2015, なし
  • Masui T. (2015) Asia-Pacific Integrated Model. MILES (Modeling and Informing Low Emission Strategies) kick-off meeting, -
  • Hayashi K., Oba M., Fujii M. (2015) Resource Occupancy to Capacity Ratio Assessment of Forest Management -Case in Aichi, Japan. International Symposium on EcoTopia Science 2015, Abstracts
  • Gomi K., (2015) Local low carbon development initiatives in Fukushima, 20th AIM International Workshop, Tsukuba, Japan, 2015
  • Hijioka Y. (2015) Assessment of Comprehensive Impacts and Effectiveness of Adaptation Measures in Japan. 20th AIM International Workshop
  • 平野勇二郎, 井原智彦, 吉田友紀子, 高橋敬子 (2015) ライフサイクルCO2を削減する都市の消費行動パターンに関する基礎的検討. 第31回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス, 同講演論文集, 493-494
  • 吉田友紀子, 平野勇二郎, 渡邉聡, 松野正太郎 (2015) 低炭素型ライフスタイル実現のための居住機能の高効率化に関する研究. 第31回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス, 同講演論文集, 635-636
  • 平野勇二郎, 吉田友紀子 (2015) 川崎市における低炭素施策導入の省エネルギー効果と都市熱環境への影響. 第42回土木学会関東支部技術研究発表会, 同講演概要集
  • 平野勇二郎, 戸川卓哉, 孫穎 (2015) 生活・行動様式-空間配置の相互関係モデルに基づく商業施設立地の分析. 2015年日本地理学会春季学術大会, 日本地理学会発表要旨集, (87), 327
  • 有賀敏典, 青野貞康, 大森宣暁 (2015) 保育園を利用する世帯のスケジュール制約の把握-宇都宮市内の保育園を対象として-. 第51回土木計画学研究発表会, 同講演集
  • Dong H., Geng Y, Fujita T. (2015) Three accounts for regional carbon emissions from both fossil energy consumption and industrial process. ISIE CONFERENCE 2015 – TAKING STOCK OF INDUSTRIAL ECOLOGY

受賞

  • ヘドニック・アプローチによる東京都区部の洪水被害額の計測-浸水リスク変数の内生性を考慮した分析-
    賞の名称:奨励賞
    授賞機関:環境経済・政策学会
    受賞者:岡川 梓
    受賞対象発表:ヘドニック・アプローチによる東京都区部の洪水被害額の計測-浸水リスク変数の内生性を考慮した分析-.環境経済・政策研究, 5(2), 58-71, 2012.(日引聡・小嶋秀人との共著)

書籍

  • Kameyama Y. (2014) Environmental and social policies in Japan, Tony Fitzpatrick (Author and Editor), International Handbook on Social Policy and the Environment, Edward Elgar, 228-248, 472p.
  • 岩渕裕子,藤野純一(分担執筆)(2014) 8.7 部門横断的対策「見える化」, 独立行政法人国立環境研究所地球環境研究センター 編著, 地球温暖化の事典, 丸善出版株式会社, 329-336
  • Kameyama Y. (2014) The future of multilateral agreements and institutions in climate change policy, Hidenori Niizawa and Toru Morotomi (Author and Editor), Governing Low-Carbon Development and the Economy, United Nations University Press, 149-167
  • Kameyama Y. (2014) Climate and Security in Asia and the Pacific (Food, Water and Energy). MANTON M., STEVENSON, Linda A. eds., Climate in Asia and the Pacific, Springer, 317p.
  • Kameyama Y. (2014)Climate Change and Sustainability. LASCO Rodel MANTON M., STEVENSON, Linda A. eds., Climate in Asia and the Pacific, Springer,253-288p. 317p.
  • 亀山康子(分担執筆)(2014) 国際社会の動きと私たちの日常生活をつなげる. ECOネット東京62 エコアカデミー. http://all62.jp/ecoacademy/29/01.html
  • 亀山康子(分担執筆)(2014) 9.1 気候変動枠組条約・締約国会議. 9.2 京都議定書・締約国会合. 9.9 国際機関. 10.1 持続可能な発展の概念. 独立行政法人国立環境研究所 編著, 地球温暖化の事典, 丸善出版, 357-362p 362-367p 396-400p 401-406p. 435p.
  • 久保田泉(2014)適応策に関する国際交渉の動向.気候変動リスクとどう向き合うか—企業・行政・市民の賢い適応, (6):163-168

誌上発表(査読付き)

誌上発表(査読無し)

口頭発表

  • Asayama Y., Limmeechokchai B., Policies and Measures to Remove Energy Efficiency Barriers in Thai Buildings toward Nationally Appropriate Mitigation Actions (NAMAs). International Conference & Utility Exhibition on: Green Energy for Sustainable Development (ICUE 2014), Pattaya, Thailand, March 2014
  • 朝山由美子, Toward the pledge and sustainable implementation of Thailand NAMAs: Analysis of barriers to energy efficiency in designated buildings. 環境システム研究論文発表会つくば, 2014年10月
  • Asayama Y.,(2014) Policy instruments and countermeasures to reduce CO2 emissions in designated buildings under Thailand’s NAMAs. International Appliance of Research Universities (IARU), The Sustainability Science Congress 2014 – Global Challenges: Achieving Sustainability, Copenhagen, Denmark, October, 2014
  • 増井利彦,(2014) わが国を対象とした持続可能社会の実現に向けたシナリオを評価するためのモデル開発, 環境経済・政策学会2014年大会, 東京, 2014
  • 亀山康子,田村堅太郎(*1),高村ゆかり(*2),新澤秀則(*3)(*1地球環境戦略研究機関,*2名古屋大学,*3兵庫県立大学) (2014) 気候変動対策のためのポスト2020年国際枠組みの法形式に関する研究 - ウェブアンケート調査の結果, 環境経済・政策学会2014年大会, 東京, 2014
  • 亀山康子,Qiang Liu(*1),高村ゆかり(*2)(*1NCSC,*2名古屋大学) (2014), Assessment of Policies to Reduce Greenhouse Emissions from Building Sector in China, 環境科学会2014年会, つくば, 2014
  • 亀山康子, (2014) COPにおける議論の状況と今後の進展, 環境科学会2014年会, つくば, 2014
  • 田崎智宏, 亀山康子, 多島良, (2014) 持続可能な発展目標(SDGs)の設定分野と重視されるクライテリア, 環境経済・政策学会2014年大会, 東京, 2014
  • 佐野和美,須田真依子,高橋敬子,林岳彦,小島英子,村山麻衣(*1),森朋子(*2),石坂薫(*3)(*1産業技術総合研究所,*2東京大学大学院,*3廃棄物工学研究所), 日本の環境教育・リスク教育の現状と今後の在り方とは,日本環境教育学会第25回大会, 東京,2014年8月, 同予稿集, 105-105,
  • Fatin Aliah Phang(*1),Wong Wai Yoke(*1),Suda M.,Ho Chin Siong(*1),Fujino J.(*1Low Carbon Asia Research Centre, Universiti Teknologi Malaysia), Iskandar Malaysia Eco-Life Challenge Promotes Low Carbon Awareness among Primary School Students, Tokyo,August, 2014, Abstracts, 193,
  • 須田真依子,藤野純一,Fatin Aliah Pahng,Wong Wai Yoke,Ho Ching Siong,アジア地域における環境教育プログラムの普及に関するコーディネーターの機能の分析~イスカンダル・マレーシアにおける事業事例より~,日本環境教育学会第25回大会, 東京,2014年8月, 研究発表要旨集, 42
  • 須田真依子, イスカンダル開発地域における低炭素教育プログラム開発の検討,国際開発学会第15回春季大会, 京都,2014年6月, 発表要旨集, 29
  • 藤野純一,須田真依子,豊田陽介, 低炭素教育プログラムの普及要因分析-京都市エコライフチャレンジプログラムのマレーシア適用事例に基づいて-,第33回エネルギー・資源学会研究発表会, 大阪,2014年6月, 講演論文集, 63
  • Fatin Aliah Phang,Wong Wai Yoke,Mohd Hidayat Ishak,Faqih Junus,Mohd Azam Anuar,Isma Ezwan Safri,Suda M., ISKANDAR MALAYSIA ECO LIFE CHALLENGE: ENVIRONMENT MODULE THROUGH SIX DEGREES OF SCIENCE SUBJECTS,Bulletin of the Association of Science and Mathematics Education Johor, Johor,May, 2014
  • Shiraki H.,Ashina S.,ASSESSMENT OF LARGE SCALE PENETRATION OF VARIABLE RENEWABLES IN JAPAN CONSIDERING SUPPRESSION OF POWER FLUCTUATION, Grand Renewable Energy 2014,Tokyo,July, 2014
  • 白木裕斗,芦名秀一,太陽光・風力発電の短周期・長周期の変動性を考慮した再生可能エネルギーの導入可能性分析, エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス第30回大会,東京,2014年1月
  • Asayama Y.,Limmeechokchai B.,Policies and Measures to Remove Energy Efficiency Barriers in Thai Buildings toward Nationally Appropriate Mitigation Actions (NAMAs),International Conference & Utility Exhibition on: Green Energy for Sustainable Development (ICUE 2014),Pattaya City,March, 2014,
  • Silva D.,Ashina S.,Fujino J.,Study on the Feasibility of Wind Power Supply Across Asia Focusing on Electricity Transmission Costs,30th Conference on Energy, Economy, and Environment,Tokyo,2014年1月, Proceedings of the 30th Conference on Energy, Economy, and Environment, 521-524
  • Fujino J.,Developing Low Carbon Society(LCS) Scenarios -Expectation form Japan-,Workshop on Low Carbon Society in Vietnam, and Environment,Hanoi,January, 2014
  • Fujino J.,Our experience -How simulation model support CC mitigation policy development-,Capacity-Building Workshop on The Feasibility Study of the Low Carbon Development Policy for Cambodia, Phnom Penh,February, 2014
  • Tasaki T.,Kameyama Y.,Tajima R.,Kanie N.,Nexus Approach and Post-one-size-fits-all Approach for Sustainable Development Goals (SDGs), Nexus 2014: Water, Food, Climate and Energy Conference,2E-1330,Chapel Hill,March, 2014,
  • Kubota I.(2014)A Comparative Analysis of International Financial Mechanisms for Adaptation to Climate Impact: with primary attention on how to prioritize countries projects.3rd International Climate Change Adaptation Conference 2014
  • 久保田泉(2014)国別適応計画に対する資金支援に関する課題.環境科学会2014年会
  • 久保田泉(2014)日本における生物多様性オフセットの制度化に向けた課題.環境経済・政策学会2014年大会
  • 岡川梓, 堀江哲也, 須賀伸介(2014)久米島農家の作物・サトウキビ作型選択メカニズムの解明.環境科学会2014年会
  • 須賀伸介, 松本幸雄, 内山政弘(2014)粒子拡散描像にもとづく解析モデルを用いた風車による風速欠損とその回復過程のシミュレーション.平成26年度日本太陽エネルギー学会・日本風力エネルギー学会合同研究発表会
  • 上田佳代, Ng Chris Fook Sheng, 小野雅司, 五藤大輔, 有賀敏典, 松橋啓介, 高見昭憲(2014)関東における熱中症救急搬送数の将来予測.日本衛生学会第84回学術総会
  • 三宅岳, 木下裕介, 水野有智, 松橋啓介, 村山麻衣, 林和眞, 梅田靖(2014)持続可能社会シナリオ作成のための社会の価値観に基づく社会像構築の試み.日本LCA学会第9回研究発表会
  • Ariga T.,Matsuhashi K.(2014)Variation of the Elderly Population without Public Transportation Access -The Case Study on the Greater Tokyo Region-.The International Symposium on City Planning 2014
  • 中川喜夫, 松橋啓介, 谷口守(2014)都市構造からみる余剰電力の街区間融通と電力価格政策との連携可能性.第50回土木計画学研究発表会
  • Kurishima H., Nakaguchi T., Kurasaka H., Sato S., Matsuhashi K.(2014)Analysis of correlations between social capital measurements and regional sustainability.2nd International Conference on Urban Sustainability and Resilience
  • 上田佳代, Ng Chris Fook Sheng, 小野雅司, 五藤大輔, 有賀敏典, 松橋啓介, 高見昭憲 (2014) 関東における熱中症救急搬送数の将来予測. 日本衛生学会第84回学術総会, 同予稿集
  • 眞崎良光, 花崎直太, 高橋潔, 肱岡靖明 (2014) 気候変動にともなう理論包蔵水力と流況に基づく水力発電量の将来変化. 土木学会第22回地球環境シンポジウム, 土木学会論文集G, 70(5), I_111-I120
  • Ooba M., Fujita T., Togawa T., Hirano Y., Fujii M., Hayashi K. (2014) Comprehensive Assessment of Biomass and Ecosystem Services in Tohoku Region, Japan. The 9th Conference on Sustainable Development of Energy, Water and Environment Systems, Abstracts, 200
  • 有賀敏典, 青野貞康, 山本徳洋, 大森宣暁 (2014) 活動交通シミュレータを用いた子育て共働き世帯の時空間制約分析. 土木計画学研究発表会第50回, 同講演集
  • Ariga T., Matsuhashi K. (2014) Variation of the Elderly Population without Public Transportation Access -The Case Study on the Greater Tokyo Region-. The International Symposium on City Planning 2014, Abstracts

