研究成果詳細表示
《発表の種別》 口頭発表 《コ−ド》 317646
《入力責任者(所内第一発表者)》
亀山康子(かめやま やすこ):120 社会
《発表者氏名(英語)》
Kameyama Y.
《所内発表者》
  • Kameyama Y. (亀山康子)(First Author)
《筆頭著者アルファベット名》
Kameyama Yasuko
《関連研究課題》
  1. 1620SP050 統合研究プログラム
  2. 1517BA001 気候変動対策の進捗評価を目的とした指標開発に関する研究
  3. 1620AA013 世界を対象とした低炭素社会実現に向けたロードマップ開発手法とその実証的研究
  4. 1518CD001 日本の環境外交の包括的検証:駆動要因と効果性の分析
  5. 1519BA002 気候変動に対する地球規模の緩和策と適応策の統合的なモデル開発に関する研究
《分類》
口頭発表 - 研究講演 - 基調講演 - 口頭
《発表題目》Paris Agreement and COP22
《発表学会等の名称》Workshop under G7 Alliance on Resource Efficiency - Resource Efficiency and Low-Carbon Society:Identifying Opportunities and Implications
《予稿集名》-
《巻(号):頁》 ページ番号なし
《発表年月》
2016年12月
《開催地》
国内
《開催都市名》
Tokyo
《依頼元》
環境省
《言語》
英語
《掲載媒体》
冊子体・紙媒体の配布資料
《URL情報》
《年度》
2016年度の研究成果