研究課題詳細表示
《研究課題コ−ド》0406BC319
《研究課題名(日本語)》ため池とその周辺環境を含む地域生態系の水循環と公益的機能の評価
《研究課題名(英語)》Assessments of water cycle and ecosystem function in irrigation ponds and their surroundings
《予算区分》BC 環境-公害一括
《研究経費》11440000万円
《開始/終了年度》2004〜2006
《研究目的・目標》
本研究ではため池およびその周辺地域を研究対象とし,生物多様性を維持するのに重要である景観単位(例えば、森林など)と生態要素(例えば抽水植物群落など)を抽出した上で,そうした要素の公益的機能を科学的に評価する。一方で,地域生態系の水循環機構を明らかにし,管理手法を提言することを目的とする。
《全体計画》
(1)生物多様性を維持する景観・環境要素の抽出(2004-2006年度)  (2)面源の違いによる水域への流出特性の把握(2004-2006年度)  (3)水生植物・森林起源物質の植物プランクトンへの他感作用の検討(2004-2006年度  (4)水生植物群落の窒素浄化機能の評価(2004-2006年度)  (5)総合評価(2006年度)
《前年度の成果概要》
当該地域において今後増加が予想される転作田に着目し,水田から畑作への転作が物質収支や水循環に与える影響を検討した。水稲から小麦作への転作によって,全窒素は約3倍,全リンは約1.5倍多く流出することが明らかになった。これらは転作により,農地が有するダム機能や地下水涵養機能が低下したことに由来すると考えられた。水生植物群落が有する脱窒機能については,野外において脱窒活性の季節変化を実測し,春から晩秋にかけて脱窒活性が上昇することを明らかにした。この原因を検討するために,今年度は各種の室内実験を行った。その結果,植物体表面に付着している生物膜(バイオフィルム)に脱窒菌が多く存在すること,また,脱窒菌の基質として,枯死した植物体が易分解性有機炭素を供給していることが明らかになった。他感作用によるアオコ抑制技術の開発に関しては,アカメガシワに含まれるルチンとユキヤナギに含まれる桂皮酸が,アオコの増殖に対して顕著な抑制効果を示した。水生植物の保全に対するため池管理者の意識を解析した。その結果,保全活動に関心を持つ管理者の多くは,1) 非農家との交流に関心があること,2) ため池の自然に関心がある人と接触したことがあること,3) ため池の生物が失われたことを実感していることが明らかになった。
《今年度の研究概要》
農地のうち果樹園、水田、および転作田や通年湛水田からの栄養塩流出など、精度の高い調査結果に基づいて算出した原単位等を使い、ため池の水質予測を行う。生活形の異なる植物群落において脱窒機能を評価し,水生植物群落の組み合わせが窒素浄化機能に与える影響を総合的に定量化することを目指す。アカメガシワに含まれるルチンとユキヤナギに含まれる桂皮酸について、藻類の増殖する作用機構を明らかにする。これらの樹木落葉を用いて、実際のため池においてアオコを抑制するための小規模な試験を実施する。生物多様性の維持や公益的機能を活用した、ため池およびその周辺地域の管理手法をまとめる。
《備考》
共同研究機関:(独)農業環境技術研究所,兵庫県立健康環境科学研究センター,兵庫県立農林水産技術総合センター 協力研究機関ならびに共同研究者:三橋弘宗(兵庫県立人と自然の博物館),角野康郎(神戸大学理学部),兵庫県農林水産部農地防災室,田渕俊雄,国松孝男(滋賀県立大学)
《課題代表者》高村典子
《担当者》○高村典子(環境リスク研究センター),宇田川弘勝
《キーワード(日本語)》
ため池,生態機能,生物多様性,保全,持続的利用
《キーワード(英語)》
PONDS, ECOSYSTEM FUNCTION, BIODIVERSITY, CONSERVATION, SUSTAINABLE USE
《関連先》
重点3ー中核4 生物多様性と生態系機能の視点に基づく環境影響評価手法の開発