研究課題詳細表示
《研究課題コ−ド》1115AA023
《研究課題名(日本語)》地域特性を活かした資源循環システムの構築
《研究課題名(英語)》Establishment of material cycles system by utilizing regional characteristics
《開始/終了年度》2011〜2015
《研究概要》
循環型社会づくりにおいては、多様な地理的規模で適正な資源循環システムを構築していくことが必要である。本研究では、廃棄物等の発生の状況、産業の立地状況、様々な主体の関係性等の地域特性を活かした資源循環システムを構築するための枠組みについて検討する。また、市町村都道府県レベル、都道府県圏域レベル、圏域国レベルといった地理的規模を対象として、いくつかの循環資源(廃プラスチック、廃棄物系バイオマス、クリティカルメタル等を含む使用済み製品等)を題材にしながら、適正な資源循環システムの設計を行う。システムの設計においては、環境負荷や費用の低減を目標とするが、同時に、地域の産業や様々な主体の積極的な活用と育成によって、地域活性化や地域振興につなげることを目標とする。このような具体的なシステム設計を通じて地域社会への貢献を目指すとともに、学術面では、資源循環の適正な地理的規模を推定する論理の確立や地域における資源循環利用のための概念設計で貢献する。
《前年度の成果概要》
国内外の事例調査数を増やし、地域循環圏の形成に求められている社会的潮流、地域システムの設計・評価に欠かせない視点を調査・整理し、5つの異なる目標を有する地域資源循環システムの方向性・キーワードを掲げた。また、循環する物質(金属およびバイオマス)、空間に着目して地域特性のプロファイルデータを収集・整備した。それらのプロファイルデータを組み合わせた資源ポテンシャル等の指標作成の検討に着手するとともに、地域循環と地域活性化との関係についてソーシャルキャピタルに着目した調査・解析を実施した。得られた地域プロファイルデータ等を用い、地域循環システムの設計・評価に向けた解析に着手し、人口減少とリサイクルの進展によるごみ減量を考慮した焼却施設配置の遷移の検討では、施設統合することで高効率発電を導入できるようになる場合に特にCO2排出削減効果が大きいことを明らかにし、中小規模の人口地域での統合化が重要と結論づけた。
《今年度の研究概要》
地域特性を考慮した資源循環システムの構築を目指し、地域課題の特定と構造化を行うとともに、前年度に実施してきた潜在的循環資源量や既存産業の規模・施設立地等のデータ収集・解析を引き続き行い、地域資源循環システムのモデル設計や事例研究を進める。H24年度に設定した5つの地域循環システムの方向性を具体化することに重点を置く。
 具体的には、第一に、ステークホルダーや領域別に地域課題の特定とその構造化を行い、また、4地域程度について具体的に地域内キャッシュフロー・物質フロー・情報フローなど、静脈サプライデマンドチェーン情報の調査を行い、バイオマス系資源の物質フローモデルの開発・拡張へとつなげる。第二に、47都道府県の地域産業連関表を用いて、温室効果ガスの地域排出量を推計するとともに、同様のアプローチをクリティカルメタルに展開する検討を行う。第三に、H24年度に整備した金属データを活用した解析(主に亜鉛関係)を進める。また、前年度に検討した人口減少化のシステム設計についての研究を引き続き行う。
《外部との連携》
共同研究機関:高知大学、岡山大学、北海道大学、京都大学、鳥取大学、埼玉県環境科学国際センター、芝浦工業大学、農業・食品産業技術総合研究機構、土木研究所、岩手大学、環境自治体会議
《課題代表者》田崎智宏
《担当者》○田崎智宏(資源循環・廃棄物研究センター),稲葉陸太,中島謙一,小口正弘,南齋規介,山田正人,石垣智基,河井紘輔,平野勇二郎,藤井実,佐野彰,小島英子,大迫政浩
《キーワード(日本語)》
地域特性,資源循環,地域産業連関モデル,社会関連共通資本
《キーワード(英語)》
regional characteristics, material cycle, interregional input-output model , social capital