口頭発表の一覧

○研究発表
  • 中川修平, 船木大輔, 中坪良平, 西村理恵, 山本真緒, 西山亨, 山神真紀子, 菅田誠治 (2017) 2016年12月及び2017年2月におけるPM2.5高濃度事例の解析1. 第58回大気環境学会年会, 同予稿集, 359

  • 中坪良平, 木戸瑞佳, 吉田勤, 北見康子, 梅田真希, 長谷川就一, 堀本泰秀, 山本真緒, 山神真紀子, 船木大輔, 山村由貴, 菅田誠治 (2017) 2016年11月におけるPM2.5高濃度事例の解析. 第58回大気環境学会年会, 同予稿集, 358

  • 菅田誠治 (2017) 近年の国内PM2.5状況について. 第58回大気環境学会年会, 同予稿集, 104

  • 山本勝彦, 奥村智憲, 西村理恵, 浦西克維, 小松宏昭, 清水厚, 菅田誠治 (2017) 化学輸送モデルとライダー観測データを用いた大阪上空のエアロゾルイオン成分鉛直分布の把握について. 第58回大気環境学会年会, 同予稿集, 268

  • 池盛文数, 山神真紀子, 菅田誠治 (2017) 捕集ろ紙の違いによるPM2.5中有機成分の測定値の比較. 第58回大気環境学会年会, 同予稿集, 270

  • 辻昭博, 三田村徳子, 野田悠介, 土肥正敬, 河野公亮, 家合浩明, 船木大輔, 日置正, 菅田誠治 (2017) PM2.5自動測定機テープろ紙を用いた無機元素の多地点・高時間分解能観測による冬季の越境輸送過程の詳細解析. 第58回大気環境学会年会, 同予稿集, 271

  • 辻昭博, 三田村徳子, 山本勝彦, 日置正, 菅田誠治 (2017) PM2.5自動測定機テープろ紙を用いた夏季の都市−郊外間の人為起源エアロゾルの輸送過程の連続観測. 第58回大気環境学会年会, 同予稿集, 272

  • 早崎将光, 菅田誠治 (2017) 格子点化PM2.5濃度作成のための品質管理. 第58回大気環境学会年会, 同予稿集, 277

  • 木戸瑞佳, 山神真紀子, 成田弥生, 梅田真希, 西山亨, 西村理恵, 中坪良平, 山本真緒, 船木大輔, 山村由貴, 土肥正敬, 菅田誠治 (2017) 2016年4月におけるPM2.5高濃度事例の解析. 第58回大気環境学会年会, 同予稿集, 353

  • 西村理恵, 福山由依子, 鳴海史, 成田弥生, 木戸瑞佳, 牧野雅英, 吉田勤, 石川千晶, 長谷川就一, 堀本泰秀, 寺本佳宏, 中坪良平, 山神真紀子, 船木大輔, 土肥正敬, 松本弘子, 菅田誠治 (2017) 2016年5月におけるPM2.5高濃度事例の解析1. 第58回大気環境学会年会, 同予稿集, 354

  • 山村由貴, 土肥正敬, 中坪良平, 西村理恵, 山本真緒, 山神真紀子, 木戸瑞佳, 長谷川就一, 多田敬子, 菅田誠治 (2017) 2016年5月におけるPM2.5高濃度事例の解析2. 第58回大気環境学会年会, 同予稿集, 355

  • 力寿雄, 土肥正敬, 船木大輔, 中坪良平, 西村理恵, 山本真緒, 山神真紀子, 武田麻由子, 長谷川就一, 梅田真希, 小野寺甲仁, 菅田誠治 (2017) 2016年5月におけるPM2.5高濃度事例の解析3. 第58回大気環境学会年会, 同予稿集, 356

  • 成田弥生, 飯島史周, 梅田真希, 長谷川就一, 山神真紀子, 寺本佳宏, 山本真緒, 西村理恵, 中坪良平, 船木大輔, 力寿雄, 菅田誠治 (2017) 2016年7月におけるPM2.5高濃度事例の解析. 第58回大気環境学会年会, 同予稿集, 357

  • 石井克巳, 北見康子, 長谷川就一, 梅田真希, 木戸瑞佳, 西村理恵, 池盛文数, 西山亨, 山本真緒, 中坪良平, 船木大輔, 山村由貴, 浅川大地, 菅田誠治 (2017) 2016年12月におけるPM2.5高濃度事例の解析2. 第58回大気環境学会年会, 同予稿集, 360

  • 西山亨, 寺本佳宏, 北見康子, 梅田真希, 木戸瑞佳, 山神真紀子, 山本真緒, 西村理恵, 中坪良平, 船木大輔, 力寿雄, 菅田誠治 (2017) 2017年2月におけるPM2.5高濃度事例の解析2. 第58回大気環境学会年会, 同予稿集, 361

  • 熊谷貴美代, 梅田真希, 西村理恵, 石川千晶, 木戸瑞佳, 石井克己, 北見康子, 長谷川就一, 池盛文数, 山本真緒, 中坪良平, 船木大輔, 力寿雄, 浅川大地, 菅田誠治 (2017) 2017年3月におけるPM2.5高濃度事例の解析. 第58回大気環境学会年会, 同予稿集, 362

  • 熊谷貴美代, 山神真紀子, 長谷川就一, 菅田誠治 (2017) 全国PM2.5成分測定結果から見た高濃度日における地域別/季節別化学組成の特徴(3). 第58回大気環境学会年会, 同予稿集, 363

  • 緒方美治, 熊谷貴美代, 長谷川就一, 菅田誠治 (2017) 全国PM2.5成分測定結果から見た高濃度日における化石燃料燃焼指標元素の季節別/地域別特徴. 第58回大気環境学会年会, 同予稿集, 364

  • 小松宏昭, 原政之, 常松展充, 菅田誠治 (2017) 神奈川県における化学輸送モデルを用いたPM2.5の発生源寄与解析(2)〜夏季高濃度解析結果〜. 第58回大気環境学会年会, 同予稿集, 462

  • 浦西克維, 池盛文数, 嶋寺光, 近藤明, 菅田誠治 (2017) 国内バイオマス燃焼によるPM2.5の広域輸送解析. 第58回大気環境学会年会, 同予稿集, 509

  • 西村理恵, 浅川大地, 池盛文数, 山本勝彦, 菅田誠治 (2017) 大阪におけるPM2.5へのバイオマス燃焼影響の考察. 第58回大気環境学会年会, 同予稿集, 534

  • 茶谷聡, 菅田誠治, 永島達也, 森野悠, 山地一代, 速水洋, 板橋秀一, 櫻井達也 (2017) 大気質モデル間相互比較研究J-STREAMの概要. 第58回大気環境学会年会, 同予稿集, 503

  • 菅田誠治 (2016) PM2.5研究ネットワークとしての国立環境研究所と地方環境研究所との?型共同研究. 第31回全国環境研究所交流シンポジウム, 同予稿集, 7-8

