研究課題詳細表示
《研究課題コ−ド》0610AK915
《研究課題名(日本語)》化学物質の環境リスク評価のための基盤整備
《研究課題名(英語)》Study on Environmental Risk Assessment for Regulatory Objectives and Communication of Environmental Risks
《予算区分》AK リスクセンター
《研究経費》14000万円
《開始/終了年度》2006〜2010
《研究目的・目標》
環境基準値や指針値の設定をはじめとする環境政策に向けた環境リスク評価の実施を念頭に置いて、化学物質の毒性、生態毒性等に関する知見の集積、リスク評価及びリスク管理に関する動向の把握、リスク評価手法の総合化及びリスクコミュニケーション手法に関する検討等を行う。
《全体計画》
1.環境政策に向けた環境リスク評価の実施や環境リスク管理手法の検討への反映を念頭に置いて、化学物質の毒性、生態毒性等に関する知見の集積を行う。 2.内外における化学物質の評価、管理、規制等の情報を継続的に把握する。 3.基準設定や規制の場面における活用に向けたリスク評価に関する手法の総合化に関する検討を行う。 4.リスク評価手法等を国民にわかりやすく解説するための情報をまとめ、発信する。
《前年度の成果概要》
(1)環境省が行う化学物質の初期リスク評価事業などに参画し,政策目的で実施されるリスク評価,環境有害性評価に関する諸情報の蓄積,手法の検討を行った。またOECD-高生産量化学物質プログラム等に参加しつつ国際的な動向について把握し、情報を集積した。
(2)自然環境の保全にかかわるリスクコミュニケーション研究の調査のため,外来動植物に関する意識調査、ため池の保全行動に関与すると考えられる経済的・農業的価値と環境価値の解析を行った。また、「池干し」の存続には、「じゃことり」という副次的利用をともなって継続されてきた歴史があること、そしてこのような楽しみの機会をつくって提供してきた集落組織そのものの変化が「池干し」の廃止の一因であることがわかった。
《今年度の研究概要》
(1)環境リスク評価の実施に向けて、化学物質の生態毒性及び環境曝露に関する知見の集積を進める。
(2)国内外のリスク評価等の動向を把握し、また化学物質管理に資するリスク評価手法の総合化のため、各種制度下での評価法の相違を踏まえた包括的な手法の検討を行う。
(3)環境リスクに関するリスクコミュニケーション手法の検討のため進めてきた兵庫県北・東播磨地域のため池保全にかかわる人々の意識と行動の調査の取りまとめを行う。
《課題代表者》菅谷芳雄
《担当者》○菅谷芳雄(環境リスク研究センター),高村典子,松本理,青木康展,白石寛明
《キーワード(日本語)》
リスク評価,生態リスク,環境基準,環境施策,リスクコミュニケーション
《キーワード(英語)》
RISK ASSESSMENT, ECOLOGICAL RISK, ENVIRONMENTAL QUALITY STANDARDS, ENVIRONMENTAL POLICY AND REGULATION, RISK COMMUNICATION
《関連先》
重点3ーその他1(7) 化学物質の環境リスク評価のための基盤整備