ユーザー別ナビ |

  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
2008年10月6日

化学物質 胎児への影響 ES細胞使い評価

朝日新聞 2008年10月6日夕刊記事

 人の万能細胞を使って胎児や赤ちゃんが化学物質にさらされた時の影響を詳しく調べる研究に、国立環境研究所(茨城県つくば市)が乗り出す。これまでは動物実験の結果を参照してきたが、人の受精卵からつくる胚性幹細胞(ES細胞)を使えば、化学物質への感受性が高いとされる胎児期の影響をより正確につかめると期待されている。

 曽根秀子主任研究員らが実施する。京都大再生医科学研究所からES細胞を入手し、化学物質を加えたうえで神経や血管に分化させ、細胞の形や遺伝子の働きにどんな変化が起こるかを観察する。ダイオキシンやポリ塩化ビフェニール(PCB)、ビスフェノールA、サリドマイドなど十数種類の物質の影響を5年程度にわたって調べる計画だ。

 胎児や赤ちゃんの時期に化学物質にさらされると、大人には害がないとされる基準値よりはるかに微量でも生殖機能や学習、行動、免疫などに異常をきたす、という研究報告が相次いでいる。マウスなどで実験をしてきたが、その結果が人にあてはまるかはよくわかっていない。ES細胞を使うことは、倫理面や科学的妥当性を審査する文部科学省の専門委員会が研究計画を了承している。

(朝日新聞社:安田朋起氏)

研究者コメント

「ヒト胚性幹細胞を利用することにより、「胎生プログラミング」に着目し、胎生期など感受性の高い時期における化学物質の曝露とその晩発影響を結びつける新しいヒト健康影響評価システムの基盤を作成することを目的にしています。」

環境リスク研究センター
健康リスク評価研究室 曽根秀子

ES細胞とは

マウス胚性幹(embryonic stem、ES)細胞は、1981年にSir Martin EvansとDr Gail Martinによって初めて樹立された。ES細胞の定義は、
1)着床前の胚盤胞の内部細胞塊から樹立された初期胚由来であること、
2)体を構成する全ての細胞に分化可能な多能性維持(pluripotent)が可能なこと、
3)自己複製しながら同時に分化(diffrentiation)が出来る幹細胞(stem cells)のことである。更にヒトES細胞は、1998年にDr James A Thomsonらによって、国内では2003年に始めて政府の認可を受けて京都大学再生医科学研究所の末盛博文・中辻憲夫グループによって3細胞株が樹立された。

写真:マウスES細胞
画像:朝日新聞記事
この記事の掲載は朝日新聞社の承諾を得たものです。朝日新聞社に無断の転載はできませんのでご注意下さい。

関連記事

関連研究報告書

関連研究者