ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
2016年10月21日

建物ポイントデータの床面積補正を通じた民生部門エネルギー消費量の推計

石河正寛、松橋啓介、有賀敏典

論文情報

建物ポイントデータの床面積補正を通じた民生部門エネルギー消費量の推計

著者:石河正寛, 松橋啓介, 有賀敏典
発表年:2016
雑誌名:土木学会論文集G, 72(6)

概要

健物ポイントデータを用いた民生家庭・業務部門のエネルギー消費量の推計手法を改善して、地球温暖化対策地方公共団体実行計画の策定に資するデータを提案しました。床面積に関する統計値を組み合わせて集合住宅の共用部の割合を示すことで、都道府県別および市別に戸建住宅、集合住宅、非住宅の用途の別に基準となる床面積を求めました。また、これを対応する用途別に集計した建物ポイントデータの床面積で除すことで、補正係数を算出しました。さらに、補正した床面積に空家率も考慮して原単位を乗じることでエネルギー消費量を推計し、これを都道府県別および政令市別の各種エネルギー統計値と比較することで、従来手法よりも高い再現性が得られることを確認しました。この方法による市のエネルギー消費量(図1)およびその分布(図2と図3)を用いることで、街区等でのエネルギー対策による削減量の見積が容易になることが期待されます。

*図をクリックすると拡大表示されます。

図1 ケース別のエネルギー消費量推計結果の比較(市原市の例)
図2 1kmメッシュ別のエネルギー消費分布:市原市
図3 建物ポイント別のエネルギー消費分布:市原市五井周辺