独立行政法人国立環境研究所
環境リスク研究センター

生態影響試験に関する標準機関機能の整備>生物応答を利用した排水管理手法に関する意見交換会の開催

生物応答を利用した排水管理手法に関する意見交換会の開催と傍聴者の募集のご案内

※本意見交換会は終了致しました※
多数のご参加、誠にありがとうございました.

 日時 平成28年2月18日(木)
10:00〜15:00(受付開始9:30〜)
 場所 国連大学 Elizabeth Rose Room
〒150-8925 東京都渋谷区神宮前5-53-70
http://jp.unu.edu/about/contact-us#location
 言語 日英同時通訳
 傍聴者
 の募集
参加費: 無料
定員: 80名 (申込み多数のため抽選。原則として1社につき1名)
 主催 環境省、国立研究開発法人国立環境研究所
 事務局  国立研究開発法人国立環境研究所 環境リスク研究センター

開催の趣旨

 近年、日々の暮らしの中で使用されている化学物質等の種類が年々増加しており、毒性情報が未知のものや排水規制に至らない化学物質が水環境中で水生生物に影響を及ぼし得ることが懸念されています。
 諸外国では、有害性が明らかにされた物質の個別規制に加え、このような未知物質や規制対象外の物質も含めて評価する手法として、生物応答を利用する手法が排水管理の一手段として実施されてきています。
 一方、我が国においては、環境省が設置した「生物応答を利用した水環境管理手法に関する検討会」(座長:須藤隆一 東北大学大学院工学研究科客員教授)の報告書「生物応答を利用した排水管理手法の活用について」が、昨年11月に取りまとめられたところです。
 今後の本手法の活用についての検討の参考とするため、環境省及び国立環境研究所は、平成28年2月18日(木)に国連大学において、既に生物応答を利用した排水管理手法を導入しているドイツ、カナダ及び米国の政府担当官や関係事業者と上記検討会委員との意見交換会を行います。本意見交換会では、各国における排水管理手法の内容や活用の際の課題等に関して意見交換することとしています。

参加予定者とプログラムの概要

参加予定者:
  <海外>
   ・ドイツ連邦共和国環境庁 Frank Brauer氏
   ・カナダ環境省 Rick Scroggins氏
   ・アメリカ合衆国環境保護庁 Laura J. Phillips氏※1
    (※1 WEB会議による参加を予定)
   ・アメリカ合衆国テトラテック社※2 Jerry Diamond氏
    (※2 生物応答を利用した試験や排水管理に関する業務を行う事業者)
  <国内>
   ・前記「開催の趣旨」の検討会及びバイオアッセイ技術検討分科会の検討委員
プログラム: プログラムの概要(予定)を参照

傍聴者の募集

本意見交換会は公開で開催し、以下のとおり傍聴者を募集します。傍聴を希望される方は、13のいずれかの方法により申し込んでください。
 参加費: 無料
 定員: 80名 (申し込み人数が定員を超過しているため、原則として1社につき1名とさせていただいた上で、抽選にて参加者を決定させていただきます。)

 申込: *申込み受付を終了致しました*

申込締切

  平成28年2月16日(火)17時締切り
 *申込締切の16日17時以降に速やかに抽選を行い、結果をお知らせいたします。

プログラムの概要(予定)

 時間 内容
 10:00 開会
 10:05我が国における生物応答を利用した排水管理手法の活用に関する検討状況と 課題について(環境省)
 10:25ドイツにおける生物応答試験を用いた排水規制と課題への対応について
(ドイツ連邦共和国環境庁 Frank Brauer氏)
 11:00カナダ・米国における課題への対応について
(カナダ・米国からの各参加者の発表及び意見交換)
12:30〜13:30 昼休憩
 13:30検討課題や今後の進め方に関する意見交換
 14:50議論総括
 15:00 閉会

報道発表資料

環境省 報道発表資料 >環境省ホームページ
国立環境研究所 報道発表 >国立環境研究所ホームページ

生物応答を利用した排水管理手法に関する意見交換会 事務局

国立研究開発法人国立環境研究所 環境リスク研究センター
担当:松崎、辻
TEL:029-850-2654  FAX:029-850-2920