所の刊行物の一覧

20件
○報告書等
  • 永島達也,五藤大輔,竹村俊彦(*1),須藤健悟(*2),井上忠雄(*2),関谷高志(*2),榊原篤志(*3),長谷川晃一(*3),(*1 九州大学応用力学研究所),(*2 名古屋大学大学院環境学研究科),(*3 株式会社中電シーティーアイ制御システム部) (2015) 広域大気汚染構造の理解と対策評価に関する研究. 国立環境研究所スーパーコンピューター利用研究年報 平成26年度地球環境研究センター報告CGER-I125-2015, 11-22

  • 永島達也,五藤大輔,竹村俊彦(*1),須藤健悟(*2),井上忠雄(*2),関谷高志(*2),榊原篤志(*3),長谷川晃一(*3),(*1 九州大学応用力学研究所),(*2 名古屋大学大学院環境学研究),(*3 株式会社中電シーティーアイ制御システム部) (2013) 広域大気汚染物質の発生源別寄与率解析と気候影響評価. 国立環境研究所スーパーコンピューター利用研究年報 平成24年度地球環境研究センター報告CGER-I113-2013, 11-22

  • 永島達也,竹村俊彦(*1),須藤健悟(*1),井上忠雄(*1),関谷高志(*1),榊原篤志(*2),長谷川晃一(*2))(*1 名古屋大学大学院環境学研究),(*2 株式会社中電シーティーアイ制御システム部) (2012) 広域大気汚染物質の発生源別寄与率解析と気候影響評価. 国立環境研究所スーパーコンピューター利用研究年報 平成23年度地球環境研究センター報告CGER-I106-2012, 11-22

  • 永島達也,竹村俊彦(*1),須藤健悟(*2),井上忠雄(*2),関谷高志(*2),萩原由紀恵(*2),榊原篤志(*3),長谷川晃一(*3)(*1九州大応用力学研,*2名古屋大院,*3中電シーティーアイ) (2011) 広域大気汚染物質の発生源別寄与率解析と気候影響評価. 国立環境研究所スーパーコンピューター利用研究年報 平成22年度地球環境研究センター報告CGER-I099-2011, 11-19

  • 国立環境研究所 (2011) アジア自然共生研究プログラム(終了報告). 特別研究報告SR-99, 106p.

  • 永島達也,野沢徹,秋吉英治,菅田誠治,塩竈秀夫,中村哲,川瀬宏明,竹村俊彦(*1),須藤健悟(*2),高瀬健太郎(*2),関谷高志(*2),井上忠雄(*2),高橋正明(*3),山下陽介(*3),笛田将矢(*3),榊原篤志(*4),長谷川晃一(*4)(*1九州大応用力学研,*2名古屋大院,*3東京大気候システム研究セ,*4(株)中電シーティーアイ) (2010) 気候モデル中の物理化学諸過程の高度化及び過去 -現在気候の再現実験を通したモデルの検証. 国立環境研究所スーパーコンピューター利用研究年報 平成21年度地球環境研究センター報告CGER-I095-2010, 1-11

  • 永島達也,野沢徹,秋吉英治,菅田誠治,中村哲,川瀬宏明,塩竈秀夫,竹村俊彦(*1),須藤健悟(*2),高瀬健太郎(*2),高橋正明(*3),山下陽介(*3),笛田将矢(*3)(*1九州大応用力学研,*2名古屋大院,*3東京大気候システム研究セ) (2009) 気候モデル中の物理化学諸過程の高度化及び過去 -現在気候の再現実験を通したモデルの検証. 国立環境研究所スーパーコンピューター利用研究年報 平成20年度地球環境研究センター報告CGER-I090-2009, 1-10

  • 小倉知夫,江守正多,横畠徳太,岡田直資,塩竈秀夫,野沢徹,永島達也,高田久美子(*1),沖大幹(*2),木本昌秀(*3),阿部彩子(*3),高薮緑(*3),羽角博康(*3),佐藤正樹(*3),岡顕(*3),柳瀬亘(*3)(*1地球環境フロンティア研究セ,*2東京大生産技術研,*3東京大気候システム研究セ) (2008) 高解像度大気海洋結合モデルを用いた気候変化実験. 国立環境研究所スーパーコンピューター利用研究年報 平成18年度地球環境研究センター報告CGER-I078-2008, 1-7

