研究課題詳細表示
《研究課題コ−ド》0304CD552
《研究課題名(日本語)》水生植物群落の機能的多様性と生態機能
《研究課題名(英語)》Ecological function and functional diversity of aquatic plants vegetation
《予算区分》CD 文科-科研費
《開始/終了年度》2003〜2004
《研究目的・目標》
浅い湖沼沿岸域では、沿岸からの深度や勾配に添って、抽水植物群落、浮葉植物群落、沈水植物群落の帯状構造が成立している。そして、おのおのの植物群落は、異なった生態系機能を持っていると考えられる。本研究では、そのような異なったタイプの水草群落の組み合わせ(水生植物群落植物の機能的多様性functional richnessとする)が、生態系機能としての窒素浄化機能に与える影響を定量化し、機能的多様性と生態機能の関係を明確にしようとするものである。
《全体計画》
2003年度 単独植生で、現場での脱窒機能の測定手法の開発と検討を行う。
2004年度 単独植生と複数混在植生で、脱窒機能の測定を行う。
《前年度の成果概要》
直径50cm、高さ1.2m~1.5mの透明アクリルチャンバーを用い、自然の水生植物群落の脱窒機能を直接測定する手法の検討を行った。チャンバーの設置による誤差が大きいため、自然の植生を維持したまま測定するための手法を考案した。
《今年度の研究概要》
まず、野外で自然に繁茂している水生植物群落域を対象として、脱窒機能を測定する手法の開発とその検討を行う。
《備考》
共同研究者:犬伏和之(千葉大学園芸学部)
《課題代表者》高村典子
《担当者》○高村典子(生物多様性研究プロジェクト)
《キーワード(日本語)》
水生植物群落,生態機能,機能的多様性,脱窒
《キーワード(英語)》
AQUATIC PLANTS, ECOLOGICAL FUNCTION, FUNCTIONAL RICHNESS, DENITRIFICATION