受賞情報詳細表示

■受賞者氏名:高橋潔(地球環境研究センター),肱岡靖明(社会環境システム研究領域),原沢英夫(社会環境システム研究領域)
■受賞年月日:2009-09-12
■賞の名称:平成21年度地球環境論文賞
■受賞対象:温暖化政策支援モデルのための県別ブナ林影響関数の開発,Global Environ.Eng.Res. ,16, 111-119,2008
■授賞機関:社団法人土木学会地球環境委員会
■受賞者からひとこと
和文論文誌「地球環境研究論文集」に掲載された論文の中で上記論文の成果が評価され表彰されたものです。本研究は環境省地球環境研究総合推進費課題「温暖化の危険な水準及び温室効果ガス安定化レベル検討のための温暖化影響の総合的評価に関する研究」の一環として行われました。温暖化政策支援モデルへの実装を想定し、地球温暖化によるブナ林の分布適域の変化を簡易に推計できるよう、年平均気温変化及び年降水量変化率を説明変数とする県別ブナ林影響関数を開発し、その関数を用いて温暖化のブナ林影響の分析を実施しました。 2013年以降の温暖化対策の国際枠組の議論が活発化する中で、その検討の支援材料の一つとして我が国での影響の見通しを示す必要がありますが、いかにすれば議論に資する形でその見通しを伝えられるか、悩みながら手探りで実施した研究です。本研究が高く評価されたことは、著者らの励みになるとともに、国内の温暖化影響研究に弾みをつけるものと思います。 なお、本論文に先駆けて同じく土木学会の発行する和文論文誌「環境システム研究論文集」に「温暖化政策支援モデルのための全球水資源影響関数の開発」(著者:花崎直太・増冨祐司・高橋潔・肱岡靖明・原沢英夫・松岡譲)を発表しており、本論文はそこで提案した「影響関数」手法をブナ林影響に拡張したものです。この場を借りて紹介いたします。