招待講演

  • 亀山康子, (2015)リマ会合の結果とパリ会合に向けた進展, 気候ネットワーク全国シンポジウム 市民が進める温暖化防止, 京都, 2015
  • 亀山康子(2015) リマ会合の結果とパリ会合に向けた進展,気候ネットワーク全国シンポジウム 市民が進める温暖化防止',京都,February, 2015
  • Suda M.,Approaches and Strategies towards Low Carbon Society - The Case Study of Iskandar Malaysia-,JICA Training Course on 'Development Strategies on Climate Change',Tsukuba,September, 2014
  • Suda M.,Development of Low Carbon Society Scenarios for Asian Regions -The Case Study of Iskandar Malaysia-,JICA Training Course on 'Development Strategies on Climate Change',つくば,2014年2月
  • 久保田泉(2014)適応及び損失と被害に関する国際交渉の最新動向.セミナー「気候変動に関するイノベーションと科学的知見〜経済セクター・科学の役割〜」
  • 藤田壮:日本の環境都市政策と都市シミュレーション, 第11回日韓中三カ国環境研究機関長会合(TPM11)国際ワークショップ, Japan, 1113,2014
  • T.Fujita : International Conference on Eco-Industrial Development, Shanghai China (1029, 2014) "Innovative monitoring and modelling approach for eco-city renovation and management"
  • 藤田壮:東北復興シンポジウム~復興まちづくりと環境未来都市~,第4回環境未来都市構想推進国際フォーラム,主催:内閣官房・内閣府・」「環境未来都市」構想推進協議会,東松島 (2014年12月15日) 「環境未来都市構想について」
  • T.Fujita : アジア生産性機構,「日本の太陽エネルギー技術をアジア太平洋地域へ紹介」,Japan, (0728, 2014) 「アジア都市への日本の環境技術・政策の活用」
  • T.Fujita : ISAP(International Forum for Sustainable Asia and the Pacific) 2014, 第6回 持続可能なアジア太平洋に関する国際フォーラム, International Climate Regime in 2020 and Initiatives in Asia: Mitigation Actions and a Measuring, Reporting and Verification (MRV) System, IGES/NIES Collaborative Session, Yokohama,Japan, (0723,2014) "International Collaborative Research for Innovative Modelling and Monitoring for Low Carbon Society and Eco-Cities in Indonesia"

受賞

  • 賞の名称:平成25年度地球環境論文賞
    授賞機関:公益社団法人土木学会地球環境委員会
    受賞者:申 龍熙,高橋 潔,花崎 直太,肱岡 靖明
    受賞対象論文:日本域付近の気候予測 -CMIP3気候シナリオとCMIP5気候シナリオの比較-,Journals of the Japan Society of Civil
    Engineers G (Environment) ,68 (5), I_159-I_169,2012
    受賞年月日:2013年09月18日

書籍

  • 久保田泉(2013)地球温暖化をどうやって抑制するか.18歳からはじめる環境法, 59:120-121
  • 岡川梓(2013)治水対策の便益の算定.災害の経済学, 5(2):58-71
  • 肱岡靖明(監修)(2013) -. 国立天文台編, 理科年表 平成25年, 丸善, 1136p
  • 亀山康子(分担執筆)(2013) 第9章 気候変動問題. 上垣彰・田畑伸一郎 編著, ユーラシア地域大国の持続的経済発展, ミネルヴァ書房, 254p.
  • 亀山康子(分担執筆)(2013) COP3. IPCC. WEO. 金森久雄・荒憲治郎・森口親司 編, 経済辞典第5版, 有斐閣, 1604p.

誌上発表(査読付き)

  • 久保田泉(2014)適応関連資金供与における異なるスキームの定性的比較分析.環境情報科学学術研究論文集, (27):243-246
  • 岡川梓, 肱岡靖明, 金森有子(2013)国別生活用水需要の将来推計のためのモデル開発 −水道用水需要量に着目して−,環境科学会誌, 26(3):224-256
  • 有賀敏典, 松橋啓介(2013)居住と交通に関する選好変化の調査分析手法の開発.第33回交通工学研究発表会論文集, 459-462
  • 松橋啓介,村山麻衣,増井利彦,原澤英夫(2013)持続可能社会への転換に向けた叙述シナリオの構築に関する試み—生産活動の観点から—.環境科学会誌, 26(3):226-235
  • 有賀敏典, 松橋啓介(2013)地域内人口分布シナリオの乗用車CO2排出量推計による評価.土木学会論文集G(環境), 69(6):II_79-II_84
  • 有賀敏典, 松橋啓介(2013)Webアンケートおよび全国3次メッシュ人口・世帯数を用いた自動車保有・利用の推計.都市計画論文集, 48(3):537-542
  • Hideki Kato, Ryosuke Ando, Kondo Y., Tsutomu Suzuki, Matsuhashi K., Kobayashi S.(2013)Comparative measurements of the eco-driving effect between electric and internal combustion engine vehicles.27th International Battery, Hybrid and Fuel Cell Electric Vehicle Symposium
  • 一ノ瀬俊明・大西暁生・石峰(2013):黄河全流域における水資源需給構造の分類—地下水と地表水のバランスに注目して—,環境科学会誌,26(2),167-179
  • 岡川梓, 肱岡靖明, 金森有子 (2013) 国別生活用水需要の将来推計のためのモデル開発 -水道用水需要量に着目して-. 環境科学会誌, 26 (3), 224-256
  • 菅林恵太,曽根真理,木村恵子,藤田壮,加藤博和;社会資本LCAにおける設計段階の予測値と工事完了後の確定値の差異の分析,日本LCA学会誌 Vol.9(1), pp.13-19, 0125,2013
  • 眞崎良光, 花崎直太, 高橋潔, 肱岡靖明 (2013) 全球気候モデル出力のバイアス補正手法の違いによる水文解析への影響. 土木学会論文 集B1(水工学), 69 (4), I_1813-I_1818
  • Zhixiao Ma, Bing Xue, Yong Geng, Wanxia Ren, Tsuyoshi Fujita, Zilong Zhang, Jose Puppim de Oliverira, David A. Jacques, Fengming Xi;Co-benefits analysis on climate change and environmental effects of wind-power:A case study from Xinjiang,China, Renewable Energy, Vol.57, pp.35–42, September 2013
  • Hanasaki N., Fujimori S. , Yamamoto T., Yoshikawa S., Masaki Y., Hijioka Y., Kainuma M., Kanamori Y., Masui T., Takahashi K., Kanae S. (2013) A global water scarcity assessment under Shared Socio-economic Pathways - Part 2: Water availability and scarcity. Hydrology and Earth System Sciences, 17 (7), 2393-2413
  • Yoshida N., Wu Y., Kanazawa T., Yamamoto Y., Fujita T., Okadera T., Geng Y. (2013) Multi-Regional Carbon Footprint Reduction in Steel Sector in China due to Low Carbon Technology Implementation. Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. G (Environmental Research), 69 (6), 383-390
  • Hanasaki N., Fujimori S. , Yamamoto T., Yoshikawa S., Masaki Y., Hijioka Y., Kainuma M., Kanamori Y., Masui T., Takahashi K., Kanae S. (2013) A global water scarcity assessment under Shared Socio-economic Pathways - Part 1: Water use. Hydrology and Earth System Sciences, 17 (7), 2375-2391
  • Yong Geng, Wan-xia Ren, Bing Xue, Tsuyoshi Fujita, Feng-ming Xi, Ye Liu, Mei-ling Wang;Regional medical waste management in China: a case study of Shenyang, Journal of Material Cycles and Waste Management, Vol.15(3), pp.310-320, September 2013
  • Kainuma M.,Asayama Y.,Miwa K.,Ehara T.,Akashi O. (2013) A low-carbon society: global vision, pathways, and challenges, Climate Policy, 13(supplement01):5-21
  • Yong Geng, Hongyan Zhao, Zhu Liu, Bing Xue, Tsuyoshi Fujita, Fengming Xi;Exploring driving factors of energy-related CO2 emissions in Chinese provinces: A case of Liaoning , Energy Policy, Vol.60, pp.820-826, September 2013
  • Xudong Chen, Tsuyoshi Fujita, Yoshitsugu Hayashi, Hirokazu Kato, Yong Geng;Determining optimal resource recycling boundary at regional level: A case study on Tokyo Metropolitan Area in Japan, European Journal of Operational Research, Available online 19 February 2013
  • Momoe Kanada, Tsuyoshi Fujita, Minoru Fujii, Satoshi Ohnishi;The long-term impacts of air pollution control policy: Historical links between municipal actions and industrial energy efficiency in Kawasaki City,Japan, Journal of Cleaner Production, Vol.58, pp.92-101, 01 November 2013
  • Liang Dong, Tsuyoshi Fujita, Hui Zhang, Ming Dai, Minoru Fujii, Satoshi Ohnishi, Yong Geng, Zhu Liu;Promoting low-carbon city through industrial symbiosis: A case in China by applying HPIMO model, Energy Policy, Vol.61, pp.864-873, October 2013
  • Huijuan Dong, Yong Geng, Joseph Sarkis, Tsuyoshi Fujita, Tomohiro Okadera, Bing Xue;Regional water footprint evaluation in China: A case of Liaoning, Science of The Total Environment, Vol.442, pp.215-224, 01 January 2013
  • Huijuan Dong, Yong Geng, Fengming Xi, Tsuyoshi Fujita;Carbon footprint evaluation at industrial park level: A hybrid life cycle assessment approach, Energy Policy, Vol.57, pp.298-307, June 2013
  • Hui Zhang, Liang Dong, Hui-quan Li, Bo Chen, Qing Tang, Tsuyoshi Fujita;Investigation of the residual heat recovery and carbon emission mitigation potential in a Chinese steelmaking plant: A hybrid material/energy flow analysis case study, Sustainable Energy Technologies and Assessments, Vol.2, pp.67-80, June 2013
  • 藤田壮,戸川卓哉;「コミュニティにおける地域環境管理と情報通信技術の利用」報告,環境共生, Vol.23, pp.51-57, 0731,2013
  • 平野勇二郎,藤井実,藤田壮;エネルギー利用効率のポテンシャル評価に関する考察と事務所ビルにおける評価事例,環境科学会誌 Vol.26(4), pp.388-396, 0731,2013
  • 平野勇二郎, 藤田壮, 戸川卓哉, 孫穎;民生業務門における業種別エネルギー消費量のマクロ推計, 空気調和・衛生工学会大会学術講演論文集{2013.9.25~27(長野)}, pp.193–196 ,2013
  • Hui Zhanga, Liang Dong, Huiquan Li, Tsuyoshi Fujita, Satoshi Ohnishi,Qing Tang;Analysis of low-carbon industrial symbiosis technology for carbon mitigation in a Chinese iron/steel industrial park: A case study with carbon flow analysis, Energy Policy, Vol.61, pp.1400-1411, October 2013
  • 吉田登, Yiqi Wu, 金澤孝彰, 山本祐吾, 藤田壮, 岡寺智大, Geng Yong;Multi-Regional Carbon Footprint Reduction in Steel Sector in China due to Low Carbon Technology Implementation, 土木学会論文集G(環境), 環境システム論文集,Vol.41,1019,2013
  • 戸川卓哉, 藤田壮, 谷口知史, 藤井実, 平野勇二郎;長期的な土地利用シナリオを考慮した 地域エネルギー資源活用策の評価手法, 土木学会論文集G(環境), 環境システム論文集, Vol.41,1019,2013
  • 大西悟, 藤田壮, 藤井実, 董亮, 戸川卓哉;産業都市での地区内熱供給による環境改善効果の評価システム, 土木学会論文集G(環境),環境システム論文集,Vol.41,1020,2013
  • Dong H., Geng Y., Sarkis J., Fujita T., Okadera T., Xue B. (2013) Regional water footprint evaluation in China: A case of Liaoning. Science of the Total Environment, 442, 215-224
  • Momoe Kanada, Tsuyoshi Fujita, Minoru Fujii, Satoshi Ohnishi;The long-term impacts of air pollution control policy: Historical links between municipal actions and industrial energy efficiency in Kawasaki City,Japan, Journal of Cleaner Production, Vol.58, pp.92-101, 01 November 2013
  • Liang Dong, Tsuyoshi Fujita, Hui Zhang, Ming Dai, Minoru Fujii, Satoshi Ohnishi, Yong Geng, Zhu Liu;Promoting low-carbon city through industrial symbiosis: A case in China by applying HPIMO model, Energy Policy, Vol.61, pp.864-873, October 2013
  • Yong Geng, M.A. Zhixiao, Bing Xue, Wanxia Ren, Zhe Liu, Tsuyoshi Fujita;Co-benefit evaluation for urban public transportation sector- A Case of Shenyang, China, Journal of Cleaner Production, Vol.58, pp.82-91, 01 November 2013
  • Dong Liang, Zhang Hui, Fujita Tsuyoshi, Ohnishi Satoshi, Li Huiquan, Fujii Minoru, Dong Huijuan;Environmental and economic gains of industrial symbiosis for Chinese iron/steel industry:Kawasaki’s experience and practice in Liuzhou and Jinan, Journal of Cleaner Production, Vol.59, pp.226-238, 15 November 2013
  • Yong Geng, Kebin Liu, Bing Xue, Tsuyoshi Fujita;Creating a “green university” in China: A case of Shenyang University, Journal of Cleaner Production, Vol.61, pp.13-19, 15 December 2013

