口頭発表の一覧

○研究発表
  • 上野隆平, 中川惠, 吉葉めぐみ, 松崎慎一郎, 高村典子 (2017) 霞ヶ浦沖帯底生動物相、特にユスリカ相の長期変化について. 第64回日本生態学会大会, なし

  • 小松一弘, 今井章雄, 冨岡典子, 高村典子, 中川惠, 霜鳥孝一, 高津文人, 篠原隆一郎 (2016) Fast Repetition Rate Fluorometry (FRRF)法による実湖沼水中一次生産速度の測定. 第81回日本陸水学会大会, 同予稿集, 123

  • Komatsu K., Imai A., Tomioka N., Takamura N., Nakagawa M., Sato T., Shimotori K., Kohzu A., Shinohara R. (2016) Estimation of primary production in Lake Kasumigaura by using in situ measurement by fast repetition rate fluorometry (FRRF). SIL XXXIII Congress, Abstracts, 107-108

  • 木寺法子, 角谷拓, 山野博哉, 高村典子, 小賀野大一, 若林恭史, 竹澤真人, 長谷川雅美 (2015) 長期データに基づくニホンアカガエル個体群衰退の要因検討―衛星画像を用いた冬季水田の湛水面積評価―. 日本爬虫両棲類学会第54回大会, 爬虫両棲類学会報, 2016(1), 86

  • 今井葉子, 高川晋一, 上市秀雄, 角谷拓, 高村典子 (2015) 市民の自然環境保全行動を規定する要因の検討. 日本社会心理学会第56回大会, 日本社会心理学会第56回大会発表論文集, 47

  • 高村典子 (2015) 淡水域の生物多様性評価と保全について. 日本陸水学会第80回大会, 日本陸水学会第80回大会講演要旨集, 56

  • 西川潮, 東典子, Larson Eric, Abbott Cathryn, Oldern Julian, 赤沼宏美, 高村健二, 高村典子 (2015) 分子系統地理と形態変異から見た日本におけるシグナルザリガニの侵入履歴. 日本陸水学会第80回大会, 日本陸水学会第80回大会講演要旨集, 79

  • 今井葉子, 上市秀雄, 高川晋一, 角谷拓, 高村典子 (2015) 生物多様性に対する市民意識:保全行動を規定する心理的要因. 日本生態学会第62回全国大会, 同予稿集

  • 木寺法子, 角谷拓, 山野博哉, 深澤圭太, 高村典子, 小賀野大一, 若林恭史, 竹澤真人, 長谷川雅美 (2015) ニホンアカガエルの個体群衰退をもたらす要因の検討―衛星画像データを用いた要因解析―. 第62回日本生態学会大会, 同予稿集

  • 西廣淳, 赤坂宗光, 山ノ内崇志, 赤坂卓美, 尾山洋一, 松崎慎一郎, 高村典子 (2015) 広域データを活用した湖沼の水生植物多様性に影響する環境要因の検討. 日本生態学会第62回全国大会, 同予稿集

  • 松崎慎一郎, 角谷拓, 中川惠, 高村典子 (2015) 過去30年間に霞ヶ浦で生じた一次生産者の構造と機能の急激な変化とその要因〜レジームシフトパターンの分析〜. 日本生態学会第62回全国大会, 同予稿集

  • 福森香代子, 吉崎えり奈, 高村典子, 角谷拓 (2015) リター分解者の種多様性が腐食連鎖の流れを変える:安定同位体比から見た池の食物網. 日本生態学会第62回全国大会, 同予稿集

  • 小松一弘, 今井章雄, 冨岡典子, 高村典子, 中川惠 (2015) FRRF(Fast Repetition Rate Fluorometry)法による一次生産速度の測定及び従前法との比較検討. 第49回日本水環境学会年会, 同予稿集, 21

  • 石井弓美子, 今藤夏子, 高村健二, 高村典子 (2014) オオミノガヤドリバエの分布拡大に関する集団遺伝学的解析. 第58回日本応用動物昆虫学会, なし

  • 石井弓美子, 高村典子, 林誠二 (2014) 森林環境における昆虫群集への放射性Cs移行. 第61回日本生態学会, 同予稿集

  • 今井葉子, 上市秀雄, 角谷拓, 高村典子 (2014) 社会的規範が市民の環境保全行動に及ぼす影響:Webアンケートを用いた分析. 第20回「野生生物と社会」学会犬山大会, 講演要旨集, 49-50

  • 木寺法子, 角谷拓, 高村典子, 小賀野太一, 長谷川雅美 (2014) 両生類の分布の規定要因:千葉県の例. 第61回日本生態学会大会, なし

  • 中川惠, 田中敦, 戸津久美子, 松崎慎一郎, 高村典子 (2014) 陸水域長期モニタリングの利活用推進に向けて〜GEMS/Water事業と摩周湖長期モニタリング. 日本陸水学会第79回大会(筑波大会), 同予稿集, 169

  • 新山優子, 辻彰洋, 中川惠, 高村典子 (2014) 霞ヶ浦の浮遊性藍藻. 日本藻類学会第38回大会, 同予稿集, 65

  • 西廣淳, 赤坂宗光, 高村典子 (2014) 日本の富栄養化湖沼における水生植物相変化の特徴. 日本生態学会第61回全国大会, 同講演要旨

  • 赤坂宗光, 西廣淳, 高村典子 (2014) 保全優先湖沼・モニタリング優先湖沼の選定手法の検討と適用:水生植物を例に. 日本生態学会第61回全国大会, 同講演要旨

  • 木塚俊和, 早坂大亮, 松本修二, 伊藤倫之, 高村典子 (2014) ため池の堤体改修における環境配慮工法は草原性植物多様性の保全に有効か?. 日本生態学会第61回全国大会, 同講演要旨

