口頭発表の一覧

○研究発表
  • 岡川梓, 堀江哲也, 日引聡 (2016) 久米島農家の赤土流出対策実施・サトウキビ作型選択の要因. 環境経済・政策学会2016年大会, なし

  • 山野博哉, 佐竹潔, 井上智美, 角谷拓, 林誠二, 金城孝一, 中島大介, 小熊宏之, 石黒聡士, 岡川梓, 須賀伸介, 堀江哲也, 野原克仁, 深山直子, 日引聡 (2015) 生物多様性と地域経済を考慮した亜熱帯島嶼環境保全:沖縄県久米島における赤土流出対策. 日本サンゴ礁学会第18回大会, 同予稿集, 42

  • 野原克仁, 岡川梓, 青山はるか, 日引聡 (2014) サンゴ礁の価値評価:旅行者の訪問地選択行動に与える影響. 環境科学会2014年会, なし

  • 岡川梓, 堀江哲也, 須賀伸介 (2014) 久米島農家の作物・サトウキビ作型選択メカニズムの解明. 環境科学会2014年会, 同予稿集, 142-143

  • 奥島真一郎(*1筑波大学), 岡川梓 (2013) 日本におけるエネルギー貧困問題の可能性エネルギー価格上昇による低所得世帯および脆弱世帯への影響. 環境経済・政策学会2013年大会, -

  • Okagawa A., HIBIKI A. (2013) HEDONIC PRICING APPROACH TO ESTIMATE FLOOD DAMAGE IN TOKYO METROPOLITAN AREA. 20th Annual Conference of the European Association of Environmental and Resource Economists, -

  • Okagawa A.(*1Tsukuba University), Okushima S. (2013) Energy Poverty in Japan: How Does the Energy Price Escalation Affect Low Income and Vulnerable Household?. Research Institute for the Environment and Trade (RIET) Symposium: Renewable Energy and US/Japanese Energy Policy - A Computational General Equilibrium Approach, -

  • Okagawa A., Masui T. (2012) AN ECONOMIC EVALUATION OF WATER RESOURCE ALLOCATION DURING WATER SHORTAGE USING A MULTIREGIONAL COMPUTABLE GENERAL EQUILIBRIUM MODEL. 19th Annual Conference of the European Association of Environmental and Resource Economists, -

  • Okagawa A., Hibiki A., Kojima S. (2012) How does the land market in Tokyo value flood damage?. Coping with Climate Change and Environmental Degration: Theories and Practicable Options, -

  • Okagawa A., Hibiki A. (2011) Estimation of Perceived Flood Damage in Tokyo Metropolitan Area. Fondazione Eni Enrico Mattei Seminars, Abstracts of Fondazione Eni Enrico Mattei

  • 岡川梓, 日引聡 (2011) ヘドニック・アプローチによる東京都区部の洪水被害額の計測-浸水リスクの内生性を考慮した分析. 日本経済学会2011年秋季大会, 日本経済学会2011年秋季大会プログラム

  • 肱岡靖明, 岡川梓, 金森有子 (2011) 国別生活用水需要モデルの開発と将来生活用水需要のシナリオ分析. 環境科学会2011年会, 環境科学会2011年会要旨集, 134-135

  • 岡川梓 (2011) ヘドニック・アプローチによる東京都区部の洪水被害額の計測−洪水リスク変数の内生性を考慮した分析. 京都大学環境経済学セミナー, なし

  • 岡川梓 (2011) 首都圏を対象とした家庭部門のエネルギー機器保有状況とエネルギー需要の要因分析. 環境科学会2011年会, 環境科学会2011年会プログラム, 42

  • 岡川梓, 増井利彦 (2011) 多地域応用一般均衡モデルを用いた渇水時の水資源の経済的評価. 環境科学会2011年会, 環境科学会2011年会プログラム, 146-147

  • 岡川梓, 日引聡, 小嶋秀人 (2011) ヘドニック・アプローチによる東京都区部の洪水被害額の計測−浸水リスクの内生性を考慮した分析−. 環境経済・政策学会2011年大会, 環境経済・政策学会2011年大会プログラム

  • Okagawa A., Hibiki A. (2011) Flood Risk Management under Climate Change. Western Economic Association International 9th Biennial Pacific Rim Conference, -

  • Masui T., Okagawa A., Matsumoto K., Fujimori S., Dai H. (2011) AIM/CGE for global and country analysis. 16th AIM Int.Workshop, -

  • Okagawa A. (2010) AIM-CGE(Input from the Modeling Teams). 3rd AME Meeting, Agenda of 3rd AME Meeting

  • Okagawa A., Ban K. (2010) Promotion of energy supply from west to east in China. 1st Congr.East Asian Assoc.Environ.Nat.Resour.Econ., Program

  • Okagawa A. (2010) International cooperation on climate change between China and developed countries: promoting energy supply from west to east. Int.Energy Workshop 2010, Proceedings

  • Matsumoto K., Okagawa A. (2010) Analysis of economic and environmental impacts of CO2 abatement in Japan applying a CGE model with knowledge investment. Int.Conf.Econom.Model.2010, Abstracts, 78

  • 堀江哲也, 日引聡, 岡川梓 (2016) 赤土流出対策をどこでおこなうべきか:費用と効果を考える. シンポジウム 久米島の自然を保全し活用するために-観光・農業・経済との関わりを考える-, なし

  • 岡川梓, 須賀伸介, 日引聡 (2016) 赤土流出対策を進めるために:地域とともに考える. シンポジウム 久米島の自然を保全し活用するために-観光・農業・経済との関わりを考える-, なし

  • 岡川梓, 堀江哲也, 須賀伸介, 日引聡 (2015) 沖縄県久米島の赤土等流出対策-経済学によるアプローチ-. 第13回環境研究シンポジウム, なし

  • 増井利彦, 芦名秀一, 藤森真一郎, 岡川梓, 日比野剛, 松井重和, 大城賢 (2015) AIM(アジア太平洋統合モデル)による 温室効果ガス排出量の新しい試算結果 (中間報告). シンポジウム 日本の排出削減目標議論の行方(環境研究総合推進費2-1402国民との科学・技術対話シンポジウム), なし






  • National Institute for Environmental Studies..