誌上発表(査読無し)

  • 岡川梓, 日引聡(2013)家庭部門のエネルギー需要の要因分析.上智経済論集, 58(1-2):43-50
  • 松橋啓介(2013)低炭素社会と集約型都市構造.地域開発, 580:12-15
  • 松橋啓介(2013)低炭素・省エネルギー社会を目指した交通政策の方向性.国際交通安全学会誌, 38(2):50-57
  • 亀山康子 (2013) 地球温暖化—COP18/CMP8の成果と今後の方向性. 日中環境産業, 49(2):64-68
  • 藤井実,藤田壮,大西悟,戸川卓哉,Dong, Liang;効率的リサイクル・廃棄物処理のための統合型処理拠点の検討,第8回日本LCA学会研究発表会Web版講演要旨集,pp.166-167,0307,2013
  • 亀山康子 (2013) ドーハ会合を経て:国際社会での気候変動対策の動きと日本. 環境と文明, 21(1):6-7
  • 董亮,张辉,藤田壮,藤井実,戸川卓哉,大西悟,董会娟;Life Cycle Thinking for Industrial Symbiosis: Case Study in China’s Iron/Steel Industrial Park Using SFA and Value Chain Analysis,第8回日本LCA学会研究発表会Web版講演要旨集,pp.300-301,0308,2013
  • 花岡達也,亀山康子,久保田泉 (2013) 世界のフロン類の中長期排出量予測と国際制度の評価. 第29回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス講演論文集, 31-34
  • 戸川卓哉,藤田壮,谷口知史,藤井実,大西悟;地域特性を考慮したエネルギー需給マッチングの計画支援システム,第8回日本LCA学会研究発表会Web版講演要旨集,pp.252-253,0308,2012
  • 藤野純一 (2013) 低炭素・循環型社会再考ー東日本大震災を受けてー. 電気学会誌, 133(9):620-623
  • 角湯克典,菅林恵太,神田太朗,藤田壮;建設分野の新技術等による二酸化炭素削減量の供用年数に対する感度分析,第8回日本LCA学会研究発表会Web版講演要旨集,pp.222-223,0307,2013
  • 藤野純一 (2013) アジア太平洋統合評価モデルを用いた定量的な温暖化対策立案支援. 環境技術, 42(3):137-142
  • 大西悟,藤田壮,藤井実,戸川卓哉,董亮;地域循環による各主体のGHGアカウンティングへの影響分析,第8回日本LCA学会研究発表会Web版講演要旨集,pp.262-263,0308,2013
  • 藤田壮;環境都市からのシステム・イノベーションにむけて,環境工学連合講演会講演論文集,Vol.26,pp.107-112,0418,2013
  • 董亮,藤田壮,大西悟,藤井実,戸川卓哉,董会娟:Promoting low-carbon city through industrial symbiosis: case study and policy implication in China,日本環境共生学会第16回地域シンポジウムポスターセッション,pp.5,0525,2013
  • 戸川卓哉,藤田壮,藤井実,平野勇二郎,大西悟;火力発電所廃熱を活用した地域エネルギーシステムの低炭素性能評価,第47回土木計画学研究発表会CD-ROM版講演集,ROMBUNNO.75, 0601,2013
  • Yujiro Hirano, Takuya Togawa, Minoru Fujii, Tsuyoshi Fujita;Numerical Simulation of Cooling Energy Savings and CO2 Reduction Effects in Urban Districts, Proceedings of the 7th International Conference of the International Society for Industrial Ecology, Poster Sessions, pp.378, Ulsan, Korea, June 27, 2013
  • Tsuyoshi Fujita, Takuya Togawa, Tomofumi Taniguchi, Huijuan Dong, Liang Dong, Minoru Fujii;Quantitative Evaluation of Symbiotic Energy Network Effect in Eco-industrial Development –Case Study of Energy Symbiosis Simulation in Kawasaki Eco Town, Japan, Proceedings of the 7th International Conference of the International Society for Industrial Ecology, Oral Sessions, pp.174, Ulsan, Korea, June 27, 2013
  • Takuya Togawa, Tsuyoshi Fujita, Tomofumi Taniguchi, Yujiro Hirano, Minoru Fujii;Evaluation model for regional energy management system to support low carbon urban planning, Proceedings of the 7th International Conference of the International Society for Industrial Ecology, Poster Sessions, pp.336, Ulsan, Korea, June 26, 2013
  • Satoshi Ohnishi, Huijuan Dong, Tsuyoshi Fujita, Liang Dong, Minoru Fujii;Emergy analysis in an eco-industrial area: The case of Kawasaki Eco Town, Japan, Proceedings of the 7th International Conference of the International Society for Industrial Ecology, Oral Sessions, pp.41-42, Ulsan, Korea, June 27, 2013
  • Minoru Fujii, Tsuyoshi Fujita, Satoshi Ohnishi, Liang Dong, Takuya Togawa;Study on an energy-efficient recycling system of household organic wastes for building sustainable recycling system, Proceedings of the 7th International Conference of the International Society for Industrial Ecology, Poster Sessions, pp.pp.304, Ulsan, Korea, June 26, 2013
  • Liang Dong, Tsuyoshi Fujita, Minoru Fujii, Takuya Togawa, Satoshi Ohnishi, Hujuan Dong;How industrial symbiosis contributes to low-carbon strategy from the perspective of Scope 2 and 3? A case study in China using carbon flow analysis, Proceedings of the 7th International Conference of the International Society for Industrial Ecology, Oral Sessions, pp.36-37, Ulsan, Korea, June 26, 2013
  • 平野勇二郎,藤井実,戸川卓哉,藤田壮,柴原尚希,渡邉聡;低炭素型ライフスタイルを実現する都市環境の計画・評価方策の提案,環境科学会2013年会講演要旨集,pp.172,0903,2013
  • 平野勇二郎,藤田壮,稲葉陸太,酒井広平,早渕百合子,大迫政浩;民生業務部門における業種別エネルギー消費量の構造分析,第21回地球環境シンポジウム講演集,0918.2013
  • 平野勇二郎,戸川卓哉,藤田壮;地域条件を考慮した家庭部門の CO2 排出量の構造解析,日本環境共生学会第16回(2013年度)学術大会講演要旨集,0929.2013
  • 平野勇二郎,谷川寛樹,戸川卓哉,藤田壮,孫穎;事務所ビル街区における屋上緑化の蒸発散量とそのヒートアイランド緩和効果および CO2削減効果のシミュレーション評価,環境システム研究論文発表会講演集, Vol.41,1019,2013
  • 藤井実,藤田壮,大西悟,董会娟,董亮;空間的・時間的に効率的なリサイクル・廃棄物処理システムの計画と評価,環境システム研究論文発表会講演集, Vol.41,1020,2013
  • 菅林恵太,角湯克典,神田太朗,藤田壮,靏巻峰夫;社会資本整備への低炭素施工技術の活用による二酸化炭素削減効果の推計の試み,環境システム研究論文発表会講演集, Vol.41,1020,2013
  • Huijuan Dong, Yong Geng, Fengming Xi, Tsuyoshi Fujita;Carbon Footprint Evaluation at Industrial Park Level: A Hybrid Life Cycle Assessment Approach, Proceedings of the 7th International Conference of the International Society for Industrial Ecology, Oral Sessions, pp.198, Ulsan, Korea, June 25, 2013

