所の刊行物の一覧

28件
○報告書等
  • 国立環境研究所 (2015) 都市大気における粒子状物質削減のための動態解明と化学組成分析に基づく毒性・健康影響の評価 (分野横断型提案研究). 研究プロジェクト報告SR-109, 84p.

  • 秋吉英治,菅田誠治,山下陽介,門脇正尚,中村 哲(*1),高橋正明(*2)(*1 国立極地研究所北極観測センター),(*2 東京大学大気海洋研究所) (2015) MIROCモデルをベースにした化学気候モデルの開発とオゾン層の将来予測. 国立環境研究所スーパーコンピューター利用研究年報 平成26年度地球環境研究センター報告CGER-I125-2015, 23-36

  • 秋吉英治,菅田誠治,山下陽介(*1),中村 哲(*2),門脇正尚(*3),高橋正明(*3),(*1 The Department of Meteorology,University of Reading,United Kingdom),(*2 国立極地研究所北極観測センター),(*3 大学大気海洋研究所) (2013) 成層圏オゾン層の長期変動とその成層圏-対流圏気候への影響に関する研究. 国立環境研究所スーパーコンピューター利用研究年報 平成24年度地球環境研究センター報告CGER-I113-2013, 23-34

  • 秋吉英治,山下陽介,中村 哲,菅田誠治,高橋正明(*1),(*1 東京大学大気海洋研究所) (2012) 成層圏オゾン層の長期変動とその成層圏-対流圏気候への影響に関する研究. 国立環境研究所スーパーコンピューター利用研究年報 平成23年度地球環境研究センター報告CGER-I106-2012, 23-34

  • 秋吉英治,菅田誠治,山下陽介,中村哲,高橋正明(*1)(*1東京大大気海洋研) (2011) 成層圏オゾン層の長期変動とその成層圏-対流圏気候への影響に関する研究. 国立環境研究所スーパーコンピューター利用研究年報 平成22年度地球環境研究センター報告CGER-I099-2011, 21-30

  • 永島達也,野沢徹,秋吉英治,菅田誠治,塩竈秀夫,中村哲,川瀬宏明,竹村俊彦(*1),須藤健悟(*2),高瀬健太郎(*2),関谷高志(*2),井上忠雄(*2),高橋正明(*3),山下陽介(*3),笛田将矢(*3),榊原篤志(*4),長谷川晃一(*4)(*1九州大応用力学研,*2名古屋大院,*3東京大気候システム研究セ,*4(株)中電シーティーアイ) (2010) 気候モデル中の物理化学諸過程の高度化及び過去 -現在気候の再現実験を通したモデルの検証. 国立環境研究所スーパーコンピューター利用研究年報 平成21年度地球環境研究センター報告CGER-I095-2010, 1-11

  • 国立環境研究所 (2009) 都市大気環境中における微小粒子・二次生成物質の影響評価と予測(特別研究). 特別研究報告SR-91, 81p.

  • 永島達也,野沢徹,秋吉英治,菅田誠治,中村哲,川瀬宏明,塩竈秀夫,竹村俊彦(*1),須藤健悟(*2),高瀬健太郎(*2),高橋正明(*3),山下陽介(*3),笛田将矢(*3)(*1九州大応用力学研,*2名古屋大院,*3東京大気候システム研究セ) (2009) 気候モデル中の物理化学諸過程の高度化及び過去 -現在気候の再現実験を通したモデルの検証. 国立環境研究所スーパーコンピューター利用研究年報 平成20年度地球環境研究センター報告CGER-I090-2009, 1-10

  • 菅田誠治,日暮明子,早崎将光,竹村俊彦(*1),中島映至(*2),今須良一(*2),Schutgens N.A. Johannes(*2),神沢博(*3),大楽浩司(*4)(*1九州大応用力学研,*2東京大気候システム研究セ,*3名古屋大院,*4防災科学技術研) (2008) 地域大気モデルを用いた大気環境研究. 国立環境研究所スーパーコンピューター利用研究年報 平成18年度地球環境研究センター報告CGER-I078-2008, 17-22

  • 国立環境研究所 (2006) 大陸規模広域大気汚染に関する国際共同研究(特別研究). 特別研究報告SR-65, 54p.

  • Akiyoshi H.,Imamura T.,Kurokawa J.(*1),Takigawa M.(*2),Sugata S.,Nakane H.,Takahashi M.(*3)(*1富士通FIP,*2地球フロンティア研究システム,*3東京大学気候システム研究センター) (2004) A Study on Polar Ozone Destruction due to bromine Species. CGER'S SUPERCOMPUTER ACTIVITY REPORT Vol.11-2002国立環境研究所地球環境研究センター報告CGER-I058-2004, 3-10

  • 秋吉英治,今村隆史,黒川純一*,滝川雅之*,菅田誠治,中根英昭*,高橋正明 (2004) 臭素系物質のオゾン破壊に及ぼす影響. CGER'S SUPERCOMPUTER ACTIVITY REPORT Vol.11-2002国立環境研究所地球環境研究センター報告CGER-I058-2004, 133-134

  • 菅田誠治 (2002) PM2.5・DEPモデル. 大気中微小粒子状物質・ディーゼル排気粒子に関する研究の動向と今後の課題国立環境研究所研究報告R-172-2002, 60-66

