研究課題詳細表示
《研究課題コ−ド》1620AQ008
《研究課題名(日本語)》循環型社会形成のための制度・政策研究
《研究課題名(英語)》Policy and Management Study for Establishing a Sound Material-Cycle Society
《予算区分》AQ センター調査研究
《研究経費》185.1万円
《開始/終了年度》2016〜2020
《研究概要》
循環型社会形成の政策において、個々人の行動変容を促す情報的手法や教育・啓発的手法の重要性が増している一方で、個人の行動変容よりもそれを規定する状況要因を変化させる経済的手法などを活用した制度設計も求められている。本研究ではそれらを一体的に研究対象とし、循環型社会の政策に係る制度研究ならびに行動変容研究を行う。
《研究の性格》
主たるもの:政策研究
従たるもの:行政支援調査・研究
《全体計画》
行動変容に係る基盤研究は、特定の行動をとりあげた影響要因のモデル化や行動変容のフレームワークの開発などを行う。政策に係る基盤研究は、国内外の3R(リデュース・リユース・リサイクル)に関わる制度の調査や比較、制度形成プロセスの調査、制度施行による効果評価などを行う。特に、拡大生産者責任と公共責任(自治体責任)等の責任の付与に着目するものとする。
《今年度の研究概要》
特定の行動等を取り上げた影響要因のモデル化と行動変容を解釈するためのフレームワークの検討に着手する。また、特定の3R政策の効果や廃棄物管理に係るコストを推計・評価する。さらに、拡大生産者責任に対するステークホルダーへのヒアリング調査をもとに、拡大生産者責任の多様な概念が何に起因しているか、どのような責任と適用が期待されているかを分析する。
《外部との連携》
青山学院大学 松本茂先生、創価大学 碓井健寛先生、スウェーデン・ルンド大学 Lindhqvist先生、Tojo先生らと連携して実施。
《課題代表者》田崎智宏
《担当者》○田崎智宏(資源循環・廃棄物研究センター),吉田綾,稲葉陸太,河井紘輔,多島良,小島英子,佐野和美
《キーワード(日本語)》
3R,拡大生産者責任,経済評価,行動変容
《キーワード(英語)》
3Rs, extended producer responsibility, economic evaluation, behavioral change