  • 早崎将光, 菅田誠治 (2016) 日本におけるPM広域高濃度時の気温逆転層の動態. 2016年日本気象学会秋季大会, 同予稿集

  • 早崎将光, 菅田誠治 (2016) 冬季・春季日本における粒子状物質広域高濃度時の気象条件(第2報). 2016年日本気象学会春季大会, 同予稿集

  • 富山一, 曽我稔, 茶谷聡, 田邊潔, 小林伸治, 高見昭憲, 菅田誠治 (2016) 食品スーパーマーケットPOSデータを用いた調理由来排出量の推計. 第57回大気環境学会年会, 同予稿集, 294

  • 富山一, 茶谷聡, 田邊潔, 小林伸治, 高見昭憲, 菅田誠治 (2016) 稲作残渣野焼きによる大気汚染物質排出量の地域別時間分布推計. 第57回大気環境学会年会, 同予稿集, 393

  • 富山一, 田邊潔, 小林伸治, 茶谷聡, 藤谷雄二, 古山昭子, 佐藤圭, 伏見暁洋, 近藤美則, 菅田誠治, 森野悠, 早崎将光, 小熊宏之, 井手玲子, 日下博幸, 高見昭憲 (2016) つくば市における野焼き発生の時間分布調査. 第57回大気環境学会年会, 同予稿集, 392

  • 山川和彦, 早崎将光, 長谷川就一, 板野泰之, 鈴木義浩, 山神真紀子, 田子博, 長田健太郎, 秋山雅行, 菅田誠治 (2016) PM2.5測定法に関する研究. 第57回大気環境学会年会 特別集会, 同予稿集, 86-89

  • 小松宏昭, 浦西克維, 原政之, 常松展充, 山本勝彦, 奥村智憲, 浅野勝佳, 宮野愛子, 山神真紀子, 青山知由, 板野秦之, 菅田誠治 (2016) 化学輸送モデルを用いたPM2.5の発生源寄与解析. 第57回大気環境学会年会 特別集会, 同予稿集, 81-83

  • 梶田奈穂子, 橋本貴世, 池田光弘, 中野温朗, 寺本佳宏, 中坪良平, 菅田誠治 (2016) 閉鎖性海域周辺におけるPM2.5汚染に関する一考察. 第57回大気環境学会年会 特別集会, 同予稿集, 77

  • 池盛文数, 西村理恵, 齊藤伸治, 秋山雅行, 山本重一, 菅田誠治 (2016) 国内大都市のPM2.5高濃度時における有機成分の特徴. 第57回大気環境学会年会, 同予稿集, 364

  • 山神真紀子, 橋本貴世, 熊谷貴美代, 寺本佳宏, 遠藤昌樹, 木下誠, 中坪良平, 長谷川就一, 菅田誠治 (2016) 2013-2015 年度における全国のPM2.5 高濃度分布. 第57回大気環境学会年会, 同予稿集, 355

  • 木戸瑞佳, 中島亜矢子, 山本真緒, 寺本佳宏, 山神真紀子, 牧野雅英, 武田麻由子, 熊谷貴美代, 長谷川就一, 菅田誠治 (2016) 2016年2、3月におけるPM2.5高濃度事例の解析. 第57回大気環境学会年会, 同予稿集, 354

  • 山本真緒, 池田光広, 桶谷嘉一, 中坪良平, 西村理恵, 寺本佳宏, 梶田奈穂子, 山神真紀子, 牧野雅英, 木戸瑞佳, 花岡良信, 遠藤昌樹, 佐久間隆, 長谷川就一, 菅田誠治 (2016) 2016 年1 月におけるPM2.5 高濃度事例の解析. 第57回大気環境学会年会, 同予稿集, 353

  • 中島亜矢子, 池田光広, 山本真緒, 中坪良平, 寺本佳宏, 梶田奈穂子, 山神真紀子, 牧野雅英, 木戸瑞佳, 花岡良信, 熊谷貴美代, 遠藤昌樹, 佐久間隆, 長谷川就一, 菅田誠治 (2016) 2015 年10月におけるPM2.5高濃度事例の解析. 第57回大気環境学会年会, 同予稿集, 352

  • 池田光広, 中島亜矢子, 山本真緒, 中坪良平, 寺本佳宏, 山神真紀子, 牧野雅英, 木戸瑞佳, 武田麻由子, 熊谷貴美代, 長谷川就一, 遠藤昌樹, 小野寺甲仁, 松岡靖史, 菅田誠治 (2016) 2015 年6 月におけるPM2.5 高濃度事例の解析. 第57回大気環境学会年会, 同予稿集, 351

  • 西山 亨, 中島亜矢子, 池田光広, 山本真緒, 中坪良平, 山神真紀子, 木戸瑞佳, 武田麻由子, 長谷川就一, 菅田誠治 (2016) 2015年4、5月における微小粒子状物質(PM2.5)高濃度事例の解析. 第57回大気環境学会年会, 同予稿集, 350

  • 早崎将光, 菅田誠治 (2016) PM 広域高濃度時の気温逆転層. 第57回大気環境学会年会, 同予稿集, 468

  • 梶田奈穂子, 中島亜矢子, 池田光広, 山本真緒, 中坪良平, 寺本佳宏, 山神真紀子, 牧野雅英, 木戸瑞佳, 花岡良信, 武田麻由子, 熊谷貴美代, 遠藤昌樹, 佐久間隆, 長谷川就一, 菅田誠治 (2016) 2015 年7、8 月におけるPM2.5 高濃度事例の解析. 第57回大気環境学会年会, 同予稿集, 204

  • 辻 昭博, 山本重一, 家合浩明, 三田村徳子, 石井克巳, 日置正, 向井人史, 菅田誠治 (2016) Sulfate/V比とAs/V比の二次元プロット法によるSulfateの起源の推定. 第57回大気環境学会年会, 同予稿集, 202

  • 山本勝彦, 奥村智憲, 西村理恵, 浦西克維, 小松宏昭, 菅田誠治 (2016) 大阪盆地における夏季のPM2.5 汚染メカニズムの研究. 第57回大気環境学会年会, 同予稿集, 201

  • 浦西克維, 池盛文数, 中坪良平, 菊谷有希, 浅野勝佳, 菅田誠治, 嶋寺光, 近藤明 (2016) PMF及びCMAQによるPM2.5の発生源解析−2013年度 東海・近畿地方−. 第57回大気環境学会年会, 同予稿集, 200

  • 小松宏昭, 常松展充, 原政之, 浦西克維, 菅田誠治 (2016) 神奈川県における化学輸送モデルを用いたPM2.5 の発生源寄与解析. 第57回大気環境学会年会, 同予稿集, 198

  • 武田麻由子, 吉田勤, 遠藤昌樹, 多田有佑, 大橋泰浩, 三宅健司, 池盛文数, 山神真紀子, 寺本佳宏, 西村理恵, 中坪良平, 菊谷有希, 佐藤嵩拓, 山内正信, 大内伸保, 豊永悟史, 土肥正敬, 菅田誠治 (2016) 日本各地におけるPMF 解析結果の比較. 第57回大気環境学会年会, 同予稿集, 196