口頭発表

  • 須賀伸介, 内山政弘, 松本幸雄(2013)粒子拡散描像に基づく風車による風速欠損の解析.平成25年度日本太陽エネルギー学会・日本風力エネルギー学会合同研究発表会
  • 久保田泉(2013)適応関連資金供与における異なるスキームの定性的比較分析,環境情報科学第27回学術研究論文発表会
  • Kubota I.(2013)Governance of the Green Climate Fund.3rd Asia-Pacific Climate Change Adaptation Forum
  • 久保田泉, 亀山康子(2013)国際レベルにおけるフロンガスの生産・消費・排出規制に関する課題と今後の展望.環境法政策学会2013年度第17回学術大会
  • 久保田泉(2013)英米の適応計画策定及び実施に関する比較分析.環境経済・政策学会2013年大会
  • Okagawa A., HIBIKI A.(2013)HEDONIC PRICING APPROACH TO ESTIMATE FLOOD DAMAGE IN TOKYO METROPOLITAN AREA.20th Annual Conference of the European Association of Environmental and Resource Economists
  • 岡川梓, 奥島真一郎(2013)日本におけるエネルギー貧困問題の可能性エネルギー価格上昇による低所得世帯および脆弱世帯への影響.環境経済・政策学会2013年大会
  • 松橋啓介, 田崎智宏, 村山麻衣, 栗島英明, 遠藤はる奈, 倉阪秀史, 中口毅博(2013)地域の持続可能性を評価する指標の体系の検討—トリプルボトムラインと人の観点から—.環境科学会2013年会
  • Murayama M., Matsuhashi K., Lim H.(2013)A perspective of the local visions for sustainable development through the analysis on the comprehensive plan of the Eco-Model City in Japan.International Symposium on City Planning 2013
  • Murayama M., Matsuhashi K., Kishita Y., Mizuno Y, Miyake G., Umeda Y., Harasawa H.(2013)An Approach to Designing Sustainability Scenarios Part2: Japan’s Industrial Scenarios Based on Visions of a Sustainable Society.EcoDesign2013
  • 松橋啓介, 田崎智宏, 村山麻衣, 栗島英明, 中口毅博(2013)地域の持続可能な発展を評価する体系の検討.横幹連合コンファレンス第5回
  • 林和眞, 松橋啓介(2013)持続可能な発展に向けた地域ビジョンの評価−自治体総合計画のテキストマイニングを通じてー.土木計画学研究発表会(秋大会)第48回
  • 松橋啓介, 佐野和美, 鈴木規之, 村山麻衣(2013)環境問題に対して市民が懸念する理由の違い.日本リスク研究学会第26回年次大会
  • 一ノ瀬俊明 (2013) アジアの7大都市における都市の地下温度上昇. 2013年日本地理学会春季学術大会, 日本地理学会発表要旨集, (83), 77
  • 高橋潔, 花崎直太, 肱岡靖明, 原澤英夫 (2013) S-8共通利用シナリオの開発・利用について. RECCA-S8-創生D研究交流会
  • 一ノ瀬俊明 (2013) 国の研究機関からみた地理学. 2013年日本地理学会春季学術大会, 日本地理学会発表要旨集, (83), 19
  • MATSUI T., Nakao K., Tsuyama I., Higa M., Kominami Y., Nakazono E., Hijioka Y., Takahashi K., Harasawa H., Tanaka N. (2013) Climate change impact assessment of habitat shifts for important forest trees and plants, and development of integrated model AIM/Adaptation[Policy] for conservation managers. INTECOL 2013
  • 眞崎良光, 花崎直太, 高橋潔, 肱岡靖明 (2013) 流況の指標化による全球主要河川の気候変動影響評価. 日本気象学会2013年度秋季大会, 同予稿集, P150
  • 眞崎良光, 花崎直太, 高橋潔, 肱岡靖明 (2013) 全球気候モデル出力のバイアス補正手法の違いによる水文解析への影響. 第57回水工学 講演会, 土木学会論文集B1(水工学), 69(4), I_1813-I_1818
  • Hiroto Shiraki,Shuichi Ashina,Effects of Low Carbon Energy Transition on Future Fossil Fuel Prices with an Energy Resource Model,36th IAEE(International Association for Energy Economics) International Conference, MA-2A,Daegu, South Korea, June 2013
  • 白木裕斗,田崎智宏,松橋啓介,芦名秀一,森口祐一,燃料転換の速度のモデル化とエネルギーモデルへの適用, 環境科学会2013年年会,2E-1330,静岡,2013年9月
  • 亀山康子,気候変動適応策に関する国際的取り組みー最近の国際交渉の現状をふまえて, サスティナビリティ・サイエンス・コンソーシアム公開シンポジウム「気候変動に適応した自然共生社会の実現に向けて」,東京,2013年5月
  • 久保田泉, 亀山康子,国際レベルにおけるフロンガスの生産・消費・排出規制に関する課題と今後の展望, 環境法政策学会2013年度第17回学術大会,環境法政策学会, 東京,2013年6月
  • 亀山康子, 高村ゆかり, 田村堅太郎, 新澤秀則, 栗山浩一,気候変動対策のための次期国際枠組みの骨子に関する調査研究ウェブアンケート調査の結果, 環境経済・政策学会2013年大会,環境経済・政策学会,神戸,2013年9月
  • Asayama Y,Experience on developing the Low Carbon City development plans Using Asia-Pacific Integrated Model (AIM) Case Studies: Kyoto City & Shiga Prefecture in Japan and Iskandar, Malaysia, Khon Kaen Low Carbon Society Workshop,Khon Kaen,2013年6月
  • Silva D.,Global potential of solar and wind energy considering proximity to urban areas based on GIS tools, 19th AIM International Workshop,つくば,2013年12月
  • Silva D.,Dai H.,Fujimori S.,Masui T.,Global assessment of onshore wind energy with transmission costs, 6th Annual Meeting of the Integrated Assessment Modeling Consortium (IAMC),つくば,2013年10月
  • 芦名秀一,Silva Herran Diego,Haslenda Hashim,Ho Wai Shin,Zarina Ab. Muis,Siti Aktar Ishak,マレーシア・イスカンダール地域における低炭素型エネルギーシステム実現可能性の検討, エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス第29回,東京,2013年1月, 第29回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス 講演論文要旨集, 50
  • Silva D.,Ashina S.,Fujino J.,Estimation of the technical potential of renewables considering spatial matching of supply and demand, 29th Conference on Energy, Economy, and Environment,東京,2013年1月, Proceedings of the 29th Conference on Energy, Economy, and Environment, 163-166
  • Silva D.,Ashina S.,Fujino J.,Design of renewable energy system model for low carbon development at local scale in Iskandar -Malaysia, 29th Conference on Energy, Economy, and Environment,東京,2013年1月,Proceedings of the 29th Conference on Energy, Economy, and Environment, 159-162
  • Silva D.,Ashina S.,Fujino J.,Hashim H.,Ho W.S.,Lim J.S.,Evaluating renewable energy targets in local areas with an energy system model - Case study of Iskandar Malaysia, 36th IAEE International Conference,Daegu,2013年6月
  • Fujimori S.,Silva D.,Dai H.,Masui T.,Wind power energy from AIM point of view, Climate Change Impacts and Integrated Assessment (CCI/IA) Workshop XIX,Snowmass,2013年8月
  • Fujino J.,Chair's comment on Part I: Status of East Asia Knowledge Platform for Low Carbon Growth, East Asia Knowledge Platform for Low Carbon Growth,東京,2013年5月
  • Fujino J.,Role of Model simulation toward Sustainable Low-Carbon Society, Itinerary for visit of Prof. Dr. Balthasar Kambuaya, Minister of the Environment to National Institute for Environmental Studies(NIES),つくば,2013年5月
  • 芦名秀一,藤野純一,増井利彦,日比野剛,松井重和,2050年日本低炭素社会シナリオ及び実現ロードマップの再検討, エネルギー・資源学会第32回研究発表会, 東京,2013年6月
  • Kamei M.,An Analysis of Comprehensive Effectiveness of Tokyo’s Climate Policies, European Conference on Sustainability, Energy and the Environment 2013 Official Conference Proceedings 2013, Brighton, 2013年7月, Abstracts, 182-198
  • Fujino J.,Sharing Challenges of Regional training Programs for Low Carbon Knouledge -AIM(Asia-Pacific Integrated Model) approach-, Asia Low Emission Development Strategies(LEDS) Forum 2013, Manila,2013年9月
  • Fujino J.,AIM Model for developing Low Carbon Strategy, Policy Dialogue on Finding Paths for Low Carbon Development in Indonesia, Jakarta,2013年10月
  • Fujino J.,Low Carbon Society Scenario Development, JICA地域別研修「NAMA/MRV能力強化」コース,北九州,2013年6月
  • 藤野純一,How to make Sustainable Low-Carbon-Society, 平成24年度JICAベトナム国別研修 「気候変動対策支援プログラム(SPRCC)カウンターパート」コース,東京,2013年3月
  • Kamei M.,The Implications of Zero Carbon Principles for Transport and Urban Form, International Conference on Energy, Environment, Ecosystems and Sustainable Development, Paris, 2013年6月, World Academy of Science, Engineering and Technology 78 2013
  • 藤野純一,再生可能エネルギーの可能性を探る ー特に福島を事例にー, 東日本大震災復興シンポジウム 「東北から生まれる日本の新たな成長」, 東京, 2013年3月
  • 村山麻衣,井上智弘,杉山昌広,山口容平,藤澤星,渡邊裕美子,古林敬顕,芦名秀一,加藤丈佳,小杉隆信,藤野純一,交渉ゲームを用いたエネルギー需給対策に関する議論喚起:エネルギー・資源学会サマーワークショップ2012 「関西で考えるこれからの電力需給対策」の報告, エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス第29回, 東京, 2013年1月
  • Kamei M.,Chau L.W.,Ho C.S.,Factors that constitute ‘good governance' for urban sustainable development - A case study of Low Carbon Development Project in Iskandar Malaysia, SB13 Dubai, Dubai, 2013年12月, Sustainable Building 13,
  • 亀井未穂,‘Zero carbon city’実現のための都市構造と交通政策の関連性についての考察, 日本建築学会2013年度大会, 札幌, 2013年8月, 同学術講演梗概集, 587-588,
  • 芦名秀一,アジア低炭素社会の実現に向けて:10の方策によりアジアはどう変化するか, 環境研究シンポジウム第11回, 東京, 2013年11月, 同予稿集, 72,
  • 須田真依子,Silva Herran Diego,亀井未穂,芦名秀一,藤野純一,甲斐沼美紀子,アジア大都市の低炭素戦略の研究 ~マレーシア・イスカンダル開発地域の事例~, 国立環境研究所公開シンポジウム 国境のない地球環境~移動する大気・生物・水・資源~, 東京及び京都, 2013年6月,
  • 須田真依子,Silva Herran Diego,亀井未穂,芦名秀一,藤野純一,甲斐沼美紀子,アジア大都市の低炭素戦略の研究 ~マレーシア・イスカンダル開発地域の事例~, 第11回環境研究シンポジウム 水圏・海洋を巡る環境研究の最前線, 東京, 2013年11月,
  • 須田真依子,藤野純一,イスカンダル開発地域における低炭素教育プログラム開発の検討, 第8回日本LCA学会研究発表会, 京都, 2013年3月, 講演要旨集, 212-213

招待講演

  • 久保田泉(2013)気候変動枠組条約第18回締約国会議(COP18)報告.地球温暖化防止研修会
  • Kubota I.(2013)Financing Climate Change Adaptation.Aid & International Development Forum (AIDF) Asia-Pacific
  • 久保田泉(2013)海外自治体にみる適応策の動向と日本が学ぶべき点.気候変動適応シンポジウム「気候変動の影響と適応〜地域の実践」
  • 亀山康子,Possible Structure and Components of a Future Climate Regime: implications n debates on the long-term goals,持続可能なアジア太平洋に関する国際フォーラム第5回(ISAP),横浜,2013年7月
  • 亀山康子,ポスト2020年の国際的な枠組みと日本・中国への影響,環境政策セミナー「日本と中国の気候変動政策」,札幌,2013年7月
  • Fujino J.,The Significance of Implementing Future Cities Concept and Initiative in Malaysian Urban Development Process, Town Planning Expert 2013 on Exploring the 'Future Cities', Kuala Lumpur,2013年5月
  • 藤野純一,AIM(アジア太平洋統合評価モデル)によるシミュレーション結果とその意味について, エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス第29回特別セッション, 東京, 2013年1月
  • Ashina S.,GHG EMISSION STANTISTICS AND SANKEY DIAGRAM-THE ROLE OF MODELING STUDY AND ITS POTENTIAL, 2013 Greenhouse Gases Emissions Statistics and Energy Flow Sankey Diagram Seminar, Taipei, 2013年6月
  • Ashina S.,2050 Japan Low Carbon Sciety Scenarios, 2050 Taiwan GHGs Reductioon Pathway Forum, Taipei, 2013年6月, Abstracts, 4-1-4-16