  • 今井葉子, 角谷拓, 竹中明夫, 上市秀雄, 高村典子 (2014) 一般市民の生態系サービスの認知に影響を与える要因の検討 -幼少期の自然環境および生き物の選好に着目して-. 日本生態学会第61回全国大会, 日本生態学会第61回全国大会講演要旨

  • 今井葉子, 角谷拓, 上市秀雄, 高村典子 (2013) 生態系サービスへの認知に影響を与える要因の検討:幼少期および現在の居住地域の自然環境に着目して. 日本社会心理学会第54回大会, 日本社会心理学会第54回大会発表論文集, 148

  • 木塚俊和, 石田真也, 角谷拓, 高村典子, 赤坂宗光 (2013) 地理空間情報から推定した全国のため池の分布とその環境. 日本陸水学会第78回大会, 日本陸水学会第78回大会講演要旨集, 155

  • Takamura N., Ishida S., Kadoya T., Takenaka A., Akasaka M., Shimada M., Kadono Y. (2013) THE ROLE OF IRRIGATION PONDS IN FRESHWATER BIODIVERSITY AND THEIR CONSERVATION IN JAPAN. 32nd Congress of the International Society of Limnology, Abstracts, 82

  • Kizuka T., Akasaka M., Kadoya T., Takamura N. (2013) Visibility as a predictor of distribution patterns of invasive fish species in agricultural ponds. 32nd Congress of the International Society of Limnology, Programme & Book of abstracts, 179

  • 新山優子, 辻彰洋, 一瀬論(*1国立科学博物館, *2琵琶湖環境科学研究センター), 中川惠, 高村典子 (2013) Phormidium tenueとされてきたPseudanabaena属の数種について. 日本陸水学会第78回大会, なし

  • 辻彰洋, 新山優子(*1国立科学博物館), 中川惠, 高村典子 (2013) 霞ヶ浦におけるプランクトン珪藻のメタゲノム解析とモニタリングへの応用の可能性. 日本陸水学会第78回大会, なし

  • 辻彰洋, 新山優子(*1国立科学博物館), 中川惠, 高村典子 (2013) 次世代シークエンサーによる湖沼プランクトン珪藻モニタリングの可能性. 日本珪藻学会第34回大会, なし

  • 石井弓美子, 今藤夏子, 高村典子, 高村健二, 田中嘉成 (2013) 寄主と外来寄生者の生息適地モデルによる分布予測:オオミノガとオオミノガヤドリバエ. 日本生態学会第60回大会(ESJ60), 同予稿集, 130

  • 今井葉子, 角谷拓, 上市秀雄, 高村典子 (2013) 生態系サービスの認知が保全の行動意図におよぼす影響:社会心理学からのアプローチ. 日本生態学会第60回大会(ESJ60), 第60回日本生態学会大会講演要旨集, 323

  • 石田真也, 角谷拓, 竹中明夫, 赤坂宗光, 下田路子, 角野康郎, 石井禎基, 高村典子 (2013) 長期消長データに基づく水生植物の絶滅リスク評価とため池の保全優先順位付け. 日本生態学会第60回大会(ESJ60), 第60回日本生態学会大会講演要旨集, 122

  • 木塚俊和, 深澤圭太, 石田真也, 高村典子 (2013) ため池の栄養塩推定モデルの開発. 日本生態学会第60回大会(ESJ60), 第60回日本生態学会大会講演要旨集, 329

  • Kadoya T., Akasaka M., Aoki T., Takamura N. (2012) Exploring an integrated biodiversity indicator for agricultural ponds. International congress of Odonatology 2012, -

  • Yamada K., Hori M., Yamakita T., Nakaoka M., Takamura N. (2012) Changes by tsunami disaster in macrofaunal community structures of seagrass ecosystems along the northeastern coast of Japan. The 1st Asian Marine Biology Symposium, Abstracts, 40

  • 木塚俊和, 赤坂宗光, 角谷拓, 高村典子 (2012) ため池の視認しやすさと外来魚の分布との関係〜兵庫県南部の事例〜. ため池の自然研究会第22回研究発表会, なし

  • 今井葉子, 野波寛, 高村典子 (2012) 農家と非農家の間でのコモンズ評価の差異が行動意図に及ぼす影響:ため池の保全をめぐる集団行動と個人行動. 日本社会心理学会 第53回大会, 日本社会心理学会第53回大会発表論文集, 12

  • 高村典子 (2012) 釧路湿原東部湖沼の生態系の変化と自然再生―沈水植物系から、アオコ系へ、そしてヒシ群落系へ. 日本陸水学会第77回大会, 同予稿集, 33

  • 中川惠, 戸津久美子, 松崎慎一郎, 小松一弘, 高村典子 (2012) 陸水域長期モニタリングの利活用推進に向けて― GEMS/Water 事業と霞ヶ浦長期モニタリング. 日本陸水学会第77 回大会, 同予稿集, 201

  • Takamura N. (2012) The role of irrigation ponds in freshwater biodiversity conservation in Japan. 2012 ASLO Aquatic Science Meeting, -

  • Takamura N. (2012) Assessment of biodiversity in the freshwaters of Eastern Asia. The 5th EAFES International Congress, Fifth EAFES International Congress Abstract

  • Iwai N., Kadoya T., Akasaka M., Ishida S., Takamura N. (2012) Biomass or Diversity? - How aquatic plants affect Odonata. The 5th EAFES International Congress, ESJ59/EAFES5 Abstract

  • ISHII Y., Kondo N., Takamura K., Takamura N., Tanaka Y. (2012) Population distribution and genetic polymorphism of the exotic parasitoid, Nealsomyia rufella, that caused the rapid decrease of the big bagworm, Eumeta variegata. Joint Meeting of The 59th Annual Meeting of ESJ and the 5th EAFES International Congress, Abstracts of Joint Meeting of The 59th Annual Meeting of ESJ and the 5th EAFES International Congress

