研究課題詳細表示
《研究課題コ−ド》1416BA006
《研究課題名(日本語)》ネオニコチノイド農薬による陸域昆虫類に対する影響評価研究
《研究課題名(英語)》Assessment of environmental impacts on terrestrial insects caused by neonicotinoid insecticides
《予算区分》BA 環境-推進費(委託費) 5-1407
《研究経費》1190万円
《開始/終了年度》2014〜2016
《研究概要》
 近年、ネオニコチノイド系殺虫剤代表とする浸透移行型殺虫剤による生態系影響が大きな環境問題として注目を集めている。浸透移行型殺虫剤は植物の根から吸収されて、植物体内に移行するという特性をもち、日本・東南アジアでは水稲の箱苗処理剤として1990年代より広く使用されている。また欧米でも畑用作物の種子処理剤として普及してきた。本剤は、OECDテストガイドラインに基づく水生生物急性毒性試験では、極めて毒性が低いことが示されることから、生態影響の低い薬剤と判定されていた。しかし、我が国では近年になって、本系統剤による水田および周辺の節足動物群集に対する悪影響が懸念されるようになり、室内毒性試験やメソコズム試験により極めて低濃度でも水生生物に対して毒性が高いことが示されている。一方、欧米では本剤による家畜ミツバチに対する影響が注目され、現在、北米で問題となっている蜂群崩壊症候群CCDの原因物質として疑われている。また、野生マルハナバチの急速な減少についても本剤との関連性が議論されている。こうした状況の中、我が国でも家畜ミツバチに対する影響評価が進められつつある。しかし、これまでの研究は、比較的高い濃度での急性毒性、亜急性毒性試験がほとんどであり、実環境における低濃度暴露の影響評価は進んでいない。また野生マルハナバチについても、全国的にその数が減少傾向にあるとされるが、農薬との関係は不明である。その他にも地表徘徊性昆虫や捕食者等、生態系において本剤に暴露するおそれのある種に対する影響は国内のみならず世界的にも不足している。2013年5月EUがハチに対する生態リスクからネオニコチノイド農薬3剤の使用規制を発表し、日本も国内における本系統剤の影響実態を緊急に明らかにする必要がある。
 日本では、浸透移行型殺虫剤の陸域生物に対する評価は進んでいないことから、本系統剤の陸域昆虫類に対する影響実態を明らかにして、リスク評価手法の検討を行う。対象薬剤として有機リン剤など他系統薬剤との比較を行う。
《研究の性格》
主たるもの:応用科学研究
従たるもの:技術開発・評価
《全体計画》
 野生マルハナバチ類の個体レベルの急性毒性試験を行う。ミニコロニーに対する低濃度暴露による生殖影響試験を行う。花粉や蜜を介したコロニーレベルの生殖影響試験を行う。野生マルハナバチ類の分布情報の収集およびニッチモデリングによる生息適地推定を行う。国外におけるマルハナバチ類に対する生態影響情報の収集・整備を行う。
《前年度の成果概要》
【ミニコロニー毒性試験】
 イミダクロプリドのミニコロニー毒性試験を2回繰り返しで行った。薬剤処理後、3週目の巣内構造を薬剤処理区および無処理区間で比較した結果、ワーカー数、蛹数、幼虫数など各ステージの個体数に、薬剤処理による有意な減少は2回の試験とも認めることができなかったが、2回の試験とも、全体の個体数は処理区の方が大きくなる傾向が示された。この傾向は昨年度のクロチアニジンの試験でもみられた。ミニコロニーでは女王が除去されているため、卵や幼虫の増加はワーカー産卵によるものであるが、ネオニコチノイド農薬の低濃度暴露が産卵にかかる生理作用に影響を及ぼしていることも示唆される。
【ハウス内コロニーレベル生殖影響試験】
 イミダクロプリド200ppb処理区では、無処理区と比較して花粉消費量が極端に低下しており、1ヶ月間の消費量は無処理区が56.3gに対して処理区は28.3gに半減していた。また1ヶ月後の巣内構造を調査した結果、処理区では卵室数がゼロになっており、新女王およびオスが生産されていないことが示された。
 イミダクロプリド20ppb(環境中実濃度)処理区では、花粉消費量は、無処理区との間に有為な差はなかった。1ヶ月後の巣内構造においても、処理区・無処理区間で顕著な卵室数、および新女王・オス数の減少は認められなかった。ただし、イミダ20ppb処理区においては死亡卵が有意に増加するとともに巣内の総個体数が増加している傾向が示された。
【マルハナバチ分布実態調査】
国立環境研究所環境リスク研究センター「化学物質データベースWebKis-Plus(農薬データベース)」http://db-out.nies.go.jp/kis-plus/index_3.htmlに基づき、都道府県別のネオニコチノイド農薬7剤およびフィプロニル剤の合計8剤の2010年度出荷量をデータマイニングし、地図化した。また、東北大のマルハナ国勢調査データhttp://meme.biology.tohoku.ac.jp/bumblebee/
に基づき、普通種コマルハナバチの分布情報をデータマイニングして、農薬出荷量との関係を解析した。その結果、出荷量とマルハナバチの分布地点密度との間には明確な相関は認められず、むしろ出荷量の多い都道府県の方がコマルハナバチの目撃地点が多い傾向が示された。今後はさらに多くのマルハナバチ種分布データを揃えるとともに、精度の高い農薬の環境中予測濃度マップを構築して、マルハナバチ分布に及ぼす農薬曝露の影響評価を進めて行く。
【感染症調査】
 PCR診断による北海道におけるN. bombi有病率は、セイヨウオオマルハナバチで低かったのに対して、在来種エゾオオマルハナバチおよびエゾトラマルハナバチでは10〜100%と高い値を示した。一方、長野県ではトラマルハナバチおよびミヤママルハナバチでN. bombi有病率が10
〜100%と非常に高かった。これらの傾向は昨年度と同様であり、病原菌が恒常的にこれらの地域に存在することが示された。これら感染が認められた種について、その他の都道府県における感染率と農薬の環境中濃度との関係を解析していく。
《今年度の研究概要》
ミニコロニー生殖影響試験および花粉や蜜を介したハウス内コロニーレベル生殖影響試験を継続する。
野外調査地域の農耕地の農薬使用履歴、周辺エリアにおけるマルハナバチの分布実態調査、サンプル収集、感染症感染率の実態調査を行う。
マルハナバチ個体群の動態に影響を及ぼす主要因分析を行う
《外部との連携》
国立大学法人千葉大学大学院園芸学研究科 中牟田 潔 (研究代表者)
国立研究開発法人森林総合研究所 滝 久智
《課題代表者》五箇公一
《担当者》○五箇公一(生物・生態系環境研究センター),坂本佳子,岸茂樹
《キーワード(日本語)》
ネオニコチノイド,ニホンミツバチ,マルハナバチ
《キーワード(英語)》
neonicotinoid, Japanese honey bee, bumblebee