  • 茶谷聡, 富山一, 小林伸治, 田邊潔, 菅田誠治, 佐藤圭, 高見昭憲 (2016) 野焼き起因排出量推計の改良によるPM2.5濃度予測値への影響評価. 第57回大気環境学会年会, 同講演要旨集, 394

  • 早崎将光, 菅田誠治 (2015) 冬季・春季日本における粒子状物質広域高濃度時の気象条件. 2015年日本気象学会秋季大会, 同予稿集

  • 山本勝彦, 西村理恵, 中戸靖子, 菅田誠治, 清水厚, 佐野到 (2015) ライダー観測データとPM2.5成分について. 第56回大気環境学会年会, 同予稿集, 490

  • 長谷川就一, 桶谷嘉一, 菅田誠治 (2015) 全国常時監視データを用いたPM2.5汚染状況の考察. 第56回大気環境学会年会, 同予稿集, 427

  • 遠藤昌樹, 浅川大地, 熊谷貴美代, 山神真紀子, 橋本貴世, 小泉英誉, 武田真由子, 牧野雅英, 花岡良信, 梶田奈穂子, 長谷川就一, 菅田誠治 (2015) 2014年7月におけるPM2.5高濃度事例の解析. 第56回大気環境学会年会, 同予稿集, 426

  • 橋本貴世, 山神真紀子, 武田麻由子, 熊谷貴美代, 寺本佳宏, 宮田朋子, 長谷川就一, 菅田誠治 (2015) 2014年4月におけるPM2.5高濃度事例の解析. 第56回大気環境学会年会, 同予稿集, 425

  • 中坪良平, 浦西克維, 池盛文数, 西村理恵, 松岡靖史, 菅田誠治 (2015) 日本の大規模港湾周辺で捕集されたPM2.5の発生源解析. 第56回大気環境学会年会, 同予稿集, 423

  • 浦西克維, 浅野勝佳, 菊谷有希, 山神真紀子, 青山知由, 板野泰之, 山本勝彦, 宮野愛子, 小松宏昭, 常松展充, 原政之, 菅田誠治 (2015) 化学輸送モデルによる2013年東海・近畿地域のPM2.5濃度と地域別発生源の影響. 第56回大気環境学会年会, 同予稿集, 312

  • 浦西克維, 浅野勝佳, 菊谷有希, 嶋寺光, 近藤明, 菅田誠治, 中西誠 (2015) 2013年度奈良県における化学輸送モデルによるPM2.5濃度解析. 第56回大気環境学会年会, 同予稿集, 311

  • 池盛文数, 北本洋紀, 中坪良平, 飯島明宏, 岩本真二, 菅田誠治 (2015) 全国PM2.5成分測定結果へのPMFモデルの適用. 第56回大気環境学会年会, 同予稿集, 306

  • 熊谷貴美代, 田子博, 山神真紀子, 寺本佳宏, 橋本貴世, 牧野雅英, 木下誠, 佐久間隆, 長谷川就一, 菅田誠治 (2015) 全国PM2.5成分測定結果から見た高濃度日における地域別化学組成の特徴(第2報). 第56回大気環境学会年会, 同予稿集, 281

  • 山神真紀子, 寺本佳宏, 牧野雅英, 木下誠, 木戸瑞佳, 長谷川就一, 菅田誠治 (2015) 2015年2、3月におけるPM2.5高濃度事例の解析. 第56回大気環境学会年会, 同予稿集, 280

  • 早崎将光, 菅田誠治 (2015) PM広域高濃度時の大気汚染動態と気象要因. 第56回大気環境学会年会, 同予稿集, 375

  • 早崎将光, 菅田誠治 (2015) 大気汚染常時監視測定値の品質管理. 第56回大気環境学会年会, 同予稿集, 493

  • 板野泰之, 山神真紀子, 長谷川就一, 田子博, 長田健太郎, 鈴木義浩, 秋山雅行, 山川和彦, 菅田誠治 (2015) PM2.5質量濃度自動測定機の維持管理のための空試験データの有効活用法の検討. 第56回大気環境学会年会, 同予稿集, 362

  • 寺本佳宏, 遠藤昌樹, 熊谷貴美代, 長谷川就一, 宮田朋子, 花岡良信, 山神真紀子, 橋本貴世, 中島亜矢子, 菅田誠治 (2015) 2014年5、6月におけるPM2.5高濃度事例の解析. 第56回大気環境学会年会, 同予稿集, 279

  • 浅川大地, 秋山雅行, 小泉英誉, 坂本功, 遠藤昌樹, 家合浩明, 牧野雅英, 武田麻由子, 菅田誠治 (2015) エアロゾル中のレボグルコサンと黒色炭素濃度の時間変動:シベリア森林火災の影響. 第56回大気環境学会年会, 同予稿集, 273

  • 富山一, 小林伸治, 田邊潔, 高見昭憲, 菅田誠治 (2015) ソーシャルメディアデータを用いた大気汚染物質排出量の時間分布推計. 第56回大気環境学会年会, 同予稿集, 358

  • 佐藤圭, 藤谷雄二, 猪俣敏, 田邊潔, 森野悠, 近藤美則, 伏見暁洋, 高見昭憲, 菅田誠治 (2015) α-ピネンのオゾン酸化で生成する二次有機エアロゾルの揮発特性に関する実験的研究. 第56回大気環境学会年会, 同予稿集, 385

  • 高見昭憲, 菅田誠治, 清水厚, 森野悠 (2015) PM2.5等の広域大気汚染に対する国立環境研究所・地域環境研究センターの取り組み. SAT 2015 テクノロジー・ショーケース, 同予稿集, 133

  • 森野悠, 永島達也, 菅田誠治, 高見昭憲, 谷本浩志, 大原利眞 (2014) 化学輸送モデルによるPM2.5成分濃度の再現性と時空間分解能の関係. 大気環境学会, 大気環境学会年会 講演要旨集, 504

  • Morino Y., Nagashima T., Sugata S., Sato K., Tanabe K., Takami A., Tanimoto H., Ohara T. (2014) Comprehensive model evaluation of PM2.5 species over Japan: comparison among AERO5, AERO6, and AERO6-VBS modules. CMAS(Community Modering & Analysis System), なし

  • 鵜野伊津志, 弓本桂也, 板橋秀一, 栗林正俊, 山本重一, 下原孝章, 菅田誠治 (2014) 色々な機関のエアロゾル観測を化学輸送モデルで統合した季節変化の解析. 第55回大気環境学会年会, 同講演要旨集, 207

  • 熊谷貴美代, 山神真紀子, 橋本貴世, 野口邦雅, 木下誠, 長谷川就一, 菅田誠治 (2014) 2014年2月におけるPM2.5高濃度事例の解析. 第55回大気環境学会年会, 同講演要旨集, 401

  • 飯島明宏, 池盛文数, 長谷川就一, 菅田誠治 (2014) PMFおよびCMBモデルを用いた西日本におけるPM2.5発生源寄与率の推定. 第55回大気環境学会年会, 同講演要旨集, 295