  • 大床太郎, 柘植隆宏, 今井葉子, 高村典子 (2011) ため池保全の審議型貨幣評価: 専門家説明・意思決定ルール・時間経過と情報提供の影響. 環境経済・政策学会2011年大会, 環境経済・政策学会2011年大会要旨集

  • Usio N., Imada M., Nakagawa M., Akasaka M., Takamura N. (2011) Effects of pond draining on farm pond biodiversity and water quality. 25th International Congress for Conservation Biology, Abstracts of 25th International Congress for Conservation Biology

  • 辻 彰洋, 新山優子, 一柳英隆, 高村典子 (2011) ダム湖における植物プランクトンのモニタリングチェックリスト. 日本珪藻学会第31回研究集会, 日本珪藻学会第31回研究集会プログラム

  • 作野裕司, 田尾真, 西信昭, 小熊宏之, 赤坂宗光, 高村典子 (2011) 実測分光反射率データに基づくALOSによる兵庫県ため池のクロロフィル分布推定. 日本リモートセンシング学会第51回)学術講演会, 日本リモートセンシング学会第51回(平成23年度秋季)学術講演会論文集, 165-166

  • 石井弓美子, 今藤夏子, 高村典子, 田中嘉成 (2011) 外来種オオミノガヤドリバエの侵入によるオオミノガの絶滅可能性. 横浜国立大学・国立環境研究所グローバルCOEプログラム 「アジア視点の国際生態リスクマネジメント」公開シンポジウム 生態系と人間 -地域と描く里山・里海の未来-, なし

  • 西川潮, 今田美穂, 中川惠, 赤坂宗光, 高村典子 (2011) ため池の生物多様性と水質に及ぼす池干しの影響. 日本陸水学会第76回大会, 日本陸水学会第76回大会講演要旨集

  • 辻彰洋, 新山優子, 一柳英隆, 高村典子 (2011) ダム湖における植物プランクトンのモニタリングチェックリスト2. 日本陸水学会第76回大会, 日本陸水学会第76回大会講演要旨集, 82

  • 新山優子, 辻彰洋, 一柳英隆, 高村典子 (2011) ダム湖における植物プランクトンのモニタリングチェックリスト1. 日本陸水学会第76回大会, 日本陸水学会第76回大会講演要旨集

  • 中川惠, 松崎慎一郎, 高村典子 (2011) UNEP・GEMS/Waerの日本の取り組みについて-全球淡水水質データベースへのデータ提供と利活用の推進-. 日本陸水学会第76回大会, 日本陸水学会第76回大会講演要旨集, 121

  • 田尾真, 作野裕司, 西信昭, 小熊宏之, 赤坂宗光, 高村典子 (2011) ALOS AVNIR-2による兵庫県ため池の植物プランクトンの多様性評価の試み. 日本リモートセンシング学会第50回学術講演会, 日本リモートセンシング学会第50回(平成23年度春季)学術講演会論文集, 187-188

  • 西信昭, 作野裕司, 田尾真, 赤坂宗光, 小熊宏之, 高村典子 (2011) QuickBirdによる兵庫県ため池の植生被覆率推定と水質との関係. 日本リモートセンシング学会第50回学術講演会, 日本リモートセンシング学会第50回(平成23年度春季)学術講演会論文集, 189-190

  • 伊藤洋, 赤坂宗光, 中川惠, 白石寛明, 高村典子 (2011) 環境ストレス要因が、ため池の群集構造と食物網に与える影響:形態情報に基づく食物網推定. 日本生態学会第58回大会(ESJ 58), 第58回日本生態学会大会プログラム, 79

  • 馬場俊介, 赤坂宗光, 高村典子 (2011) 小川原湖における沈水植物及びマリモ類の分布の特徴と環境要因. 日本生態学会第58回大会(ESJ 58), 第58回日本生態学会大会プログラム, 72

  • 千谷久子, 西川潮, 高村典子, 山室真澄 (2011) 外来ザリガニの侵入に対する生物的抵抗?在来捕食者が生態系を守る. 日本生態学会第58回大会(ESJ 58), 第58回日本生態学会大会プログラム, 59

  • 高村典子 (2011) 地域社会とのかかわりを繋ぐ湖沼の自然再生-釧路湿原湖沼と霞ヶ浦を例に. 日本生態学会第58回大会(ESJ 58), 第58回日本生態学会大会プログラム, 30

  • Kadoya T., Akasaka M, Aoki T., Takamura N. (2010) Quantifying the simultaneous effects of multiple pressures on the biodiversity of agricultural ponds to obtain an integrated indicator. Annual Conference of Ecological Society of Germany, Austria and Switzerland, Abstracts

  • 作野裕司, 西信昭, 田尾真, 徳永隆二, 赤坂宗光, 小熊宏之, 高村典子 (2010) QuickBirdによる兵庫県ため池のクロロフィル分布推定. 日本リモートセンシング学会第49回学術講演会, 同講演要旨集, 177-178

  • 作野裕司, 田尾真, 西信昭, 徳永隆二, 赤坂宗光, 小熊宏之, 高村典子 (2010) ALOS/AVNIR-2による兵庫県ため池の全リン分布推定. 日本リモートセンシング学会第49回学術講演会, 同講演要旨集, 175-176

  • 吉崎えり奈, 及川康子, 高村典子 (2010) ブルーギルとアメリカザリガニによるため池生態系への影響. 日本陸水学会 第75回大会, 同講演要旨集, 143

  • 松崎慎一郎, 坂本正樹, 高村典子 (2010) 魚類の代謝コストを抑えるシェルターの効果とそれに影響を与えるシェルター競争者の存在. 2010年度日本魚類学会年会, 同講演要旨集, 52

