>English
HIGURASHI Akiko
Senior Researcher
日暮 明子
最終更新日時:2011年08月24日
氏名 日暮 明子 (ひぐらし あきこ)
所属/職名 環境計測研究センター(遠隔計測研究室)/主任研究員
研究課題 衛星リモートセンシングによるエアロゾル光学特性の全球解析
学位の種類 博士(理学)
専門とする学問分野 理学 ,物理学
専門とする環境分野 大気環境
所属学会 日本気象学会,AGU

個別研究課題 (7月以降は今年度分が下記に表示されています。全ての担当課題は こちら)
1519CD001:エアロゾル地上リモートセンシング観測網による数値モデルの気候変動予測の高度化
1517CD021:衛星搭載アクティブ・パッシブセンサーデータの複合利用による全球エアロゾル解析
1418BA002:マルチスケール大気質変化評価システムの構築と変化事例の解析
研究成果(直近の5件を表示)
誌上発表
全ての一覧は こちら
Sugimoto N., Nishizawa T., Shimizu A., Matsui I., Jin Y., Higurashi A., Uno I., Hara Y., Yumimoto K., Kudo R. (2015) Continuous observations of atmospheric aerosols across East Asia. SPIE Newsroom, 21

杉本伸夫, 西澤智明, 松井一郎, 清水厚, 日暮明子 (2014) 地上ライダーおよび放射計ネットワークによるEarthCARE搭載ATLIDの検証手法の開発. 日本リモートセンシング学会誌, 34 (4), 286-292

Ota Y., Higurashi A., Nakajima T., Yokota T. (2010) Matrix formulations of radiative transfer including the polarization effect in a coupled atmosphere-ocean system. J.Quant.Spectrosc.Radiat.Transfer, 111 (6), 878-894

Nakajima T.Y., Higurashi A., Nakajima T., Fukuda S., Katagiri S. (2009) Development of cloud and aerosol retrieval algorithms for ADEOS-II/GLI mission. J.Remote Sens.Soc.Jpn., 29 (1), 60-69

Takamura T., Takenaka H., Cui Y., Nakajima T.Y., Higurashi A., Fukuda S., Kikuchi N., Nakajima T., Sano I. et al. (2009) Aerosol and cloud validation system based on SKYNET observations: Estimation of shortwave radiation budget using ADEOS-II/GLI data. J.Remote Sens.Soc.Jpn., 29 (1), 40-53
口頭発表
全ての一覧は こちら
工藤玲, 西澤智明, 日暮明子, 及川栄治, 藤川雅大 (2017) CALIOPとMODISの複合解析によるエアロゾル組成の全球三次元分布プロダクトの開発. 第35回レーザセンシングシンポジウム, 同予稿集

KUDO R., Nishizawa T., Higurashi A., Oikawa E. (2017) REMOTE SENSING OF AEROSOLS BY SYNERGY OF CALIOP AND MODIS. 28th ILRC, Abstracts

工藤玲, 西澤智明, 日暮明子, 及川栄治, 杉本伸夫 (2016) CALIPSO-MODIS複合解析によるエアロゾルプロダクトの開発. 日本気象学会2016年度秋季大会, 同予稿集, 196

工藤玲, 西澤智明, 日暮明子, 及川栄治, 杉本伸夫 (2016) CALIPSO-MODIS 複合解析によるエアロゾルプロダクトの開発. 日本気象学会2016年度秋季大会, 同予稿集, 110, 196

Nishizawa T., Sugimoto N., Matsui I., Shimizu A., Higurashi A., Jin Y. (2016) The Asian dust and aerosol lidar observation network (AD-Net): current status and progress. International Skynet Workshop, abstracts
所の刊行物
全ての一覧は こちら
菅田誠治,日暮明子,早崎将光,竹村俊彦(*1),中島映至(*2),今須良一(*2),Schutgens N.A. Johannes(*2),神沢博(*3),大楽浩司(*4)(*1九州大応用力学研,*2東京大気候システム研究セ,*3名古屋大院,*4防災科学技術研) (2008) 地域大気モデルを用いた大気環境研究. 国立環境研究所スーパーコンピューター利用研究年報 平成18年度地球環境研究センター報告CGER-I078-2008, 17-22

Takemura T.*,Nakajima T.*,Higurashi A.,Usui T.* (2002) Biomass burning aerosol signature from space and GCM. Indonesian Forest Fire and its Environmental Impacts -The 15th Global Environment Tsukuba-国立環境研究所地球環境研究センター報告CGER-I049-2002, 23-29

Nozawa T.,Kanzawa H.,Sugata S.,Emori S.,Higurashi A.,Numaguti A.,Takata K.(*1)Takayabu Y.-N.,Abe-Ouchi A.(*2),Kimoto M.(*2),Nakajima T.(*2),Oki T.(*2),Yokozawa M.(*3)(*1Inst.Global Change Res,*2Univ.Tokyo,*3Natl.Inst.Agro-Environ.Sci.) (2002) On the climate sensitivity of the CCSR/NIES CGCM. ACTIVITY REPORT Vol.9-2000国立環境研究所地球環境研究センター報告CGER-I050-2002, 19-22

Toru Nozawa,Hiroshi Kanzawa,Yukari N.Takayabu,Seiji Sugata,Seita Emori,Akiko Higurashi,Kumiko Takata,Atusi Numaguti*,Ayako Abe-Ouchi*,Masahide Kimoto*(*Hokkaido Univ.,*Univ.Tokyo) (2000) Direct and Indirect Radiative due to Various Aerosols. CGER'S SUPERCOMPUTER ACTIVITY REPORT Vol.7-1998 国立環境研究所地球環境研究センター報告CGER-I039-2000, 16-21

Toru Nozawa,Hiroshi Kanzawa,Yukari N.Takayabu,Seiji Sugata,Seita Emori,Akiko Higurashi,Kumiko Takata,Atushi Numaguti*1,Ayako Abe-Ouchi*2,Masahide kimoto*2(*1Hokkaido Univ.,*2Univ.Tokyo) (2000) Coupled ocean-atmosphere model experiments of future climate change based on IPCC SRES scenarios. CGER'S SUPERCOMPUTER ACTIVITY REPORT Vol.8-1999国立環境研究所地球環境研究センター報告CGER-I043-2000, 20-26
委員会活動
全ての一覧は こちら
博士学位論文審査委員会委員 東京大学理学系研究科

静止衛星データ利用技術懇談会ひまわりデータ利用のための作業グループ(大気)委員 気象庁 観測部

静止衛星データ利用技術懇談会ひまわりデータ利用のための作業グループ(大気)委員 気象庁 観測部

地球圏総合診断委員会大気分野分科会委員 (独)宇宙航空研究開発機構

博士学位論文の審査委員会学外審査委員 東京大学大学院新領域創成科学研究科





National Institute for Environmental Studies..