>English
NISHIZAWA Tomoaki
Head
西澤 智明
最終更新日時:2010年03月09日
氏名 西澤 智明 (にしざわ ともあき)
所属/職名 環境計測研究センター(遠隔計測研究室)/室長
研究課題 ライダーを用いたエアロゾルの光学特性の時空間変動に関する観測研究
学位の種類 理学博士
専門とする学問分野 理学 ,物理学
専門とする環境分野 大気環境,気候変動

個別研究課題 (7月以降は今年度分が下記に表示されています。全ての担当課題は こちら)
1620AU001:衛星観測に関する研究事業
1517BA003:多様な環境影響評価に資する風送エアロゾル濃度分布情報提供システムの構築
1317CD002:多波長ライダーと化学輸送モデルを統合したエアロゾル5次元同化に関する先導的研究
1519CD001:エアロゾル地上リモートセンシング観測網による数値モデルの気候変動予測の高度化
1517CD021:衛星搭載アクティブ・パッシブセンサーデータの複合利用による全球エアロゾル解析
1720CD003:インドネシアの森林火災による大気エアロゾル粒子の気候影響に関する観測的研究
1216KB002:対流圏エアロゾルの監視・予測・警報システムの構築に関する研究
1721CD001:次世代型アクティブセンサ搭載衛星の複合解析による雲微物理特性・鉛直流研究
研究成果(直近の5件を表示)
誌上発表
全ての一覧は こちら
Jin Y., Sugimoto N., Ristori P., Nishizawa T., Otero L., Quel E. (2017) Measurement method of high spectral resolution lidar with a multimode laser and a scanning Mach-Zehnder interferometer. Applied Optics, 56 (21), 5990-5995

Yumimoto K., Uno I., Pan X., Nishizawa T., Kim S.W., Sugimoto N. (2017) Inverse Modeling of Asian Dust Emissions with POPC Observations: A TEMM Dust Sand Storm 2014 Case Study. Scientific Online Letter on the Atmosphere, 13, 31-35

Pan X., Uno I., Wang Z., Nishizawa T., Sugimoto N., Yamamoto S., Kobayashi H., Sun Y., Fu P., Tang X., Wang Z. (2017) Real-time observational evidence of changing Asian dust morphology with the mixing of heavy anthropogenic pollution. Scientific Reports, 7 (335), 1-8

Nishizawa T., Sugimoto N., Matsui I., Shimizu A., Hara Y., Uno I., Yasunaga K., Kudo R., Kim S.W. (2017) Ground-based network observation using Mie–Raman lidars and multi-wavelength Raman lidars and algorithm to retrieve distributions of aerosol components. Journal of Quantitative Spectroscopy and Radiative Transfer, 188, 79-93

Hara Y., Nishizawa T., Sugimoto N., Matsui I., Pan X., Kobayashi H., Osada K., Uno I. (2017) Optical properties of mixed aerosol layers over Japan derived with multi-wavelength Mie–Raman lidar system. Journal of Quantitative Spectroscopy and Radiative Transfer, 188, 20-27
口頭発表
全ての一覧は こちら
西澤智明, 杉本伸夫, 清水厚, 原由香里, 鵜野伊津志 (2017) ライダーデータを用いたえあろぞる種推定手法の性能評価:地上サンプリングデータとの比較. 第35回レーザセンシングシンポジウム, 同予稿集

北原拓, 岡本創, 片桐秀一郎, 佐藤可織, 杉本伸夫, 西澤智明, 神慶孝, 工藤玲 (2017) 高スペクトル分解ライダによるエアロゾル・雲のライダー比と偏光解消度の解析. 第35回レーザセンシングシンポジウム, 同予稿集

工藤玲, 西澤智明, 日暮明子, 及川栄治, 藤川雅大 (2017) CALIOPとMODISの複合解析によるエアロゾル組成の全球三次元分布プロダクトの開発. 第35回レーザセンシングシンポジウム, 同予稿集

Nishizawa T., Sugimoto N., Shimizu A., Uno I., Hara Y., Kudo R. (2017) AEROSOL OBSERVATION USING MULTI-WAVELENGTH MIE-RAMAN LIDARS OF THE AD-NET AND AEROSOL COMPONENT ANALYSIS. 28th ILRC, Abstracts

KUDO R., Nishizawa T., Higurashi A., Oikawa E. (2017) REMOTE SENSING OF AEROSOLS BY SYNERGY OF CALIOP AND MODIS. 28th ILRC, Abstracts
委員会活動
全ての一覧は こちら
大気条件標準化委員会委員 国土交通省 総合政策局

平成25年度EarthCARE/CPR委員会委員 (独)宇宙航空研究開発機構

平成24年度地球圏総合診断委員会大気分科会委員 (独)宇宙航空研究開発機構

平成23年度地球圏総合診断委員会大気分科会委員 (独)宇宙航空研究開発機構





National Institute for Environmental Studies..