受賞

  • 賞の名称:平成24年度地球環境論文賞
    授賞機関:公益社団法人土木学会地球環境委員会
    受賞者:山本 隆広,花崎 直太,高橋 潔,肱岡 靖明,申 龍熙
    受賞対象論文:地球温暖化による世界の水資源影響評価とその適応策に関する一考察,Journals of the Japan Society of Civil Engineers G (Environment) ,67 (5), 1-8,2011
    受賞年月日:2012年09月14日

書籍

  • Fujino J.(分担執筆)(2012) . The potential for low carbon climate resilient economy (LCS) in Japan,Ancha Srinivasan, Frank Hiroshi Ling, Hideyuki Mori eds., CLIMATE SMART DEVELOPMENT IN ASIA, Routledge, 21-40
  • Fujino J.(分担執筆)(2012) . Asian Low-carbon society Scenario development and policy implementation, Ryo Fujikura and Tomoyo Toyota eds., Climate Change Mitigation and International Development Cooperation, Routledge, 227-240
  • 藤野純一(2012) -. 藤野純一 著, 今こそ考えよう!エネルギーの危機4 森と海のエネルギー, 文溪堂, 48p.
  • 藤野純一(2012) -. 藤野純一 著, 今こそ考えよう!エネルギーの危機3 太陽と風のエネルギー, 文溪堂, 48p.
  • 藤野純一(2012) -. 藤野純一 著, 今こそ考えよう!エネルギーの危機2 化石・原子力エネルギー, 文溪堂, 48p.
  • 藤野純一(2012) -. 藤野純一 著, 今こそ考えよう!エネルギーの危機1 見直そう, 今までのエネルギー, 文溪堂, 48p.
  • 藤野純一(2012) -. 藤野純一 著, 今こそ考えよう!エネルギーの危機5 みんなの未来とエネルギー, 文溪堂, 48p.
  • Abdullaev I.,Amin R.,Asayama Y.,Bengtsson M.,Elder M.,Bengtsson M.,Dobias R.,Elder M.,Fuentes R.,Ganguly A.,Jiang G., Kainuma M., Kataoka Y. ,Olsen S. H.,Suhardiman D.(分担執筆)(2012) - . UNEP 著, The Fifth Global Environment Outlook (GEO-5), United Nations Environment Programme, 259-289
  • 肱岡靖明(監修)(2012) -. 国立天文台編, 理科年表 平成24年, 丸善, 1072p

誌上発表(査読付き)

  • Ashina S., Fujino J., Masui T., Ehara T., Hibino G. (2012) A roadmap towards a low-carbon society in Japan using backcasting methodology: Feasible pathways for achieving an 80% reduction in CO2 emissions by 2050. Energy Policy, 41:584-598
  • 亀山康子 (2012) 持続可能な開発のための制度的枠組み-効果的な国際制度の実現に向けて-. 環境経済・政策研究, 5(1):77-80
  • 亀山康子 (2011) 地球温暖化問題と対策-COP16/CMP6報告: COP17・ダーバンに向けた確かな一歩. 資源環境対策, 47(2):14-19
  • 白木裕斗, 芦名秀一, 亀山康子, 森口祐一, 橋本征二 (2012) 多地域電源計画モデルを用いた2020年の日本電力部門における再生可能エネルギー導入シナリオの検討. エネルギー・資源学会論文誌, 33(1):1-10
  • 白木裕斗,芦名秀一,亀山康子,森口祐一,橋本征二,多地域電源計画モデルを用いた2020年の日本電力部門にお ける再生可能エネルギー導入シナリオの検討,エネルギー・資源,Vol.33,No.1(2012)
  • Akashi O., Hijioka Y., Masui T., Hanaoka T., Kainuma M. (2012) GHG emission scenarios in Asia and the world: The key technologies for significant reduction. Energy Economics, 34 (Supplement 3), S346-S358
  • 馬場健司, 松浦正浩, 篠田さやか, 肱岡靖明, 白井信雄, 田中充 (2012) ステークホルダー分析に基づく防災・インフラ分野における気 候変動適応策実装化への提案-東京都における都市型水害のケーススタディ-. 土木学会論文集G(環境), 68 (6), ?443-?454
  • 李呟俶, 来栖聖, 肱岡靖明 (2012) 適応策関連情報に対する人々の認知と影響因子の評価. 土木学会論文集G(環境), 68 (6), II_301- II_308
  • 申龍熙,高橋潔,花崎直太,肱岡靖明 (2012) 日本域付近の気候予測 -CMIP3気候シナリオとCMIP5気候シナリオの比較-. 土木学会論文集G(環境), 68(5):I_159-I_169 <平成25年度地球環境論文賞受賞>
  • 青柳みどり(2012) 巻頭言 持続可能な世界の形成にLCAはいかに貢献できるか. 日本LCA学会, 8 (3), 243
  • 3次元ドップラーライダー観測データに基づいた洋上風車の最適配置
    著  者:
    須賀伸介,内山政弘,松本幸雄,藤吉康志,川島正行,藤原忠誠

    研究の概要:
    多数の風車を配置した大規模洋上ウィンドファームは二酸化炭素排出削減に貢献可能であると考えられる。ウィンドファームでの電力生産効率は風車配置に依存すると考えられる。そこでわれわれは、長崎県池島で3次元ドップラーライダを用いて観測された風速データを用いることによって電力生成効率を最大化するような風車間隔を決定する手法を提案する。この目的のために、1台の風車によって風が受ける乱れが後方において回復するプロセスを解析し、後方に配置された風車の受ける風速関数を評価した。われわれが開発した数値アルゴリズムによって、ウィンドファームが生成するエネルギーを風車間隔の関数として表すことが出来、生産効率を決定する際の風車間隔の上限を評価することが可能となる。

    掲載誌情報:太陽エネルギー Vol.38 No.3 pp.67-74
  • 青柳みどり(2012) 解説 持続可能な消費とLCA. 日本LCA学会, 8 (3), 258-264
  • 自由記述調査による住民などの東京湾に関する環境意識の解明
    著  者:
    大井紘, 須賀伸介

    研究の概要:
    東京湾、三番瀬干潟における自然環境本然の方法を探るために、自由記述法に基づく調査が行われた。回答者はまず、「海」という言葉から連想することを、単語、文節、文章など自由な形式で記述することを求められる。次に「東京湾」について回答する。これらの回答に続いて、東京湾の漁業や生物の将来について意見や感想を記述する。回答集団は三番瀬に面した船橋市の住宅地の住民、船橋漁業組合の組合員、三番瀬フォーラムのメンバーである。住宅地の回答者の記述は、ある対象に対して直接的・簡潔的な内容のものと、分析的・解説的な詳しい回答に大別される。漁業者では、労働に基づく鮮明な記述、徳川時代まで遡った歴史的職業を反映した回答などが目立つ。三番瀬フォーラムの回答者はかれらの海辺での観察や経験に基づいて保全策の様々な問題点を指摘している。いくつかの回答では、豊かさにたいする不適切な姿勢、開発志向政策への限界、経済成長の負の面を述べ、さらに資本主義に取って代わるべきものは何かを問うている。さらに回答は、東京湾は固有の性質を有しており、従って保存策は人々の意見に基づくべきものであることを指摘している。

    掲載誌情報:人間科学論究 Vol.20 pp.67-79
  • Aoyagi-Usui M. (2012) Learning to Adapt: Case of Gender Alliance in Japan, Climate Change in Asia and the Pacific, 230-234a
  • 著  者:
    OKAGAWA, Azusa, Toshihiko MASUI, Osamu AKASHI, Yasuaki HIJIOKA, Kenichi MATSUMOTO and Mikiko KAINUMA

    研究の概要:
    原子力発電と二酸化炭素回収貯留(CCS)は、気候変動緩和オプションとして重要なものとして位置付けられている。しかし、福島第一原子力発電所の事故以降、日本の原子力政策は厳しく批判されるようになったことから、日本政府はエネルギー政策だけでなく、温室効果ガス削減目標の見直しを求められると考えられる。また原子力と同様に、CCSについても長期的安全性が明らかになっていないことから、緩和オプションとして適切ではないとみなされる可能性がある。本論文では、原子力発電とCCSを導入しない状況下での日本、中国、インドのエネルギー戦略を分析した。その結果、原子力発電の保有状況やCCS導入ポテンシャル、再生可能エネルギーのポテンシャル、エネルギー資源の賦存量、経済発展の違いにより、温室効果ガス削減目標達成のための適切なエネルギー戦略は各国で異なることがわかった。また、原子力発電やCCSを導入しない場合であっても厳しい緩和目標を達成することは可能であるが、再生可能エネルギー導入の大幅な促進とともに、国ごとのエネルギー費用に応じた化石燃料代替が必要であることが示された。

    掲載誌情報:Energy Economics 掲載予定
  • Ichinose T., N.B. Schulz, A. Grubler (2012): PartⅡ The urban challenges: 7 energy demand and air pollution densities, including heat island effects pp. 95-107; In Grubler A., and Fisk C. Eds.: Energizing Sustainable Cities, Routledge, pp. 213+
  • ヘドニック・アプローチによる東京都区部の洪水被害額の計測
    —浸水リスク変数の内生性を考慮した分析—
    著  者:
    岡川 梓・日引 聡・小嶋 秀人

    研究の概要:
    浸水被害に関する研究は,これまでに数多くの成果が蓄積されてきたが,(1)川への距離や標高などを洪水リスクの代理変数として用いているために,他の外部便益や外部費用の効果を分離できていない,(2)ハザードマップを利用したリスク変数を使って分析しているものの,除外変数によるバイアスを考慮していない,などの問題があり,被害額を過小評価あるいは過大評価している可能性がある.本研究では,これらの問題に対処するために,ハザードマップを利用したリスク変数を利用し,除去変数バイアスを考慮した上で,ヘドニック地価関数を推計し,洪水リスクの価値を推計した.その推計結果から,(1)地価は,洪水リスクに直面することによって約10.24%低下していること,(2)単位面積当たりの洪水被害額は120万円/㎡に上り,東京都による試算結果5万円/㎡に比べて著しく大きい値となった.

