研究課題詳細表示
《研究課題コ−ド》1620AU004
《研究課題名(日本語)》気候変動戦略連携オフィス
《研究課題名(英語)》Climate Change Strategy Collaboration Office
《予算区分》
《研究経費》800万円
《開始/終了年度》2016〜2020
《研究概要》
気候変動とその影響を把握するため,特に地球温暖化分野における観測ニーズの集約,実施計画の作成,実施状況の管理・報告,データ流通促進などの施策を検討し,成果の普及・啓発を推進する.同時に,地方公共団体,事業者,国民など各主体が気候変動への対策を取り組む上で必要となる気候変動情報について,総合的な情報プラットフォームを整備した上で継続的に情報の収集を行い,活用しやすい形で情報を広く提供する.
《研究の性格》
主たるもの:行政支援調査・研究
従たるもの:モニタリング・研究基盤整備
《全体計画》
地球観測連携拠点(温暖化分野)の事務局の機能を強化し,観測結果から得られた気候変動に関する情報の共有と利用促進や,温室効果ガス削減計画や適応計画の推進支援が可能となる.これらは,二年度目に一定程度の達成を目途とし,以降,継続・拡張する.
《前年度の成果概要》
地球観測連携拠点(温暖化分野)の事務局の機能を強化するとともに,気候変動適応情報プラットフォームを開設した.
《今年度の研究概要》
(1)地球観測連携拠点(温暖化分野)の事務局の機能を強化するとともに,気候変動適応情報プラットフォームを拡張する.
(2)研究所における気候変動適応に関わる研究を強化する.
《課題代表者》肱岡靖明
《担当者》○肱岡靖明(社会環境システム研究センター),高橋潔,藤井実,有賀敏典,増井利彦,芦名秀一,藤森真一郎,金森有子,五味馨,三枝信子,向井人史,松永恒雄,寺尾有希夫,福村佳美,廣安正敬,高橋奈津子,山岸悠,山野博哉,角谷拓,石濱史子,矢部徹,小熊宏之,久保雄広,亀山哲,五箇公一,小出大,高見昭憲,菅田誠治,永島達也,森野悠,茶谷聡,五藤大輔,越川海,牧秀明,東博紀,金谷弦,高津文人,珠坪一晃,王勤学,山崎新,道川武紘,林誠二,花崎直太,大沼学,藤田壮,須賀伸介,岡田将誌,谷本浩志
《キーワード(日本語)》
地球温暖化観測,適応
《キーワード(英語)》
Climate change observation,adaptation