ユーザー別ナビ |

  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
:2017/04/10 13:45:47

小松 一弘

KAZUHIRO Komatsu

氏名
小松 一弘(こまつ かずひろ)
所属/職名
地域環境研究センター(湖沼・河川環境研究室)/主任研究員
研究課題
湖水中の溶存態有機物(DOM)の特性や機能に関する研究
学位の種類
博士(工学)
専門とする学問分野
工学,土木工学
専門とする環境分野
水環境,湖沼
研究概要
DOMの難分解化や濃度漸増は既に世界各地で確認されている現象ですが,そうした現象が水環境に与える影響を考察する視点から,当面は研究を進めていきたいと考えています。
例えば,生態系にどのような影響を与えるのか,浄水場での処理プロセスにどういった影響を与えるのか,などについて整理を行うことは重要です。特に近年,導入が進められている膜処理プロセスに関して,DOMの変質が与える影響に着目していきたいと考えています。
個別研究課題
研究成果(誌上)
  • all
  • 査読付き 原著論文
  • 総説・解説
  • その他
  • 湖沼における難分解性溶存有機物の特性評価
    発表者 : 小松一弘
    掲載誌 : 水環境学会誌, 35(5):139-144 (2011)
研究成果(口頭)
  • all
  • 研究発表
  • 研究講演
所の刊行物
委員会活動
  • 2016年度 : 非常勤講師(専門科目「Integrated Water Science and Technology」) (筑波大学大学院生命環境科学研究科)
  • 2015年度 : 平成27年度日本水環境学会編集企画部会委員 ((公社)日本水環境学会)
  • 2015年度 : 非常勤講師(専門科目「Integrated Water Science and Technology」) (筑波大学大学院生命環境科学研究科)
  • 2015年度 : マレーシア国「熱帯水産資源の持続可能な循環管理型生産システムの研究開発」勉強会参画者 ((独)国際協力機構)
  • 2015年度 : 非常勤講師(都市環境論) (東洋大学国際地域学部)
  • 2014年度 : 平成26年度日本水環境学会委員編集企画部会委員 ((公社)日本水環境学会)
  • 2014年度 : 非常勤講師(専門科目「Integrated Water Science and Technology」) (筑波大学大学院生命環境科学研究科)
  • 2013年度 : 非常勤講師(専門科目「Integrated Water Science and Technology」) (筑波大学大学院生命環境科学研究科)
  • 2013年度 : 平成25年度編集企画部会委員 ((公社)日本水環境学会)
  • 2013年度 : 非常勤講師(都市環境論) (東洋大学国際地域学部)
  • 2012年度 : 博士学位請求論文の審査委員会委員 (東京大学大学院工学系研究科)
  • 2012年度 : 非常勤講師(専門科目「水総合学」) (筑波大学大学院生命環境科学研究科)
  • 2012年度 : 平成24年度編集企画部会委員 ((公社)日本水環境学会)
  • 2011年度 : 非常勤講師(都市環境論) (東洋大学国際地域学部)