研究課題詳細表示
《研究課題コ−ド》1620AQ013
《研究課題名(日本語)》資源循環と物質管理に必要な各種基盤技術の開発と調査研究
《研究課題名(英語)》Research and development of fundamental technologies for material recycle and substance management
《予算区分》AQ センター調査研究
《研究経費》995万円
《開始/終了年度》2016〜2020
《研究概要》
製品のライフサイクルにおける製品由来化学物質の動態や予期される影響を評価するためには、製品由来化学物質の安全性を適正に評価する試験法を必要である。 そこで、定量分析法、バイオアクセシビリティ試験、in vitro/in vivo試験による有害性試験、ナノ材料試験法、網羅的分析法など、製品由来化学物質の安全性を適正に評価する試験法を開発し、循環PG等に関連する研究 課題の推進に資する。廃棄物処理過程での副生成を含め、有害廃棄物を適正に管理することは、資源の循環利用や廃棄物の適切な処理処分を推進する上で重要かつ着実に取り組むべき政策的課題であり、現在及び今後問題化する有害廃棄物について、計測法の開発や処理技術の評価を行う。また、インベントリ調査等を通じて、適正な管理方策を検討・提言する。個々のリサイクル技術に対する期待も高いことから、これまでの技術開発研究の強みを生かした技術シーズの開発を行い、実証を検討する。具体的には、以下の3課題に取り組む。(1)製品由来化学物質の安全性の適正な評価に資する試験評価法の開発、(2)有害廃棄物の適正管理に関する研究、(3)新規リサイクル技術シーズの開発。
《研究の性格》
主たるもの:基礎科学研究
従たるもの:応用科学研究
《全体計画》
(1)製品由来化学物質の安全性の適正な評価に資する試験評価法の開発
循環PGや安全確保PG、エコチル調査に関連する研究課題におけるニーズに基づき、各種試験法を開発して適用を進めていく。3年以内には、製品由来化学物 質や含有標準試料等を用いて試験法の開発を行う。5年以内には、先述の研究課題で実試料に適用して開発手法の適用性を評価する。
(2)有害廃棄物の適正管理に関する研究
POPs及び類縁物質の適正管理の研究では、1-3年目で、新規POPs含有製品のスクリーニング、循環過程での排出実態調査、毒性評価等を行う。4−5年目には、今後数年の間に新たに追加されるPOPsについても研究対象に含め、適正管理のあり方について提言する。
アスベストの適正管理の研究では、1,2年目で、レベル3石綿含有建材の発生量推計を行う。3-4年目で、ライフサイクルを通じた石綿飛散による健康リスク評価を行う。5年目でレベル3石綿含有建材のあるべき管理について検討・提言する。
(3)新規リサイクル技術シーズの開発
1-3年で、新規バイオオイルの製造技術および高圧を用いた二次電池の再生技術の基礎を確立する。4-5年目に、技術に関する実装の可能性を評価するとともに、実証を検討する、
《今年度の研究概要》
(1)製品由来化学物質の安全性の適正な評価に資する試験評価法の開発では、バイオアクセシビリティ試験法等を開発し、その適用を進める。
(2)有害廃棄物の適正管理に関する研究
POPs及び類縁物質の適正管理の研究では、新規POPs含有実態調査および排出源調査に着手する。PCNについてはダイオキシン様毒性を評価する。アスベストの適正管理では、レベル3石綿含有建材の発生量推計を行う。
(3)新規リサイクル技術シーズの開発
新規バイオオイルの製造に必要な触媒の選定を検討する。また、二次電池の完全再生技術の開発を進めつつ、二次電池種類ごとに再生特性を整理する。
《外部との連携》
愛媛大学、京都大学、佐賀大学、兵庫県立大学、トロント大学、アムステルダム自由大学
《課題代表者》倉持秀敏
《担当者》○倉持秀敏(資源循環・廃棄物研究センター),山本貴士,梶原夏子,鈴木剛,松神秀徳
《キーワード(日本語)》
化学物質の安全性評価,有害廃棄物,残留性有機汚染物質,アスベスト,バイオオイル,二次電池,ストックホルム条約,難燃剤,木材処理剤,使用済み製品,ダイオキシン類
《キーワード(英語)》
Chemical safety assessment, Hazardous waste, Persistent organic pollutants, Asbestos, Biooil, Secondary battery, Stockholm Convention , Flame retardants, Wood preservatives, End-of-life products, Dioxins