研究成果詳細表示
《発表の種別》 誌上発表 《コ−ド》 318541
《入力責任者(所内第一発表者)》
松崎慎一郎(まつざき しんいちろう):170 生物
《発表者氏名》
松崎慎一郎,西廣淳(*1),山之内崇志(*1),森明寛(*2),蛯名政仁(*3),榎本昌宏(*4),福田照美(*5),福井利憲(*6),福本一彦(*6),後藤裕康(*7),萩原彩華(*8),長谷川裕弥(*9),五十嵐聖貴(*10),井上栄壮(*11),神谷宏(*12),金子有子(*11),小日向寿夫(*13),紺野香織(*4),松村俊幸(*14),三上英敏(*10),森山充(*15),永田貴丸(*11),中川圭太(*13),大内孝雄(*13),尾辻裕一(*16),小山信(*5),榊原靖(*17),佐藤晋一(*3),佐藤利幸(*4),清水美登里(*18),清水稔(*19),勢村均(*20),下中邦俊(*15),戸井田伸一(*21),吉澤一家(*9),湯田達也(*16),渡部正弘(*22),中川惠,高村典子(*1東邦大学理学部 生命圏環境科学科,*2鳥取県衛生環境研究所,*3地方独立行政法人青森県産業技術センター内水面研究所,*4福島県内水面水産試験場,*5熊本市環境総合センター,*6鳥取県栽培漁業センター,*7静岡県環境衛生科学研究所,*8浜松市保健環境研究所,*9山梨県衛生環境研究所,*10地方独立行政法人北海道立総合研究機構 環境・地質研究本部環境科学研究センター,*11滋賀県琵琶湖環境科学研究センター,*12島根県保健環境科学研究所,*13茨城県霞ケ浦環境科学センター,*14福井県海浜自然センター,*15福井県衛生環境研究センター,*16鹿児島県環境保健センター,*17名古屋市環境科学調査センター,*18愛知県環境調査センター,*19熊本市立熊本博物館,*20島根県水産技術センター,*21神奈川県水産技術センター内水面試験場,*22宮城県保健環境センター)
《発表者氏名(英語)》
Matsuzaki S.,Nishihiro J.(*1),Yamanouchi T.(*1),Mori A.(*2),Ebina M.(*3),Enomoto M.(*4),Fukuda T.(*5),Fukui T.(*6),Fukumoto K.(*6),Goto H.(*7),Hagiwara A.(*8),Hasegawa Y.(*9),Igarashi S.(*10),Inoue E.(*11),Kamiya H.(*12),Kaneko Y.(*11),Kobinata H.(*13),Konno K.(*4),Matsumura T.(*14),Mikami H.(*10),Moriyama M.(*15),Nagata T.(*11),Nakagawa K.(*13),Ouchi T.(*13),Otsuji Y.(*16),Oyama M.(*5),Sakakibara Y.(*17),Sato S.(*3),Sato T.(*4),Shimizu M.(*18),Shimizu M.(*19),Semura H.(*20),Shimonaka K.(*15),Toida S.(*21),Yoshizawa K.(*9),Yuda T.(*16),Watanabe M.(*22),Nakagawa M.,Takamura N.(*1Faculty of Sciences, Toho University,*2Environmental Sanitation Research Center of Tottori Prefecture,*3Aomori Prefectural Industrial Technology Research Center Fisheries Institute,*4Fukushima Prefectural Inland Water Fisheries Experimental Station,*5Kumamoto City Environmental Research Institute,*6Tottori Prefectural Fisheries Research Center,*7Shizuoka Institute of Environment and Hygiene,*8Hamamatsu City Health Environment Research Center,*9Yamanashi Institute for Public Health and Environment,*10Institute of Environmental Sciences, Environmental and Geological Research Department, Hokkaido Research Organization,*11Lake Biwa Environmental Research Institute,*12Shimane Prefectural Institute of Public Health and Environmental Science,*13Ibaraki Kasumigaura Environmental Science Center,*14Fukui Marine Park Center, Fukui Prefecture,*15Fukui Prefectural Institute of Public Health and Environmental Science,*16Kagoshima Prefectural Institute for Environmental Research and Public Health,*17Nagoya City Environmental Science Research Institute,*18Aichi Environmental Research Center,*19Kumamoto City Museum,*20Shimane Prefectural Fisheries Technology Center,*21Kanagawa Prefectural Fisheries Technology Center Freshwater Experiment Station,*22Miyagi Prefectural Institute of Public Health and Environment)
《所内発表者》
  • 松崎慎一郎 Matsuzaki S.(First Author)
  • 中川惠 Nakagawa M.
  • 高村典子 Takamura N.
《筆頭著者アルファベット名》
Matsuzaki Shin-Ichiro
《関連研究課題》
  1. 1214AH002 湖沼の生物多様性・生態系評価のための情報ネットワーク構築
  2. 1115BA003 湖沼やため池における生物多様性損失の定量的評価に関する研究
  3. 1620AP009 湖沼長期モニタリングの実施と国内外観測ネットワークへの観測データ提供
  4. 1620SP030 自然共生研究プログラム
  5. 1115AP090 生物多様性・生態系情報の基盤整備
《発表題目》純淡水魚と水生植物を指標とした湖沼の生物多様性広域評価の試み
《発表題目(英語)》 Biodiversity of freshwater fish and aquatic macrophytes in Japanese lakes: A broad assessment
《誌名》保全生態学研究
《誌名(英誌名)》Japanese Journal of Conservation Ecology
《巻(号):頁》 21:155-165
《発行年》2016
《分類》 誌上発表 - 学術雑誌・論文集 - 原著論文・短報 - 原著論文 (paper, article, reportなど)
《言語》
主に日本語だが、英語抄録がある
《査読》
《掲載媒体》
冊子体・電子ジャーナル
《doiコード》
《URL情報》
《年度》
2014年度の研究成果