トップ目次


可視化ツール システムの説明

処理対象データ

本ツールは、G-CIEMSの計算結果(大気、河川、土壌の各媒体)および ポイントデータを処理対象として開発されました。 また、メッシュコード(1次、2次、2.5次、3次)やモデル内で 使用している河道コード(RiverLinkID)、流域コード(BasinLinkID)の いずれかを一意な項目(表内で重複していない項目)として有するデータ, や、緯度経度情報を有するポイントデータも処理可能です。

出力データ形式

出力データ形式には各種の形式が考えられますが、本ツールは現在のver.1ではkml形式のみに対応しています。

kml形式

kmlとは「Keyhole Markup Languageの略でポイント・ラインなどのGISデータや画像データを表示できるxmlファイル形式の一種です。Google Earth™やGoogle Maps™などで利用されています。Google Earth™はフリーでダウンロードできるアプリケーションソフトで、衛星画像や道路などの表示機能を有しています。また、kml形式のファイルはテキストエディタで編集が可能です。


本ツールでは、二階層のGIS表示ファイルを作成することで、地図の表示の縮尺に合わせた快適な操作を可能にしました。空間コードが合致しているデータを処理することが可能であり、モデル予測結果だけでなく、ユーザーが独自に有しているデータ(例えばメッシュ人口データ)を表示することなども簡便にできます。表示地図上でオブジェクトをクリックすると吹き出し(バルーン)が表示される機能が付いており、指定テーブルのデータをバルーン内に表形式で表示することも可能です。なお、バルーンによる表示機能はGoogle Earth™のVersion 7.1にて確認しました。

構成

解凍後のファイル構成は以下の通りです。
「ConvToolForGISVer2_3」・・・zip形式の圧縮ファイル
フォルダConvToolForGIS Ver2_3

├ 「ConvGIS_ApplDB.mdb」・・・プログラムで使用するデータ群を格納したデータベース

├ 「ConvToolForGIS_2_3.exe」・・・実行ファイル

├ 「ConvGIS_UserDB.mdb」

├ 「ConvToolForGIS_Help_2_3.chm」・・・ツール操作ヘルプファイル

├ 「Interop.ADODB.dll」

├ 「Interop.JRO.dll」

└ 「Point.png」・・・Pointデータ表示用 アイコン画像ファイル
「ConvToolForGIS_Ver2_3_TestData.mdb/accdb」「ConvToolForGIS_Ver2_3_Point_TestData.csv」・・・テストデータ
「ConvToolForGISVer2_3_Manual.pdf」・・・マニュアル
「ConvGIS_UserDB.mdb」は実行中に利用する空のデータベースです。ツール実行中に強制終了した場合など、入力データベースのテーブルが残ったままになっていると、ツールを実行する際にエラーの原因となる場合があります。その場合、「ConvGIS_UserDB.mdb」の中のテーブルを削除してから実行してください。