    掲載誌情報:環境経済・政策研究 第5巻第2号, pp58-71
  • 雷蕾・一ノ瀬俊明・井村秀文(2012):近接住棟による日影が住宅の空調需要に与える影響の地域間比較,環境科学会誌,25(2),106-116

誌上発表(査読無し)

  • 藤野純一 (2012) 持続可能なアジア低炭素開発に向けて-アジア低炭素社会研究プロジェクト-. 産業と環境, 41(2):31-34
  • 久保田泉,亀山康子 (2012) 国際レベルにおけるフロンガスの生産・消費・排出規制に関する課題と今後の展望. 季刊環境研究, (168):70-82
  • 花崎直太, 高橋潔, 肱岡靖明 (2012) 日本の温暖化影響・適応策評価のための気候・社会経済シナリオ. 環境科学会誌, 25 (3), 223-236

口頭発表

  • Fujino J., 1.Low Carbon Society Roadmap in Japan and Asia 2.How to Realize Low-Carbon Society:Scenarios and Actions, JICA地球温暖化対策研修会, つくば, 2012年2月
  • 藤野純一, 「未来都市への移行政策」について考える,科学技術イノベーション政策プロセスの改革と人材育成, 東京, 2012年3月
  • 藤野純一, 持続可能な(低炭素)社会に向けた分析の進展状況,平成23年度日中低炭素社会共同研究・日中合同会議, 北九州, 2012年2月, 平成23年度日中低炭素社会共同研究委員会・活動報告書, 400-414
  • Fujino J., Scenario Development and its Implementation towards Sustainable Low-Carbon Asia,9th Tripartite Presidents Meeting among NIER, CRAES and NIES,Pyeongchang,2012年11月
  • Fujino J., Our Experience, Our Future and Our Challenge using AIM (Asia Pacific Integrated Model),International Forum for Sustainable Asia and the Pacific 2012,横浜,2012年7月
  • Fujino J., How to Design “Sustainable Low Carbon Society” -Let’s share my experience-,慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特別講演,東京,2012年5月
  • 藤野純一,芦名秀一,増井利彦,日比野剛,松井重和,大城賢,日本の2020年・2030年エネルギー・温暖化シナリオシミュレーション分析:技術モデルによる東京電力福島第一原子力発電所事故後のエネルギーの選択肢づくり,環境経済・政策学会2012年大会,仙台,2012年9月
  • 藤野純一,持続可能な低炭素社会を実現するための環境教育の役割に関するヒアリング調査分析 ー行政・学校・社会コミュニティにおけるいくつかの事例調査ー,日本エネルギー環境教育学会第7回全国大会,盛岡,2012年8月, 同予稿集, 92-93
  • Silva D.,Ashina S.,Fujino J.,Estimation of the energy potential of renewable resources using a GIS-based model,エネルギー・資源学会第31回研究発表会,大阪,2012年6月, 第31回エネルギー・資源学会研究発表会講演論文集, 19-22
  • Silva D.,Ashina S.,Fujino J.,Feasibility Study on Low-Carbon Energy System with Renewable Energy in Asia,エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス第28回,東京,2012年1月, 第28回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス講演論文要旨集, 213-216
  • Namazu M.,Masui T.,Silva D.,Ashina S.,Results of AIM/CGE [Global] for EMF27 and renewable potential,4th EMF27 Study Meeting,Stanford, USA,2012年5月
  • Silva D.,Ashina S.,Fujino J.,Preliminary assessment of biomass energy potential in Asia using geo-referenced data,35th IAEE International Conference,Perth,2012年6月
  • 芦名秀一, 藤野純一., 世界技術選択モデルを用いたアジア低炭素社会に向けた技術移転促進の資金メカニズムに関する研究,エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス第28回, 東京, 2012年1月, 第28回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス講演論文要旨集,479-482
  • 亀山康子, 久保田泉, 森田香菜子,アジア低炭素社会構築のための地域的資金供給メカニズムに関する研究,環境経済・政策学会2012年大会,環境経済・政策学会,仙台,2012年9月
  • Tasaki T.,Kameyama Y.,Oshima M.,Motoki H.,Identification of Key Fields of Sustainability Practices and Operational Criteria for Sustainable Development,18th Annual International Sustainable Development Research Conference,Hull, UK,2012年6月
  • 白木裕斗,芦名秀一,技術の普及速度を考慮した世界の温室効果ガス削減シナリオの検討,第28 回エネルギーシス テム・経済・環境コンファレンス,エネルギー資源学会,東京(砂防会館),2012 年 1 月
  • Hiorto Shiraki,Shuichi Ashina,Osamu Akashi, Yasuko Kameyama, Yuichi Moriguchi,The impact on Climate change mitigation policy of nuclear policy changing in Asia,3rd IAEE(International Association for Energy Economics) Asian Conference, Kyoto, Japan, February 2012
  • 馬場健司(電力中央研究所), 松浦正浩(東京大学), 篠田さやか(ピーアイ・フォーラム), 肱岡靖明, 白井信雄(法政大学), 田中充(法政大 学) (2012) ステークホルダー分析に基づく防災・インフラ分野における気候変動適応策実装化への提案-東京都における都市型水害の ケーススタディ-. 第40回環境システム研究論文発表会, 同研究論文集 第40巻, 68(6), II_443-II_454
  • 藤森真一郎, 増井利彦, 高橋潔, 肱岡靖明, 甲斐沼美紀子, 花崎直太 (2012) Shared Socioeconomic Pathways(SSPs)とは. 革新プ ロ,S-5,S-8合同シンポジウム
  • Fujimori S., Masui T., Hasegawa T., Hanasaki N., Kainuma M., Takahashi K., Hijioka Y. (2012) An example of SSP usage by AIM. Netherlands Meeting on New Socioeconomic Pathways for Climate Change Research
  • Fujimori S. , Hanasaki N., Hasegawa S., Masui T., Kainuma M., Takahashi K., Hijioka Y. (2012) SSPs and industrial water by AIM modeling team. Climate Change Impacts and Integrated Assessment (CCI/IA) Workshop XVIII
  • 李呟俶, 来栖聖, 肱岡靖明 (2012) 適応策関連情報に対する人々の認知と影響因子の評価. 第40回環境システム研究論文発表会, 土木学 会論文集G(環境), 68(6), II_301-II_308
  • 大西有子, 肱岡靖明, 高橋潔, 花崎直太 (2012) 気候変動による生物季節への影響評価. 日本地理学会2012年度秋季学術大会, 同予稿集 申龍熙, 高橋潔, 肱岡靖明, 花崎直太, 増冨祐司 (2012) 気候変動による作物収量変化への影響評価及び主要気候要素に対する地域別感 度分析. 日本農業気象学会2012年全国大会, 日本農業気象学会2012年全国大会講演要旨集, 19
  • Shin Y. , Takahashi K., Hijioka Y., Hanasaki N. (2012) Analysis of CMIP5 Data for Impacts and Adaptation Assessment. Climate Adaptation Futures: Second Intrnational Climate Change Adaptation Conference 2012, Abstracts of Adaptation Futures 2012
  • 申龍熙, 高橋潔, 花崎直太, 肱岡靖明 (2012) 日本域付近の気候予測 -CMIP3気候シナリオとCMIP5気候シナリオの比較-. 第20回地球環 境シンポジウム, 第20回地球環境シンポジウムプログラム
  • Aoyagi M. (2012) The impact of media on public attitudes towards the environment: Actors and institutions. 2nd ISA Forum of Sociology Social Justice & Democratization, Programme, 203
  • Aoyagi M. (2012) Do people support nuclear power generation for reducing greenhouse gas? Risk tradeoffs among climate change and nuclear power generation. 2nd ISA Forum of Sociology Social Justice & Democratization, Programme, 200
  • 田崎智宏, 青柳みどり, 金森有子, 吉田綾, 粟田恵吾, 冨永直基, 清水愛子, 根本かおり, 諏訪部裕美 (2012) 将来のライフスタイルの重層的シナリオライティング-ライフスタイル変化の潮流把握-. エコデザイン2012ジャパンシンポジウム, 同論文集, 73-76
  • 青柳みどり (2012) 社会学から見た気候変動問題. 環境経済・政策学会2012年大会, なし,3
  • 青柳みどり (2012) 持続可能なライフスタイル研究のスコープ. 環境科学会2012年会, 環境科学会誌, 25(6)
  • Aoyagi M. (2012) Risk perception of climate change and choice of energy source January 2007 and after the Fukushima accident in March 2011. SRA-Europe 21st Annual Conference, Abstracts, 78
  • Aoyagi M. (2012) The most important problem in Japan and the World, how Japanese people saw the Great Earthquakes of March 11, 2011 and the Fukushima Nuclear Accidents after the earthquakes. 65th WAPOR Annual Conference, Abstracts, 59
  • Ichinose T.(Toshiaki) (2012) Outdoor experiment on differences in surface temperature with changes in clothing color. 6th Japanese-German Meeting on Urban Climatology ""Climate Analysis for Urban Planning"" Hiroshima, Japan, Abstracts
  • Ichinose T.(Toshiaki) (2012) Recent urban subsurface warming in seven Asian mega-cities. ICUC8 DUBLIN -8th International Conference on Urban Climate and 10th Symposium on the Urban Environment-, Abstracts, 67

招待講演

  • Ashina S.,Japan's GHG Mitigation Strategy for Adapting Climate Change,2012 U.S Taiwan Sustainability Symposium,Kaohsiung,2012年12月, Conference Program, 109-120
  • Ashina S.,Low Carbon Society Scenarios and Actions: Japan's Experience and Asia's Challenge,International Conference on Low-Carbon Energy and Economy,Taipei,2012年5月, Abstracts of International Conference on Low-Carbon Energy and Economy,
  • 亀井未穂,Sustainable Development と気候変動に関わる都市戦略,知的オフィス環境コンソーシアム2012年度第9回研究会,東京,2012年12月
  • 朝山由美子,(独)国立環境研究所(NIES) アジア・太平洋統合評価モデル(AIM)研究プロジェクトチームによる低炭素都市づくりに関する研究活動,低炭素都市づくりの知識プラットフォーム 「低炭素社会にむけた転換の力学 —ライフスタイル変革及び都市におけるエネルギー消費に焦点をおいて—」研究会,横浜,2012年7月
  • 藤野純一,再生可能エネルギーについて考える,反核・軍縮・地球を守る会第26回,郡山,2012年9月

受賞

  • 賞の名称:平成23年度地球環境論文賞
    授賞機関:公益社団法人土木学会地球環境委員会
    受賞者:川越 清樹,肱岡靖明,高橋潔
    受賞対象論文:温暖化政策支援モデルを用いた気候変動に対する斜面崩壊影響評価,Global Environment Engineering Research ,18, 29-36,2010
    受賞年月日:2011年09月16日

書籍

  • Fujino J. (2011) Renewable Energy in the Context of Sustainable Development. Edenhofer O., Pichs-Madruga R., Sokona Y., Seyboth K., Matschoss P., Kadner S., Zwickel T., Eickemeier P., Hansen G., Schlömer S., von Stechow C., eds., RENEWABLE ENERGY SOURCES CLIMATE CHANGE MITIGATION, Cambridge University Press, 707-789
  • Kanie N.,Nishimoto H.,Hijioka Y.,Kameyama Y. (2011) -. Brauch H.G eds., Implications of Equity Considerations and Emission Reduction Targets: Lessons from the case of Japan's mid-term target. Coping with Global Environmental Change, Disasters and Security: Threats, Challenges, Vulnerabilities and Risks, Springer, 1816p.
  • 亀山康子・高村ゆかり 編著 (2011) -. 気候変動と国際協調-京都議定書と多国間協調の行方, 慈学社出版, 407p
  • 亀山康子(2011) 低炭素社会の実現と国際協調. 東京大学大学院新領域創成科学研究科環境学研究系 編, 環境システム学の創る世界, 朝倉書店, 107-117
  • 肱岡靖明(監修)(2011) -. 国立天文台編, 理科年表 平成23年, 丸善, 1064p

誌上発表(査読付き)

