>English
GOTO Daisuke
Senior Researcher
五藤 大輔
最終更新日時:2016年09月27日
氏名 五藤 大輔 (ごとう だいすけ)
所属/職名 地域環境研究センター(大気環境モデリング研究室)/主任研究員
研究課題 全球・領域型エアロゾル化学輸送モデルを用いた大気汚染数値シミュレーション
学位の種類 博士(理学)
専門とする学問分野 化学,物理学
専門とする環境分野 大気汚染

個別研究課題 (7月以降は今年度分が下記に表示されています。全ての担当課題は こちら)
1719CD001:空間シームレスな大気汚染物質輸送モデルによるPM2.5の二次生成成分の精緻化
1620AA046:PM2.5など大気汚染の実態解明と毒性・健康影響に関する研究プロジェクト
1620SP040:安全確保研究プログラム
1620AU004:気候変動戦略連携オフィス
1418BA002:マルチスケール大気質変化評価システムの構築と変化事例の解析
1517BA008:原発事故により放出された大気中微粒子等のばく露評価とリスク評価のための学際研究 (サブテーマ5)大気拡散・ばく露評価統合モデルの構築
研究成果(直近の5件を表示)
誌上発表
全ての一覧は こちら
Sarkar T., Anand S., Singh K.D., Tripathi R.M., Sarojini P.K., Goto D., Nakajima T. (2017) Simulating Long Range Transport of Radioactive Aerosols Using a Global Aerosol Transport Model. Aerosol and Air Quality Research,

Schutgens N., Tsyro S., Gryspeerdt E., Goto D., Weigum N., Schulz M., Stier P. (2017) On the spatio-temporal representativeness of observations. Atmospheric Chemistry and Physics, 17, 9761-9780

Goto D., Sato Y., Yashiro H., Suzuki K., Nakajima T. (2017) Validation of high-resolution aerosol optical thickness simulated by a global non-hydrostatic model against remote sensing measurements. Radiation Processes in the Atmosphere and Ocean (IRS2016) AIP Conf. Proc, 1810

Kaskaoutis D.G., Rashki A., Houssos E.E., Legrand M., Francois P., Bartzokas A., Kambezidis H.D., Dumka U.C., Goto D., Takemura T. (2017) Assessment of changes in atmospheric dynamics and dust activity over southwest Asia using the Caspian Sea–Hindu Kush Index. INTERNATIONAL JOURNAL OF CLIMATOLOGY, 37, 1013-1034

Trieu T.T.N., Goto D., Yashiro H., Murata R., Sudo K., Tomita H., Satoh M., Nakajima T. (2017) Evaluation of summertime surface ozone in Kanto area of Japan using a semi-regional model and observation. Atmospheric Environment, 153, 163-181
口頭発表
全ての一覧は こちら
Goto D., Ueda K., Ng C.F.S., Takami A., Ariga T., Matsuhashi K., Nakajima T. (2016) Influence of model grid size on the simulation of PM2.5 and the related excess mortality in Japan. American Geophysical Union (AGU) Fall Meeting 2016, -

五藤大輔, 中島映至 (2016) モデル水平分解能のエアロゾル濃度への影響. 日本気象学会2016年度秋季大会, 同予稿集

Goto D. (2016) Global-to-regional simulation of aerosols with 10 km grid spacing. International Meeting on Land Use and Emissions in South/Southeast Asia, -

五藤大輔, 中島映至 (2016) 全球から領域規模に対応した大気汚染物質輸送モデルとその応用. 第22回大気化学討論会, 同予稿集, 24

Goto D., Nakajima T. (2016) High resolved aerosol simulations using a non-hydrostatic icosahedral atmospheric model (NICAM). AeroCom/Aerosat/TWAS workshop, Abstracts, 83
所の刊行物
全ての一覧は こちら
永島達也,五藤大輔,竹村俊彦(*1),須藤健悟(*2),井上忠雄(*2),関谷高志(*2),榊原篤志(*3),長谷川晃一(*3),(*1 九州大学応用力学研究所),(*2 名古屋大学大学院環境学研究科),(*3 株式会社中電シーティーアイ制御システム部) (2015) 広域大気汚染構造の理解と対策評価に関する研究. 国立環境研究所スーパーコンピューター利用研究年報 平成26年度地球環境研究センター報告CGER-I125-2015, 11-22

中島映至(*1)、井上豊志郎(*1)、打田純也(*1)、Yu Yong(*1)、及川栄治(*1)、Nick Schutgens(*2)、中田真木子(*3)、五藤大輔 (*1 東京大学大気海洋研究所)(*2 University of Oxford, Clarendon Laboratory)(*3 近畿大学総合社会学部) (2015) GOSATおよびGOSAT-2衛星のデータ解析に関わるエアロゾル・モデルシミュレーション. 国立環境研究所スーパーコンピューター利用研究年報 平成26年度地球環境研究センター報告CGER-I125-2015, 83-92

永島達也,五藤大輔,竹村俊彦(*1),須藤健悟(*2),井上忠雄(*2),関谷高志(*2),榊原篤志(*3),長谷川晃一(*3),(*1 九州大学応用力学研究所),(*2 名古屋大学大学院環境学研究),(*3 株式会社中電シーティーアイ制御システム部) (2013) 広域大気汚染物質の発生源別寄与率解析と気候影響評価. 国立環境研究所スーパーコンピューター利用研究年報 平成24年度地球環境研究センター報告CGER-I113-2013, 11-22

五藤大輔,中島映至(*1),鶴田治雄(*1),打田純也(*1),及川栄治(*1),Nick Schutgens(*2),中田(向井)真木子(*3),(*1 東京大学大気海洋研究所),(*2 University of Oxford,Clarendon Laboratory),(*3 近畿大学総合社会学) (2013) CAI衛星解析とモデルシミュレーションの統合システムの構築. 国立環境研究所スーパーコンピューター利用研究年報 平成24年度地球環境研究センター報告CGER-I113-2013, 59-68

五藤大輔,中島映至(*1),鶴田治雄(*1),Nick Schutgens(*2),中田(向井)真木子(*3),(*1 東京大学大気海洋研究所),(*2 University of Oxford,Clarendon Laboratory),(*3 近畿大学総合社会学) (2012) CAI衛星解析とモデルシミュレーションの統合システムの構築. 国立環境研究所スーパーコンピューター利用研究年報 平成23年度地球環境研究センター報告CGER-I106-2012, 69-78
委員会活動
全ての一覧は こちら
つくばサイエンス・アカデミー会誌編集委員会委員 茨城県科学技術振興財団 つくばサイエンス・アカデミー

「静止衛星データ利用技術懇談会」ひまわりデータ利用のための作業グループ(大気)「委員」 気象庁 気象庁観測部





National Institute for Environmental Studies..