研究課題詳細表示
《研究課題コ−ド》0610AK526
《研究課題名(日本語)》生態系評価・管理のための流域詳細情報の整備
《研究課題名(英語)》Construction of GIS database for watershed ecosystem management
《予算区分》AK
《研究経費》4400000万円
《開始/終了年度》2006〜2010
《研究目的・目標》
地球規模で見ても、淡水域は生態系サービスとしての価値が高いにもかかわらず、陸域や海域と比べ環境劣化が最も際立っている(WWF 2003)。さらに、河川に比べ、止水淡水域の生物種と絶滅危惧種数は際立っておおいとされる(The Pond Conservation Trust 1999)。そのため、ため池が多い兵庫県南西部を対象に、生態系サービスを脅かすリスク要因を解明し、生態系の総合管理に資する流域詳細情報の整備を実施する。
《全体計画》
流域生態系の現状把握、これに影響を及ぼすリスク要因の解明およびその総合管理に資するため、流域を対象として、土地被覆・標高・植生・生物・化学物質・人間活動などに関する詳細情報をGISデータ基盤として整備する。
《前年度の成果概要》
<情報収集> 対象となる紙媒体およびデジタルデータの収集は,公共機関等からの借用・購入や市販データの購入webからのダウンロードによって実施した.情報収集の対象とした公共機関は,兵庫県庁,各市町村,土地改良事務所,兵庫県立人と自然の博物館である.これらの機関に対しては個別訪問による保有データの聞取りおよび,必要なデータの収集を行った.国土地理院発行の地形図(1/25000縮尺以上),標高等の元データは市販されているためこれ購入した.土地被覆,過去の衛星画像情報(Landsat)は国内外のweb siteで元データが公開されているため,これを個別にダウンロードした.これらにより土地被覆,標高,植生,人口,土壌等の情報のほか,過去の衛生画像や,詳細な地形図等,約15項目40件の環境情報を収集した.生物の分布データとしては,327箇所のため池において生育する水生植物の出現種を8月から10月にかけて現地調査した。 <情報の整備> 得られた情報は,必要に応じてデジタル化およびGIS情報化した.GIS情報に対しては利用するするGISソフトウエアであるArcGISで利用できる形式に変換した後,投影座標系・測地系を統一した.なお本流域詳細情報で利用する投影座標系.測地系は,整備効率および将来的な解析のための利便性を考慮に入れて,日本測地系および公共座標系を採用した.
《今年度の研究概要》
既存のデータが存在しない夏季の空中写真を撮影することにより,対象域全体でリスク評価に必要となるより詳細な土地被覆情報を整備する。さらに、化学物質をはじめとする人間活動に関する情報、および生物情報は,現地調査および関連組織での情報収集などにより整備を進める。生物分布データは,次年度は水生植物の分布や群落の定量情報、アオコの発生情報をさらに充実させる。
《備考》
「当課題は重点研究分野(3)-4.にも関連」
《課題代表者》高村典子
《担当者》○高村典子(環境リスク研究センター),赤坂宗光,今田美穂,小熊宏之
《キーワード(日本語)》
地理情報システム
《キーワード(英語)》
GIS
《関連先》
重点3ーその他2(2) 生態系評価・管理のための流域詳細情報の整備