  • 熊谷貴美代, 田子博, 寺本佳宏, 橋本貴世, 山神真紀子, 牧野雅英, 木下誠, 長谷川就一, 佐久間隆, 菅田誠治 (2014) 全国PM2.5成分測定結果から見た高濃度日における地域別化学組成の特徴. 第55回大気環境学会年会, 同講演要旨集, 277

  • 山神真紀子, 橋本貴世, 熊谷貴美代, 盪両左, 松岡靖史, 野口邦雅, 菊池一馬, 長谷川就一, 菅田誠治 (2014) 2014年3月におけるPM2.5高濃度事例の解析. 第55回大気環境学会年会, 同講演要旨集, 276

  • 橋本貴世, 山神真紀子, 盪両左, 松岡靖史, 野口邦雅, 佐久間隆, 長谷川就一, 菅田誠治 (2014) 2013年8.9月におけるPM2.5高濃度事例の解析. 第55回大気環境学会年会, 同講演要旨集, 269

  • 池盛文数, 浅川大地, 中島寛則, 菅田誠治 (2014) 名古屋市におけるPM2.5中のWSOC、シュウ酸およびレボグルコサンの季節変動. 第55回大気環境学会年会, 同講演要旨集, 199

  • 山本勝彦, 中戸靖子, 西村理恵, 三田村徳子, 山神真紀子, 加藤三奈, 三原利之, 盪両左, 高倉尚枝, 中坪良平, 浅野勝佳, 板野泰之, 菅田誠治 (2014) 東海・近畿地域におけるPM2.5高濃度事象の要因について. 第55回大気環境学会年会, 同講演要旨集, 197

  • 日置正, 谷口延子, 菅田誠治 (2014) 無機元素をトレーサーとした日本海沿岸域におけるPM2.5越境汚染の解析. 第55回大気環境学会年会, 同講演要旨集, 196

  • 山本重一, 下原孝章, 濱村研吾, 田村圭, 小林優太, 日置正, 菅田誠治 (2014) 西日本におけるPM2.5高濃度の季節別特徴について. 第55回大気環境学会年会, 同講演要旨集, 194

  • 山本重一, 下原孝章, 濱村研吾, 田村圭, 菅田誠治, 鵜野伊津志 (2014) 福岡におけるPM2.5地域汚染の特徴について. 第55回大気環境学会年会, 同講演要旨集, 195

  • 菅田誠治, 飯島明宏, 板野泰之, 山本勝彦, 山本重一, 谷口延子, 秋山雅行 (2014) 全国の環境研究機関の有機的連携によるPM2.5研究. 第55回大気環境学会年会, 同講演要旨集, 193

  • 山本重一, 下原孝章, 濱村研吾, 山本勝彦, 谷口延子, 山敬久, 長谷川就一, 三田村徳子, 長田健太郎, 田村圭, 家合浩明, 小林優太, 菅田誠治, 大原利眞 (2013) 2012年春季から夏季に西日本で観測されたPM2.5高濃度イベントの要因解析. 大気環境学会第54回年会, 同予稿集, 226

  • 山本勝彦, 中戸靖子, 三田村徳子, 山神真紀子, 加藤三奈, 西山亨, 平澤幸代, 中坪良平, 板野泰之, 菅田誠治, 大原利眞 (2013) PM2.5の近畿地方におけるローカルな要因による高濃度について. 大気環境学会第54回年会, 同予稿集, 510

  • 飯島明宏, 池盛文数, 長谷川就一, 菅田誠治 (2013) PM2.5発生源寄与評価の現状と展望. 大気環境学会第54回年会, 同予稿集, 102-105

  • 長谷川就一, 山神真紀子, 菅田誠治 (2013) 地方環境研究所の共同によるPM2.5観測. 大気環境学会第54回年会, 同予稿集, 99-101

  • 板野泰之, 森田浩行, 山本勝彦, 長田健太郎, 福田照美, 菅田誠治 (2013) 地方環境研究所の共同による光化学オキシダントの挙動解析. 大気環境学会第54回年会, 同予稿集, 94-95

  • 秋山雅行, 大塚英幸, 芥川智子, 菅田誠治, 大原利眞 (2013) 積雪寒冷地特有の発生源におけるPM2.5排出状況について. 大気環境学会第54回年会, 同予稿集, 480

  • 山敬久, 木戸瑞佳, 源将, 菅田誠治, 清水厚 (2013) 富山県における標高別PM2.5調査. 大気環境学会第54回年会, 同予稿集, 475

  • 大塚英幸, 芥川智子, 秋山雅行, 菅田誠治, 大原利眞 (2013) 北海道におけるPM2.5高濃度イベント -含有成分と気象及び他の大気汚染物質との関係について-. 大気環境学会第54回年会, 同予稿集, 365

  • 山神真紀子, 佐川竜也, 中戸靖子, 長田健太郎, 米持真一, 山本勝彦, 山田大介, 芝和代, 山田克則, 菅田誠治, 大原利眞 (2012) 2011年2月の国内におけるPM2.5の高濃度現象の解析(3). 大気環境学会第53回年会, 同講演要旨集, 430

  • 板野泰之, 菅田誠治, 大原利眞 (2012) 特殊な発生源からのVOC排出実態調査. 大気環境学会第53回年会, 同講演要旨集, 429

  • 飯島明宏, 菅田誠治, 大原利眞 (2012) 各種発生源から大気に排出される粒子状物質の化学組成プロファイリング. 大気環境学会第53回年会, 同講演要旨集, 428

  • 大塚英幸, 秋山雅行, 芥川智子, 菅田誠治, 大原利眞 (2012) 北日本におけるPM2.5高濃度出現状況について(2)−無機元素成分の挙動−. 大気環境学会第53回年会, 同講演要旨集, 427

  • 秋山雅行, 大塚英幸, 芥川智子, 菅田誠治, 大原利眞 (2012) 北日本におけるPM2.5高濃度出現状況について(1)−水溶性成分、炭素成分の挙動−. 大気環境学会第53回年会, 同講演要旨集, 426

  • 谷口延子, 日置正, 佐川竜也, 山本重一, 菅田誠治, 大原利眞 (2012) 隠岐及び京丹後における大気エアロゾル化学成分自動連続分析結果について. 大気環境学会第53回年会, 同講演要旨集, 425

  • 山本勝彦, 中戸靖子, 三田村徳子, 山神真紀子, 加藤三奈, 西山亨, 高倉尚枝, 平澤幸代, 谷口延子, 中坪良平, 板野泰之, 山本重一, 菅田誠治, 大原利眞 (2012) 2012年1月におけるPM2.5高濃度時の濃度分布とその要因について. 大気環境学会第53回年会, 同講演要旨集, 424

