誌上発表の一覧

○査読付き原著論文
  • 富山一, 田邊潔, 茶谷聡, 小林伸治, 藤谷雄二, 古山昭子, 佐藤圭, 伏見暁洋, 近藤美則, 菅田誠治, 森野悠, 早崎将光, 小熊宏之, 井手玲子, 日下博幸, 高見昭憲 (2017) 野焼き発生の時間分布調査および稲作残渣野焼きによる大気汚染物質排出量の日変動推計. 大気環境学会誌, 52 (4), 105-117

  • Morino Y., Nagashima T., Sugata S., Sato K., Tanabe K., Noguchi T., Takami A., Tanimoto H., Ohara T. (2015) Verification of Chemical Transport Models for PM2.5 Chemical Composition Using Simultaneous Measurement Data over Japan. Aerosol and Air Quality Research, 15, 2009-2023

  • 山神真紀子, 佐川竜也, 中戸靖子, 長田健太郎, 米持真一, 山本勝彦, 山田大介, 芝和代, 山田克則, 菅田誠治, 大原利眞 (2013) 2011年2月上旬に観測された広域的なPM2.5高濃度エピソードの要因推定. 大気環境学会誌, 48 (4), 196-205

  • 板野泰之, 大原利眞, 山神真紀子, 大野隆史, 長田健太郎, 武直子, 菅田誠治 (2013) 2011年度の連続測定結果に基づく全国的なPM2.5汚染の状況解析. 大気環境学会誌, 48, 154-160

  • 菅田誠治, 大原利眞, 黒川純一, 早崎将光 (2011) 大気汚染予測システム(VENUS)の構築と検証. 大気環境学会誌, 46 (1), 49-59

  • Shirai T., Yokouchi Y., Sugata S., Maksyutov S. (2010) HCFC-22 flux estimates over East Asia by inverse modeling from hourly observations at Hateruma monitoring station. J.Geophys.Res., 115, D15303

  • ○総説・解説
  • 乙部直人, 筆保弘徳, 菅田誠治, 伊賀啓太, 佐藤正樹, 田島俊彦, 佐藤元, 酒井敏, 三村和男, 山田朋人, 北野慈和 (2016) 回転水槽実験のこれまでとこれから. 天気, 63 (7), 5-25

  • 菅田誠治 (2016) PM2.5の分布予測と誤差. 保健の科学, 58 (9), 607-612

  • 菅田誠治 (2014) PM2.5の越境輸送と数値シミュレーション. 化学物質と環境, (126), 8-10

  • 菅田誠治 (2014) PM2.5の現状と今後の課題. モダンメディア, 60 (8), 23-26

  • 菅田誠治 (2014) 大気汚染物質の観測と数値予測の現状と課題. 環境情報科学, 42 (4), 1-5

  • 菅田誠治 (2013) 大気中の物質はどのように運ばれるか. 安全工学, 52 (6), 359-363

  • ○書籍
  • Ohara T., Yamaji K., Uno I., Tanimoto H., Sugata S., Nagashima T., Kurokawa J., Horii N., Akimoto H. (2008) Long-term simulations of surface ozone in East Asia During 1980-2020 with CMAQ and REAS inventory. In: Borrego C.,Miranda A.I. eds., Air Pollution Modeling and Its Application 19(NATO Science for Peace and Security Series C: Environmental Security), Springer, 136-144.

  • ○上記以外の誌上発表
  • Sato K., Fujitani Y., Inomata S., Morino Y., Tanabe K., Ramasamy S., Hikida T., Shimono A., Takami A., Fushimi A., Kondo Y., Imamura T., Tanimoto H., Sugata S. (2017) Lower than expected volatility of secondary organic aerosols formed during α-pinene ozonolysis. Atmospheric Chemistry and Physics Discussions, acp-2017-860

  • 山神 真紀子, 寺本佳宏, 牧野雅英, 木下誠, 木戸瑞佳, 武田麻由子, 西村理恵, 長谷川就一, 菅田誠治 (2016) 2015年2.3月におけるPM2.5高濃度事例の解析 黄砂観測時のPM2.5成分の特徴. クリーンテクノロジー, 26 (9), 13-16

