研究課題詳細表示
《研究課題コ−ド》1618CD029
《研究課題名(日本語)》季節予報に基づく作物・エネルギー・経済モデルによる世界食料価格の予測精度と限界
《研究課題名(英語)》Study on the precision of global food price projection by the models for crop, energy and economy using seasonal forecast
《予算区分》CD 文科-科研費
《研究経費》30万円
《開始/終了年度》2016〜2018
《研究概要》
温暖化に伴う旱魃や熱波による農業被害の増大が懸念される中、農業気象災害を契機とした食料価格の高騰により、世界的な政治・経済の混乱が助長される危険性がある。本研究では、作物モデル、エネルギーモデル、経済モデルを連携し、季節予報から作物収量のみでなく食料価格の変動をどの程度の精度で予測可能か、また制約要因は何かを明らかにする。
《研究の性格》
主たるもの:応用科学研究
従たるもの:
《全体計画》
初年度は気候データ及び作物関係のデータベース作成、経済関係のデータベース作成、モデルの基本構造の決定などを行う。二年度目には、作物モデルの作成、世界マクロ経済モデルの作成などを行う。最終年度には、作物モデルによる季節予報に基づく再現シミュレーションや、予測精度を定量化するためのシミュレーション分析を行い、政策提言のとりまとめを行う。
《前年度の成果概要》
気候変化による農作物生産性への影響の予測手法について、従来より国立環境研究所で開発・改良を進めてきた生産性モデルGAEZを、本研究課題の目的にあわせ応用するための、基礎データ収集・整備を実施した。また、他研究機関との連携に備え、当該生産性モデルの気候変動シナリオに対する挙動を把握するための感度実験の準備を行った。
《今年度の研究概要》
基礎データの収集・整備を継続するとともに、作物モデルGAEZを用いた感度実験ならびに、その実験結果を用いた影響関数の更新を実施する。
《外部との連携》
本研究は、農研機構農村工学研究部門國光洋二ユニット長が研究代表を務める研究課題への研究分担者としての参画である。
《課題代表者》高橋潔
《担当者》○高橋潔(社会環境システム研究センター)
《キーワード(日本語)》
作物モデル,季節予報
《キーワード(英語)》
Crop model,Seasonal forecast