  • 千谷久子, 西川潮, 高村典子, 山室真澄 (2010) 在来の淡水棲カメ類はアメリカザリガニ管理に有効か?. 日本陸水学会第75回大会, 同講演要旨集, 152

  • 馬場俊介, 赤坂宗光, 高村典子 (2010) 小川原湖における沈水植物及びマリモ類の生育と環境要因. 日本陸水学会第75回大会, 同講演要旨集, 126

  • Akasaka M., Higuchi S., Mitsuhashi H., Takamura N., Kadono Y. (2010) Assessing responsible species traits for local extinction of aquatic macrophytesImpact of urbanization and bank protection. Gfo 40th Anniv.Meet.2010, Abstracts, 35

  • 瀬戸繭美, 高村典子, 巌佐庸 (2010) ため池管理のための数理モデル:水生植物がアオコの発生に及ぼす影響. 日本生態学会第57回大会(ESJ 57), 同講演要旨集, D1-09

  • 新山優子, 辻彰洋, 一柳英隆, 高村典子 (2010) 日本全国のダム湖における植物プランクトンの網羅的調査. 日本藻類学会 第34回大会, 同プログラム, 30

  • 千谷久子, 西川潮, 高村典子, 山室真澄 (2010) 水棲カメ類は侵入種アメリカザリガニの管理に有効か?. 日本生態学会第57回大会(ESJ 57), 同講演要旨集, P3-219

  • 西川潮, 今井葉子, 今田美穂, 柘植隆宏, 高村典子 (2010) 外来種と在来種に対する人々の選好:全国スケールの電子アンケート調査. 日本生態学会第57回大会(ESJ 57), 同講演要旨集, S05-2

  • 柘植隆宏, 西川潮, 高村典子, 今井葉子, 今田美穂 (2010) 水辺の外来種管理に対する支払意思額:環境経済学からのアプローチ. 日本生態学会第57回大会(ESJ 57), 同講演要旨集, S05-3

  • 今田美穂, 高村典子 (2009) 池干し慣行にみられる社会関係について−兵庫県北播磨・東播磨地域を事例に−. 日本村落研究学会 第57回(2009年度)大会, 研究通信, (226/大会プログラム合併号), 11-12

  • 高村典子 (2009) 生物多様性保全の場としてのため池の役割と保全に向けての課題. 野生生物保護学会第15回大会, 同要旨集, 3

  • 松崎慎一郎, 高村典子, 荒山和則, 冨永敦, 岩崎順, 鷲谷いづみ (2009) モニタリングデータから探る:在来魚と漁業に与える侵略的外来魚の影響評価. 霞ヶ浦の長期モニタリング研究−30年間の水質・生物モニタリングに基づいた新しい湖沼環境研究の展開−, 同予稿集

  • 高村典子, 中川惠 (2009) 霞ヶ浦のプランクトンの長期変化. 霞ヶ浦の長期モニタリング研究−30年間の水質・生物モニタリングに基づいた新しい湖沼環境研究の展開−, 同予稿集

  • 高村典子 (2009) 霞ヶ浦長期モニタリングの歴史と今後の展開. 霞ヶ浦の長期モニタリング研究−30年間の水質・生物モニタリングに基づいた新しい湖沼環境研究の展開−, 同予稿集

  • Takamura N., Nakagawa M. (2009) Environmental factors in response to changes in summer and winter phytoplankton assemblages during the last quarter century in Lake Kasumigaura. Symp.Int.Soc.Limnol.2009(SIL 2009), Abstracts, 18-19

  • 今井葉子, 野波寛, 高村典子 (2009) ため池に対する価値観が環境保全の態度と行動意図に与える影響−兵庫県東播磨地域における社会心理学的研究−. 農村計画学会 2009年度秋期大会学術研究発表会, 同要旨集, 12

  • 千谷久子, 西川潮, 高村典子, 山室真澄 (2009) 侵入種アメリカザリガニに対する在来・外来カメ類の直接・間接効果. 応用生態工学会 第13回大会, 同予稿集, 55-56

  • 赤坂宗光, 高村典子 (2009) ため池の連結の影響−池の重なりがもたらす多様性・群集構造−. 応用生態工学会 第13回大会, 同予稿集, 13-14

  • 広木幹也, 中川惠, 赤坂宗光, 高村典子 (2009) 兵庫県南部ため池の底泥環境. 日本陸水学会 第74回大会, 同講演要旨集, 102

  • 五十嵐聖貴, 三上英敏, 上野洋一, 丹羽忍, 中川惠, 高村典子 (2009) 釧路湿原シラルトロ湖におけるヒシとプランクトンの分布状況. 日本陸水学会 第74回大会, 同講演要旨集, 62

  • 山本典明, 中川惠, 上野隆平, 高村典子, 吉田丈人 (2009) 霞ヶ浦生態系の長期変遷−無機能SSの増加が生物群集に与える影響−. 日本陸水学会 第74回大会, 同講演要旨集, 61

  • 高村典子 (2009) 湖沼モニ1000へのいざない. 日本陸水学会 第74回大会, 同講演要旨集, 29

  • 中野伸一, 鎌内宏光, 高村典子 (2009) 陸水生態系の長期・広域的観測研究の将来:趣旨説明. 日本陸水学会 第74回大会, 同講演要旨集, 23

  • 今田美穂, 青柳みどり, 高村典子 (2009) 池干し慣行の意義と再開のための管理者の論理形成−兵庫県東播磨・北播磨地域を事例に−. 環境社会学会第39回セミナー, 同報告要旨集, 81-82

  • 松崎慎一郎, 高村典子, 荒山和則, 冨永敦, 岩崎順, 鷲谷いづみ (2009) モニタリングデータから探るチャネルキャットフィッシュの在来魚類群集と生態系サービスへの影響. 日本生態学会第56回大会(ESJ 56), 同講演要旨集, 420