  • 青柳みどり(2011) 気候変動と市民理解. 地球温暖化問題-科学技術社会論研究-,(9), 24-39
  • Aoyagi-Usui M., Suda E., Shinada T. (2011) Gender Inclusion in Climate Change Adaptation, ADBI Working Paper Series , (309)
  • 青柳みどり(2011) 持続可能な消費とライフスタイルSustainable Consumption and Lifestyles. 環境情報科学, 40 (2), 12-16
  • Aoyagi-Usui M., Yamazaki S., Yoshizawa Y. (2011) An Analysis of Japanese results of the Global Survey for Sustainable Lifestyles - Japan: 189 Participants -, Visions for Change - Country Papers -(UNEP) , 36-42
  • Aoyagi-Usui M. (2011) Gender in climate change adaptation, Conference on the "The Environments of the Poor"
  • Pattanapongchai A., Limmeechokchai B., Matsuoka Y., Kainuma M., Fujino J., Akashi O., Motoki Y. (2011) Subsidy for Clean Power Generation and CO2 Mitigation in Thailand: The AIM/Enduse Modeling, GMSARN International Journal, 5(3):189-194
  • Ichinose,T.(2011) :Chinese Cities are Experimental Bases of the Advanced Environment Friendly Urban Design, Urban Flux, 21, 21-23
  • 亀山康子 (2011) 序論 環境とグローバル・ポリティクス. 国際政治, 166:1-11
  • 白木洋平・山下亜紀郎・谷口智雅・香川雄一・一ノ瀬俊明・豊田知世・吉越昭久・谷口真人(2011):アジアのメガシティにおける都市の発達が郊外との温度差に与える影響,地球環境研究,13,107-113
  • 馬場健司, 杉本卓也, 窪田ひろみ, 肱岡靖明, 田中充 (2011) 市民の気候変動影響のリスク認知や適応策への態度形成の規定因. 土 木学会論文集G(環境), 67 (6), II_405-II_413
  • 雷蕾・一ノ瀬俊明・井村秀文(2011):近接住棟および樹木による日影が住宅のエネルギー消費に与える影響,土木学会論文集G(環境),67(5),Ⅰ_131-Ⅰ_138
  • 肱岡靖明, 岡和孝, 高野真之, 吉川実, 市橋新 (2011) 温暖化適応策推進に資する既存施策の検討-東京都を例として-. 土木学会 論文集G(環境), 67 (6), II_183-II_192
  • 浜田崇・一ノ瀬俊明(2011):山風の流入による夏季の都市気温への影響,地学雑誌,120(2),403-410
  • 川越清樹, 江坂悠里, 肱岡靖明 (2011) 実効雨量と地域情報を用いた東京都の土砂災害解析. 水工学論文集, 55, S_955-S_960 Masui T., Matsumoto K., Hijioka Y., Kinoshita T., Nozawa T., Ishiwatari S., Kato E., Shukla P.R., Yamagata Y., Kainuma M. (2011) An emission pathway for stabilization at 6 Wm(-2)radiative forcing . Climatic Change, 109 (1-2), 59-76
  • Grubler, A., X. Bai, T. Buettner, S. Dhakal, D.J. Fisk, T. Ichinose, J. Keirstead, G. Sammer, D. Satterthwaite, N.B. Schulz, N.Shah, J. Steinberger, H. Weisz (2011): Urban Energy Systems. In The Global Energy Assessment, Cambridge University Press, Cambridge and New York
  • 申龍熙, 高橋潔, 肱岡靖明, 花崎直太, 山本隆弘, 増冨祐司 (2011) 気候予測の不確実性を考慮した世界のトウモロコシ生産性の 温暖化影響評価. 土木学会論文集G(環境), 67 (5), I_61-I_70
  • Blake, R., A. Grimm, T. Ichinose, R. Horton, S. Gaffin, J. Shu, D. Bader, C. DeWayne (2011): Urban climate: Processes, trends, and projections, pp. 43-81; In Rosenzweig, C., W.D. Solecki, S.A. Hammer, S. Mehrotra Eds.: Climate Change and Cities: First Assessment Report of the Urban Climate Change Research Network, Cambridge University Press, Cambridge, pp. 286+
  • 須田英子, 窪田ひろみ, 馬場健司, 肱岡靖明, 高橋潔, 花崎直太 (2011) 農業・食料生産分野における気候変動リスクとその適応に 関する専門家認知モデル. 土木学会論文集G(環境) (環境システム研究論文集 第39巻), 67 (6), II_193-II_202
  • 一ノ瀬俊明・朴春子・片岡久美(2011):第4章 ソウルの水環境 4.1 歴史的発展と地理的特徴,pp. 73-80;In 谷口真人・吉越昭久・金子慎治編著:アジアの都市と水環境,古今書院,東京,pp. 253+
  • 山本隆広, 花崎直太, 高橋潔, 肱岡靖明 (2011) 季節性を考慮した水逼迫指標を用いた全球温暖化水資源評価. 水工学論文集, 55, 259-264
  • 一ノ瀬俊明・Muhammad Haikal(2011):第7章 ジャカルタの水環境 7.1 地理的特徴と発展過程,pp. 179-184;In 谷口真人・吉越昭久・金子慎治編著:アジアの都市と水環境,古今書院,東京,pp. 253+
  • 山本隆広, 花崎直太, 高橋潔, 肱岡靖明, 申龍熙 (2011) 地球温暖化による世界の水資源影響評価とその適応策に関する一考察. 土 木学会論文集G(環境), 67 (5), 1-8 <地球環境論文賞受賞>
  • 一ノ瀬俊明 (2011) アジアの大都市における複数時点の土地利用データによる都市気候変遷の解明. 第11回地理空間学会例会, 第11回地理空間学会例会プログラム
  • 一ノ瀬俊明 (2011) 中国における水資源の現状と予測から見える問題点-黄河流域の地下水を中心に- . 環境科学会2011年会, 環境科学会2011年会予稿集, 188-189
  • 著  者:
    小俣 幸子

    研究の概要:
    近年、企業の自主的取り組みを促進する制度である、自主的アプローチが注目されるようになってきた。本研究は日本における自主的アプローチの一つである、有害大気汚染物質の自主管理計画を対象にした実証研究を行い、企業がこの自主管理計画に参加する動機とその効果を検証した。有害大気汚染物質の自主管理計画は産業界が主導となる自主的アプローチであるが、日本においてこのタイプの自主的アプローチに関する実証研究の蓄積は少ない。分析の結果、収益性の高い企業ほど、自主管理計画へ参加することが明らかになった。また、自主管理計画に参加した企業は、対1999年比で約20%の排出量を削減し、この削減量のうち、自主管理計画参加による削減効果は約20%と推計された。従って、本研究において、日本における自主的アプローチは化学物質の排出を削減する効果があったことが示された。

    掲載誌情報:上智経済論集 第57巻 第1・2号 合併号 pp.77-92, 2012年3月
  • 著  者:
    岡川 梓、増井 利彦

    研究の概要:
    近年、世界各国で水資源の希少性が認識されるようになり、費用効率的な水資源配分を実現する仕組みとして水資源の価格付けが行われている。日本においても、渇水時の効率的な水資源配分を通じた水利用の安定性の確保や、未使用淡水資源の有効利用といった観点から、水の市場取引制度(水取引)に目が向けられ始めている。本研究では、多地域応用一般均衡モデルを用いて、渇水時の水取引による水資源配分として用途間の水取引に注目し、用途ごとに水利用が限られていることの費用を定量的に評価した。分析の結果、渇水が発生する地域によって、部門別・周辺地域への影響は大きく異なることがわかった。また、水資源利用の限界便益は部門ごとに大きく異なり、用途間の水取引を実施することで渇水による経済への影響は全体として緩和されることが示された。
  • 市場は企業の潜在的なリスクを評価するか?-日本における実証分析-
    著  者:
    小俣 幸子

    研究の概要:
    日本では、2001年4月から始まった化学物質排出移動登録制度(Pollutant Release and Transfer Register; PRTR制度)によって、投資家は企業の化学物質の排出量と移動量に関連する潜在的なリスクを知ることが可能となった。 この情報が入手可能になったことで、投資家は化学物質の排出量・移動量の多い企業の価値を低く評価し、少ない企業の価値を相対的に高く評価する可能性が出てきた。市場が化学物質の排出量と移動量をどのように評価するのかを明らかにした先行研究はいくつか存在するが、必ずしも同じ結論に至っていない。このように分析によって結論が異なるのは、化学物質のリスクに対する除去変数バイアスを考慮していないことや、化学物質の排出量と移動量を区別していないといった分析方法の問題に起因している可能性がある。本稿は、企業レベルのデータを用いてこれらの先行研究の欠点を修正した。その結果、排出量の増加は、企業の市場の評価を低下させるが、移動量の増加は、市場の評価に影響を与えないことが示された。

    掲載誌情報:環境科学会誌第24巻5号、2011年
  • ヘドニック・アプローチによる東京都区部の洪水被害額の計測
    —浸水リスク変数の内生性を考慮した分析—
    著  者:
    岡川 梓・日引 聡・小嶋 秀人

    掲載誌情報:社会環境システム研究センター ディスカッションペーパー No.11-0002
    学術雑誌掲載決定のため、リンクを削除しました

誌上発表(査読無し)

  • 亀山康子 (2011) 地球温暖化-地球温暖化問題に関する国際交渉の動向-COP17への動きを検証. 資源環境対策, 47(13):26-31
  • 亀山康子 (2011) 気候変動問題における各国の排出削減目標設定の議論. 科学技術動向, (125):36-42

