国立研究開発法人国立環境研究所
環境リスク・健康研究センター

平成28年度生物を用いた水環境の評価・管理(改善)手法に係るパイロット事業における調査事業場の公募のご案内

*応募受付を終了致しました*

 環境省では、諸外国で用いられている排水全体への生物応答を利用した評価・管理手法等を踏まえ、生物を用いた水環境の評価・管理(改善)手法について、平成28年6月、専門家や関係者から構成される公開の検討会を設置し、検討を進めています。
 今般、これまでの検討会における検討等を踏まえ、本手法の意義等に係る関係者の理解を促すとともに、事業者自らが本手法を事業場排水の改善等に用いる場合の課題等についての実態を把握するため、国立環境研究所では、環境省から受託した「平成28年度生物応答を利用した水環境管理促進業務」の一環として、パイロット事業を実施することとし、事業に御参加いただける事業場を公募します。

※環境省 報道発表資料>環境省HP 報道発表ページ

公募期間 平成28年9月15日(木)~10月21日(金)まで(17:00必着)
調査予定
件数
10件(事業場)程度
応募事業場数が予定する対象事業場数を超えた場合
業種、排水プロセス等の多様性が確保されるように留意しつつ、
環境省及び国立環境研究所において選定

1.公募の概要

(1)パイロット事業の概要
 生物を用いた水環境の評価・管理(改善)手法(以下「本手法」という。)については、事業場排水を対象に用いた場合、事業場が自らは予期や認識をしていなかった排水の生態リスクを把握し、その結果を踏まえて排水の改善を自主的に行うことを可能とする場合があるなど、従来の排水基準を遵守する事業者の取組を補完する意義があると考えられます。
 一方で、本手法の国内での実施事例はこれまで限られており、環境省が本手法に関する検討のために本年6月に設置した専門家や関係者から構成される検討会()においては、本手法の普及に向けて、手法の意義、排水改善等に用いる場合の技術的な有効性、課題等について、関係者が適切に理解できるようにしていくことが重要である旨の指摘がなされたところです。
 こうした課題への対応を今後検討していくため、関係者が共通の理解を持つことができるような形で、事業者自らが本手法を排水改善等に用いる場合の課題等について把握することを目的に、今般、国立環境研究所では、環境省から受託した「平成28年度生物応答を利用した水環境管理促進業務」の一環として、パイロット事業を行うものです。


  イメージイラスト

  生物を用いた水環境の評価・管理手法に関する検討会
    http://www.env.go.jp/water/seibutsu/conf.html


(2)調査予定件数
  10件(事業場)程度


(3)留意事項等

  • 本事業を通じて得られた調査結果等に係る情報は、事業場(事業者)が特定されず、企業秘密が秘匿される範囲で、原則として公表され得るものとしますが、具体的な公表の範囲は、個別の事例に応じ、環境省及び国立環境研究所が事業に御協力いただく事業者と個別に十分な調整を行った上で、判断させていただきます。
  • 本事業の調査対象に選定された事業場は、当該事業場から排出される排水に係る生態毒性の調査や排水改善等の検討に係る生物応答試験及び関連する水質分析のための経費を負担せず、調査に御参加いただけます。調査結果等を踏まえた各事業場での排水改善等の対応はそれぞれの事業場で判断いただくこととなり、排水改善等を行う場合は、その経費は各事業場での御負担となります。
  • その他、調査の項目・方法、応募方法、応募事業場数が調査予定件数を超えた場合の調査事業場の選定等の詳細については、「3.調査事項等公募の詳細」を御覧ください。

2.公募期間

  平成28年9月15日(木)から同年10月21日(金)まで(17:00必着)
 

3.調査事項等公募の詳細

  公募の詳細については、公募資料の応募要領等を御参照ください。


4.応募方法等

(1)応募書類

(2)提出方法


*応募受付を終了致しました*


(3)応募事業場数が予定する対象事業場数を超えた場合の選定方法

  • 業種、排水プロセス等の多様性が確保されるように留意しつつ、環境省及び国立環境研究所において選定いたします。この際、特定の業種を優先することはありません。
  • この選定に係る考え方の範囲内で、下記のア)からエ)のいずれか該当する事業場が応募してきた場合には、これらのいずれにも該当しない事業場よりも優先して選定いたします。
  • 選定時に異なる条件を比較する必要が生じた場合等には、環境省及び国立環境研究所が検討会座長の了承を経て対象事業場を選定しますが、検討会における今後の議論に役立てられるように積極的に排水処理プロセスの概要等の技術的情報を開示いただける事業場については、特に優先して選定いたします。

  • ア)平成21~22年度又は平成24~26年度の環境省調査事業()において排水サンプルの提供等に係る御協力をいただいた事業場のうち、排水サンプルから生態毒性が検出され、その結果等を踏まえ、当該年度の環境省調査事業終了後に毒性原因の調査や排水改善等を自主的に実施した、実施中又は実施しようとされている事業場
  • イ)本事業において行われた生物応答試験等の結果等について、当該事業場の自主的な判断として事業場名とともに公表することを応募の際に可能な旨を表明された事業場(当該事業場を所有する事業者の方の自主的な御判断で表明された場合に限る)
  • ウ)中間体などのリスク評価を行うことが難しい化学物質を最終製品の製造過程で生成する事業場
  • エ)排出する排水中に多種類の化学物質が含まれると考えられる事業場

次のいずれかを指します。
 平成21年度WET手法を活用した水環境管理手法検討調査
 平成22年度生物応答を利用した水環境管理手法検討調査
 平成24年度生物応答を利用した水環境管理手法検討調査
 平成25年度生物応答を利用した水環境管理手法検討調査業務
 平成26年度生物応答を利用した水環境管理手法検討調査業務


5.問い合わせ先

国立研究開発法人国立環境研究所 環境リスク・健康研究センター
担当:渡部(わたなべ)、鑪迫(たたらざこ)
住所:〒305-8506 茨城県つくば市小野川16-2
Tel,FAX: 029-850-2851
メール


6.説明会の実施  本説明会は終了いたしました

 事業の詳細について説明する説明会を下記の日程で開催いたします。参加を御希望される方は、「パイロット事業説明会参加申し込み」と明記し、氏名、連絡先(電子メールアドレス、電話番号、FAX番号)、職業(所属、役職)を記入の上、下記の申込み先までメールにて申込みください(上記の事業場応募とは連絡先が異なりますのでご注意ください)。申込みは参加希望者1名につき1通とし、参加希望者が参加可能人数(50名程度を予定)を超過した場合には、1社につき1名とさせていただいた上で、抽選にて参加者を決定させていただきます。抽選結果は9月26日午前中までにお知らせいたします。

  日時:2016年9月27日(火) 14:00~16:00
  場所:イイノホール&カンファレンスセンター Room A1+A2
      (東京都千代田区内幸町2丁目1−1)
  申込み先:
   国立研究開発法人国立環境研究所 環境リスク・健康研究センター
   〒305-8506 茨城県つくば市小野川16-2
   TEL 029-850-2137
   FAX 029-850-2920
   担当者 髙野、佐々木
   電子メール メール2
  申込み締め切り:締切を延長しました。当日も受付いたします。2016年9月23日(金)17時
  参加証の送付:2016年9月26日(月)午前中までに電子メールにて送付いたします。
            当日は印刷してご持参ください。


7.公募資料