Homeセミナー情報>H21年度WETセミナー

生態影響に関する化学物質審査規制/試験法セミナー(平成21年度)開催のご案内

※本セミナーは終了致しました※
多数のご参加、誠にありがとうございました.

日時
平成22年2月17日(水)
10:00〜17:00(受付は9:30開始)
場所
国際連合大学 3階 ウ・タント国際会議場 
〒150-8925 東京都渋谷区神宮前5-53-70
https://jp.unu.edu/about/contact-us#location
>地図 (pdf)
定員
最大300名
参加費
無料
主催
環境省・(独)国立環境研究所
事務局
(独)国立環境研究所環境リスク研究センター

開催の趣旨

 環境省においては、昭和33年にいわゆる旧水質二法(公共用水域の水質の保全に関する法律及び工場排水等の規制に関する法律)が制定されてから半世紀が経過した状況を踏まえ、水環境における現状と課題、環境基本計画における目標も踏まえた望ましい水環境像を示しつつ、今後の水環境保全の在り方について検討を行っています。生物応答を用いた水環境管理手法については、水生生物との共生を踏まえた良好な水環境を創出する観点から、公共用水域、あるいは排出水の評価等への導入の可能性を探り、日本における利用の在り方について有効性や課題の検討を進めることが課題の一つとなっています。
 このような状況を踏まえ、環境省及び独立行政法人国立環境研究所環境リスク研究センターでは、米国において水質清浄法の下で導入されている“全排水毒性(WET)”の運用及び試験方法に関するセミナーを開催します。本セミナーは、生物応答を利用することにより、事業場排水中の化学物質による影響を総体的に把握し、対策を講じるWET手法を、我が国にも参考になる先行的な手法の一つとして、その制度的、技術的な運用の実態についての知見を得ることを目的とするものです。

プログラム(予定)

 時間 内容 講演者等
09:30〜開場・受付開始
10:00〜10:05開会挨拶環境省 水・大気環境局 水環境課長
森北 佳昭
10:05〜10:30セミナーの趣旨説明 環境省 水・大気環境局 水環境課
木野 修宏
10:30〜11:401.米国における水環境管理とWETシステム米国環境保護庁
Laura J. Phillips
US EPA
OWM/WPD/SRB
11:40〜12:40昼食
12:40〜13:502.WETシステムの運用と技術的な課題等米国環境保護庁
Dr. Debra Denton
U.S. EPA R9
13:50〜15:003.バージニア州におけるWETシステムの運用バージニア州
Deborah L. DeBiasi
Virginia Department of Environmental Quality
Office of Water Permit Programs
15:00〜15:15休憩
15:15〜16:254.WETシステムに対する企業の対応Dr. Jerry Diamond
Tetra Tech Inc.,
16:25〜16:55総合質問
16:55〜17:00閉会挨拶(独)国立環境研究所
環境リスク研究センター長
白石 寛明

*講演時間には質疑応答が含まれます。
*プログラムの内容及び講演者は予告なく変更になることがあります。ご了承ください。
*日英同時通訳が入ります。

参加申込み方法

    *申込み受付を終了致しました*

報道発表資料

環境省 報道発表資料 >環境省ホームページ
国立環境研究所 記者発表 >国立環境研究所ホームページ

米国におけるWETシステムに関するセミナー(平成21年度)事務局

独立行政法人 国立環境研究所 環境リスク研究センター
担当:松崎、横川
TEL:029-850-2654   FAX:029-850-2920