>English
SHIMIZU Atsushi
Senior Researcher
清水 厚
最終更新日時:2011年12月05日
氏名 清水 厚 (しみず あつし)
所属/職名 地域環境研究センター(広域大気環境研究室)/主任研究員
研究課題 光学観測によるアジア域エアロゾル立体分布の解析
学位の種類 博士(理学)
専門とする学問分野 物理学,地学
専門とする環境分野 大気物理学
略歴 1999年3月 京都大学大学院理学研究科博士後期課程修了
1999年12月 国立環境研究所
URL http://www-lidar.nies.go.jp
所属学会 日本気象学会,American Geophysical Union (米国地球物理学連合),日本地球惑星科学連合,日本エアロゾル学会

個別研究課題 (7月以降は今年度分が下記に表示されています。全ての担当課題は こちら)
研究成果(直近の5件を表示)
誌上発表
全ての一覧は こちら
Yasunari T., Niwano M., Fujiyoshi Y., Shimizu A., Hayasaki M., Aoki T., Da Silva A.M., Holben B.N., Matoba S., Murao N., Yamagata S., Kim K.M. (2017) An Unreported Asian Dust (Kosa) Event in Hokkaido, Japan: A Case Study of 7 March 2016. Scientific Online Letters on the Atmosphere, 13, 96-101

Noh Y., Mueller D., Lee K., Lee K., Shimizu A., Kim S.W., Sano I., Park C.B. (2017) Depolarization ratios retrieved by AERONET sun-sky radiometer data and comparison to depolarization ratios measured with lidar. Atmos. Chem. Phys., 17, 6271-6290

清水厚 (2017) レーザー光で上空の黄砂・人為汚染粒子を測る. 計測と制御, 56 (5), 335-340

Wang Z., Pan X., Uno I., Li J., Wang Z., Chen X., Fu P., Yang T., Kobayahi H., Shimizu A., Sugimoto N., Yamamoto S. (2017) Significant impacts of heterogeneous reactions on the chemical composition and mixing state of dust particles: A case study during dust events over northern China. Atmospheric Environment, 159, 83-91

長田和雄, 清水厚, 飯田肇, 木戸瑞佳 (2017) 立山における粗大粒子体積濃度から見た黄砂飛来頻度の季節変化. エアロゾル研究, 32 (1), 44-51
口頭発表
全ての一覧は こちら
西澤智明, 杉本伸夫, 清水厚, 原由香里, 鵜野伊津志 (2017) ライダーデータを用いたえあろぞる種推定手法の性能評価:地上サンプリングデータとの比較. 第35回レーザセンシングシンポジウム, 同予稿集

Nishizawa T., Sugimoto N., Shimizu A., Uno I., Hara Y., Kudo R. (2017) AEROSOL OBSERVATION USING MULTI-WAVELENGTH MIE-RAMAN LIDARS OF THE AD-NET AND AEROSOL COMPONENT ANALYSIS. 28th ILRC, Abstracts

高見昭憲, 清水厚, 吉野彩子 (2017) ドローンを用いたPM2.5測定の活用例. 第58回大気環境学会年会, 同予稿集, 143

山本勝彦, 奥村智憲, 西村理恵, 浦西克維, 小松宏昭, 清水厚, 菅田誠治 (2017) 化学輸送モデルとライダー観測データを用いた大阪上空のエアロゾルイオン成分鉛直分布の把握について. 第58回大気環境学会年会, 同予稿集, 268

杉本伸夫, 神慶孝, 西澤智明, 清水厚, 水野亮, Ristori P., Otero L., Papandrea S., Salvador J., Quel E., Barja B., Barbero A., Etala P. (2017) 南米(アルゼンチン、チリ)対流圏エアロゾル観測ライダーネットワークの構築. 第35回レーザセンシングシンポジウム, 同予稿集
所の刊行物
全ての一覧は こちら
国立環境研究所 (2011) アジア自然共生研究プログラム(終了報告). 特別研究報告SR-99, 106p.

国立環境研究所 (2006) 大陸規模広域大気汚染に関する国際共同研究(特別研究). 特別研究報告SR-65, 54p.

杉本伸夫,松井一郎,清水厚 (2008) ライダーネットワークの展開-東アジア地域のエアロゾルの挙動解明を目指して-, 環境儀, (29), 14p.

清水厚 (2007) レーザーで大気環境を監視する−ライダーによるエアロゾル観測, 国立環境研究所ニュース, (6), 7-9

清水厚 (2003) 研究船「みらい」で迎えた新年, 国立環境研究所ニュース, (1), 12-13
委員会活動
全ての一覧は こちら
非常勤講師(火山灰を含むエアロゾルのライダーによる光学観測) 京都大学防災研究所

平成26年度黄砂実態解明調査解析ワーキンググループ委員 環境省 水・大気環境局

日本気象学会第38期委員(講演企画委員会委員) (公社)日本気象学会

平成26年度微小粒子状物質等疫学調査研究検討会検討員 環境省 水・大気環境局

平成26年度黄砂の健康影響に関する疫学研究等を行うワーキンググループ委員 環境省 総合環境政策局環境保健部
学会活動
全ての一覧は こちら
光波センシング技術研究会 第44回光波センシング技術研究会での招待講演

レーザ・レーダ研究会 運営委員





National Institute for Environmental Studies..