ユーザー別ナビ |

  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
2008年11月4日

温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」公開

 国立環境研究所は、環境省、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同で、宇宙から二酸化炭素やメタンなどの温室効果ガスを観測する「GOSATプロジェクト」を進めています。去る11月4日に、その温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(Greenhouse gases Observing SATelite; GOSAT)がJAXAの筑波宇宙センターで報道関係者に公開されました(写真参照)。

 このプロジェクトでは、国立環境研究所が、衛星観測データ等からの温室効果ガス濃度導出方法の開発、データの定常処理、データ質の検証、処理結果を用いた全球の吸収・排出量の推定、これらの処理結果の提供などを担当しています。

 なお、「いぶき」は、来年(平成21年)1月21日に打上げられる予定です。

図:GOSAT
(宇宙航空研究開発機構提供)

担当研究者コメント

 全球の二酸化炭素とメタンの観測を目的とした世界初の人工衛星「いぶき」の打上げがいよいよ間近に迫りました。国立環境研究所では、オゾン層観測センサー「ILAS」及び「ILAS-Ⅱ」の経験を生かし、データ定常処理・提供を担当します。ご期待下さい。

地球環境研究センター 衛星観測研究室長 横田達也

関連新着情報

関連記事

関連研究報告書

関連研究者