ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
2016年9月29日

持続可能社会転換方策研究プログラム

概要

資源循環・廃棄物研究センター等と連携して進めます。

 環境問題の原因となっている社会・経済活動に注目し、我が国及び世界を対象に、持続可能な社会の構築に必要となる対策を生産や消費の面から分析するとともに、モデル化を行い、環境・社会・経済の将来シナリオを検討するとともに、持続可能な社会の実現に向けて社会や家庭、個人など各主体が取り組むべき方策を提示します。

図 社会経済シナリオを左右する要因
図 社会経済シナリオを左右する要因

プロジェクト1 将来シナリオと持続可能社会の構築に関する研究

  • サブテーマ1 持続可能社会の系譜の整理とビジョン検討
  • サブテーマ2 社会・経済を対象としたストーリーライン開発
  • サブテーマ3 持続可能社会の評価のモデル開発とその実現に向けた方策の検討

プロジェクト2 持続可能なライフスタイルと消費への転換

資料

ウェブサイト「持続可能な社会に向けた日本の状況」

◆持続可能な社会に向けた日本の状況~連環指標体系によるモニタリング~ 
indexmonitoringweb

パンフレット「次世代に残したいものを残せる社会とは?」

◆「次世代に残したいものを残せる社会とは?」(PDF) 
bookletcover

◆別冊ワークブック
workbookcover
 

シンポジウム講演

◆「社会の持続可能性と個人の幸福」公開シンポジウム2016

記事