  • 日置正, 谷口延子, 山本勝彦, 中戸靖子, 山本重一, 山敬久, 長谷川就一, 三田村徳子, 田村圭, 家合浩明, 佐川竜也, 菅田誠治, 大原利眞 (2012) 2012年1月中旬に観測されたPM2.5眷仕戰ぅ戰鵐箸砲ける無機元素の挙動. 大気環境学会第53回年会, 同講演要旨集, 423

  • 山本重一, 下原孝章, 濱村研吾, 山本勝彦, 谷口延子, 山敬久, 長谷川就一, 三田村徳子, 長田健太郎, 田村圭, 家合浩明, 佐川竜也, 菅田誠治, 大原利眞 (2012) 2012年1月中旬に観測されたPM2.5眷仕戰ぅ戰鵐箸砲けるイオン成分の挙動. 大気環境学会第53回年会, 同講演要旨集, 422

  • 中戸靖子, 山本勝彦, 秋山雅行, 長谷川就一, 山本重一, 谷口延子, 山敬久, 三田村徳子, 長田健太郎, 田村圭, 家合浩明, 佐川竜也, 菅田誠治, 大原利眞 (2012) 2012年1月中旬に観測されたPM2.5眷仕戰ぅ戰鵐箸砲ける炭素成分の挙動. 大気環境学会第53回年会, 同講演要旨集, 421

  • 飯島明宏, 山本勝彦, 山本重一, 谷口延子, 秋山雅行, 山敬久, 長谷川就一, 三田村徳子, 長田健太郎, 田村圭, 家合浩明, 佐川竜也, 菅田誠治, 大原利眞 (2012) 多変量解析によるPM2.5高濃度イベントの解釈. 大気環境学会第53回年会, 同講演要旨集, 420

  • 菅田誠治, 板野泰之, 飯島明宏, 山本勝彦, 山本重一, 谷口延子, 秋山雅行, 大原利眞, 山神真紀子, 山敬久, 長谷川就一, 三田村徳子, 長田健太郎, 田村圭, 家合浩明, 佐川 竜也 (2012) 全国の環境研究機関の有機的連携によるPM2.5汚染の実態解明. 大気環境学会第53回年会, 同講演要旨集, 419

  • Sugata S., Ohara T., Kurokawa J., Hayasaki M. (2011) Development of the air pollution forecast system VENUS and its validation. 10th Annual CMAS Conference, 2011 Conference Agenda of 10th Annual CMAS Conference

  • 菅田誠治, 秋吉英治, 中村哲, 神沢博 (2011) 南北両半球における冬季成層圏極渦の孤立性の年々変動. 日本気象学会2011年度春季大会, 日本気象学会2011年春季大会講演予稿集, 97, 319

  • 菅田誠治, 大原利眞, 黒川純一, 早崎将光 (2010) 大気汚染予測システムVENUSの構築と検証. 第51回大気環境学会年会, 同講演要旨集, 530

  • 菅田誠治, 秋吉英治, 中村哲, 神沢博 (2009) 北半球冬季成層圏極渦の孤立性の年々変動. 日本気象学会 2009年度秋季大会, 同講演予稿集, 72

  • 白井知子, 横内陽子, 菅田誠治, Maksyutov S. (2008) 領域気象モデルと大気中濃度観測値を利用した東アジアにおける代替フロンの排出分布推定. 日本地球惑星科学連合 2008年大会, 同予稿集, F118-024

  • Ohara T., Sugata S., Kurokawa J., Morino Y., Miyashita N. (2008) Chemical weather forecasting system at the National Institute for Environmental Study: Part 1,introduction. Workshop Chem.Weather Forecasting Online Modeling,

  • Akiyoshi H., Sugata S., Imamura T., Nakane H. (2008) Interannual variation in the BrO-CIO ozone destruction cycle in the northern high latitude lower stratosphere associated with the Arctic polar vortex variation in 1995-97. SMILES Int.Workshop 2008, Program

  • 森野悠, 近藤豊, 大原利眞, 菅田誠治, 竹川暢之, 福田真人 (2008) 3次元化学輸送モデルで計算された,夏季関東域におけるオゾン生成レジームの変化. 第14回大気化学討論会, 同講演要旨集, 67

  • Morino Y., Kondo Y., Ohara T., Sugata S., Takegawa N., Fukuda M. (2008) Ozone production over the Tokyo Metropolitan Area: Physical and chemical processes simulated by Community Multiscale Air Quality Model(CMAQ). AGU Fall Meeting 2008, Abstracts, A34C-08

  • 早崎将光, 菅田誠治, 大原利眞 (2008) 浮遊粒子状物質および光化学オキシダントの広域高濃度現象の時空間変動. 第49回大気環境学会年会, 同講演要旨集, 395

  • ○研究講演
  • Sugata S. (2017) Improving Observation networks and Numerical models to meet atmospheric environmental standards. International Co-Design Workshop on Earth observation in Support of the Sustainable Development Goals – The Case of Urban Areas in Asia, -

  • 菅田誠治 (2016) 第5期共同研究の概要. 第57回大気環境学会 特別集会「全国の環境研究機関の連携によるPM2.5 の短期的/長期的環境基準超過をもたらす汚染機構の解明」, 同予稿集, 74

  • 菅田誠治 (2014) PM2.5の越境輸送寄与を切り出す幾つかの方法. 平成26年度富山県環境科学センター研究成果発表会, なし

  • 菅田誠治 (2014) PM2.5の越境輸送とその見積もり. 第57回 日本環境化学会講演会, 同予稿集

  • 菅田誠治 (2014) PM2.5の予測手法の開発状況. 2014年度環境アセスメント学会第13回大会研究発表会 企画委員会主催シンポジウム「化石エネルギーの有効活用と環境アセスメントとの関わり」, 同プログラム・要旨集, 18

  • 菅田誠治 (2014) 大気汚染等の大気環境の現状と見通し. 第52回全国大学保健管理研究集会, 同プログラム・抄録集, 21

  • 菅田誠治 (2014) PM2.5は増えているのか?心配なのか?. 日本気象学会関西支部第36回夏季大学, 同テキスト, 28-39

  • Sugata S. (2013) Understanding of the actual state of PM2.5 in Japan based on the observation network. 54th annual meeting of the Japan Society for Atmospheric Environment, Abstracts, 110-111

  • 菅田誠治 (2013) 日本のPM2.5の現状と数値シミュレーションの課題. 情報科学技術フォーラム第12回(FIT2013), なし

  • Sugata S., Morino Y., Ohara T., Nishizawa M., Kurokawa J., Hayasaki M. (2011) Air quality perspectives from Japan and response/impact of the recent Earthquake/Tsunami. 3rd International Workshop on Air Quality Forecasting Research, Program of 3rd International Workshop on Air Quality Forecasting Research

