研究課題詳細表示
《研究課題コ−ド》1113NA002
《研究課題名(日本語)》多媒体モデリングと戦略的モニタリングによる放射能汚染の広域環境影響評価
《研究課題名(英語)》Regional environmental assessment of radioactive materials based on the multimedia modelling and strategic monitoring
《予算区分》NA 寄付
《研究経費》704万円
《開始/終了年度》2011〜2013
《研究概要》
大気中に放出された放射性物質による、関東とその周辺地域における広域環境汚染の実態と発生メカニズムを解明するために、大気−陸水−土壌−植生−上下水道−海洋などを対象とした環境多媒体結合モデルを構築する。また、既に筑波周辺で開始している自然環境モニタリングを戦略的に整備し、放射能汚染の長期推移を把握するとともに、地方環境研究所や環境NPOとの協働により広域汚染の実態と影響を把握し、その結果を市民にわかりやすく発信する。これらのモニタリングとモデリングの連携により、関東周辺において広域環境汚染の影響評価(環境アセスメント)を行い、社会に対して情報発信する。
《研究の性格》
主たるもの:応用科学研究
従たるもの:技術開発・評価
《全体計画》
広域環境汚染メカニズムを多媒体結合モデリングによって解明するとともに、その時間的推移を把握するために、戦略的・長期的な環境モニタリングを実施する。更に、モデリングとモニタリングの連携により、放射能汚染による環境影響を評価する。具体的には、放射性物質の広域環境動態を解明するために、大気、海洋、多媒体モデルを結合したモデルを構築する。既に開始している環境モニタリングを戦略的に整備し、放射能汚染の長期推移を把握するとともに、地方環境研究所との連携や市民参加型モニタリングにより広域汚染実態を把握する。
(1年目)研究体制を確立し研究計画を作成して各研究班の研究を開始する。モデリングとモニタリングを開始・継続する。
(2年目)モデリングとモニタリング結果により放射能汚染の実態と放射性物質の環境動態を解明する。更に、放射能汚染による広域的な環境影響を評価する。研究成果をとりまとめて社会に発信する。
《前年度の成果概要》
・筑波山・霞ヶ浦地域及び福島県北東部の宇多川流域において、森林、湖水・底質、河川底質、水生生物などにおける放射性物質の環境動態計測を進めた。これらのデータをもとに、流域圏における放射性物質の環境動態を把握した。
・大気モデルと海洋水質・生態系モデル、陸域モデルを結合した多媒体モデリングシステムを使用して、放射性物質の環境シミュレーションを実施し、放射性物質の将来動向を予測した。
・本研究参加機関によるジョイントセミナー「生活環境から放射能汚染を考える」を平成25年2月18日に国立環境研究所で開催し、一般市民やNPOなど約130名が参加して情報交換・情報交流を図った。
《今年度の研究概要》
環境中の放射性物質のモニタリングを継続すると同時に蓄積したデータの解析を進める。また、環境モデル結果並びにアセスメント結果を解析する。これらを総合して、研究結果全体をとりまとめる。

《外部との連携》
共同研究機関:国立保健医療科学院、東京大学大学院、NPO「宍塚の自然と歴史の会」
《課題代表者》大原利眞
《担当者》○大原利眞(地域環境研究センター),田中敦,鈴木規之,森野悠,柴田康行,高村典子,野原精一,今井章雄,林誠二,東博紀,今泉圭隆,大迫政浩,中山祥嗣
《キーワード(日本語)》
放射性物質,多媒体環境モデリング,環境計測,広域環境アセスメント
《キーワード(英語)》
radioactive materials, multimedia environmental modelling, environmental measurement, regional environmental assessment