>English
NAKAJIMA Hideaki
Principal Researcher
中島 英彰
最終更新日時:2009年08月07日
氏名 中島 英彰 (なかじま ひであき)
所属/職名 地球環境研究センター(気候モデリング・解析研究室)/主席研究員
メールアドレス nakajima (*add @nies.go.jp)
研究課題 分光学的手法を用いた大気中微量気体成分の観測的研究
関心のある研究、実施してみたい研究 南極観測、フーリエ変換赤外分光器、オゾンゾンデ、衛星観測、ライダー観測、リモートセンシング
学位の種類 博士(理学) (1993.3 東北大学大学院理学研究科地球物理学専攻)
専門資格 第2級アマチュア無線技師
第1級小型船舶操縦士
小型移動式クレーン操縦士
専門とする学問分野 地学,理学 ,物理学
専門とする環境分野 オゾン破壊,大気物理化学,大気環境
自分の強みのキーワード 分光観測,FTIR,衛星観測,リモートセンシング,オゾンゾンデ
URL http://www.kankyo.tohoku.ac.jp/renkei/staff_nakajima.html
所属学会 日本気象学会,大気化学研究会,地球電磁気・地球惑星圏学会
コメント 南極観測に興味のある方、連絡ください。(nakajima(at)nies.go.jp)

個別研究課題 (7月以降は今年度分が下記に表示されています。全ての担当課題は こちら)
1620AQ015:オゾン層変動研究プロジェクト
研究成果(直近の5件を表示)
誌上発表
全ての一覧は こちら
Bader W., Bovy B., Conway S., Strong K., Smale D., Turner A.J., Blumenstock T., Boone C., Coen M.C., Coulon A., Garcia O., Griffith D.W.T., Hase F., Hausmann P., Jones N., Krummel P., Murata I., Morino I., Nakajima H., O’Doherty S., Paton-Walsh C., Robinson J., Sandrin. R., Schneider M., Servais C., Sussmann R., Mahieu E. (2017) The recent increase of atmospheric methane from 10 years of ground-based NDACC FTIR observations since 2005. Atmospheric Chemistry and Physics, 17, 2255-2277

Miyauchi M., Nakajima H. (2016) Determining an Effective UV Radiation Exposure Time for Vitamin D Synthesis in the Skin Without Risk to Health: Simplified Estimations from UV Observations. Photochemistry and Photobiology,

Dammers E., Palm M., Van Damme M. (2016) An evaluation of IASI-NH3 with ground-based Fourier transform infrared spectroscopy measurements. Atmospheric Chemistry and Physics, 16, 10351-10368

Bader W., Bovy B., Conway S., Strong K., Smale D., Turner A.J., Blumenstock T., Boone C., Coulon A., Garcia O., Griffith D.W.T., Hase F., Hausmann P., Jones N., Krummel P., Murata I., Morino I., Nakajima H., O’Doherty S., Paton-Walsh C., Robinson J., Sandrin R., Schneider M., Servais C., Sussmann R., Mahieu E.(*1Institute of Astrophysics and Geophysics, University of Liège, *2Department of Physics, University of Toronto, *3National Institute of Water and Atmospheric Research, *4School of Engineering and Applied Sciences, Harvard University, *5Karlsruhe Institute of Technology (KIT), Institute for Meteorology and Climate Research (IMK-ASF), *6Department of Chemistry, University of Waterloo, *7Institute for Atmospheric and Climate Science, *8Izana Atmospheric Research Centre (IARC), Agencia Estatal de Meteorologia (AEMET), *9School of Chemistry, University of Wollongong, *10Karlsruhe Institute of Technology, IMK-IFU, *11CSIRO Oceans & Atmosphere, *12Graduate School of Environment Studies, Tohoku University, *13Atmospheric Chemistry Research Group (ACRG), School of Chemistry, University of Bristol) (2016) Ten years of atmospheric methane from ground-based NDACC FTIR observations. Atmospheric Chemistry and Physics Discussions,

