ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

プログラム概要

 広域的な生物多様性の状況を効率的に観測する手法を開発するとともに、観測データに基づいて生物多様性の状況および保全策の効果を評価・予測する指標を開発します。
 また、生物多様性へ特に影響を与える要因のうち、気候変動や侵略的外来生物等、早急な対応が必要なものについて影響の把握を行います。

図:航空写真から求めた湿地の草丈の空間分布。

研究課題—生物多様性の景観的および遺伝的側面とその観測手法に関する研究

研究課題—生物多様性の広域評価およびシナリオ分析による将来予測に関する研究

研究課題—人為的環境撹乱要因の生物多様性影響評価と管理手法に関する研究

関連研究報告書

表示する記事はありません