国立研究開発法人国立環境研究所
環境リスク・健康研究センター

夏の大公開情報

夏の大公開 開催!令和元年7月20日(土)

 国立環境研究所・夏の大公開が、令和元年7月20日(土)(9:30~16:00、受付15:00まで)に開催されます。
 今年も、講演会、施設公開、体験型イベント、クイズなど、環境研究に関する多彩でユニークなイベントが行われます。また、来場者の方には素敵なプレゼントもございます。研究所のホームページに詳しい情報が掲載されていますので、ぜひご覧下さい。 <国立環境研究所HP/夏の大公開2019>
 環境リスク・健康研究センターでは、環境リスク研究棟、水環境実験施設、ナノ粒子健康影響実験棟、動物実験棟、および環境保健研究棟を公開し、体験イベント、クイズ、展示、施設公開を行います。今年も子どもから大人まで、環境問題について楽しく学べるイベントが盛りだくさんです。皆様のご来場を心待ちにしております!

2019. 7. 20 夏の大公開
~環境リスク・健康研究センターの企画&催し~


~国立環境研究所マップ~


国立環境研究所内map
地図をクリックすると地図の拡大表示

~環境リスク・健康研究センターの企画&催しの詳しい内容をご紹介!~



◆環境リスク研究棟(1F)

★あなたのまわりの環境リスク

 

環境リスク・健康研究センターの紹介(展示)

環境リスク・健康研究センターで行われている研究を、ポスター展示にて紹介します。
対象:高校生、一般

「環境リスク研究センターの紹介」の当日の様子の写真

 
 

化学物質の動きを立体的に見てみよう(体験)

天気予報や化学物質の動きを予測するシミュレーションモデルの計算結果を3Dメガネを使って見てもらいます。
対象:小学生、中学生、高校生、一般

「化学物質の動きを立体的に見てみよう」の当日の様子の写真

 

★自分の目で見て、肌で感じて、考えよう~海の環境と生きものたち~

 

サメやタコのタッチプール(体験)

ドチザメやネコザメにさわって“さめ肌”を実体験。タコや磯の生き物にもふれて、海の生き物たちが多種多様で不思議な特徴を持つ、個性豊かな存在であることを知ってください。
対象:小学生、中学生、高校生、一般

「サメやタコのタッチプール」の当日の様子の写真

 
 

展示と実演「見て、さわって・・・ビックリ能力、新発見!」(体験)NEW!

マンボウやビクニンにさわったこと、ありますか?珍しい深海のサメにも登場してもらいます!彼らにさわって、その感触を確かめてみてください。また、眠る魚や泳ぐ貝…などの姿もお披露目します!滅多に見られない、また、さわれない生き物が皆さんのお越しをお待ちしています!
【見て、さわって、感じる、常設展示】
①クラゲにタッチ!赤ちゃんも観察!
②マンボウの肌はスベスベ?ザラザラ?
③ビクニンにさわったら…?
④深海ザメ、参上!
【実演コーナー】
①寝ているドジョウを掘り起こそう?!乾眠から目覚める肺魚も大公開!!
②目撃!泳ぐヒオウギガイ
③コバンザメの吸盤はどれくらい強い?
④キュウセンさん、お休みのところ、すいません!
実演コーナー(1回30分)は、 11:00~、 13:30~、 14:30~ の3回開催します。
並行して、常設展示も行います。常設展示では、展示物を自由に見て、さわれます。解説・説明は都度行います。

対象:小学生、中学生

 
 

研究紹介:東京湾と福島県潮間帯・沿岸の環境と魚介類の「今」(展示)

日本には豊かな自然が広がり、多くの生き物が暮らしてきましたが、沿岸開発や災害などによってその姿は変化し、生きものも影響を受けてきました。ここでは、首都圏を後背地に持つ東京湾と震災・原発事故後の福島県で私たちが行ってきた調査結果をパネルで展示します。新たにわかったことをご覧ください。普段、あまり目にすることがないかもしれない海の環境と生き物たちの“今”をご紹介します。
対象:高校生、一般

「福島県潮間帯及び沿岸などにおける研究紹介」のイメージ写真(風景)

 
 

みんなで採水器を作ってみよう(体験)

海では暑い季節に表層と海底の間で水の性質が変わる『成層』という状態になります。水槽で成層を作り出し、上側と下側の水にそれぞれ別の色を着けてみよう。そして、水槽の上側の水はとらずに、底の水だけ汲むことのできる採水器を作り、実際に採水してみよう。
開始時間:10:30、14:00
各回18名程度(スペース制限のため最大20名まで)、約1時間。 先着順。希望者多数の場合は、次の回の優先券を先着順に配布。
独力で工作できる年齢の方が対象(小学生を主たる参加者として想定)。必要に応じて保護者のお手伝いをお願いします。
製作した採水器を参加者に配布。

対象:小学生、中学生、高校生、一般

完成した「採水器」の写真「みんなで採水器を作ってみよう」当日の様子の写真

 

◆環境保健研究棟

★子どもの環境と健康に関する全国調査(エコチル調査)

 

エコチル調査ってどんな調査?(展示)

エコチル調査に関する研究について、どんなことを調べているのか、実際の調査風景や集めた試料などについてパネルで紹介します。希望者全員にパンフレットを配布。
対象:小学生、中学生、高校生、一般

「エコチル調査」生体試料の保管の様子の写真

 
 

空気中のガスを測ってみよう!(体験)NEW!