  • 横内陽子, 斉藤拓也, 向井人史, 白井知子, 菅田誠治 (2009) 東アジアにおけるハロゲン系温室効果気体の排出に関する観測研究. 環境省地球環境局総務課研究調査室著, 地球環境保全試験研究費(地球一括計上) 平成20年度終了研究成果報告集, 環境省地球環境局総務課研究調査室, 245-299

  • ○2007年度以前のデータ
  • Adachi S., Kimura F., Sugata S., Hayasaki M., Kurosaki Y., Wakamatsu S. (2007) Dust transport along a cold front: A case study of a cyclone observed on 19-20 April 2000 in Northeast Asia. J.Jpn.Soc.Atmos.Environ.(大気環境学会誌), 42 (6), 327-338

  • 早崎将光, 菅田誠治, 大原利眞, 若松伸司, 宮下七重 (2007) 1992-2004年度のSPM環境基準達成率に対する黄砂現象の影響. 大気環境学会誌, 42 (3), 188-199

  • 早崎将光, 黒崎泰典, 樋口篤志, 足立幸穂, 菅田誠治, 西川雅高, 大原利眞, 若松伸司 (2006) MODIS可視画像とSPM時間値で捉えた2006年4月8日の帯状黄砂. 天気, 53 (11), 843-844

  • Hayasaki M., Sugata S., Tanaka H.L. (2006) Interannual variation of cold frontal activity in spring in Mongolia. J.Meteorol.Soc.Jpn, 84 (3), 463-475

  • 菅田誠治 (2006) 数値シミュレーションによる黄砂の発生地の推定 どこから来る黄砂が増えたのか減ったのか?. かんきょう, 31 (6), 26-27

  • Akiyoshi H., Sugata S., Yoshiki M., Sugita T. (2006) Ozone decrease outside Arctic polar vortex due to polar vortex processing in 1997. J.Geophys.Res., 111, D22311

  • Itano Y., Wakamatsu S., Hasegawa S., Ohara T., Sugata S., Hayasaki M., Moriya T., Kobayashi S. (2006) Local and regional contributions to springtime ozone in the Osaka metropolitan area,estimated from aircraft observations. Atmos.Environ., 40, 2117-2127

  • 鵜野伊津志, 大原利眞, 菅田誠治, 黒川純一, 古橋規尊, 山地一代, 谷本直隆, 弓本桂也, 植松光夫 (2005) RAMS/CMAQの連携システムによるアジア域の物質輸送シミュレーションシステムの構築. 大気環境学会誌, 40 (4), 148-164

  • 秋吉英治, 菅田誠治, 吉識宗佳, 杉田考史 (2005) 化学輸送モデルと時間閾値解析法を用いた北極渦内オゾン破壊の極渦外への影響の解析. 第15回大気化学シンポジウム研究集会講演集(名古屋大STE研編,名古屋大学STE研,317p.), 101-104

  • Sugata S., Nishikawa M., Sugimoto N., Mori I., Shimizu A. (2005) Impact of meteorological fields and surface conditions on Asian dust. In: Omasa K.,Nouchi I.,De Kok L.J.eds., Plant Responses to Air Pollution and Global Change, Springer, 271-276

  • 谷本直隆, 大原利眞, 鵜野伊津志, 菅田誠治, 植松光夫 (2004) 東アジアにおける炭素粒子動態のモデル解析. 大気環境学会誌, 39 (5), 229-245

  • 秋吉英治, 今村隆史, 菅田誠治, 中根英昭, 黒川純一, 滝川雅之 (2004) 臭素化合物のオゾン破壊に及ぼす影響と北極渦の状態. 第14回大気化学シンポジウム研究集会講演集(名古屋大STE研,299p.),

  • 畠山史郎, 片平菊野, 高見昭憲, 菅田誠治, 劉発華, 北和之 (2004) 奥日光山岳域における夏季および秋季のオゾン濃度変動. 大気環境学会誌, 39 (3), 158-170

  • Zhang M., Uno I. (2002) Numerical study of boundary layer ozone transport and photochemical production in east Asia in the wintertime. Geophysical Research Letters, 29 (11), 40-1-40-4

  • Sugata S. (2002) Seasonal simulation of the air quality in East Asia using CMAQ. Air Pollution Modeling and Its Application XV, 519-520

