>English
GOKA Kouichi
Head
五箇 公一
最終更新日時:2009年08月26日
氏名 五箇 公一 (ごか こういち)
所属/職名 生物・生態系環境研究センター(生態リスク評価・対策研究室)/室長
研究課題 侵略的外来種の生態リスク評価
学位の種類 農学博士
専門とする学問分野 生物学,農学,化学
専門とする環境分野 生態学,遺伝学,ダニ学

個別研究課題 (7月以降は今年度分が下記に表示されています。全ての担当課題は こちら)
1619AQ002:絶滅危惧野生動物の生息域外保全に関する研究拠点構築
1620AA034:生物多様性の統合評価および保全ツール開発
1416BA006:ネオニコチノイド農薬による陸域昆虫類に対する影響評価研究
1416BA010:特定外来生物の重点的防除対策のための手法開発
1616MA002:平成28年度農薬の環境影響調査業務
1616MA003:平成28年度 農薬による生物多様性への影響調査業務
1620AA032:生物多様性に対する人為的環境攪乱要因の影響と管理戦略
1620SP030:自然共生研究プログラム
1418CD001:なぜアカリンダニが増えたのか?―農薬がミツバチ寄生ダニに与える影響の評価―
1620AP007:生物多様性・生態系情報の基盤整備
研究成果(直近の5件を表示)
誌上発表
全ての一覧は こちら
前田太郎, 坂本佳子, 岡部貴美子, 滝久智, 芳山三喜雄, 五箇公一, 木村澄 (2015) ミツバチに寄生するアカリンダニ ―分類,生態から対策まで―. 日本応用動物昆虫学会誌, 59 (3), 109-126

Moriguchi S., Onuma M., Goka K. (2013) Potential risk map for avian influenza A virus invading Japan. Diversity and Distributions, 19 (1), 78-85

Inoue M., Fuki Saito, Koji Tsuchida, Goka K. (2012) Potential increase in mating frequency of queens in feral colonies of Bombus terrestris introduced into Japan. Naturwissenschaften, 99 (10), 853-861

Hayasaka D. , Goka K., Thawatchai W., Fujiwara K. (2012) Ecological impacts of the 2004 Indian Ocean tsunami on coastal sand-dune species on Phuket Island, Thailand.. Biodiversity and Conservation, 21 (8), 1971-1985

Hayasaka D., Shimada N., Konno H., Sudayama H., Kawanishi M., Goka K. (2012) Floristic variation of beach vegetation caused by the 2011 Tohoku-oki tsunami in northern Tohoku, Japan.. Ecological Engineering, 44, 227-232
口頭発表
全ての一覧は こちら
Onuma M., Moriguchi S., Goka K. (2015) What Migratory Birds Brought Avian Influenza Virus into Japan?. The Vth International Wildlife Management Congress, 2015, IWMC2015 PROGRAM, 83

坂本佳子, 前田太郎, 大島一正, 五箇公一 (2015) ニホンミツバチで流行するアカリンダニの分布および被害状況. 日本昆虫学会第75回大会, 日本昆虫学会第75回大会プログラム, 55

笠井敦, 林岳彦, 五箇公一 (2015) 野生マルハナバチ類に対する残留ネオニコチノイドの影響. 第59回日本応用動物昆虫学会大会, 同予稿集, 212

笠井敦, 林岳彦, 早坂大亮, 五箇公一 (2015) ネオニコチノイド及びフィプロニルの複数年施用が水田節足動物に及ぼす影響. 第59回日本応用動物昆虫学会大会, 同予稿集, 38

坂本佳子, 大西一志, 森英章, 今井仁, 戸田光彦, 岸本年郎, 五箇公一 (2015) 東京港湾における外来アリ類の誘引トラップ調査. 第59回応用動物昆虫学会大会, 同予稿集, 44
所の刊行物
全ての一覧は こちら
国立環境研究所 (2011) 環境リスク研究プログラム(終了報告). 特別研究報告SR-98, 113p.

国立環境研究所 (2009) 侵入生物・組換え生物による遺伝的多様性影響評価に関する研究(特別研究). 特別研究報告SR-88, 40p.

五箇公一,河野昭一*(京都大) (2003) 中池見湿地のクモ相と生態(総合評価). 福井県敦賀市 中池見湿地総合学術調査報告国立環境研究所研究報告R-176-2003, 310

五箇公一,河野昭一*(京都大) (2003) 中池見湿地のササラダニ相(総合評価). 福井県敦賀市 中池見湿地総合学術調査報告国立環境研究所研究報告R-176-2003, 332

五箇公一 (2001) 小笠原諸島における移入種の侵入・定着過程に関する研究−移入種の遺伝子集団の把握に関する研究−. 亜熱帯域島嶼の生態系保全手法の開発に関する基礎研究(平成9〜11年度)報告書国立環境研究所研究報告R-158-2001, 128-136
委員会活動
全ての一覧は こちら
中央環境審議会専門委員 環境省 水・大気環境局

平成26年度EXTEND2010野生生物の生物学的知見研究検討部会委員 環境省 総合環境政策局環境保健部

非常勤講師(環境研究のフロンティア) 上智大学大学院地球環境学研究科

非常勤講師(生産環境科学特論III) 岐阜大学応用生物科学部

非常勤講師(生物制御科学特論II) 東京農工大学農学府・農学部





National Institute for Environmental Studies..