  • 岡本実希, 赤坂宗光, 中川惠, 西廣淳, 高村典子 (2009) ヒシの繁茂が沈水植物に与える影響〜優占6種の応答の違い. 日本生態学会第56回大会(ESJ 56), 同講演要旨集, 311

  • 西川潮, 高村典子 (2009) 陸水域の侵略的エンジニア〜成長段階ならびに生息場所に応じた生態影響. 日本生態学会第56回大会(ESJ 56), 同講演要旨集, 152

  • 高村典子 (2009) 湖沼の保全・再生に必要な視点−湖沼の場合. 日本生態学会第56回大会(ESJ 56), 同講演要旨集, 197

  • 今井葉子, 高村典子, 野波寛 (2009) ため池に対する価値観が環境保全の態度と行動に与える影響−兵庫県東播磨地域における社会心理学的研究−. 農村計画学会 2009年度春期大会学術研究発表会, 同要旨集, 57-58

  • 広木幹也, 中川惠, 赤坂宗光, 高村典子 (2008) 酵素活性から見た,ため池底質の生態系機能. 第55回日本生態学会大会, 同講演要旨集

  • 西川潮, 東典子, 高村典子, 高村健二 (2008) ミトコンドリアDNA解析に基づく外来ザリガニ類の遺伝的変異と分散様式. 第55回日本生態学会大会(企画集会)「生物学的侵入の分子生態学:分子遺伝マーカーを用いて外来生物の侵入生態を探る」, 同講演要旨集

  • 岡本実希, 西廣淳, 赤坂宗光, 中川惠, 佐治あずみ, 高村典子 (2008) 釧路湿原シラルトロ湖における沈水植物の分布と環境要因との関係. 第55回日本生態学会大会, 同講演要旨集

  • 松崎慎一郎, 馬渕浩司, 高村典子, 西田睦, 鷲谷いづみ (2008) 新たにレッドリストに記載された在来型コイの生態と行動. 第55回日本生態学会大会, 同講演要旨集

  • 赤坂宗光, 高村典子 (2008) ため池の連結は水生植物の出現を変化させる?-浮葉植物と沈水植物の比較. 第55回日本生態学会大会, 同講演要旨集

  • 高村典子, 中川惠 (2008) 霞ヶ浦における植物プランクトンの長期変動. 第55回日本生態学会大会, 同講演要旨集

  • 西川潮, 赤坂宗光, 今田美穂, 高村典子 (2008) ため池に現れる外来動物〜里地の人間活動の影響を考察する. 日本陸水学会 第73回大会, 同講演要旨集, 37

  • 中川惠, 高村典子, 岡本実希, 赤坂宗光 (2008) 植生繁茂時期の違いによるシラルトロ湖の水質分布特性. 日本陸水学会 第73回大会, 同講演要旨集, 268

  • 高村典子, 中川惠 (2008) 霞ヶ浦の植物プランクトン群集の年変化を説明する環境因子について. 日本陸水学会 第73回大会, 同講演要旨集, 264

  • 今井葉子, 野波寛, 高村典子 (2008) ため池の保全にかかわる人々の態度と行動−兵庫県東播磨地域における社会心理学的研究−. 平成20年度日本造園学会関東支部大会, 同報告集, 26, 41-42

  • 赤坂宗光, 樋口伸介, 高村典子, 角野康郎 (2008) ため池の水生植物の群集タイプは何で決まる?−地形, 土地利用, 物理構造に着目して. ELR 2008 福岡, 同講演要旨集, 115

  • Takamura N., Matsuzaki S., Washitani I. (2008) Invasion of channel catfish leads to rapid decline of native commercial fish. Br.Ecol.Soc.Annu.Meet.2008, Abstracts, 33

  • 今田美穂, 青柳みどり, 渡辺貴史, 高村典子 (2008) ため池の存続をめぐる管理組織の対応−兵庫県北播磨・東播磨地域を事例に−. 2008年度農村計画学会秋期大会学術研究発表会, 同要旨集, 4

  • 今田美穂, 青柳みどり, 高村典子 (2008) ため池の池干し慣行の意義と変容−兵庫県東播磨・北播磨地域を事例に−. 環境社会学会第37回セミナー, 同報告要旨集, 20-21

  • 今田美穂, 青柳みどり, 高村典子 (2008) 兵庫県播摩地域におけるため池の管理組織の形態と存続条件. 農村計画学会 2008年度春期大会学術研究発表会, 同要旨集, 27-28

  • ○研究講演
  • 高村典子 (2015) 淡水生態系の生物多様性評価とその意義. 2015年度 日本水環境学会東北支部講演会, なし

  • 今井葉子, 角谷拓, 上市秀雄, 高村典子 (2013) 市民の生態系サービスへの認知と行動意図との関係を調べる−Web調査の実践事例の紹介. 研究集会「野生動物管理のための社会科学的研究手法」, なし

  • Takamura N. (2013) Observations of freshwater biodiversity in Japan, China, and SE Asian countries.. The 6th GEOSS Asia-Pacific Syposium, -

  • Takamura N., Kizuka T., Sakuno Y., Ishida S., Kadoya T., Akasaka M. (2012) Assessment of biodiversity in irrigation ponds as refugia for aquatic organisms. International Workshop on Freshwater Biodiversity Conservation in Asia (Nov. 26-27th, 2012), Abstracts

  • Takamura N. (2012) Introduction of S9 Freshwater project. International Workshop on Freshwater Biodiversity Conservation in Asia (Nov. 26-27th, 2012), Abstracts

