>English
YOKOHATA Tokuta
Senior Researcher
横畠 徳太
最終更新日時:2013年05月16日
氏名 横畠 徳太 (よこはた とくた)
所属/職名 地球環境研究センター(気候変動リスク評価研究室)/主任研究員
研究課題 気候変化のリスク評価に関する研究
関心のある研究、実施してみたい研究 地球システムの変動メカニズムに関する研究
学位の種類 理学博士
専門とする学問分野 地学
専門とする環境分野 地球温暖化,気候変化,地球システム
自分の強みのキーワード 数値シミュレーション
略歴 2003年3月 北海道大学理学研究科地球惑星科学専攻(学位取得)
2003年4月 国立環境研究所大気圏環境研究領域
2007年11月 英国気象局ハドレーセンター
2009年4月 海洋研究開発機構
2010年10月 国立環境研究所地球環境研究センター
URL http://researchmap.jp/read0107722/
http://scholar.google.com/citations?user=U8giLE4AAAAJ&hl=en
所属学会 日本気象学会,日本地球惑星科学連合,日本惑星科学会

個別研究課題 (7月以降は今年度分が下記に表示されています。全ての担当課題は こちら)
1620AA012:気候変動予測・影響・対策の統合評価を基にした地球規模の気候変動リスクに関する研究
1620AA051:世界及びアジアを対象とした持続可能シナリオの開発に関する研究
1620SP050:統合研究プログラム
1618BE001:凍土動態を考慮した全球陸域統合モデルによる将来予測
1417CD001:気候変動要因推定の物理パラメータ不確実性に関する研究
1721CE002:地球システム−水資源・作物・土地利用モデル結合に関する研究
研究成果(直近の5件を表示)
誌上発表
全ての一覧は こちら
Hasegawa T., Fujimori S., Takahashi K., Yokohata T., Masui T. (2016) Economic implications of climate change impacts on human health through undernourishment. Climatic Change, 136, 189-202

長谷川知子, 藤森真一郎, 横畠徳太, 高橋潔, 増井利彦 (2015) 気候変化による低栄養に起因する健康影響の経済評価. 土木学会論文集G(環境), 71 (6), 23-34

Tsushima Y., Ringer M.A., Koshiro T., Kawai H., Roehrig R., Cole J., Watanabe M., Yokohata T., Bodas‑Salcedo A., Williams K.D., Webb M.J. (2015) Robustness, uncertainties, and emergent constraints in the radiative responses of stratocumulus cloud regimes to future warming. Climate Dynamics,

Suzuki K., Stephens G., Bodas-Salcedo A., Wang M., Golaz J.C., Yokohata T., Koshiro T. (2015) Evaluation of the warm rain formation process in global models with satellite observations. Journal of the Atmospheric Sciences, 1-49

Nishina K., Ito A., Falloon P., Friend A.D., Beerling D.J., Ciais P., Clark D.B., Kahana R., Kato E., Lucht W., Lomas M., Pavlick R., Schaphoff S., Warszawaski L., Yokohata T. (2015) Decomposing uncertainties in the future terrestrial carbon budget associated with emission scenarios, climate projections, and ecosystem simulations using the ISI-MIP results. Earth System Dynamics, 6, 435-445
口頭発表
全ての一覧は こちら
Yokohata T. (2017) Interaction of water, land use, and ecosystem in Integrated Terrestrial Model: a bio-geophysical land surface model with human components. Hydrology Delivers Earth System Sciences to Society 4, -

斉藤和之, 大野浩, 横畠徳太, 岩花剛, 町屋広和 (2017) 永久凍土不可逆融解による温室効果ガス放出量の現状評価と将来予測. JpGU-AGU Joint Meeting2017, なし

横畠徳太, 斉藤和之, 大野浩, 岩花剛, 伊藤昭彦, 高田久美子 (2017) 凍土動態を考慮した全球陸面-植生モデルによる将来予測. JpGU-AGU Joint Meeting2017, なし

横畠徳太, 伊藤昭彦, 花崎直太, 櫻井玄, 木下嗣基, 飯泉仁之直, 眞崎良光, 新田友子, Yadu P., 佐藤雄亮, 江守正多 (2017) 陸域統合モデル:陸面・水資源・作物・土地利用結合モデルによる気候変動リスク評価. JpGU-AGU Joint Meeting2017, 「なし」

横畠徳太 (2017) 永久凍土不可逆融解による温室効果ガス放出量の現状評価と将来予測. 日本気象学会2017年度春季大会, 「同予稿集」
所の刊行物
全ての一覧は こちら
花崎直太,伊藤昭彦,横畠徳太,仁科一哉,山田朋人(*1),竹内大輝(*1),増冨祐司(*2),加藤悦史(*3)(*1 北海道大学大学院工学研究院),(*2 茨城大学農学部),(*3 エネルギー工学総合研究所) (2015) 高度な陸域要素モデルの開発とそれを用いた全球スケールの気候変動研究. 国立環境研究所スーパーコンピューター利用研究年報 平成26年度地球環境研究センター報告CGER-I125-2015, 37-44

塩竈秀夫,小倉知夫,野沢徹,小倉知夫,横畠徳太,石崎安洋,加藤悦史,阿部 学(*1),木本昌秀(*2),渡部雅浩(*2),羽角博康(*2),近本喜光(*1),野中(荒井)美紀(*2),森 正人(*2)(*1 国立極地研究所北極観測センター),(*2 東京大学気候システム研究センター) (2013) 長期気候変動予測と近未来気候変動予測に関わる不確実性の理解と制約. 国立環境研究所スーパーコンピューター利用研究年報 平成24年度地球環境研究センター報告CGER-I113-2013, 1-10

塩竈秀夫,小倉知夫,野沢徹,江守正多,阿部学,石崎安洋,川瀬宏明,横畠徳太,木本昌(*1),・羽角博(*1),・高薮 縁(*1),渡部雅浩(*1),近本喜光(*1),野中(荒井)美紀(*1)),安中さやか(*1),森 正人(*1)(*1 東京大学大気海洋研究) (2012) 長期気候変動予測と近未来気候変動予測に関わる不確実性の理解と制約. 国立環境研究所スーパーコンピューター利用研究年報 平成23年度地球環境研究センター報告CGER-I106-2012, 1-10

塩竈秀夫,小倉知夫,野沢徹,江守正多,長谷川聡,阿部学,石崎安洋,川瀬宏明,横畠徳太,木本昌秀(*1),羽角博康(*1),高薮緑(*1),渡部雅浩(*1),近本喜光(*1),野中(荒井)美紀(*1),安中さやか(*1),森正人(*1)(*1東京大大気海洋研) (2011) 長期気候変動予測と近未来気候変動予測に関わる不確実性の理解と制約. 国立環境研究所スーパーコンピューター利用研究年報 平成22年度地球環境研究センター報告CGER-I099-2011, 1-9

小倉知夫,木本昌秀(*1),羽角博康(*1),高藪緑(*1),近本喜光(*1),野中(荒井)美紀(*1),今田(金丸)由紀子(*1),江守正多,長谷川聡,横畠徳太,阿部学(*1東京大気候システム研究セ) (2009) 大気海洋結合モデルの物理過程改良および気候変化予測の手法開発. 国立環境研究所スーパーコンピューター利用研究年報 平成20年度地球環境研究センター報告CGER-I090-2009, 11-18





National Institute for Environmental Studies..