ユーザー別ナビ |

  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

安全確保研究プログラム

プログラム概要

 生体高次機能、継世代影響などの健康・環境リスクの評価・管理手法、新たな生態影響評価体系、迅速性と網羅性を高める化学分析と動態把握、及びPM2.5などの大気汚染、地域水環境保全に関する体系的研究を進めます。化学物質の小児・将来世代への健康影響、多種・新規化学物質の包括的分析、生態学モデルに基づく生態リスク評価、生態影響の包括的評価、マルチスケール化学動態、PM2.5など大気汚染の実態と影響、地域の水質改善・評価手法開発、リスクへの評価・管理体系構築に関する8研究プロジェクト(PJ)により進めます。これにより、現時点でアプローチが定まっていない健康・環境リスクの評価体系と網羅的かつ迅速な監視・予測手法、管理技術を確立します。

図:安全確保研究プログラム

安全確保研究プログラム

研究課題—化学物質の小児・将来世代に与える健康影響評価研究プロジェクト

研究課題—多種・新規化学物質曝露の包括的把握・網羅的分析手法の開発と環境監視ネットワークへの展開

研究課題—生態学モデルに基づく生態リスク評価・管理に関する研究

研究課題—生態影響の包括的・効率的評価体系構築プロジェクト

研究課題—マルチスケール化学動態研究プロジェクト

研究課題—PM2.5など大気汚染の実態解明と毒性・健康影響に関する研究プロジェクト

研究課題—地域の水環境保全に向けた水質改善・評価手法の開発プロジェクト

研究課題—リスクへの評価・管理の体系構築研究プロジェクト