  • 高村典子 (2011) 千鳥ヶ淵等における自然環境の再生と改善について. 第2回千鳥ヶ淵の環境再生に関する勉強会, なし

  • 高村典子 (2010) 生態系と湖沼環境について. 平成22年度自然生態系の再生による水質浄化研究会, なし

  • 高村典子 (2010) なぜ, どのように, 湖沼や池の生きものを守るのか?. 第13回日本生態学会公開講演会, なし

  • 高村典子 (2010) 北・東播磨地域のため池の水質と生物の調査結果. 東播磨地域農地・水・環境保全推進フォーラム いなみ野ため池ミュージアム推進フォーラム, なし

  • 瀬戸繭美, 高村典子, 巌佐庸 (2010) The effect of submerged and floating macrophytes on algal bloom in shallow lake. Jt.Symp.Young Sci.Ehime Univ.NIES, Abstracts, 18

  • 高村典子 (2009) 湖沼の変化の評価・データベース化. 第1回JBON(Japan Biodiversity Observation Network)ワークショップ, なし

  • 高村典子 (2016) 日本の陸水域の中で、保護を優先すべき場所はどこか?. 公開講演会「生物多様性観測・評価・予測研究の最前線5 〜アジアの生物多様性はどこまでわかったか〜」, なし

  • 高村典子 (2014) ビデオメッセージ. 奈良女子大学理学部化学生命環境学科 環境科学コース新設記念講演会 地球の未来(Future Earth)を考えよう!, なし

  • 高村典子 (2014) 湖沼の健全性の考え方. 公開講座「生き物の目からみた湖沼〜印旛沼は健全か?〜」, なし

  • 今井葉子, 野波寛, 高村典子 (2013) 農家と周辺住民のため池に対する価値評価と保全行動について 〜ため池アンケートの分析. 「ため池の生物多様性の保全」にかかる研究成果報告会 〜兵庫県東・北播磨のため池に棲む生きものと人との関わり〜, なし

  • 高村典子 (2013) 私たちの活動と、協定への期待. 国際自然保護連合日本委員会・国立環境研究所 協定締結記念シンポジウム −愛知ターゲットの達成に向けた、科学と活動のパートナーシップを深めよう−, なし

  • 高村典子 (2010) ため池の生物多様性の評価と保全-宍塚大池と兵庫県東播磨・北播磨のため池から. NPO法人宍塚の自然と歴史の会 創立20周年記念講演会, なし

  • ○2007年度以前のデータ
  • Matsuzaki S.S., Mabuchi K., Takamura N., Nishida M., Hicks B., Washitani I. (2007) Trophic segregation between native and introduced strains of the common carp(Cyprinus carpio) in Japan: insights from molecular and stable isotope analyses. 3rd Spec.Symp.:Biol.Cypriniformes(Poster Session), Program & Abstract

  • 高村典子 (2007) 霞ヶ浦の富栄養化とその克服-現状と課題(中国語). 社会開発と水資源・水環境問題に関する国際シンポジウム, 同予稿集

  • 高村典子, 中川惠, 上野隆平 (2007) 長期観測からみえてくる霞ヶ浦の生物学的特性. 〔シンポジウム〕長期生態系モニタリングの現状と課題-温暖化影響と生態系応答-, 同予稿集

  • 高村典子 (2007) ダム湖の水質環境とプランクトン動態. ダム湖陸水研究会,

  • 高村典子 (2007) 健全な霞ヶ浦を取り戻せるか?. 日本陸水学会 第72回大会, 同講演予稿集

  • 宇田川弘勝, 高村典子 (2007) 懸濁物質から探る霞ヶ浦の水質. 日本陸水学会 第72回大会, 同講演予稿集

  • 松崎慎一郎, 馬渕浩司, 高村典子, 西田睦, Brendan Hicks, 鷲谷いづみ (2007) 霞ヶ浦のコイの役割,在来型コイと移入型コイ. 日本陸水学会 第72回大会, 同講演要旨集

  • 松崎慎一郎, 馬渕浩司, 高村典子, 西田睦, 鷲谷いづみ (2007) 在来型コイと移入型コイの食性と栄養段階-安定同位体からのアプローチ-. 平成19年度日本水産学会春季大会(日本農学大会水産部会), 同講演要旨集

  • 高村典子, 上野隆平, 中川惠, 伊藤富子, 大高明史, 桑原康裕, 蛭田眞一, 若菜勇, 上野洋一, 仲島広嗣 (2007) 釧路湿原達古武沼における底生動物の分布と分布決定要因. 第54回日本生態学会大会, 同講演要旨集

  • 樋口伸介, 赤坂宗光, 中川惠, 高村典子, 角野康郎 (2007) ため池の水生植物の種組成は何で決まるか?. 第54回日本生態学会大会, 同講演要旨集

  • 安榮相, 若菜勇, 佐藤大樹, 中村太士, 高村典子, 中川恵, Arni Einarsson (2007) 釧路湿原達古武湖における流域開発がマリモの生残に与えた影響. 第54回日本生態学会大会, 同講演要旨集

  • 松崎慎一郎, 馬渕浩司, 高村典子, 西田睦, 鷲谷いづみ (2007) 安定同位体から探る在来型コイと移入型コイの食性と栄養段階. 第54回日本生態学会大会, 同講演要旨集

  • 高村健二, 高村典子, 中川恵, 田中哲夫, 三橋弘宗, 村上俊明 (2007) ため池に分布する淡水魚モツゴの種内外来状況を探る. 第54回日本生態学会大会, 同講演要旨集

  • 宇田川弘勝, 高村典子 (2006) 霞ヶ浦懸濁物質におけるリンの存在形態. 日本陸水学会 第71回大会, 同講演要旨集

  • 渡辺貴史, 高村典子 (2006) 兵庫県東播磨地域における生物保全に対するため池管理者の意識. 農村計画学会 2006年度秋期大会学術研究発表会, 同要旨集