口頭発表

  • 芦名秀一, 世界規模のモデルを用いた環境,エネルギー対策とその評価, 第4回横幹連合コンファレンス, 能美,2011年11月, 第4回横幹連合コンファレンス講演論文集
  • 芦名秀一, 脱温暖化社会に向けて, 環境科学特別講座-研究最前線からの報告, 東京,2011年10月
  • 芦名秀一, 松橋啓介, 田邊潔, 実証分析に基づく研究機関における省電力型ワークスタイル実現可能性検討:国立環境研究所における電力消費構造の分析と省電力対策の実証, 第39回環境システム研究論文発表会, 町田,2011年10月, 第39回環境システム研究論文発表会講演集, 217-223
  • Ashina S., Kainuma M.,Development Trajectories, Emission Profile and Policy Actions: Lesson Learned from Japan's experience,The Second Technical Workshop on Tackling Climate Change and Accelerating Green Growth: New Knowledge towards Polocy Solutions, New Delhi,2011年9月
  • Ashina S., Kainuma M.,Development Trajectories, Emission Profile and Policy Actions: Lesson Learned from Japan's experience,Workshop on Measuring Asia's Progress in Tackling Climate Change and Promoting Green Growth, Beijing,2011年6月, Agenda of Workshop on Measuring Asia's Progress in Tackling Climate Change and Promoting Green Growth, p3
  • 藤野純一,日本における温室効果ガス排出量削減目標値決定におけるシミュレーションモデルの役割と今後に向けた提言,第1回知識共創フォーラム, 金沢,2011年3月
  • 藤野純一,アンケート調査に基づいた地方自治体の削減ポテンシャル推計-牛久市を例に-,エネルギー・資源学会 第27回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス, 東京,2011年1月
  • 芦名秀一,藤野純一,増井利彦,榎原友樹,日比野剛,わが国における2050年CO2排出量80%削減社会に向けた道筋検討,エネルギー・資源学会 第27回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス, 東京,2011年1月
  • 芦名秀一,藤野純一,米澤健一,有賀敏典,松橋啓介,日本における地域エネルギーシステム需給分布を考慮した低炭素型エネルギーシステムの実現可能性検討,エネルギー・資源学会 第27回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス, 東京,2011年1月
  • 藤野純一,須田真依子,地方自治体における低炭素社会シナリオ研究の社会実装過程の分析-滋賀県を例にして-,エネルギー・資源学会 第27回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス, 東京,2011年1月
  • 加用現空,須田真依子,福田尭,五味馨,松岡譲,芦名秀一,藤野純一,自治体の地域特性を考慮した低炭素化シナリオの検討-つくば市を例にして-,エネルギー・資源学会 第27回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス, 東京,2011年1月
  • 藤野純一,須田真依子,持続可能なアジア低炭素社会のデザイン研究-シナリオシミュレーションと社会実装手法の開発-,2050 EARTH CATALOGUE Exhibition UIA 2011 TOKYO, 東京,2011年9月
  • 藤野純一,生活者が創る低炭素社会から持続可能社会-私たちの役割は、企業の役割は-,化粧品原料協会 秋の講演会, 東京,2011年10月
  • 藤野純一,日本およびアジアにおける低炭素社会に向けた道筋,GEA国際会議2011 「復興を通じた持続可能な社会づくり-日本の再生を世界と共に-」, 東京,2011年10月
  • Ashina S., Fujino J., Masui T.,A Roadmap to a Low-Carbon Society in JapanContingency analysis for feasibility of energy pathways,2011 International Energy Workshop, Stanford,2011年7月, Agenda International Energy Workshop 30th Anniversary
  • 藤野純一,エネルギーシフトを考えるために -温暖化中長期ロードマップ作成からわかること-,地球環境技術推進懇談会平成23年度第1回講演会, 大阪,2011年6月
  • 藤野純一,2050年の低炭素社会をどうデザインする?,平成23年度エコ・カレッジ体験コース(茨城県), 水戸,2011年6月
  • Kayo G., Ikegami T., Ehara T., Oyamada K., Ashina S., Fujino J.,Diversified analysis of renewable energy contribution for energy supply in Asian regions,World Renewable Energy Congress 2011,Linkoping,2011年5月, Linkoping Electronic Coference Proceedongs of World Renewable Energy Congress 2011, 732-739
  • 藤野純一,エネルギーシフトを考えるために ー温暖化中長期ロードマップ作成からわかることー,2011中日低炭素展検討会,北京,2011年6月
  • 亀山康子,国際交渉の行方と「葉山プロポーザル」の受容可能性,環境経済・政策学会2011年大会,環境経済・政策学会,長崎,2011年9月
  • 亀山康子, 田村堅太郎,気候レジームの行方:気候変動枠組条約の下での法形式の観点から,環境経済・政策学会2011年大会,環境経済・政策学会,長崎,2011年9月
  • Tasaki T., Kameyama Y., Harasawa H., Hashimoto S., Moriguchi Y.,Transition of Development of National Sustainable Development Indicators,2nd International Conference on Sustainability Transitions,Lund,2011年6月
  • 亀山康子,米国と気候変動,第45回アメリカ学会年次大会,東京,2011年6月
  • Tasaki T., Kameyama Y., Harasawa H., Hashimoto S., Moriguchi Y.,A survey and conceptual examination towards Development of New Generation of National Sustainable Development Indicators,17th Annual International Sustainable Development Research Conference,New York,2011年5月
  • 白木裕斗,芦名秀一,亀山康子,森口祐一,地域性を考慮した再生可能エネルギーの導入に関する研究,第 27 回 エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス,エネルギー資源学会,東京(砂防会館),2011 年 1 月
  • Hijioka Y., Harasawa H., Takahashi K., Hanasaki N., Jung C., Masutomi Y. (2010) Impact and adaptation studies and perspectives of AIM. 15th AIM Int.Workshop
  • Hijioka Y. (2010) Introduction of AIM/Impact[Policy]. 15th AIM Int.Workshop
  • 肱岡靖明 (2010) 影響評価からの期待する社会経済シナリオ. シナリオ・影響評価 国内ワークショップ
  • Hijioka Y., Takahashi K., Kazama S., Kawagoe S., Yokozawa M., Iizumi T. (2010) Assessments of impacts and adaptations to climate change in Japan using an integrated assessment model, AIM/Impact[Policy]. 2010 Int.Clim.Change Adap.Conf.
  • 市橋新, 馬場健司, 肱岡靖明 (2010) 適応策の施策化過程に関する課題と解決策-ロンドンの事例を中心に-. 第38回環境システム研 究論文発表会, 第38回環境システム研究論文発表会講演集, 307-312
  • 川越清樹, 肱岡靖明, 高橋潔 (2010) 温暖化政策支援モデルを用いた気候変動に対する斜面崩壊影響評価. 第18回 地球環境シンポジウ ム・プログラム, 地球環境研究論文集, 18, 29-36
  • 森本広, 増井利彦, 肱岡靖明 (2010) 地球温暖化による洪水被害の経済活動への影響の評価に関する分析. 環境科学会2010年会, 同講演 予稿集, 1E-1000
  • Shiogama H., Hanasaki N., Masutomi Y., Nagashima T., Ogura T., Takahashi K., Hijioka Y., Takamura T., Nozawa T., Emori S. (2010) Emission scenario dependencies in climate change assessments of the hydrological cycle. EGU Gen.Assem.2010, Abstracts, EGU2010-0
  • 山本隆広, 花崎直太, 鄭輝ちょる, 高橋潔, 肱岡靖明 (2010) 全球水資源モデルH08を利用した季節性を考慮した世界の温暖化水資源影響 評価に向けて-将来気象データに対するH08の応答に関する一考察-. 水文・水資源学会2010年研究発表会, 同予稿集, 158-159
  • Yamamoto T., Hanasaki N., Jung H., Takahashi K., Hijioka Y. (2010) Application of global water resources model H08 to assess seasonal variability change of global water resources by using multiple GCM projections under climate change. 5th APHW Conf., Proceedings, 444
  • Yamamoto T., Hanasaki N., Takahashi K., Hijioka Y. (2010) Global water resources assessment at a sub-annual timescale: Application to climate change impact assessment. AGU 2010 Fall Meet., Abstracts, H21G-1134

招待講演

  • Ashina S., Japan's Energy Portfolio Revisited: To be, or not to be, The change to the Economic, Environmental and Energy Policy after Japan's Nuclear Crisis, Taipei,2011年8月, Abstracts of The change to the Economic, Environmental and Energy Policy after Japan's Nuclear Crisis
  • Fujino J., Green gowth idicator -Integrity and comprehensiveness-,OECD Green Growth Strategy Workshop,Paris,2011年2月
  • 藤野純一, 日本低炭素社会シナリオからアジア低炭素社会シナリオ作りへ-持続可能な社会システムのデザインを目指して-,「環境と都市に関する共同技術開発プロジェクト」レクチャー(第1回),東京,2011年2月
  • Fujino J., Japan and Asian Low-Carbon society scenarios and actions, 14th JPN.-U.S.-CHINA Trilateral dialogue,東京,2011年1月
  • 藤野純一, 「2020年,25%削減に向けて地域が求められる役割は?」, MAKE the RULE 地域セミナー in おかやま,岡山,2011年1月
  • 藤野純一, 温室効果ガス削減のアジアでの立ち位置, エネルギー総合工学シンポジウム第26回「東日本大震災を踏まえたエネルギー戦略」,東京,2011年10月, 季報 エネルギー総合工学, 34(4):44-45
  • Fujino J., How to Develop Sustainable Low-Carbon Society(LCS) for Japan and Asian Countries?-Model Simulation and Roadmap-, InternationalGas Turbine Congress 2011 Osaka,大阪,2011年11月
  • 藤野純一, アジア諸都市における低炭素都市ロードマップ作成状況について, 第3回持続可能なアジア太平洋に関する国際フォーラム(ISAP2011),横浜,2011年7月
  • Fujino J.,Low Carbon Society Roadmap for Developing Countries in Asia:Lessons Learned from Fukushima, 2011 International Modeling Conference-Transition to Sustainable Energy & Low Carbon Systems in Developing Countries-,Seoul,2011年7月, Abstracts of 2011 International Modeling Conference-Transition to Sustainable Energy & Low Carbon Systems in Developing Countries-, 97-110

受賞

書籍

誌上発表(査読付き)

  • 著  者:
    HIBIKI, Akira and Shunsuke MANAGI

    研究の概要:
    企業の環境負荷に関する情報が公開されれば、株式市場(投資家)はその情報を使って、企業を評価するため、企業価値が低下する可能性がある。汚染物質排出量が多ければ、将来の環境汚染による損害賠償リスクがより大きくなるため、将来収益が低下するからである。Konar and Cohen (2001, REStat)は、トービンq関数を推計し、米企業の化学物質排出量増加がトービンqを低下させ、アメリカの金融市場が排出量をマイナスに評価することを明らかにした。しかし、トービンのqを市場評価の指標として用いて分析することは望ましくない。なぜなら排出量の多い企業は、将来の環境汚染による損害賠償責任のリスク回避のために、積極的に化学物質削減投資を増加させる傾向があるかもしれない。この場合、企業の資本は増加するため、排出量が企業の市場価値に影響を与えなかったとしても、トービンのq(企業価値を企業の資本で割ったもの)は低下してしまう。この結果、本来、「市場は汚染物質排出量を評価している」と誤った結論を導いてしまう。このような誤りを避けるために、本研究では、企業の有害化学物質排出量を対象に、トービンのqを推計するのではなく、企業価値関数、資本ストック関数、(有害化学物質排出量から計算される)有害化学物質リスク(特に、発がんリスク)関数の3つの関数を同時推計し、株式市場が企業の有害化学物質リスクを評価しているかどうかを分析した。その結果、①株式市場はリスクを評価していない、②リスクの大きい企業は、汚染物質排出削減投資などのために資本を増加させる、③先行研究と同じ手法を使って、トービンのq関数を推計した結果、リスクの増加はトービンのqを有意に下げることを確認した。以上の結果から、トービンのqを使った先行研究は、誤った結論を導いている可能性があることを明らかにした。

    掲載誌情報 :Land Economics, vol.86, no.2, pp.382-393, 2010年

誌上発表(査読無し)

口頭発表

招待講演

受賞

書籍

誌上発表(査読付き)

  • 論文情報: "Journal of Environmental Economics and Management" の掲載論文のうち、2010年ダウンロード数No.1にランキングされました。

    著  者:
    MANAGI, Shunsuke, Akira HIBIKI and Tetsuya TSURUMI

    研究の概要:
    貿易依存度の増加が汚染物質排出量に与える影響についての実証研究の先行研究には、Antweiler, et al (AER, 2001)やCole and Elliott (JEEM, 2003)がある。これらの研究は、主に先進国のパネルデータを用いて、汚染物質排出関数(二酸化炭素排出量、硫黄酸化物排出量、BOD(水質汚濁指標)排出量など)を推計し、貿易の自由化(貿易依存度の増加)が汚染物質の排出量を削減し、環境保全に貢献することを明らかにしている。しかし、これらの先行研究には、いくつかの問題がある。①貿易の自由化は、一国の所得(生産水準)を増加させ、排出量に及ぼす影響を考慮していない、②短期的効果、長期的効果を明示的に識別していないために、動学的なプロセスを通じた効果の違いを議論していない、③先進国のデータを用いた分析であるため、発展途上国を考慮した場合、同様の結論が得られる保証がない。本研究では、多くの発展途上国のデータをカバーしたデータを用いて、先行研究を拡張し、先行研究の問題点に対処した分析を行った。その結果、貿易の自由化(貿易依存度の上昇)の直接効果と間接効果(一国の生産(所得)への影響を通じた効果)を合わせた効果として、①BODについては、先進国および発展途上国双方で、貿易自由化は排出量の減少させる、②二酸化炭素、硫黄酸化物については、先進国では、貿易自由化によって排出量が減少するが、発展途上国ではむしろ排出量が増加する、③短期的な効果は限定的だが、長期的効果は大きなものとなる、などの点が明らかとなった。

    掲載誌情報:Journal of Environmental Economics and Management, 58 (3), pp.346-363, 2009年

誌上発表(査読無し)

口頭発表

招待講演