RCER リスクセンター四季報


 【過去の「リスクセンター四季報」を最新のものからご覧いただけます。】 HOMEに戻る
Vol. No. 発行 目次
Vol.4
最新
No.1 2006-07

Vol.3 No.3,4 2006-03 巻頭言
小児の発達特性とリスク評価
健康影響評価において感受性を決める要因とは?
小児の脆弱性を考慮した化学物質リスク評価
日本人の土壌摂食量
コラム
子供の化学物質に対する脆弱性とその要因
編集後記

Vol.3
No.2 2005-10 巻頭言
OECDの化学物質対策への関わり
特集 OECD化学品プログラムへの貢献
OECDにおける化学物質対策-高生産量化学物質の安全性点検作業について
第17回OECDテストガイドラインプログラムナショナルコーディネーター会合(WNT)について
「甲殻類内分泌かく乱化学物質スクリーニング試験法」についての国内外における進捗状況
PRTRタスクフォースの活動について
化学工業界のOECD化学品プログラム等への対応状況-HPVプログラム、PRTRでの産業界の貢献-
化学物質の残留性・長距離移動性評価へのマルチメディアモデルの適用に関するOECD/UNEPワークショップ
編集後記

Vol.3
No.1 2005-06 巻頭言
改正化審法1周年
特集 改正化審法1周年
改正法施行後一周年を迎えた化審法の最新の動向
環境省の化審法審査と化学物質環境リスク研究センター
Topics
生態影響評価の新しいアプローチに向けて〜カテゴリーアプローチと(Q)SARの現状と今後
マルチメディアモデルを用いた環境動態予測 〜MuSEMの開発〜
編集後記

Vol.2 No.4 2005-03 巻頭言
水生生物の多様性の維持向上をめざして
研究活動紹介
化学物質データベースの構築と公開
会議開催報告
試験法セミナー
小児国際シンポジウム
編集後記

Vol.2 No.3 2005-01 巻頭言
「環境リスクに関するリスクコミュニケーション - 体感リスクと科学的リスクの接点を求めて -」
研究活動紹介
健康リスク評価関連研究
Topics
遺伝子導入動物による突然変異の検出
学術集会紹介
第33回日本環境変異原学会
編集後記

Vol.2 No.2 2004-09 政策対応型の環境リスク研究への期待
研究活動紹介
レギュラトリーサイエンス応用研究
Topics
化学物質の環境リスク初期評価について
海外出張報告
データ解析プロセス(DIP)に関するOECDワークショップ
OECD(Q)SARに関する第2回専門家会合
シリーズ
化学物質リスク管理の新たな動き(第4回)
編集後記

Vol.2 No.1 2004-07 センター長新任挨拶
退任のご挨拶
研究室紹介
生態リスク評価研究室
海外出張報告
OECDテストガイドラインプログラム第16回ナショナルコーディネーター会合
第11回「環境と健康科学におけるQSAR」国際ワークショップ
シリーズ
化学物質リスク管理の新たな動き(第3回)
編集後記

Vol.1 No.2 2004-03 巻頭言
我が国の環境政策をリードできるセンターに
研究室紹介
曝露評価研究室
研究室紹介シリーズ
化学物質リスク管理の新たな動き(第2回)
編集後記

Vol.1 No.1 2003-09-12 センター長挨拶
「発刊にあたって」
センター組織紹介
研究室紹介
健康リスク評価研究室
シリーズ
化学物質リスク管理の新たな動き
編集後記


HOMEに戻る前のページ次のページ




独立行政法人 国立環境研究所 化学物質環境リスク研究センター
Copyright(C)2004 Research Center for Environmental Risk. All rights reserved.