  • Jang M.-H., Ha K., Jung J.-M., Takamura N. (2006) Changes in microcystin production of cyanobacteria exposed to differential zooplankton densities and info-chemical concentrations released by zooplankton. 53rd Annu.Meet.Ecol.Soc.Jpn., Abstracts

  • 高村典子, 中川惠, 五十嵐聖貴, 仲島広嗣, 若菜勇, 伊藤富子 (2006) 炭素・窒素安定同位体比による達古武沼生態系の評価. 第53回日本生態学会大会, 同講演要旨集

  • 松崎慎一郎, 西川潮, 高村典子, 鷲谷いづみ (2006) 底泥撹乱者bioturbatorの生態的影響:コイvs.ザリガニ. 第53回日本生態学会大会, 同講演要旨集

  • 高村典子 (2006) ため池の生物多様性評価. 平成17年度名古屋市環境科学研究所調査研究発表会,

  • 松崎慎一郎, 西川潮, 高村典子, 鷲谷いづみ (2005) 放流コイの生態的影響とカタストロフィック・シフト. 第22回個体群生態学会シンポジウム(ポスター発表), 同要旨集

  • 宇田川弘勝, 高村典子 (2005) 霞ヶ浦懸濁物質の化学・鉱物組成. 日本陸水学会 第70回大会, 同講演要旨集

  • Nisikawa U., Kamiyama R., Saji A., Takamura N. (2005) Strong impacts of invasive crayfish on a littoral lake community: roles of ecosystem engineering and size. 90th ESA Annu.Meet./9th Int.Cong.Ecol., Abstracts

  • 藤井義晴, 小原直美, 津田久美子, 松山稔, 高村典子 (2005) 他感作用によりアオコを抑制する可能性のある水生植物・ため池周辺植生の探索. 第44回日本雑草学会大会, 雑草研究, 50

  • 渡辺貴史, 高村典子 (2005) 兵庫県東播磨南部地域における水生植物保全に対するため池管理者の意識. 農村計画学会 2005年度春期大会学術研究発表会, 同講演要旨集

  • 高村典子 (2005) 湖沼生態系におけるレジリエンスとレジーム・シフト-野外観察と実証実験から. 日本数理生物学会 第15回大会,

  • 小原直美, 津田久美子, 荒谷博, 平舘俊太郎, 高村典子, 藤井義晴 (2005) シアノバクテリア増殖抑制を行うアレロパシー物質の探索. 日本農芸化学会 2005年度大会, なし

  • 松崎慎一郎, 西川潮, 高村典子, 鷲谷いづみ (2005) 移行帯の食物網における底生魚の生態的影響:沈水植物の保全ならびに微小動物群集への影響. 第52回日本生態学会大会, 同講演要旨集

  • 中島久男, 高村典子 (2005) 達古武沼生態系のカタストロフ遷移モデル. 第52回日本生態学会大会, 同講演要旨集

  • 西川潮, 神山塁, 佐治あずみ, 高村典子 (2005) 外来ザリガニ(Pacifastacus leniusculus)の生態影響評価実験. 第52回日本生態学会大会, 同講演要旨集

  • 仲島広嗣, 西川潮, 高村典子, 神山塁, 中川惠, 若菜勇, 蛭田眞一 (2005) 達古武沼における外来ザリガニ(Pacifastacus leniusculus)の分布. 第52回日本生態学会大会, 同講演要旨集

  • 若菜勇, 辻ねむ, 野坂拓馬, 高村典子, 中川惠, 上野洋一, 渡辺雅子 (2005) 水草の変遷と分布特性. 第52回日本生態学会大会, 同講演要旨集

  • 五十嵐聖貴, 中川惠, 高村典子, 辻ねむ, 若菜勇 (2005) 達古武沼におけるプランクトンの分布特性. 第52回日本生態学会大会, 同講演要旨集

  • 中川惠, 高村典子, 五十嵐聖貴, 若菜勇, 辻ねむ (2005) 達古武沼の水質分布特性. 第52回日本生態学会大会, 同講演要旨集

  • 高村典子, 若菜勇, 中村太士 (2005) 達古武沼の現状診断と再生シナリオ. 第52回日本生態学会大会, 同講演要旨集

  • 高村典子 (2004) 釧路湿原達古武沼の再生シナリオに向けての問題点. 持続可能性を築く「市民・研究者協働による生物多様性モニタリング」の研究 第3回研究報告会, 同プログラム

  • 高村典子 (2004) ため池の生物多様性の維持機構-兵庫県南西部のため池調査から. シンポジウム 里山にあるため池の保全を考える-宍塚大池を事例として, 同プログラム

  • 上野洋一, 三上英敏, 石川靖, 高村典子, 中川惠, 五十嵐聖貴, 若菜勇, 辻ねむ, 伊藤富子, 仲島広嗣 (2004) 釧路湿原達古武沼の底泥粒度分布に対する影響因子. 日本陸水学会 第69回大会, 同講演予稿集

  • 三上英敏, 石川靖, 上野洋一, 高村典子, 若菜勇 (2004) 釧路湿原達古武沼における釧路川からの逆流水について. 日本陸水学会 第69回大会, 同講演予稿集

  • 渡辺雅子, 野坂拓馬, 若菜勇, 辻ねむ, 高村典子, 中川惠, 五十嵐聖貴, 三上英敏, 石川靖, 上野洋一, 角野康郎 (2004) 達古武沼水草の群落構造. 第51回日本生態学会大会, 同講演要旨集

  • 辻ねむ, 高村典子, 中川惠, 野坂拓馬, 渡辺雅子, 若菜勇 (2004) 釧路湿原達古武沼の水草はなぜ減少したのか?-光環境からの検討-. 第51回日本生態学会大会, 同講演要旨集