  • 菅田誠治 (2014) 大気中のPM2.5の現状について . PM2.5・黄砂講演会 〜研究者が語る越境大気汚染の現状と健康への影響〜, なし

  • 菅田誠治 (2014) PM2.5等の現状と問題点. 時代を刷新する会第300回環境技術委員会, なし

  • 菅田誠治 (2013) PM2.5の越境輸送と関東地方への影響. 第37回環境・公害研究合同発表会(特別講演), 同要旨集

  • 菅田誠治 (2013) PM2.5の概況と今後の見通し. NPO法人環境ベテランズファームセミナー, なし

  • ○2007年度以前のデータ
  • 早崎将光, 西川雅高, 菅田誠治 (2007) 黄砂飛来時のSPM濃度と視程の関係. 第24回エアロゾル科学・技術研究討論会, 同予稿集

  • Ohara T., Yamaji K., Uno I., Tanimoto H., Sugata S., Nagashima T., Kurokawa J., Horii N., Akimoto H. (2007) Long-term simulations of surface ozone in East Asia during 1980-2020 with CMAQ and REAS inventory. ITM 2007: 29th NATO/SPS Int.Tech.Meet.Air Pollut.Modelling its Appl., Proceedings

  • Morino Y., Kondo Y., Ohara T., Sugata S., Takegawa N., Miyakawa T., Fukuda M. (2007) Production,transport,and removal of HNO3 and particulate nitrate over Tokyo. 10th Int.Conf.Atmos.Sci.Appl.Air Qual.(ASAAQ 2007), Abstracts

  • 森野悠, 近藤豊, 大原利眞, 菅田誠治, 竹川暢之, 福田真人 (2007) 首都圏における硝酸及び硝酸塩エアロゾルの生成,消失,輸送過程. 日本地球惑星科学連合 2007年大会, 同予稿集

  • 松井仁志, 小池真, 近藤豊, 竹川暢之, 宮川拓真, 大原利眞, 菅田誠治 (2007) 3次元モデルを用いた関東域における2次有機エアロゾルの変動過程について. 日本地球惑星科学連合 2007年大会, 同予稿集(CD-ROM)

  • 森野悠, 近藤豊, 菅田誠治, 大原利眞, 竹川暢之, 駒崎雄一, 福田真人, 宮川拓真, 北和之 (2007) 都市大気中での硝酸および硝酸塩エアロゾルの生成・消失過程. 第17回大気化学シンポジウム, 同プログラム

  • 白井知子, 菅田誠治, 横内陽子 (2007) 東アジアにおけるハロカーボンの放出・輸送シミュレーション-フォワード計算-. 第17回大気化学シンポジウム, 同講演要旨集

  • 白井知子, 菅田誠治, 横内陽子, 大原利眞, Maksyutov S. (2007) 東アジアにおける代替フロン放出・輸送シミュレーション. 日本地球惑星科学連合 2007年大会, 同予稿集, F118-P017

  • 白井知子, 菅田誠治, 横内陽子, Maksyutov S. (2007) 波照間における観測値を利用した東アジアにおけるHCFC-22排出量推定. 第13回大気化学討論会, 同講演要旨集, 57

  • 菅田誠治 (2006) 領域モデルを用いた大気質予報の現状と問題点. 大気化学シンポジウム第16回, なし

  • 菅田誠治, 秋吉英治, 神沢博 (2006) 時間閾値解析法(TTD)を用いた成層圏極渦の孤立性と鉛直流の解析. 大気化学シンポジウム第16回, なし

  • 菅田誠治, 足立幸穂, 西川雅高, 大原利眞, 早崎将光 (2006) 2001-2006年における黄砂の年々変動の数値計算による要因解析. 第47回大気環境学会年会, 同講演要旨集(CD-ROM)

  • 早崎将光, 足立幸穂, 菅田誠治, 西川雅高, 大原利眞, 若松伸司 (2006) 2006年春季の黄砂飛来時における高濃度SPMの空間分布と時間変動. 第47回大気環境学会年会, 同講演要旨集(CD-ROM), 1F1036

  • 早崎将光, 黒崎泰典, 樋口篤志, 足立幸穂, 菅田誠治, 西川雅高, 大原利眞, 若松伸司 (2006) 2006年4月8日の黄砂をもたらした前線の空間構造と時間発展. 日本気象学会 2006年度秋季大会, 同講演予稿集

  • Sugata S., Ohara T., Nishikawa M., Sugimoto N., Mori I., Shimizu A., Hayasaki M. (2006) Recent interannual variationin dust from changes in emission and transport. Int.Workshop Reg.Ecol.Environ.Eff., Abstracts

  • 菅田誠治, 秋吉英治, 神沢博 (2006) 時間閾値解析法で調べた1997年北半球と2003年南半球の成層圏極渦の孤立性と鉛直流. 2005年度南極昭和基地大型レーダープロジェクトPANSY研究集会, 同プログラム

  • 白井知子, 菅田誠治, 横内陽子 (2006) 東アジアにおけるハロカーボンの放出・輸送シミュレーション-初期結果報告-. 第12回大気化学討論会, 同講演要旨集

  • 松井仁志, 小池真, 近藤豊, 竹川暢之, 宮川拓真, 河村公隆, 大原利眞, 菅田誠治 (2006) 3次元モデルによる都市大気中の2次有機エアロゾルの再現性と生成・変動について. 第12回大気化学討論会, プログラム

  • 谷本直隆, 大原利眞, 鵜野伊津志, 植松光夫, 菅田誠治 (2006) 東アジアスケール大気質モデルによるEC発生源寄与の解析. 第47回大気環境学会年会, 同講演要旨集(CD-ROM), 3H0936

  • Adachi S., Wakamatsu S., Sugata S., Hayasaki M., Kimura F. (2005) Transport process of dust by a cold front. 16th Reg.Conf.Clean Air Environ.Asian Pac.Area(Poster Session), Abstracts

  • 菅田誠治, 秋吉英治, 神沢博 (2005) Time threshold diagnostics(TTD)を用いた成層圏極渦内の下降流の解析. 日本気象学会 2005年度秋季大会, 同講演予稿集

  • 菅田誠治, 西川雅高, 杉本伸夫 (2005) 数値シミュレーションによる黄砂の発生地と輸送経路の推定. 第46回大気環境学会年会(特別集会), 同講演要旨集

  • Sugata S., Ohara T., Wakamatsu S., Kurokawa J., Ikeuchi I. (2005) Forecast and reanalysis system for urban air quality in Japan with CMAQ and RAMS. 4th Annu.CMAS Models-3 users' Conf.(Poster Session), -

  • Sugata S., Nishikawa M., Sugimoto N., Mori I., Shimizu A., Hayasaki M. (2005) Seasonal variation of dust in East Asia in 2001,2002,and 2003. 16th Reg.Conf.Clean Air Environ.Asian Pac.Area, Abstracts

  • 秋吉英治, 菅田誠治, 吉識宗佳, 杉田考史 (2005) 1997年北極渦のPolar Processor効果. 日本気象学会 2005年度秋季大会, 同講演予稿集

  • 秋吉英治, 菅田誠治, 黒川純一, 滝川雅之, 今村隆史, 中根英昭 (2005) 化学輸送モデルを用いた94/95 95/96 96/97年冬の北半球中高緯度域オゾン破壊の緯度別解析. 日本気象学会 2005年度春季大会, 同講演予稿集