Wegner T., Pitts M.C., Poole L.R., Ines Tritscher, Jens-Uwe GrooB, Nakajima H. (2016) Vortex-wide chlorine activation by a mesoscale PSC event in the Arctic winter of 2009/10. Atmospheric Chemistry and Physics, (16), 4569-4577
口頭発表
全ての一覧は こちら
村田功, 中島英彰, 森野勇 (2015) フーリエ変換型赤外分光計で観測されたつくばにおけるエタンの経年変化. 第21回大気化学討論会, 同予稿集, 101-101

村田功, 中島英彰, 森野勇(*1東北大学大学院環境科学研究科, *2内閣府総合科学技術・イノベーション会議事務局) (2015) 微量成分の経年変化に見られる成層圏循環の変動. 日本気象学会2015年度春季大会, 同予稿集, 58-58

村田功, 中島英彰, 森野勇(*1東北大学大学院環境科学研究科, *2内閣府 総合科学技術・イノベーション会議事務局) (2015) FTIR で観測されたつくばにおけるメタンの経年変化 Temporal variation of methane profile observed with FTIR at Tsukuba. 日本地球惑星科学連合2015年大会, 同予稿集

Nakajima H., Takeda M., Wohltmann I., Wegner T., Pitts M.C., Poole L.R, Lehmann R. (2014) Observational evidence of vortexwide chlorine activation by mesoscale PSC events confirmed by CALIPSO and MLS measurements. SPARC Workshop on PSCs,

中島英彰, 氷見山幸夫, 三枝信子, 野尻幸宏 (2014) GRENE-ei生物多様性分野で整備している日本の土地利用データベースLUISの概要 The Laud Use Information System(LUIS)Database which has been developed under the GRENE-ei biodiversity area. 日本地球惑星科学連合2014年大会 Japan Geoscience Union Meeting 2014, なし
所の刊行物
全ての一覧は こちら
中島英彰 (2006) ILAS-IIプロジェクト最終報告書. 研究報告R-194-2006, 283p.

Lefevre F.(*1),Nakajima H.(*1Univ.Pierre et Marie Curie) (2002) Stratospheric Denitrification and Composition of Polar Stratospheric Clouds Inferred from 3D Simulations and ILAS Data. CGER'S SUPERCOMPUTER ACTIVITY REPORT Vol.10-2001国立環境研究所地球環境研究センター報告CGER-I054-2002, 47-54

中島英彰 (2002) 3次元化学輸送モデルとILASデータの比較による、成層圏の脱硝過程及び極成層圏雲の挙動について. CGER'S SUPERCOMPUTER ACTIVITY REPORT Vol.10-2001国立環境研究所地球環境研究センター報告CGER-I054-2002, 145-146

中島英彰 (2008) 南極レポート(第5回:「昭和基地の廃棄物・汚水処理」), 国立環境研究所ニュース, (6), 9-11

中島英彰 (2008) 南極レポート(第6回:「越冬交代」), 国立環境研究所ニュース, (1), 9-11
委員会活動
全ての一覧は こちら
平成26年度非常勤講師(太陽地球環境学) 東北大学大学院環境科学研究科

生存圏データベース全国国際共同利用専門委員会委員 京都大学生存圏研究所

研究評価委員会「高効率ノンフロン型空調機器技術の開発」分科会 NEDO技術委員 (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構

非常勤講師(太陽地球環境学) 東北大学大学院環境科学研究科

日本学術会議委員(情報学委員会国際サイエンスデータ分科会WDS小委員会委員) 内閣府 日本学術会議
受賞2000年:米国航空宇宙局グループ業績賞(米国航空宇宙局(NASA))
学会活動
全ての一覧は こちら
American Geophysical Union (米国地球物理学連合) 正会員

大気化学研究会 正会員

(社)日本気象学会 正会員





National Institute for Environmental Studies..