  • Akiyoshi H., Sugata T., Sugita S., Nakajima H., Hayashi H., Kurokawa J., Takahashi M. (2002) Low-N2O air masses after the breakdown of the arctic polar vortex in 1997 simulated by the CCSR/NIES nudging CTM. J.Meteorol.Soc.Jpn., 80 (3), 451-463

  • 秋吉英治, 菅田誠治, 杉田考史, 中島英彰, 黒川純一, 林寛生, 高橋正明 (2002) CCSR/NIESナッシング化学輸送モデルでシミュレートされた1997年北極渦崩壊後の低濃度N2O空気塊. 特定領域研究B 平成13年度公開シンポジウムプロシーディング, 68-73

  • 秋吉英治, 黒川純一, 菅田誠治, 滝川雅之, 永島達也, 高橋正明, 中根英昭 (2001) CCSR/NIESナッジングCTMによる,1997年の化学微量成分分布のシミュレーション. 第11回大気化学シンポジウム研究集会講演集, 57-60

  • 秋吉英治, 黒川純一, 菅田誠治, 滝川雅之, 永島達也, 高橋正明, 中根英昭 (2001) CCSR/NIESナッジングCTMによる1997年の大気微量成分分布の計算-北極渦周辺の物質分布,臭素系物質によるオゾン破壊. ATOMOS-C1 Workshop 2001報告書, 9-16

  • Akiyoshi H., Takigawa M., Nagashima T., Kurokawa J., Sugata S., Takahashi M., Nakane H. (2001) Dvelopment of CCSR/NIES nudging CTM and ozone simulation. In: Matsuno T.,Kida H.ed., Present & Future of Modeling Global Environmental change: Toward Integrated Modeling, TERRAPUB, 383-390

  • Sugata S., Byun D.W., Uno I. (2001) Simulation of sulfate aerosol in east Asia using models-3/CMAQ with RAMS meteorological data. In: Gryning & Schiermeier,eds., Air Pollution Modeling Application XIV, Kluwer Academic/Plenum Publishers, 267-275

  • 秋吉英治, 黒川純一, 菅田誠治, 滝川雅之, 永島達也, 高橋正明, 中根英昭 (2001) CCSR/NIESナッシングCTMによる1997年の大気微量成分分布の計算-PSC依存性,ナッシング緩和時間依存性,気象データ依存性,及び臭素物質依存性. 特定領域研究B成層圏力学過程とオゾンの変動およびその気候への影響 平成12年度公開シンポジウムプロシーディング, 25-30

  • 秋吉英治, 黒川純一, 菅田誠治, 杉田考史, 中島英彰, 林寛生, 高橋正明 (2001) CCSR/NIESナッシング化学-輸送モデルによってシミュレートされた1997年北極渦崩壊後の低濃度N2O空気塊の挙動. 第12回大気化学シンポジウム研究集会講演集, 26-29

  • 秋吉英治, 菅田誠治, 中根英昭, 滝川雅之, 永島達也, 高橋正明, 黒川純一 (2000) CCSR/NIES-AGCMをベースにした成層圏ナッジングCTMの開発. 平成11年度研究集会講演集第10回大気化学シンポジウム, 96‐99

  • Sugata S. (2000) Time Threshold Diagnostics: A Mixed Lagrangian-Eulerian Method for Describing Global Tracer Transport. J.Meteorol.Soc.Jpn., 78 (3), 259‐277

  • 菅田誠治 (2000) 米国における酸性雨問題-長距離輸送モデルの果たす役割. 資源環境対策, 36 (10), 826‐830

  • 鵜野伊津志, 菅田誠治 (1998) 日本域の春季の対流圏オゾン高濃度のシミュレーション. 天気, 45 (6), 3‐17

  • 菅田誠治, 神沢博 (1998) Time threshold Lagrangian diagnosticsを用いたトレーサー輸送解析. JEM/SMILES サイエンスワークショップ報告書(地球科学技術フォーラム/地球観測委員会,SMILE/JEMチーム編,(社)資源協会 地球科学技術推進機構), 67‐68

  • Sugata S., Yoden S. (1994) Chaotic Lagrangian motion and heat transport in a steady,baroclinic annulus wave. J.Meteorol.Soc.Jpn., 72, 569‐587

  • Sugata S., Yoden S. (1993) A numerical study on regime transitions of the rotating annulus flow with a semi-spectral model. J.Meteorol.Soc.Jpn., 71, 491‐501






  • National Institute for Environmental Studies..