  • 米倉竜次, 高村典子, 西廣淳 (2004) 外来魚ブルーギルの除去による沈水植物群落の再生. 第51回日本生態学会大会, 同講演要旨集

  • 高村典子 (2004) 湖沼生態系の再生に必要な研究-釧路湿原達古武沼再生への取り組みから. 第51回日本生態学会大会, 同講演要旨集

  • 津田久美子, 藤井義晴, 高村典子 (2004) バイオアッセイによる藍藻類の増殖を抑制する植物の検索. 日本農芸化学会 2004年度大会, 同講演要旨集, 237

  • 三橋弘宗, 高村典子, 青木典司, 角野康郎 (2003) ため池周辺のランドスケープからみたハビタット評価. ミニシンポジウム「ため池の評価と保全への取り組み」, 同資料, 61-63

  • 藤井義晴, 津田久美子, 高村典子 (2003) アオコを抑制する水生植物検索の為のバイオアッセイ法の検討. ミニシンポジウム「ため池の評価と保全への取り組み」, 同資料, 39

  • 田渕俊雄, 高村典子, 黒田久雄 (2003) ため池の水源特性からみた多様性と水質予測. ミニシンポジウム「ため池の評価と保全への取り組み」, 同資料, 17-20

  • 高村典子 (2003) 湖と私たちのくらし. こども国連環境会議, なし

  • 高村典子, 西廣淳, 中村圭吾 (2003) 水辺移行帯修復・再生技術の開発. 平成15年度霞ヶ浦浄化技術研究会「都市エリア・環境技術開発プロジェクトとの交流」霞ヶ浦浄化技術検討会, なし

  • 高村典子 (2003) 健全な湖沼生態系を持続的に維持していけるような湖沼管理へ. 第9回閉鎖性水域セミナー, なし

  • 高村典子 (2003) 健全な湖沼生態系を持続的に維持していけるような湖沼管理へ. 沿岸学会 第16回シンポジウム「八郎潟の現状と今後の課題」, なし

  • 津田久美子, 高村典子, 藤井義晴 (2003) 藍藻類の異常増殖(アオコ)を抑制する水生植物検索の為のバイオアッセイ法の検討. 日本農芸化学関東支部 2003年度大会, 同要旨集

  • 高村典子 (2003) 湖沼生態系の評価とモニタリング. 第6回水源地生態研究セミナー, 同要旨集

  • 中川恵, 高村典子, 前園泰徳, 小林頼太, 宮下直, 加藤秀男 (2003) ヒシが水質,プランクトンおよびベントスに与える影響. 日本陸水学会 第68回大会, 同講演要旨集, 166

  • 高村典子, 中川恵, 加藤秀男, 三橋弘宗, 田中哲夫, 角野康郎, 青木典司 (2003) ため池の生物多様性の維持機構とその保全. 日本陸水学会 第68回大会, 同講演要旨集, 106

  • Nakamura K., Kayaba Y., Ozawa T., Nishihiro J., Takamura N., Sago J. (2003) How do submerged plants affect water quality in large experimental ponds-. 46th Conf.Great Lakes Res./10th World Lake Conf., Abstracts, 239-240

  • 加藤秀男, 高村典子, 角野康郎, 三橋弘宗, 田中哲夫, 中川惠, 村上俊明 (2003) ため池の底生動物群集,特に周辺の土地利用及び水草植生との関係. 第50回日本生態学会大会, 同講演要旨集, PB2-109

  • 高村典子, 青木典司, 三橋弘宗, 田中哲夫, 角野康郎, 中川惠 (2003) ため池に出現するトンボ群集の座標付け. 第50回日本生態学会大会, 同講演要旨集, PB2-110

  • 青木典司, 角野康郎, 三橋弘宗, 田中哲夫, 村上俊明, 中川惠, 高村典子 (2002) ため池から生物多様性の保全を考える(4)トンボ群集を決める要因. 日本陸水学会 第67回大会, 同講演要旨集, 193

  • 加藤秀男, 高村典子, 角野康郎, 三橋弘宗, 田中哲夫, 中川惠, 村上俊明 (2002) ため池から生物多様性の保全を考える(3)底生動物群集を決める要因. 日本陸水学会 第67回大会, 同講演要旨集, 192

  • 中村惠, 高村典子, 角野康郎, 三橋弘宗, 田中哲夫, 村上俊明 (2002) ため池から生物多様性の保全を考える(2)プランクトン群集を決める要因. 日本陸水学会 第67回大会, 同講演要旨集, 191

  • 高村典子 (2002) ため池から生物多様性の保全を考える(1)研究のねらい. 日本陸水学会 第67回大会, 同講演要旨集, 190

  • Wang J., Xie P, Takamura N., Tang H., Xie L. (2002) The mechanism of picoplankton dominance -a comparative ecological study on waters of different trophic structures and on experimental enclosures. 11th Int.Symp.River Lake Environ., Abstracts, 94

  • 加藤秀男, 高村典子, 角野康郎, 三橋弘宗, 田中哲夫, 村上俊明 (2002) 景観と植生の異なったため池における底生動物相の比較. 第49回日本生態学会大会, 同講演要旨集, 201

  • 高村典子, 中川惠, 角野康郎, 三橋弘宗, 田中哲夫, 青木典司, 村上俊明 (2002) ため池の景観・植生と水質・生物群集の関係(予報). 第49回日本生態学会大会, 同講演要旨集, 119

  • 高村典子 (2002) 魚が変える湖の環境-ワカサギの導入で透明度が下がった十和田湖とその保全策. 第43回水環境学会セミナー「外来種と水害生態系」, 同講演資料

  • 高村典子, 角野康郎, 福島路生, 中川恵, 金白虎 (2001) 沈水植物群落の喪失とその役割について-釧路湿原3湖沼の事例. 第9回世界湖沼会議, 同会議発表文集






  • National Institute for Environmental Studies..