ガスセンサを使って、空気中のガスの濃度を測ってみませんか。
午前先着順。午後整理券配布。各回10組(センサ装着はグループの代表1名)。 ①10:00(先着順) ②14:00(環境保健研究棟1階のガスセンサコーナーにて12:00より整理券配布)
対象:小学生、中学生、高校生、一般

 
 

自分の体組成を知ろう!(体験)

エコチル調査の詳細調査で子どもの体組成を測定している機械を使って、自分の体組成を測ってみませんか。
整理券配布。 各回約10組。 ①10:00 ②11:30 ③13:30 ④15:00
未成年の場合は保護者同伴に限ります。 ペースメーカーを付けている方は測定ができません。 測定を実施した方のみ測定結果票を配布。

対象:小学生、中学生、高校生、一般

 
 

コアセンターキャラクターの工作やぬり絵で遊ぼう!(体験)NEW!

エコチル調査コアセンターのキャラクターを使ったクラフトやぬり絵を用意してお待ちしています。遊びに来てくれた方、その他希望者にクラフトを配布。
幼児も対象とします。
対象:小学生

 

◆ナノ粒子健康影響実験棟(1F)

★環境問題

 

ナノ棟施設紹介(施設公開)

はだかのエンジンや分析計を公開します。
対象:小学生、中学生、高校生、一般

「ナノ棟施設紹介」のナノエンジンの写真

 
 

普段は見えない空気中の微粒子(チリ)を見てみよう(体験)

とってもきれいな空気と、普段は目に見えない空気中の微粒子(ピーエムニーテンゴ)をいっぱい含んだ空気の違いが目で見て分かります!
対象:小学生、中学生

「普段は見えない空気中の微粒子(チリ)を見てみよう」の当日の様子の写真

 

◆水環境実験施設

★行こう!水辺の生きもの探検

 

めざせ!水辺の生きもの博士(クイズ)

施設で飼育している河川・湖沼・海の生きものに関するパネル・水槽・顕微鏡モニターの展示を見ながら、クイズラリーに挑戦。スタンプラリーになっています。
施設入口にてスタンプラリー台紙を配布します。参加者全員にオリジナルキャンディをプレゼント。
対象:小学生

「水辺の生きものたち」のイメージ写真(施設内の様子)

 
 

親子で探そう、水辺の生きもの(体験)

施設屋外水槽にて水生生物(ヤゴ等)を探し、捕まえます。
各回定員10組(保護者同伴に限ります)
施設玄関前にて各開催時間10分前より先着順に受付、入場頂きます。(代理での受付はご遠慮ください)
イベント開催時間:10:00/11:30/13:30/15:00(ご家族等複数参加可能ですが、道具は一組分の貸与となります)
参加者のうち希望者・参加者全員に、採取した生物・オリジナルクリアホルダーをプレゼント。

対象:小学生

「親子で探そう、水辺の生きもの」の当日の様子の写真

 
 

おさかなすくい~大きくなったらなんになる?~(体験)

設置型水槽にて、淡水魚の稚魚をポイですくいます。
施設南側テント内にて20名程度/1回、先着順に行います。魚がなくなり次第終了となります。参加者のうち希望者に採取した魚をプレゼント。
対象:小学生、中学生、高校生、一般

 

◆動物実験棟(1F)

★動物棟小美術館

 

動物棟トリックアート(体験)NEW!

環境の汚染が私たちの健康への影響に対してどのようにつながってゆくか、トリックアートの世界を通じて簡単にご紹介します。
開始時間:10:30、11:30、13:00、14:00、15:00。各回30名程度。所要時間約10分。先着順。参加者に記念撮影チェキを手渡しプレゼント。
対象:小学生、中学生

 
 

環境化学物質と健康との関係(展示)

私たちの身の回りには血管や脳機能に影響を与える化学物質があります。ここでは動物を用いた研究の一部を紹介します。
対象:高校生、一般

 
 

是非、お誘い合わせの上、おいで下さい。皆様のお越しをお待ちしております!


<2018年度 夏の大公開:環境リスク・健康研究センター企画&催しの様子>

夏の大公開報告 「2018年度 夏の大公開 を終えて」