>English
MATSUZAKI Shin-Ichiro
Senior Researcher
松崎 慎一郎
最終更新日時:2017年12月05日
氏名 松崎 慎一郎 (まつざき しんいちろう)
所属/職名 生物・生態系環境研究センター(生物多様性資源保全研究推進室)/主任研究員
メールアドレス matsuzakiss (*add @nies.go.jp)
研究課題 湖沼生態系の長期モニタリング、生物群集の動態、生物多様性保全・生態系管理に関する研究
関心のある研究、実施してみたい研究 湖沼生態系の長期モニタリングとモニタリング手法の開発
湖沼生態系のレジームシフトと生態系管理
淡水魚類の生物多様性保全
気候変動と栄養塩負荷
内水面漁業資源の生態系管理
流域・湖沼における放射性物質の動態、特に水生生物への移行・蓄積に関する研究
学位の種類 博士(農学)
専門資格 学芸員
専門とする学問分野 生物学,農学,水産学
専門とする環境分野 保全生態学,生物多様性保全,生態系管理
自分の強みのキーワード 長期モニタリング,安定同位体,遺伝子解析,実験,メタ分析,生物多様性,保全,生物間相互作用,放射性物質
URL http://freshwaterconservation.weebly.com/
所属学会 日本生態学会,日本陸水学会,日本魚類学会

個別研究課題 (7月以降は今年度分が下記に表示されています。全ての担当課題は こちら)
研究成果(直近の5件を表示)
誌上発表
全ての一覧は こちら
Matsuzaki S., Suzuki K., Kadoya T., Nakagawa M., Takamura N. (2018) Bottom-up linkages between primary production, zooplankton, and fish in a shallow, hypereutrophic lake. Ecology, 99 (9), 2025-2036

Shinohara R., Ouellette L., Nowell P., Parsons C.T., Matsuzaki S., Voroney R.P. (2018) The composition of particulate phosphorus: A case study of the Grand River, Canada. Journal of Great Lakes Research, 44, 527-534

今藤夏子, 松崎慎一郎 (2018) 霞ヶ浦における定置網と環境DNAを用いた魚類調査と種多様性の比較. 水環境学会誌, 41(A) (4), 137-140

馬渕浩司, 松崎慎一郎 (2017) 日本の自然水域のコイ: 在来コイの現状と導入コイの脅威. 魚類学雑誌, 64 (2), 213-218

松崎慎一郎, 西廣淳, 山之内崇志, 森明寛, 蛯名政仁, 榎本昌宏, 福田照美, 福井利憲, 福本一彦, 後藤裕康, 萩原彩華, 長谷川裕弥, 五十嵐聖貴, 井上栄壮, 神谷宏, 金子有子, 小日向寿夫, 紺野香織, 松村俊幸, 三上英敏, 森山充, 永田貴丸, 中川圭太, 大内孝雄, 尾辻裕一, 小山信, 榊原靖, 佐藤晋一, 佐藤利幸, 清水美登里, 清水稔, 勢村均, 下中邦俊, 戸井田伸一, 吉澤一家, 湯田達也, 渡部正弘, 中川惠, 高村典子 (2016) 純淡水魚と水生植物を指標とした湖沼の生物多様性広域評価の試み. 保全生態学研究, 21, 155-165
口頭発表
全ての一覧は こちら
今藤夏子, 松崎慎一郎, 角谷拓, 山口晴代, 安藤温子, 中川惠, 伊藤洋, 牧野渡, 高村典子 (2018) メタゲノム解析を用いたワカサギの食性に関わる要因の解析. 第83回日本陸水学会岡山大会, 同予稿集, 89

高村典子, 松崎慎一郎 (2018) 霞ヶ浦長期生物モニタリングの今後を考える. 第83回日本陸水学会, なし

亀山哲, 今藤夏子, 松崎慎一郎 (2018) ウナギを育む、豊かな森里川海の絆と幸福な人の暮らし(その3)〜GIS解析と環境DNA分析の統合を目指して〜. 2018年第14回GISコミュニティフォーラム, なし

石井弓美子, 松崎慎一郎, 林誠二 (2018) 湖沼と河川における水生生物食物網構造と放射性セシウム動態. 日本生態学会第65回全国大会, 同予稿集

新山優子, 辻彰洋 , 中川惠, 松崎慎一郎 (2018) 霞ケ浦の浮遊性藍藻. 日本藻類学会第42回大会, 同予稿集, 60
所の刊行物
全ての一覧は こちら
松崎慎一郎 (2016) 霞ヶ浦魚類モニタリングの紹介 -継続がデータの価値を高める-, 国立環境研究所ニュース, (1), 9-11
委員会活動
全ての一覧は こちら
[連携]兼任教員(准教授) 東京大学大学院農学生命科学研究科

環境省「平成26年度重要生態系監視地域モニタリング推進事業(陸水域調査)」有識者委員 環境省 自然環境局生物多様性センター

河川・湖沼等の放射性物質への対応に係る意見交換有識者 環境省 水・大気環境局

三方五湖自然再生協議会委員 福井県
受賞2015年:吉村賞(日本陸水学会)
学会活動
全ての一覧は こちら
日本生態学会 Ecological Research Editorial Board

JaLTER(日本長期生態学研究、Japan Long-Term Ecological Research)) コアサイト(霞ヶ浦)委員





National Institute for Environmental Studies..