  • 永島達也,野沢徹,秋吉英治,山田由貴子,山下陽介,塩竈秀夫,竹村俊彦(*1),須藤健悟(*2),高橋正明(*3),比連崎路夫(*3),周立波(*4)(*1九州大応用力学研,*2名古屋大院,*3東京大気候システム研究セ,*4中国科学院大気物理研) (2008) 気候モデル中の物理化学諸過程の高度化及び過去 -現在気候の再現実験を通したモデルの検証. 国立環境研究所スーパーコンピューター利用研究年報 平成19年度地球環境研究センター報告CGER-I086-2008, 1-11

  • Akiyoshi H.,Yoshiki M.,Nagashima T.,Takahashi M.(*1),Imamura T.,Kurokawa J.(*2),Takigawa M.(*3),Sakamoto K.,Zhou L.(*1Univ. Tokyo,*2Fujitsu FIP Corp.,*3Japan Agency Marine-Earth Sci. Technol.) (2007) A future ozone layer prediction using CCSR/NIES chemical climate model with T42 horizontal resolution. CGER'S SUPERCOMPUTER ACTIVITY REPORT Vol.14-2005地球環境研究センター報告CGER-I070-2007, 3-9

  • Shiogama H.,Nagashima T.,Yokohata T.,Crooks Simon A.(*1),Nozawa T. (*1Univ. Oxford) (2007) The influence of volcanic activity and changes in solar irradiance on surface air temperatures in the early twentieth century. CGER'S SUPERCOMPUTER ACTIVITY REPORT Vol.14-2005地球環境研究センター報告CGER-I070-2007, 25-31

  • Nozawa T.,Nagashima T.,Ogura T.,Yokohata T.,Okada N.,Shiogama H. (2007) CGER'S SUPERCOMPUTER MONOGRAPH REPORT VOL.12 Climate Change Simulations with a Coupled Ocean-Atmosphere GCM Called the Model for Interdisciplinary Research on Climate: MIROC. 地球環境研究センター報告CGER-I073-2007, 79p.

  • Akiyoshi H.,Nagashima T.,Kurokawa J.(*1),Sugata S.,Takigawa M.(*2),Takahashi M.(*3)(*1Fujitsu FTP,Frontier Res.Syst.Global Change,*3Univ.Tokyo) (2002) A study of future ozone trend and N2O distriction in the high latitudes by CCSR/NIES 3-D chemical models. ACTIVITY REPORT Vol.9-2000国立環境研究所地球環境研究センター報告CGER-I050-2002, 2004.3.10

  • Nagashima T.,Takahashi M.(*1),Takigawa M.(*2),Akiyoshi H.(*1Univ.Tokyo,*2Front.Res.Syst.Global Change) (2002) An Estimation of the Future Development of the Ozone Layer by a Coupled Chemistry-climate Model. CGER'S SUPERCOMPUTER ACTIVITY REPORT Vol.10-2001国立環境研究所地球環境研究センター報告CGER-I054-2002, 23-29

  • 永島達也,高橋正明*,滝川雅之*,秋吉英治 (2002) 結合化学気候モデルによる今後の成層圏オゾン層予測実験. CGER'S SUPERCOMPUTER ACTIVITY REPORT Vol.10-2001国立環境研究所地球環境研究センター報告CGER-I054-2002, 139-140

  • Hideharu Akiyoshi,Masayuki Takigawa*,Tatsuya Nagashima*,Masaaki Takahashi*(*UNiv.Tokyo) (2000) Development of a chimistry-coupled GDM-Introduction of bromine chemistry and some improvements on photochemical schemes. CGER'S SUPERCOMPUTER ACTIVITY REPORT Vol.7-1998 国立環境研究所地球環境研究センター報告CGER-I039-2000, 2004.3.6

  • Hideharu Akiyoshi,Tatsuya Nagashima*1,Masayuki Takigawa*1,Seiji Sugata,Masaaki Takahashi*1(*1Univ.Tokyo) (2000) Development of CCSR/NIES 3-D chemical models and study of ozone distribution and variation. CGER'S SUPERCOMPUTER ACTIVITY REPORT Vol.8-1999国立環境研究所地球環境研究センター報告CGER-I043-2000, 2004.3.8

  • ○ニュース等
  • 永島達也 (2012) 短寿命気候汚染物質:(Short-Lived Climate Pollutants: SLCPs), 国立環境研究所ニュース, (5), 8-9

  • 永島達也 (2010) 大気汚染物質のソース・レセプター関係を評価する, 国立環境研究所ニュース, (2), 9-11

  • 秋吉英治, 永島達也 (2007) 成層圏オゾン層の行方−3次元化学モデルで見るオゾン層回復予測−, 環境儀, (26), 14p.






  • National Institute for Environmental Studies..