研究課題詳細表示
《研究課題コ−ド》1115AP090
《研究課題名(日本語)》生物多様性・生態系情報の基盤整備
《研究課題名(英語)》Monitoring projects and database management of biodiversity and ecosystem
《開始/終了年度》2011〜2015
《研究概要》
長期にわたる継続的な生物多様性・生態系の監視を継続するとともに、生物多様性や生態系の評価・予測・保全・再生に向けた情報基盤整備を推進する。

3−1 陸水域(湖沼)モニタリング
(1)GEMS/Water ナショナルセンター事業
国連(UNEP)の地球環境監視システム陸水監視部門(GEMS/Water)のわが国のナショナルセンターとして、地方公共団体などから提供される河川・湖沼における観測点の水質データを収集し、世界最大規模の淡水水質データベースGEMStatへの登録を行う。
(2)霞ヶ浦トレンドモニタリング
代表的な富栄養湖である霞ヶ浦を、GEMS/WaterトレンドモニタリングステーションおよびJaLTER(日本長期生態学研究)のコアサイトとして、定期的な採水・採泥調査と生物調査を実施し、分析結果はデータベースで整備・公開する。
(3)摩周湖ベースラインモニタリング
GEMS/Waterベースラインモニタリングステーションとして、高感度分析技術に基づき、大陸規模における化学物質の長距離物質輸送の定量的評価とその長期変動を解明する。また日本最大の透明度を持つ摩周湖の透明度長期変化に関しても、先端的な観測方法と生物群集の変動から、透明度の長期変動とその要因について解析する。

3−2 データベースの整備
環境微生物の分類・記載、絶滅危惧種の保全、侵入生物、ため池の流域データ整備、霞ヶ浦モニタリングなど、これまで個別問題に対応するために構築されてきた生物多様性と生態系に関係するデータベースの一層の拡充を図るとともに、複数のデータベースを横断利用するための整備を行う。
《前年度の成果概要》
3−1 陸水域(湖沼)モニタリング
 GEMS/Waterプログラムに関する日本語版リーフレットを作成し、ウェブ上でダウンロードできるようにしたほか、学会等でポスター発表を行い、GEMS/Waterの国際的なプログラムの紹介とデータの利活用の推進を行った。霞ヶ浦については、定期調査を継続するとともに、新規項目として魚類のモニタリングデータをデータベースとして整備し、公開を開始した。今年度より多項目水質センサー、多波長蛍光光度計などを導入し、モニタリング手法の開発・改良を進めた。摩周湖においては、水質、湖内係留観測による化学的・物理的連続的データおよび小渓流水・大気降下物の経時的観測データを取得した。また魚類など生物試料について、微量水銀同位体測定の開発とデータ収集を行った。

3−2 データベースの整備
・ウェブサイト「ため池の生物多様性」の公開
 兵庫県南部ため池群の研究で蓄積された植生、水質データを地図上で検索閲覧できるウェブシステムを開発し、公開した(http://www.nies.go.jp/tameike_web/index.html)。
・絶滅危惧種サンプルデータベースの整備
 環境試料タイムカプセル棟および微生物系統保存施設で保存されている絶滅危惧種情報のデータベース化に着手した。
・環境微生物データベースの整備
 データ項目とデータフォーマットを決定し、淡水産種5種、海産種5種のデータ登録とウェブ用ページ出力までの動作確認を行った。微生物系統保存施設ホームページのテストページでの試験的な運用を開始した。
・侵入生物データベースの整備
 国内外におけるインターネット上の外来生物情報の流通状況を分析し、ウェブ上情報源の実用的データベースの構築の準備を進め、分析結果を国際会議で発表した.加えて、侵入生物データベースの登録済みレコードについても、資料収集を進め,データの更新・拡充を進めた。
《今年度の研究概要》
3−1 陸水域(湖沼)モニタリング
(1)GEMS/Water ナショナルセンター事業
 わが国における事務局機能を果たすとともに、GEMS/Waterの国際活動に対して技術支援を継続する。GEMStatへの迅速なデータ提供へ向けて、測定方法コードの整備を行う。
(2)霞ヶ浦トレンドモニタリング
 多様な汚濁源を有する富栄養湖の水質・底泥や生物群集(プランクトン、ベントス、魚類など)の定期調査を継続し、長期観測によるデータの蓄積から水質汚濁の特徴や生物群集の動態などを解明する。FRRF法による一次生産測定手法の開発や高効率・高精度な底泥柱状試料の採集手法の確立などのモニタリング手法の開発・改良を行う。また、JaLTER(日本長期生態学研究ネットワーク)と連携し、生物の長期データの整備する。
(3)摩周湖ベースラインモニタリング
 年2回程度の観測により、大陸規模における化学物質の長距離物質輸送の定量的評価を行うとともに、水中光学的な観測及び連続的な係留観測、プランクトン群集の季節変動を通じて、透明度の長期変動と要因を解明する。またデータベースの作成を開始する。

3−2 データベースの整備
 侵入生物データベースについては、未登録の既知種について文献収集を行い新規登録を進めるとともに、登録ずみの種についても、誤記の修正や最新情報の追加を随時行う。海外WEBサイトの情報分析をすすめ、メタ情報データベースを構築する。国内外の駆除事業データ収集をすすめ、駆除事業データベースを完成させる
 国立環境研究所で保存している野生生物種の細胞と絶滅危惧藻類について、データを整備し、検索閲覧システムの作成を行う。生物分布の推定や多様性の評価に使うための土地利用データベースの整備に着手する。造礁サンゴ分布データベースを構築するため、分布情報を収集する。
《外部との連携》
3−1 陸水域(湖沼)モニタリングは、JaLTER(日本長期生態学研究ネットワーク)や環境省モニタリングサイト1000と連携する。摩周湖ベースラインモニタリングは北海道立総合研究機構、北見工業大学、北海道大学、千葉大学、山梨大学、京都大学との共同研究として実施。
《備考》
3−1 陸水域(湖沼)モニタリングは、地域環境研究センター、環境計測研究センター、地球環境研究センターと密に連携して進める。
《課題代表者》高村典子
《担当者》○高村典子(生物・生態系環境研究センター),松崎慎一郎,今井章雄,小松一弘,高津文人,田中敦,武内章記,中川惠,岩崎一弘,西川雅高,上野隆平,冨岡典子,五箇公一,河地正伸,岡本卓,戸津久美子,山野博哉,杉原薫,大沼学
《キーワード(日本語)》
湖沼モニタリング,生物多様性
《キーワード(英語)》
monitoring of lake environment, biodiversity