研究課題詳細表示
《研究課題コ−ド》1519BA001
《研究課題名(日本語)》気候変動に対する実効性ある緩和と適応の実施に資する国際制度に関する研究
《研究課題名(英語)》Research on effectiveness of international framework for implementation of climate change mitigation and adaptation policy
《予算区分》BA 環境-推進費(委託費) S-14-5(4)
《研究経費》512万円
《開始/終了年度》2015〜2019
《研究概要》
 本研究は、応用一般均衡モデルを用いた緩和策と適応策の統合評価実施に用いるシナリオ設定(政策仮定)の背景となる国際制度に関する情報(例:資金の拠出・配分の実績や新ルール、各国の温室効果ガス排出削減目標とその前提条件、各国の適応計画の策定・実施状況等)を収集・分析し、統合評価モデルに成果を提供し、シナリオ設定の妥当性の検討を行う。そして、気候変動に関する国際交渉の状況や国内実施状況を踏まえた、実効性ある国際制度のオプションを提示することを目的とする。
《研究の性格》
主たるもの:政策研究
従たるもの:行政支援調査・研究
《全体計画》
 本研究では、以下3点を実施する。第1に、過去の実績及び関連研究を踏まえ、途上国の関心が高く、かつ、定量的な指標がないために優先順位づけが困難な、適応関連資金メカニズムの制度設計への示唆(例:適応関連基金の配分の決定方法等)を導出する。第2に、関連研究や政府関係者等のインタビュー結果を踏まえて、主要国(先進国、途上国双方)における適応計画の比較分析を行い、策定・実施プロセスにおける課題を抽出する。第3に、締約国会議(COP)等の交渉会議を傍聴し、国際機関文書や関連研究等を踏まえ、新合意及びその詳細ルール化の交渉過程に関する情報を収集・分析し、その結果をサブテーマ(1)(統合評価モデル研究チーム)に提供し、統合評価モデル研究者と協働して、シナリオ設定の妥当性を検討する。
《前年度の成果概要》
 気候変動影響適応のための資金メカニズムにおける衡平性の分析を行い、適応関連資金メカニズムの運用ルールの決定に際しては、下記3つの配慮が必要であることを導出した。?様々な脆弱性を有する国々の様々なニーズに応えるため、国/用途別の資金窓口の設置、予算の設定等を盛り込むこと、?審査プロセスの透明化、そして、?国別資金供与制度が有効なものなのか、国の中央政府が中心的な役割を果たし続け得るのかについての検討を行うこと。
《今年度の研究概要》
 パリ協定及び2020年までの気候変動対策に関する国際的な取り組みについての交渉をフォローして、情報の収集及び分析を行う。また、主要国の適応計画を比較分析し、主に適応計画の策定段階に関する障壁を抽出し、これに対する可能な国際支援オプションを検討する。
《課題代表者》久保田泉
《担当者》○久保田泉(社会環境システム研究センター),亀山康子
《キーワード(日本語)》
気候変動,国際制度,緩和策,適応策,資金メカニズム,適応計画
《キーワード(英語)》
climate change,international framework,mitigation,adaptation,financial mechanism,adaptation plan