ユーザー別ナビ |

  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

低炭素研究プログラム

プログラム概要

 産業革命以降の地表温度上昇を2ºC未満に収める目標に社会が取り組むための科学的基盤を確立することを前提に、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの収支を評価するためアジア太平洋域を中心に観測や影響・対策評価を行います。そのため、地表や航空機観測による観測や2017年度打ち上げ予定の観測技術衛星により、信頼性の高い三次元地球規模温室効果ガス監視システムを開発し、さらに気候変動予測モデル、影響評価モデル、社会経済の統合評価モデルを組み合わせて用いることにより、持続可能な低炭素社会構築の必要性と実現性を論じ、その道筋を示す総合的な研究を進めます。

図:低炭素研究プログラム

低炭素研究プログラム