研究課題詳細表示
《研究課題コ−ド》0610AK526
《研究課題名(日本語)》生態系評価・管理のための流域詳細情報の整備
《研究課題名(英語)》Construction of GIS database for watershed ecosystem management
《予算区分》AK リスクセンター
《研究経費》7000000万円
《開始/終了年度》2006〜2010
《研究目的・目標》
地球規模で見ても、淡水域は生態系サービスとしての価値が高いにもかかわらず、陸域や海域と比べ環境劣化が最も際立っている(WWF 2003)。さらに、河川に比べ、止水淡水域の生物種と絶滅危惧種数は際立っておおいとされる(The Pond Conservation Trust 1999)。そのため、ため池が多い兵庫県南西部を対象に、生態系サービスを脅かすリスク要因を解明し、生態系の総合管理に資する流域詳細情報の整備を実施する。
《全体計画》
生物多様性の現状把握とこれに影響を及ぼすリスク要因の解明及びその総合評価・管理に資するため、多数のため池を有する流域を対象として、地理情報と生物情報をGISデータ基盤として整備する。航空写真に基づき多数のため池の位置と形状を整備し植生の判別を検討し、整備した環境との関係を明らかにする。
《前年度の成果概要》
対象域の環境情報のベースマップとして,385枚の航空写真を撮影した.航空写真は撮影後,デジタル画像化し、国土地理院発行のDEMに基づくオルソ補正処理を施し地理座標を与えた。これにより各種地形図、GPS計測による現地観測点データ、衛星画像の重ね合わせを可能とした。対象域内のため池の位置,および形状のデータの整備を行った.各自治体が発行する2500分の1の縮尺の地形図および補正処理を行った航空写真を元にデジタイズ作業を行い、対象域のおよそ25%の面積に存在する,ため池のポリゴンを約2000点作成した。
 対象域の全ため池の分類手法を検討する目的で、現地観測がなされている地域の航空写真データにため池のポリゴンを適用し、ため池以外の土地被覆をマスク処理し、主成分分析、クラスタリング等の画像処理を試行したところ、ため池を特徴あるクラスに分類することが可能であること、ため池の内部を複数カテゴリーに分類できることが分かった。
《今年度の研究概要》
池の生物多様性・生態系機能を指標する「池の植生」「アオコ」と周辺土地利用との関係を明らかにするため、以下の情報整備を実施する。
1. 池のポリゴン化完成させる。
2. 空撮写真と現地調査に基づいた全池のカテゴリー判別を実施する。その上で、全池の面積、植被面積、アオコなどを把握する。
3. 近年の土地利用変化の推移傾向を把握するため、1984年以降の土地利用変遷をランドサット衛星画像の解析により示す。
《備考》
「当課題は重点研究分野(3)-4.にも関連」
《課題代表者》高村典子
《担当者》○高村典子(環境リスク研究センター),赤坂宗光,今田美穂,小熊宏之
《キーワード(日本語)》
地理情報システム
《キーワード(英語)》
GIS
《関連先》
重点3ーその他2(2) 生態系評価・管理のための流域詳細情報の整備
重点3ー中核4 生物多様性と生態系機能の視点に基づく環境影響評価手法の開発