  • 足立幸穂, 若松伸司, 菅田誠治, 木村富士男, 早崎将光, 黒崎泰典 (2004) 2000年4月19日にMODISで見られたダストストームと低気圧まわりの流れ. 日本気象学会2004年度秋季大会, 同予稿集, 86, C105

  • 谷本直隆, 大原利眞, 鵜野伊津志, 菅田誠治 (2004) 東アジアにおける炭素粒子動態のモデル解析. 第14回大気化学シンポジウム, なし

  • 河上修, 大原利眞, 坂田智之, 吉田真理子, 菅田誠治 (2004) 関東地域大気汚染予報システムの構築. 第45回大気環境学会年会, 同講演要旨集, 486

  • 松下洋平, 谷本直隆, 大原利眞, 菅田誠治 (2004) RAMS/CMAQ高分解モデルによる梅雨期の酸性沈着シミュレーション. 第45回大気環境学会年会, 同講演要旨集, 674

  • 谷本直隆, 大原利眞, 鵜野伊津志, 植松光夫, 菅田誠治 (2004) 東アジアにおける炭素粒子の年間シミュレーション. 第45回大気環境学会年会, 同講演要旨集, 633

  • 吉田真理子, 大原利眞, 森川多津子, 菅田誠治 (2004) RAMS/CMAQネスティングモデルを用いた関東地域の光化学大気汚染シミュレーション. 第45回大気環境学会年会, 同講演要旨集, 402

  • 鵜野伊津志, 大原利眞, 菅田誠治, 黒川純一, 古橋規尊, 山地一代 (2004) RAMS/CMAQ物質輸送モデルを用いたアジア域の通年シミュレーション. 第45回大気環境学会年会, 同講演要旨集, 401

  • Sugata S., Nishikawa M., Sugimoto N., Mori I., Shimizu A. (2004) Impacts of meteorological fields and surface conditions on Asian dust. 6th Int.Symp.Plant Responses Air Pollut.Global Change: Mol.Biol.Plant Prod.Ecosystem, Program

  • 秋吉英治, 菅田誠治, 吉識宗佳, 杉田考史 (2004) 北極渦内オゾン破壊の極渦外への影響について. 日本気象学会 2004年度秋季大会, 同講演予稿集

  • 秋吉英治, Libo Zhou, 黒川純一, 菅田誠治, 今村隆史, 滝川雅之, 川平浩二, 中根英昭 (2004) 極成層圏雲と硫酸エアロゾルを介した臭素のオゾン層への影響-ライダー観測に望むこと-. 第23回レーザセンシングシンポジウム, 同予稿集

  • Akiyoshi H., Imamura T., Kurokawa J. , Takigawa M., Sugata S., Nakane H. (2004) A CTM study of lower stratosspheric ozone destruction due to bromine species inside/outside the arctic polar vortex. Sparc 2004, Abstracts

  • Hayasaki M., Sugata S. (2003) Interannual variability of cold surges over northeastern Eurasia. 4th Int.Workshop Global Change Connection Arct.2003(GCCA4), Proceedings, 195-199

  • 中村和, 若松伸司, 菅田誠治, 木村富士男 (2003) 関東地方及び福島県・山梨県における光化学オキシダント日最高値出現頻度の経年変動解析. 日本気象学会 2003年度秋季大会, 同講演予稿集, 84

  • 中村和正, 若松伸司, 菅田誠治, 木村富士男 (2003) 関東地方及び福島県・山梨県における光化学オキシダント日最高値出現頻度解析. 日本地理学会 2003年度秋季学術大会, 同発表要旨集, -64(64), 103

  • 中村和正, 若松伸司, 菅田誠治, 木村富士男 (2003) 関東地方及び福島県・山梨県における光化学オキシダント日最高値出現頻度解析. 第44回大気環境学会年会, 同講演要旨集, 350

  • 板野泰之, 長谷川就一, 若松伸司, 菅田誠治, 早崎将光, 菅原浩史 (2003) 2003年春季関西地区における大気汚染の立体分布観測 (2)集中観測におけるガス状物質の解析. 第44回大気環境学会年会, 同講演要旨集, 281

  • 長谷川就一, 若松伸司, 小林伸治, 菅田誠治, 早崎将光, 板野泰之, 日置正, 中西貞博, 斉藤勝美 (2003) 2003年春季関西地区における大気汚染の立体分布観測 (1)観測概要および集中観測における粒子状物質の解析. 第44回大気環境学会年会, 同講演要旨集, 280

  • Itano Y., Warashina M., Tanaka M., Wakamatsu S., Sugata S., Hasegawa S., Kobayashi S., Ohara T., Moriya T. (2003) Observation of spatial distribution of air pollutants in the Osaka area-field observation-. 8th Int.Conf.Atmos.Sci.Appl.Air Qual., Program & Abstracts, 133

  • Hasegawa S., Wakamatsu S., Moriya T., Sugata S., Kobayashi S., Itano Y., Ohara T. (2003) Observation of particulate matter in Tokyo and Osaka areas. 8th Int.Conf.Atmos.Sci.Appl.Air Qual., Program & Abstracts, 107

  • 秋吉英治, 杉田考史, 河本望, 神沢博, 菅田誠治, 周立波, 中島英彰, 黒川純一, 滝川雅之, 永島達也 他 (2003) ILASとCCSR/NIESナッシングCTMを用いた1997年の北極域成層圏に関する研究. 日本気象学会 2003年度秋季大会, 同講演予稿集, 84, 74

  • Akiyoshi H., Sugata S., Sugita T., Nakajima H., Hayashi H., Kurokawa J., Takahashi M. (2003) Variation and diffusion of low-N2O air masses after the breakdown of the arctic polar vortex in 1997 simulated by CCSR/NIES nudging CTM. IUGG 2003, Abstracts, A207

  • Sugata S., Nishikawa M., Sugimoto N. (2003) Soil-derived aerosols in East Asia simulated by CMAQ and RAMS. 2003 Models-3 Users' Workshop, -

  • 畠山史郎, 片平菊野, 高見昭憲, 菅田誠治, 北和之 (2003) 奥日光山岳域のオゾン濃度と気象条件. 第44回大気環境学会年会, 同講演要旨集, 355

  • 片平菊野, 高見昭憲, 菅田誠治, 北和之, 畠山史郎 (2003) 森林衰退に関連する山岳域の高濃度オゾンと気象条件. 第13回大気化学シンポジウム, 同講演集, 137-139

  • Sugata S., Wakamatsu S., Ohara T., Uno I. (2003) Application of CMAQ with RAMS to air quality in the Osaka area in Japan. 1st CMAS Workshop, -

  • Sugata S., Wakamatsu S., Ohara T., Hasegawa S., Kobayashi S., Itano Y., Moriya T. (2003) Observation of spatial distribution of air pollutants in the Osaka Area-numerical modeling study-. 8th Int.Conf.Atmos.Sci.Appl.Air Qual., Abstracts, 134