  • Akiyoshi H.,Nagashima T.,Kurokawa J.(*1),Sugata S.,Takigawa M.(*2),Takahashi M.(*3)(*1Fujitsu FTP,Frontier Res.Syst.Global Change,*3Univ.Tokyo) (2002) A study of future ozone trend and N2O distriction in the high latitudes by CCSR/NIES 3-D chemical models. ACTIVITY REPORT Vol.9-2000国立環境研究所地球環境研究センター報告CGER-I050-2002, 2004.3.10

  • Nozawa T.,Kanzawa H.,Sugata S.,Emori S.,Higurashi A.,Numaguti A.,Takata K.(*1)Takayabu Y.-N.,Abe-Ouchi A.(*2),Kimoto M.(*2),Nakajima T.(*2),Oki T.(*2),Yokozawa M.(*3)(*1Inst.Global Change Res,*2Univ.Tokyo,*3Natl.Inst.Agro-Environ.Sci.) (2002) On the climate sensitivity of the CCSR/NIES CGCM. ACTIVITY REPORT Vol.9-2000国立環境研究所地球環境研究センター報告CGER-I050-2002, 19-22

  • 国立環境研究所 (2001) 都市域におけるVOCの動態解明と大気質に及ぼす影響評価に関する研究(平成10〜12年度). 国立環境研究所特別研究報告SR-42, 56p.

  • Toru Nozawa,Hiroshi Kanzawa,Yukari N.Takayabu,Seiji Sugata,Seita Emori,Akiko Higurashi,Kumiko Takata,Atusi Numaguti*,Ayako Abe-Ouchi*,Masahide Kimoto*(*Hokkaido Univ.,*Univ.Tokyo) (2000) Direct and Indirect Radiative due to Various Aerosols. CGER'S SUPERCOMPUTER ACTIVITY REPORT Vol.7-1998 国立環境研究所地球環境研究センター報告CGER-I039-2000, 16-21

  • Hideharu Akiyoshi,Tatsuya Nagashima*1,Masayuki Takigawa*1,Seiji Sugata,Masaaki Takahashi*1(*1Univ.Tokyo) (2000) Development of CCSR/NIES 3-D chemical models and study of ozone distribution and variation. CGER'S SUPERCOMPUTER ACTIVITY REPORT Vol.8-1999国立環境研究所地球環境研究センター報告CGER-I043-2000, 2004.3.8

  • Toru Nozawa,Hiroshi Kanzawa,Yukari N.Takayabu,Seiji Sugata,Seita Emori,Akiko Higurashi,Kumiko Takata,Atushi Numaguti*1,Ayako Abe-Ouchi*2,Masahide kimoto*2(*1Hokkaido Univ.,*2Univ.Tokyo) (2000) Coupled ocean-atmosphere model experiments of future climate change based on IPCC SRES scenarios. CGER'S SUPERCOMPUTER ACTIVITY REPORT Vol.8-1999国立環境研究所地球環境研究センター報告CGER-I043-2000, 20-26

  • Seita Emori,Toru Nozawa,Yukari N.Takayabu,Seiji Sugata,Kumiko Takata,Ayako Abe-Ouchi*,Atusi Numaguti*,Masahide Kimoto*(*Center for Climate System Res.Univ.Tokyo) (1999) Coupled Ocean-Atomosphere Model Experiments of Future Climate Change with an Explicit Representation of Sulfate Aerosol Scattering . CGER'S SUPERCOMPUTER ACTIVITY REPORT Vol.6-1997 国立環境研究所地球環境研究センター報告CGER-I034-'99, 2004.7.12

  • Seiji Sugata (1997) Lagrangian General Circulation Based on the Time-scale of Particle Motion . CGER'S SUPERCOMPUTER MONOGRAPH REPORT Vol.3 Study on the Climate System and Mass Transport by a Climate Model国立環境研究所地球環境研究センター報告CGER-I025-'97, 51-77

  • Seiji Sugata (1997) Ability of the CCSR/NIES Atmospheric General Circulation Model in the Stratosphere. CGER'S SUPERCOMPUTER MONOGRAPH REPORT Vol.3 Study on the Climate System and Mass Transport by a Climate Model国立環境研究所地球環境研究センター報告CGER-I025-'97, 81-91

  • Seiji Sugata (1997) Study of the global material circulation by using General Circulation MOdel. CGER'S SUPERCOMPUTER ACTIVITY REPORT Vol.5-1996 国立環境研究所地球環境研究センター報告CGER-I030-'97, 13-14

  • 菅田誠治 (1995) 大気大循環モデルを用いた長距離輸送の研究. 国立環境研究所研究発表会予稿集 平成7年6月国立環境研究所資料F- 83-'95, 58p.

  • ○ニュース等
  • 菅田誠治 (2013) PM2.5の総復習, 国立環境研究所ニュース, (4), 8-9

  • 菅田誠治 (2003) 黄砂の多寡をもたらすもの, 国立環境研究所ニュース, (5), 8-9

  • 菅田誠治 (1999) ノースカロライナの研究学園都市から, 国立環境研究所ニュース, (3), 10

  • 菅田誠治 (1997) 大気中の物質輸送に関する孤立性の研究, 国立環境研究所ニュース, (5), 10-11






  • National Institute for Environmental Studies..