  • 長谷川就一, 若松伸司, 菅田誠治, 小林伸治, 板野泰之, 大原利眞, 守屋岳 (2002) 都市域での大気汚染と気象の立体分布観測(2)-測定法の比較と東京・大阪の特徴-. 第43回大気環境学会年会, 同講演要旨集, 386

  • 守屋岳, 若松伸司, 菅田誠治, 長谷川就一, 小林伸治, 板野泰之, 大原利眞 (2002) 都市域での大気汚染と気象の立体分布観測(4)東京における粒子状物質の鉛直分布. 第43回大気環境学会年会, 同講演要旨集, 387

  • 若松伸司, 菅田誠治, 長谷川就一, 小林伸治, 板野泰之, 藁科宗博, 田中正宣, 大原利眞, 守屋岳 (2002) 都市域での大気汚染と気象の立体分布観測(1)観測概要-観測概要-. 第43回大気環境学会年会, 同講演要旨集, 385

  • Akiyoshi H., Sugata S., Sugita T., Nakajima H., Hayashi H., Kanzawa H., Kurokawa J., Kawamoto N., Takahashi M. (2002) A study on transport and chemistry in the summer lower stratosphere using the CCSR/NIES nudging CTM and the ILAS observation. Int.Symp.Stratos.Var.Climate, Abstracts, 167

  • 高見昭憲, 菅田誠治, 酒巻史郎, 向井人史, 坂東博 (2002) 東シナ海上空でのガスおよびエアロゾルの観測と移流パターン. 化学工学会 第35回秋季大会, 同講演要旨集, F303

  • 菅田誠治, 若松伸司, 長谷川就一, 小林伸治, 板野泰之, 大原利眞, 守屋岳 (2002) 都市域での大気汚染と気象の立体分布観測(5)-大阪地域の数値モデル解析-. 第43回大気環境学会年会, 同講演要旨集, 388

  • 池内和泉, 古橋規尊, 中根英昭, 菅田誠治, 向井人史, 勝本正之, 藤沼康実 (2002) 三次元流跡線解析モデルの導入検討. 日本気象学会2002年度春季大会, 同講演予稿集, 81, 258

  • 岡田拓也, 木村富士男, 西川雅高, 肥後桂子, 菅田誠治, 村野健太郎 (2002) つくばの降水の酸性化に寄与する三宅島の噴煙の可能性. 第43回大気環境学会年会, 同講演要旨集, 303

  • Takagi K., Nomura M., Ashiya D.T., Sugata S., Kobayashi M., Hojyo H., Naniwa A., Sugishita Y., Akibayashi Y., Fujinuma Y. et al. (2002) Carbon cycle monitoring on a larch plantation in northernmost of Japan: evaluation of carbon sequestration at a current mixed forest in autumn 2001. 2nd Int.Workshop Adv.Flux Network Flux Eval., Proceedings

  • Sugata S. (2002) Intermittent transboundary transport of sulfate aerosol and the passage of synoptic-scale pressure systems over East Asia in winter . Int.Workshop Next-Generation Climate Model, -

  • 板野泰之, 藁科宗博, 田中正宣, 若松伸司, 菅田誠治, 長谷川就一, 小林伸治, 大原利眞, 守屋岳 (2001) 都市域での大気汚染と気象立体分布観測(3)黄砂飛来と粒子状物質の挙動解析. 第43回大気環境学会年会, 同講演要旨集, 486

  • 松七五三健士, 大原利眞, 菅田誠治, 村野健太郎 (2001) 物質輸送モデルCMAQを用いた列島スケールにおける汚染物質の収支解析. 第42回大気環境学会年会, 同講演要旨集

  • 大田宏和, 菅田誠治, 木村富士男 (2001) 関東地方における二酸化炭素の高濃度汚染に関する研究. 日本気象学会2001年秋季大会, 同講演予稿集, 80

  • 高野松美, 菅田誠治, 木村富士男 (2001) 中国地方における光化学大気汚染物質の変動特性. 日本気象学会2001年秋季大会, 同講演予稿集, 80

  • 菅田誠治 (2001) 大気質モデルによる大陸スケールの物質動態の解析について. 黄砂・砂塵嵐ワークショップ,

  • Sugata S. (2001) Application of CMAQ to East Asia using RAMS meteorological data. 1st PEACE Workshop, -

  • 畠山史郎, 高見昭憲, 酒巻史郎, 向井人史, 菅田誠治, 坂東博, 大和政彦 (2001) 東シナ海上空での黄砂と大規模大気汚染の観測. 第42回大気環境学会年会, 同講演要旨集

  • 畠山史郎, 高見昭憲, 酒巻史郎, 向井人史, 菅田誠治, 坂東博, 大和政彦 (2001) 2001年3月19日 22日における東シナ海上空の大気汚染および黄砂の航空機観測. 日本気象学会2001年秋季大会, 同講演予稿集

  • Sugata S. (2001) Seasonal simulation of the air quality in East Asia using CMAQ. 25th NATO/CCMS Int.Tech.Meet.Air Pollut.Modelling Appl., -

  • 菅田誠治 (2001) ラグランジュ的に見た極渦縁辺域での大気粒子の振舞について. 南極大型レーダー計画ー北極EISCATレーダーおよびグローバルレーダー網との連携による極域大気環境の総合観測に関する研究小集会,

  • Hatakeyama S., Takami A., Sakamaki F., Mukai H., Sugata S., Bandow H., Yamato M. (2001) Aerial observation of air pollutants and yellow sand dust during March 19-22 over the Yellow Sea. 1st Joint Workshop Long-range Transboundary Air Pollut.Northeast Asia, Abstracts

  • 高見昭憲, 菅田誠治, 酒巻史郎, 大和政彦, 坂東博, 畠山史郎 (2001) 東シナ海上空でのガスとエアロゾルの航空機観測. 第18回エアロゾル科学・技術研究討論会, 同予稿集

  • 菅田誠治, 若松伸司 (2001) 大気質モデルによる大陸スケールの物質動態の解析. 第16回全国環境・公害研究所交流シンポジウム, 同予稿集

  • 畠山史郎, 高見昭憲, 酒巻史郎, 菅田誠治, 坂東博, 大和政彦 (2001) 2001年3月東シナ海上空における航空機観測によるS02とエアゾル(速報). 第7回大気化学討論会, 同講演要旨集

  • Akiyoshi H., Sugata S., Nakane H., Kurokawa J., Takigawa M., Nagashima T., Takahashi M. (2001) Ozone destruction by species and transport of arctics polar aermass to the midlarirudes calcuated by the CCSR/NIES nudging CTM. 8th Sci.Assem.IAMAS, Abstracts

  • 秋吉英治, 黒川純一, 菅田誠治, 中根英昭, 滝川雅之, 永島達也, 高橋正明 (2001) CCSR/NIES nuding CTMによる1997年の大気微量成分分布の計算ー臭素系物質によるオゾン破壊と北極渦周辺の物質分布. 日本気象学会2001年春季大会, 同講演予稿集






  • National Institute for Environmental Studies..